発毛治療TOP > フィナステリド

フィナステリド|血圧降下剤として開発された薬剤の副作用で発見された発毛剤、日本では飲む育毛剤として発売

男性型脱毛症にお悩みの方

フィナステリドでの治療のみでは 思ったような効果が得られなかった方に、発毛・育毛 専門のクリニックの無料カウンセリングをご利用ください。

無料カウンセリング

※性別や症状によりお薬の内容は変わります。

フィナステリドとは

フィナステリドとは、男性型の抜け毛の原因である5αリダクターゼの活動を阻害する、AGA治療薬の成分のひとつです。

フィナステリドの服用は成人男性に限られ、女性や未成年は服用できません。妊娠中の女性は触ることも止められています。また、服用中の献血は禁止され、最低でも一ヶ月の休薬期間をとる必要があります。

フィナステリドの効果

飲む発毛剤「フィナステリド」は、本来は良性前立腺肥大の治療および緩和に使用されている薬で、米国メルク社から「プロスカー」という商標名で発売されていました。
その後1997年12月22日、経口フィナステリドが、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として米国食品医薬局(FDA)に認可されると、世界50ヶ国以上で売られ、「最強の発毛剤」と呼ばれています。
フィナステリドは、5αリダクターゼの働きを抑制することにより脱毛を防ぎ、発毛を促進する経口発毛剤です。

フィナステリドを処方する専門クリニック

イラスト:

どのような治療薬であっても、「皮膚に浸透して身体に効く」という作用には、限界があります。
そのため、フィナステリドは”医師の元で内服薬として処方できる”ことが重要だと言えます。
「ホルモンレベルに働きかける」という、発毛機構の基本により近い作用を発揮することができます。

発毛専門のクリニックでは、この「フィナステリド」と「ミノキシジル」との併用療法が最も一般的です。
フィナステリドは医師の診断をうけ、正しく処方してもらいましょう。

フィナステリドとミノキシジルの併用治療を行う専門クリニック

フィナステリドを使った発毛治療を行う専門クリニック

  • メンズヘルスクリニック東京(東京)
  • AACクリニック銀座(東京・銀座)
  • AACクリニック名古屋(名古屋・栄)
  • 脇坂クリニック大阪(大阪)
  • 城西クリニック福岡(福岡・天神)

発毛剤治療でうまくいかなかった方へ

フィナステリドでの治療のみでは 思ったような効果が得られなかった方に、発毛・育毛 専門のクリニックの無料カウンセリングをご利用ください。

無料カウンセリング

※性別や症状によりお薬の内容は変わります。

フィナステリド使用開始以後の薄毛対策法

国内でフィナステリドを入手する際、市販薬ではないので医師の診断・処方箋が必要になります。

一昔前の育毛対策といえば、育毛剤や養毛剤を頭にふりかけるCMがが印象的でした。
最近ではメーカー各社が競って新成分配合育毛剤を開発し、様々な育毛剤が市販されています。
しかし、抜け毛にはさまざまな原因があるので、自己判断では根本的な原因がわからず、思うような効果を上げられません。 きちんと医療機関で診断をしてもらって、“治療”という方法を選択してみることが今後の髪の“悩み対策”です。

ヘアメディカルで紹介しているクリニックでは、患者様の状態にあわせてミノキシジルとフィナステリドを処方しております。無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

フィナステリドの副作用

フィナステリド服用による副作用の実例は少ないです。
国内臨床試験時では、1mg のフィナステリドで胃部不快感、性欲減退など 5% 程度の副作用が認められましたが、この副作用の発現頻度は、プラセボという有効成分の入っていない錠剤で起こった副作用の頻度と同程度で、特に重篤な副作用は報告されていません。性欲減退の副作用については、性欲を司るテストステロンを減少させる薬ではないので、理論上この副作用は起こりません。
実際、この副作用の発現頻度もプラセボと変わりませんでした。

フィナステリドとプロペシアの違い

フィナステリドとプロペシア。同じような意味で使われがちですが、正式には、「フィナステリド=成分名」「プロペシア=商品名」となります。プロペシアは薄毛・抜け毛に効果的なフィナステリドという成分を含む治療薬のひとつです。

フィナステリドを含む治療薬で日本が認可するプロペシア。もともと前立腺肥大の治療に使われていたフィナステリドに発毛効果が発見され、そこから開発されたのがプロペシアなのです。

フィナステリド成分を含む脱毛症の治療薬はプロペシア以外にもあるので、服用したい場合には選択肢がいくつかあります。

例えば「コストを抑えフィナステリドを服用したい」と、プロペシアのジェネリック等を個人輸入する方もいます。医薬品の個人輸入は偽薬や思わぬ副作用などリスクを伴うものですが、その価格の安さから非正規ルートでの購入は後を絶たず、医師たちは警鐘を鳴らしてきました。

しかし、最近になってこうしたフィナステリドの入手ルートに良い変化が見え始めています。

2015年、正式なプロペシアのジェネリック「ファイザー(フィナステリド錠0.2mg・同1mg)」の認可が大きいでしょう。これにより、フィナステリドを含む治療薬の処方が20%ほど安く可能になりました。
今までフィナステリドを個人輸入していた人も、国が認める「ファイザー」を求めて、専門病院を受診するケースが増えています。

フィナステリドを使用した発毛治療・診察の流れ

フィナステリド処方を行う発毛専門クリニックのご紹介

発毛治療に有効とされている「フィナステリド」。発毛治療を専門に行っている発毛専門クリニックでは、このAGAの治療薬フィナステリドの使用と患者様への診察などにより治療を行います。
ご興味のある方はまずは無料カウンセリングをご利用ください。

診察の流れ

図:診察の流れ

  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

フィナステリドは飲む発毛剤(育毛剤)として処方されています。薄毛治療専門の病院では発毛効果をあげるため、フィナステリドとミノキシジルの併用療法が一般的です。ここではフィナステリドの効果や、心配される副作用についてもご説明します。



初診来院予約 予約フォームはこちら

無料カウンセリング 専門スタッフによるカウンセリング

お電話での来院予約 お電話での来院予約も受付ております

AGAセルフチェック

ヘアメディカルグループWEB限定動画 検証実験 2つの笑顔、何が違う?

関西エリア もっと女性が通いやすい病院へ 女性専用の頭髪外来を新設 脇坂クリニック大阪特集 詳しくはヘアメディカルビューティへ

男女別 私のAGA・薄毛治療 体験談

プロペシアとザガーロ ヘアメディカルだけ!あなたのAGA治療にはどちらの薬が効果的か検査できます。AGAリスク遺伝子検査

あなたと似た症例が検索できます

【特集】発毛専門クリニック
東京
名古屋・栄
福岡・天神
東京・銀座
大阪・梅田

AGAは専門医の治療で治ります

薄毛治療っていくらかかるの?

  • 初めて薄毛治療をお考えの方へ
  • 総合頭髪治療とは
  • 発毛治療の流れ
  • AGAについて
  • 予防のための薄毛対策
  • もう一度、頭髪専門クリニックで薄毛・抜け毛治療へ

フィナステリドの処方と副作用

HAIR MEDICAL

より詳しいサイトマップはコチラ