発毛治療TOP > AGAについて > AGA治療薬

●AGAについて/AGA治療薬 AGA治療薬の輸入承認によって、適切な治療が可能に。

  • AGAとは
  • AGA治療
  • AGA費用
  • AGA治療の効果
  • AGA治療薬
  • AGA病院
  • AGAの原因

AGA(エージーエー)治療薬について

近年、AGA(エージーエー)の原因が究明され、治療法やそのアプローチの視点もさまざまに開発されました。これまでは一人だけで悩み、自分でなんとか解決しようと試みていた方でも、薬の開発や専門クリニックの開設によって正しい知識を得る機会が増えているのです。専門医とコミュニケーションを取りながら、早いうちから頭髪ケアを前向きに進めることが大切です。

AGA(エージーエー)= 男性型脱毛症の基本的な治療法は、「飲むタイプの治療薬」といわれる、比較的新しく承認された薬剤を用います。また、これまでの民間療法や医薬品などの育毛剤(ミノキシジル)と併せ、抜け毛の進行を抑えたり、発毛改善の効果が期待できるようにケアしていくことになります。生活習慣や食事なども治療に含まれますが、ここではその基盤を担うAGAの「治療薬」について解説します。

写真:AGA治療の症例

  • AGA治療の症例集
  • 求められる本物のAGA治療とは・・・

一人では解決しづらいAGA治療に関するご相談は、発毛・育毛専門のクリニックの無料カウンセリングをご利用ください。

無料カウンセリング

AGA(エージーエー)治療薬(フィナステリド)を万有製薬が輸入承認を取得

万有製薬のフィナステリドは、0.2mgと1mgがあり、1日1錠を内服することになっています。医療用医薬品であるため、従来の育毛剤とは違い、近くのドラッグストアなどで気軽に入手することはできません。万有製薬のフィナステリド(プロペシア)を手に入れるためには、必ず医師の処方箋が必要となります。また、成人男性のみが服用対象となります。女性と未成年には禁止されており、服用することはできません。医師の処方箋が必要な医療用医薬品の扱いであることが示すように、薬についての知識や正しい見分け方、適切な管理が必要となってきます。処方してもらう際には、男性型脱毛症の治療を行っている医療機関で、医師の説明を受けるとよいでしょう。

また、万有製薬のフィナステリドによる男性型脱毛症の治療は保険対象外であるため、薬の費用をはじめ、診察費・調剤費など、医療費全般を患者様が負担することになります。負担額は病院・クリニックによって変わってきますので、信頼できる専門医を見つけることが大切です。

AGA治療薬フィナステリド(プロペシア)は、アメリカの製薬会社「メルク社」が開発した世界で最初の飲むAGA治療薬です。この「メルク社」の100%子会社が、日本の万有製薬(現在のMSD)です。

日本においては、フィナステリド(プロペシア)の承認はなかなか下りなかったのですが、万有製薬が2005年10月にようやく、フィナステリドの輸入承認を取得しました。そして同年12月14日に国内での販売を開始されたのです。現在では、世界約60カ国で承認されている医薬品です。

AGA治療薬のジェネリックについて

AGA治療薬といえば「プロペシア」が多く処方されていました。しかし、2015年にこのAGA治療薬にもついにジェネリック医薬品が登場しました。 AGA治療薬のジェネリックはファイザー社製の「ファイザー」です。また、今後も新しく認可される薬が出てくるでしょう。

ヘアメディカルグループでも、ジェネリック薬の処方をスタートしています。
AGA治療薬は、患者様と効果や副作用、期間などを相談しながら処方を行なっています。治療をお考えの方は、服用からの経過、費用面などお気軽に相談ください。

AGA(エージーエー)治療薬の個人輸入はトラブルの原因

こんなにもリスクの高いAGA治療薬の個人輸入。

AGA(エージーエー)治療に効果が高いといわれているAGA治療薬(フィナステリド)ですが、それだけに個人で輸入して治療費の負担を軽減しようと考えている人もいるようです。
現在は、インターネットを通して情報が多数ありますので、育毛剤を紹介するサイトで「ブブカ」や「リアップ」などの内服薬や外用薬を目にした事がある方も多いと思います。
しかし、特種な薬剤の個人購入や適切な処方を受けない自己判断の治療は、安全性に問題があります。
多くの成分が記載された薬の特性を理解しないまま、塗り薬などの治療薬を使用することによって、別の問題を引き起こすケースも考えられます。
AGA治療薬(フィナステリド)の場合、単剤処方では期待するほどの有効性は見られないケースが多いほか、副作用に対する個人リスクはさけられません。
また、偽物をつかまされたり、頼んでいたものと違うものが送られて来たりなど、品質の信憑性や輸入代行業者とのトラブルなどは後を絶ちません。
個人の状況にあった適切なAGA治療は、信頼できる専門の医療機関で受診されることをおすすめします。

【AGA治療薬の個人輸入のリスク】
●副作用に対する自己責任のリスク ●適切な処方のない服用では効果が見られないケースが多い
●商品の信頼性 ●品質の信憑性 ●輸入代行に伴うリスク

