AGAと病院

AGAと病院

一般の治療とは違う、AGA・薄毛治療を行う頭髪治療専門の病院とは?

医者

現在、AGAの治療薬は専門の病院で処方してもらうことが一般的です。
特に、内服薬として有名な「フィナステリド」などは、病院で医師の診察を受けなければいけません。

一般の病院でも薬の処方を行っているところはありますが、薄毛治療の専門病院(専門外来)では、処方される薬そのものや、服用による頭髪の変化などの説明事項に大きな差があります。

AGA治療は症状別に専科を変える必要がある

薄毛改善への手段として、「AGA専門クリニック」と「一般の病院」での治療は、実際にどちらを選択すべきなのでしょうか。ここでは、その目的と施術内容の違いについて解説していきます。

頭皮対策は一般病院の皮膚科、発毛なら
AGA治療専門クリニック

患者様と接する受付女性

「皮膚科」などの一般の病院を選ぶメリットは、皮膚の専門医による施術を行ってもらえる点です。つまり、頭皮自体が問題になっている薄毛治療に適しているということです。

脂漏性皮膚炎やストレスによる円型脱毛症の場合には、医者からの適切なアドバイスや処方を受けることができます。抜け毛や薄毛が、「皮膚の病気かどうか」を判断して欲しいという方は、皮膚科でもよいでしょう。

「AGA治療専門クリニック」は、専門の医師が頭髪・頭皮の状態を診察し、適切な治療を行います。皮膚科のように限定的な治療ではなく、頭髪に関する総合的な判断のもとで発毛を促します。Dクリニックには、皮膚科の医師以外にも、精神科や形成外科、薬学博士など各分野の専門の医師が在籍し、総合的な治療を行っております。

それぞれの施術内容の違い

ほほえむ医師と看護師

皮膚科とAGA治療専門クリニックでは、治療にあたっての検査や施術内容も異なります。どちらも「症状の問診→頭皮の確認→触診→医師からの質問→処方」の手順を踏みますが、AGA治療専門クリニックは「AGAを専門に治療してきた医師」による診察と、これに加えて希望をすれば「専門的検査」を行うことができます。

皮膚科は、「皮膚の病気による薄毛か」「一般的なAGAか」の判断のもと、投薬治療を受けることができます。しかし、発毛剤の種類も限られていますし、精度の高い薄毛治療とはいえません。

この点において、AGA専門クリニックでは「専門の医師の診察」と「専門的検査」により、最も適した治療方法を受けることができます。

AGA治療専門クリニック検査内容(オプション検査※Dクリニックの場合

  • ミネラル検査…毛髪からミネラルバランスを確認
  • アンドロゲンレセプター遺伝子検査…男性ホルモンの感受性を調査し、AGAとの関わりを確認
  • AGAリスク遺伝子検査…有効なAGA治療薬の調査が可能

※オプション検査は希望者のみです

AGA治療専門のクリニックは発毛治療のパターンも豊富なため、効果が得られにくかった場合には、別のパターンを試して改善結果が期待できるというメリットもあります。多くの治療実績(※1)から、さまざまなタイプの症状にも対応ができ、個人差はありますが、発毛の可能性が高まります。

皮膚科は「頭皮環境の改善」が主ですが、AGA専門クリニックの最終地点は「発毛」にあります。発毛を目的とする方、セルフケアや一般の病院での治療経験者で効果が得られなかったという方は、AGA専門クリニックへのご相談をおすすめします。

※1 治療件数延べ220万人(1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数)

AGA治療の専門病院とは

カウンセリングを行う女性

AGAの治療は、病院ならどこでも治療してもらえるというわけではありません。

基本的には皮膚科でのAGA治療が一般的とされていますが、一部、内科や形成外科のある病院でも治療実績があるようです。

また、皮膚科に行けばどこでも治療してもらえると思いがちですが、AGAの治療を行っていない医院もあるようなので、病院に行く前には、AGAの治療を行っているかを問い合わせをしてから病院へ行くのがよいでしょう。

