発毛治療TOP > ヘアメディカルニュース > ヘアメディカルニュース:第3号

発毛治療専用

ヘアメディカルニュース
バックナンバー >> 第1号第2号
[第3号]
毛髪科学研究国際学会にて「脱毛症の遺伝子診断」について発表

11th Annual Meeting of the SHSR Joint with KHRS
by Society for Hair Science Research
and Korean Hair Research Society

国際学会Annual Meeting of the SHSRの様子1

平成15年11月29日に韓国の済州島で開催されました国際学会Annual Meeting of the SHSR(Society for Hair Science Reseach)において、FMLから『アンドゲンレセプター遺伝子多形と男性型脱毛症(AGA)との関係』について研究発表しました。

FML参加理事
脇坂ナカツクリニック院長 脇坂長興先生
北里大学名誉教授 川上正也先生
FML事務局長 波間隆則氏
Relation of Androgen receptor gene polymorphism
and male pattern baldness

Nagaoki Wakisaka, Yuh-ichi Taira, Masahiro Ishikawa, Kazuhiro Kobayashi, Yoshio Nakamizo, Masashi Uwabu, Takanori Hama, and Masaya Kawakami (NPO Future Medical Laboratory, Tokyo, Japan)

Male pattern baldness (MPB) is a common heritable hair loss in scalp area. Although it is polygenic, most of patients have androgen-dependent trait. Expression of AR gene is increased in bald scalp. Association of polymorphism in the first exon of androgen receptor (AR) gene with MPB has been demonstrated by some authors (Sawaya and Salita, 1998; Ellis et al., 2001). MPB patients have lower number of CAG and GGC triplet repeats in this gene that results in increased expression of AR gene. Therefore, MPB caused by hyper-function of AR may be diagnosed by determination of the AR gene polymorphism. It may help the drug choice for these patients.

We determined CAG and GGC triplets and StuI restriction site in the first exon of AR gene of 233 young (16-29 y) and 490 older MPB patients (30-62 y) and of 54 non-bald men (44-72 y). In Caucasian population, frequency of StuI restriction site (AGGCCT) has been found to be higher in bald (94%) than in normal men (77%). However, not only bald but also normal Japanese we examined (total n=324) had StuI site. Number of the triplet repeats was plotted against symptoms expressed as Hamilton-Norwood typing. There was a broad correlation between these variables. Most cases, which fall within the standard deviation, may be caused by hyper-function of AR. On the other hand, certain cases, which fall in area far from the mean, are thought to be caused by non-androgenic mechanism. Statistic analysis of correlation between the triplet repeats and drug effect on these cases is in progress.

昨年6月から全国5ヶ所のクリニックより集積されたデータをもとにアンドロゲンレセプター(AR)遺伝子のと男性型脱毛症(AGA)の関係をFMLの研究に参画している脇坂ナカツクリニック脇坂長興院長が国際学会に口頭発表を行いました。

Male Pattern Baldness(MPB)は多種多様の遺伝子にコントロールされていて、とくにJ. A. Ellis ら(2001)の文献ではAR遺伝子内の第1エクソンに存在する2種類のトリプレット・リピート(CAG/GGC)が短くてStu I サイトがあると男性型脱毛症(AGA)の発症の可能性が高いと報告されている。

国際学会Annual Meeting of the SHSRの様子2

それらのDNA検査を800弱例の被験者に実施し、統計を取ったところトリプレット・リピートの長さと脱毛症進行には相関がみられた。そしてその検査結果をもとに薬剤の選定をしたうえで、治療を1年以上行った症例写真を示しながら、その薬剤応答性を報告した。

発表の後にも、海外の頭髪を研究している専門家や医師から高い評価を受け、さまざまな方々から賛辞を頂戴いたしました。また韓国のある先生からは、遺伝子診断をしてみたいので技術の詳細を知らせてほしいという要望もいただきました。

  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

このページの先頭へ戻る


初診来院予約 予約フォームはこちら

無料カウンセリング 専門スタッフによるカウンセリング

お電話での来院予約 お電話での来院予約も受付ております

AGAセルフチェック

ヘアメディカルグループWEB限定動画 検証実験 2つの笑顔、何が違う?

関西エリア もっと女性が通いやすい病院へ 女性専用の頭髪外来を新設 脇坂クリニック大阪特集 詳しくはヘアメディカルビューティへ

男女別 私のAGA・薄毛治療 体験談

プロペシアとザガーロ ヘアメディカルだけ!あなたのAGA治療にはどちらの薬が効果的か検査できます。AGAリスク遺伝子検査

あなたと似た症例が検索できます

【特集】発毛専門クリニック
東京
名古屋・栄
福岡・天神
東京・銀座
大阪・梅田

AGAは専門医の治療で治ります

薄毛治療っていくらかかるの?

  • 初めて薄毛治療をお考えの方へ
  • 総合頭髪治療とは
  • 発毛治療の流れ
  • AGAについて
  • 予防のための薄毛対策
  • もう一度、頭髪専門クリニックで薄毛・抜け毛治療へ

発毛専門クリニック紹介サイト:ヘアメディカル:ヘアメディカルニュース:第3号

HAIR MEDICAL

より詳しいサイトマップはコチラ