頭髪治療専門クリニックでは、AGAや頭髪疾患に対して、市販薬より濃度が高いミノキシジル外用薬を患者様の状態に合わせて積極的に処方し、フィナステリドの併用などで治療効果をあげています。

初診来院予約

このページの先頭へ戻る

AGA治療薬について

AGA治療薬(フィナステリド)とは

写真:フィナステリド

日本ではフィナステリドの承認は得るのに難しいと思われていたフィナステリドは、米国の医薬品メーカーであるメルク社が開発した世界で初めての飲む育毛剤です。FDA(米食品医薬品局)に認可されたAGA(男性型脱毛症)の治療薬として、米国では98年1月より処方が開始されました。

AGA治療薬(フィナステリド)の働き

図:AGA治療薬(フィナステリド)の働き

フィナステリドはもともとプロスカーという名称で、良性前立腺肥大症の治療薬として開発された薬でした。プロスカーを服用した患者の毛髪が濃くなるという副作用から発毛・育毛効果があることが分かりました。

AGA(エージーエー)の多くは、男性ホルモンのテストステロン(Testosterone)が酵素により変換されてできたホルモン、ジヒドロテストステロン(Dihydrotestosterone=DHT)の働きに関係して起こりますが、フィナステリドはこの変換酵素5αリダクターゼTypeII(ファイブアルファ−リダクターゼ2型)の作用を妨げる働きがあります。その結果AGA(エージーエー)の原因となっているDHTの生成を抑えることができるのです。

AGA治療薬(ザガーロ)とは

ザガーロの成分「デュタステリド」は男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」を効果的に抑制します。プロペシアと異なる点は、プロペシアはAGAの原因物質である「DHT」の産生を促す酵素「5α-還元酵素(リダクターゼ)」のⅡ型のみに作用するのに対して、ザガーロはⅠ型とⅡ型に作用します。

AGA治療薬(ザガーロ)の働き

ザガーロとプロペシアの違い

AGAの原因物質である「DHT(ジヒドテストステロン)」の産生を促す酵素「5α-還元酵素(リダクターゼ)」にはⅠ型とⅡ型があります。

新薬ザガーロはこの「5α-還元酵素(リダクターゼ)」のⅠ型とⅡ型の両方の働きを抑える事ができます。これに対して、プロペシアは「5α-還元酵素(リダクターゼ)」のⅡ型のみにしか作用しません。

つまり、これまでⅡ型にしか作用しないプロペシアではあまりAGA治療で効果が得られなかった人も、ザガーロがⅠ型とⅡ型の両方の作用することによって、治療効果に期待できるようになりました。

AGAでお悩みの方に治療専門病院

エージーエーでお悩みの方へおすすめのAGA専門治療病院

  • メンズヘルスクリニック東京(東京)
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪(大阪)
  • 城西クリニック福岡

AGA治療のための診察の流れ

AGA治療無料カウンセリングをご利用ください。

AGA(エージーエー)の多くは、男性ホルモンのTH(テストステロン)が酵素により変換されてできたDHT(ジヒドロテストステロン) の働きに関係して起こりますが、フィナステリドはこの変換酵素5αリダクターゼTypeIIの作用を妨げる働きがあります。
結果的にAGA(エージーエー)の原因となっているDHTの生成を抑えることができるのです。
AGA治療薬フィナステリドを使った頭髪治療にご興味のある方はまずは無料カウンセリング!

診察の流れ

図:診察の流れ

AGAについてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

AGA治療薬 PageTopへ

AGA治療薬は男性の薄毛治療に効果が高いと言われています。そのため、個人で輸入して治療費の負担を軽減しようとする人も少なくありません。しかし、特殊な薬剤になるため、AGA治療薬の個人での購入や自己判断での治療には注意が必要です。



初診来院予約 予約フォームはこちら

無料カウンセリング 専門スタッフによるカウンセリング

お電話での来院予約 お電話での来院予約も受付ております

AGAセルフチェック

ヘアメディカルグループWEB限定動画 検証実験 2つの笑顔、何が違う?

関西エリア もっと女性が通いやすい病院へ 女性専用の頭髪外来を新設 脇坂クリニック大阪特集 詳しくはヘアメディカルビューティへ

男女別 私のAGA・薄毛治療 体験談

プロペシアとザガーロ ヘアメディカルだけ!あなたのAGA治療にはどちらの薬が効果的か検査できます。AGAリスク遺伝子検査

あなたと似た症例が検索できます

【特集】発毛専門クリニック
東京
名古屋・栄
福岡・天神
東京・銀座
大阪・梅田

AGAは専門医の治療で治ります

薄毛治療っていくらかかるの?

  • 初めて薄毛治療をお考えの方へ
  • 総合頭髪治療とは
  • 発毛治療の流れ
  • AGAについて
  • 予防のための薄毛対策
  • もう一度、頭髪専門クリニックで薄毛・抜け毛治療へ

AGAの薬・AGA治療薬

HAIR MEDICAL

より詳しいサイトマップはコチラ