AGAの投薬治療を行っている病院が見つかったとしても、男性型脱毛症という症状改善は単純なものではありません。

ただ多くの方が処方されているフィナステリドを服用したからといって、すべてのAGA患者に効果がでてくるというわけではないからです。

AGA治療の難しいところは、人によってどの程度まで効果が出れば満足できるのかという基準が違うというところです。

また、治療経験者の声からしても、精神的な側面も無視することができないという点があります。

そのため、ただ薬を処方する一般の病院ではなく、薄毛の悩みやこれからの要望もよく聞き入れた上で、その人に最も適したAGA治療法を行うことのできる専門の病院(外来)を選ぶことが重要なポイントになってきます。

専門病院と一般の病院での治療の違い

  専門病院 一般の病院

しっかりとした検査と個人個人にあった処方により、発毛の可能性を高めるための治療・対応が見られる。
治療の必要性の相談はもちろん、治療に進まれた場合は治療の経過に合わせて薬の濃度や種類などが適切に処方される。
低価格だが、限られた診察と治療内容に偏ることが多い。
抜け毛治療が目的となるため、投薬治療のみの場合が多い。



アドバンスト発毛治療
(単剤処方治療も可)
単剤処方治療
(抜け毛治療)

11,000円~
32,000円(税別)
7,000円~
15,000円前後(税別)

発毛
(毛髪密度増量)
男性型脱毛症の進行遅延
(抜け毛治療)

あり
(初回+6ヶ月毎)
なし

あり
(1回/月)

(病院により異なる)



あり
(来院時経過撮影)
なし



1回/月 1回/3~6ヶ月


フィナステリド(※a)
ディタステリド
ミノキシジル(※b)
抗炎症剤
ビタミン類

症状に合わせた処方を行います。
フィナステリド(※a)
ディタステリド


頭皮のかゆみ、
肝機能障害、
リビドー減退など
※これらの副作用が実際に起こったわけではありません
リビドー減退など



検査あり(安心・安全)
診察あり
(専門の医師が診断)
内外治療
(内服薬・外用薬)
効果判定(経過写真)
著明改善(発毛効果)
費用が安価
抜け毛治療(毛量)が目的ならば良い
来院間隔が長い
(1回/3~6ヶ月)




費用が高額
来院頻度が高い
(1回/月)
検査無し(身体状況が把握できない)
診察無し
(自己判断での治療)
単剤処方
(プロペシア錠)
脱毛進行遅延目的
効果判定できず
(経過写真無し)






アドバンスト発毛治療での経過写真 上記の症例はAGAによる薄毛に悩む29歳男性の治療経過写真です。
治療内容は「内服薬、ビタミン、外用薬」による複数処方によるものです。
初診時の状態はハミルトン分類の「IV型」でした。
経過写真を見て、薬の複数処方と単剤処方とは異なる経過を辿っていることがわかります。単剤処方でここまでの効果を得ることは難しいと思われます。
単剤処方治療での経過写真 上記の症例はAGAによる薄毛に悩む29歳男性の治療経過写真です。
治療内容は「内服薬」による単剤での処方です。
初診時の状態はハミルトン分類の「VI型」でした。
経過写真から見ても、初診時の状態はハミルトン分類の「VI型」でした。薬剤の治療効果、効能どおりの脱毛症の進行遅延(現状維持)となっています。

※治療費は診察内容により若干変動がございます
※a,b 参照元:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版

AGAは進行性の脱毛症です

  • 目的発毛治療

    矢印
    カルテ

    専門病院で
    AGA・薄毛治療へ

  • 目的現状維持

    矢印
    薬

    一般の病院で
    薬の処方を

ヘアメディカルでは、AGA・薄毛治療の専門病院「Dクリニック」をご紹介しています。

髪に悩みを抱えたら、さまざまな治療経験者の悩みを聞いてきた、頭髪専門の医師に相談することをおすすめします。

病院選びの注意点

AGAの病院を選ぶときに気をつけることは、病院ならどこでも治療をしているわけではないということです。皮膚科などの一般病院での治療は投薬治療のみで現状維持に留まることが多く、発毛効果を期待するのであれば、AGA治療の専門病院・専門クリニックがおすすめです。

