発毛治療TOP > 抜け毛を防ぐ > 抜け毛症と抜毛症について

気になる髪のキーワード|抜け毛を防ぐには 抜け毛症と抜毛症について 抜け毛症(ぬけげしょう)と抜毛症(ばつもうしょう)について。

  • 抜け毛を防ぐには
  • 抜け毛の予防法
  • 抜け毛とシャンプー
  • 抜け毛は病院へ相談
  • 女性の抜け毛
  • 抜け毛防止
  • 抜け毛の検査

抜け毛症の進行

抜け毛症とは簡単に言えば異常脱毛の事をいいます。 健康な髪は発生期・成長期・休止期・退化期といい、毛周期(ヘアサイクル) を経て抜け毛(自然脱毛)になります。抜け毛症の場合は、この毛周期が狂い、退化期になる前に抜け毛になるため、結果として薄毛となり、やがて薄毛が進行して行きます。
抜け毛の進行速度はゆっくりだったり、急速だったり人それぞれで、その原因は食事、ストレス、遺伝的要因、加齢、皮膚の炎症、薬の副作用など様々な複数要因が重なったりして起こります。そのため、今の医学でも人それぞれの症状から原因を特定する事が難しいため原因不明となる場合も多いようです。

抜毛症(トリコチロマニア)

抜毛症(抜毛癖)とは精神的衝動によるものであるために衝動制御障害(ICD)に分類される障害(性癖)です。精神的衝動にかられ、頭髪、眉毛などの体毛を自分で引き抜いてしまい、別名トリコチロマニアとも呼びます。
しかし、若いうちから抜け毛が始まった人では、頭頂部の毛のほとんどが失われ、後頭部と側頭部の部分に毛が残るだけになることもあります。
正確には脱毛症とはいえないかもしれませんが、抜毛症の場合、本人は、自分で抜いていることに気づいていながらやめられない状態です。この症状は10歳前後の子供によくみられ、成長や環境の変化で治る場合もありますが、きっかけがあると再び頭髪を抜くようになる場合もあります。
この脱毛症は子供に多くみられ、最初のうちは抜け毛の原因が円形脱毛症など他の原因と見誤りやすいのが特徴です。頭髪の一部を指でつまんで抜くため、脱毛部分は不規則な形をしていることが多い。一般的に成長とともに(あるいは一定の期間が過ぎると)抜毛症はなくなっていき、毛が抜けた部分も回復していきます。ただし、症状がひどい場合は医師に相談するのが良いでしょう。
この抜毛症( トリコチロマニア)とは頭髪、眉毛などの体毛を自分で引き抜いてしまうことで起こる脱毛症のことです。抜毛癖とも呼ばれます。

クリニックを詳しくご紹介〜あなたが行きたい病院をご覧ください〜

それぞれのクリニックの特長を詳しくご紹介します。患者さまや院長のコメント、院内の様子など。

  • 東京 メンズヘルスクリニック東京
  • 東京・銀座 AACクリニック銀座
  • 名古屋・栄 AACクリニック名古屋
  • 大阪・梅田 脇坂クリニック大阪
  • 福岡・天神 城西クリニック福岡

抜け毛についてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

このページの先頭へ戻る



ご予約時の住所記入はございません

初診来院予約 予約フォームはこちら

無料カウンセリング 専門スタッフによるカウンセリング

お電話での来院予約 お電話での来院予約も受付ております

AGAセルフチェック

関西エリア もっと女性が通いやすい病院へ 女性専用の頭髪外来を新設 脇坂クリニック大阪特集 詳しくはヘアメディカルビューティへ

男女別 私のAGA・薄毛治療 体験談

プロペシアとザガーロ ヘアメディカルだけ!あなたのAGA治療にはどちらの薬が効果的か検査できます。AGAリスク遺伝子検査

あなたと似た症例が検索できます

【特集】発毛専門クリニック
東京
名古屋・栄
福岡・天神
東京・銀座
大阪・梅田

AGAは専門医の治療で治ります

薄毛治療っていくらかかるの?

  • 初めて薄毛治療をお考えの方へ
  • 総合頭髪治療とは
  • 発毛治療の流れ
  • AGAについて
  • 予防のための薄毛対策
  • もう一度、頭髪専門クリニックで薄毛・抜け毛治療へ

抜け毛症と抜毛症:「抜け毛症」と「抜毛症」の違いについて

HAIR MEDICAL

より詳しいサイトマップはコチラ