AGA治療に取り組む専門のクリニック

Dクリニック東京 メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京) 院長:小林一広

抜け毛治療から発毛治療へ。
多くの治療実績のある※2
専門の医師と、AGA・薄毛治療を
スタートしましょう。

本当にAGA対策が必要か、発毛の可能性はあるのか。
今の治療内容は自分にベストなのか・・・。
薄毛治療と向き合ってきた頭髪専門の医師と一緒に、
悩みを解決しませんか?

※2 治療件数延べ220万人(1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数)

Dクリニックは、
全国に6院ある発毛治療専門の医療機関です。

ご予約はこちらから

治療の内容、費用
など知りたい
自分にあった治療
を提案してほしい

「無料カウンセリング」と「来院予約」との違いとは?

無料カウンセリングとは?

まずは専門スタッフが費用や治療の効果などについて、詳しくご説明いたします。

無料約1時間

安心して治療に進むためのカウンセリング。
勧誘などは一切ありません。

STEP01

スタッフの
カウンセリング
治療の内容、注意事項についてご説明

STEP02

費用のご説明
治療にかかる費用について概要をご説明

STEP03

そのまま初診
を受けることも可能です
※クリニックによってはその日に診察できない場合がございます。

来院予約とは?

220万人以上の治療実績(※)を持つ専門の医師あなたに合った治療を行います。

有料約2時間

薄毛の原因をしっかり検査。
あなたの症状に合った治療をご提案します。
●「スタッフのカウンセリング」と「費用のご説明」も同時に行います。

STEP01

医師の診察
頭髪・頭皮の状態と身体全体の健康状態を診察

STEP02

頭部の撮影
発毛効果を多角的に判断し、経過を見るため撮影

STEP03

血液検査
薬の投与が問題ないかを判断するため、身体検査を実施
  • ●医師の診察を希望の方は、来院予約をお選びください。
  • ※1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数
  • ※ご予約時の住所記入はございません

初めてAGA・薄毛治療をお考えの方も、まずは無料カウンセリングで治療のこと、費用のことなど何でもご相談、お尋ねください。

当日は、そのままお帰りいただき、じっくりとご検討ください。
もちろん、無理な勧誘や契約等は一切ございません。
初診のご予約の方もまずはカウンセリングからスタートします。

Dクリニック東京 メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京) 院長:小林一広

AGAの専門病院(専門外来)
だからできること

AGAは進行性の脱毛症。
発毛治療専門の医師と二人三脚での治療を!

医療薬開発の発展によって、AGA(エージーエー)治療はこれまで以上に専門性が求められるようになってきています。

2010年に、日本皮膚科学会が「男性型脱毛症診療ガイドライン」という治療の手引きを発表しました。

これは、抜け毛・薄毛治療を専門の医療機関で治療しようという流れが広まっている証拠です。ガイドラインには国内外の研究結果から有効性・安全性を判定したものも含まれ、フィナステリドとミノキシジルは、どちらも高いレベルの推奨度があげられました。

ただ、これらの治療薬を一人ひとりの症状に合わせて適切に処方できるかどうかは、病院や医師によってまだ違いがあるようです。

一般の病院からAGA専門病院へ病院を変える人もいます

Dクリニック東京 メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京)

単に抜け毛・薄毛といってもタイプやその原因は人それぞれ。薬の使い方や注意点は、多くの治療実績のある(※3)AGA・薄毛治療の専門病院だからこそ提案できることも多くあります。

遺伝や生活習慣の面も考慮して治療を行うことで短期間でケアできるようにする、そんな治療の目標設定を医師と患者様が二人三脚で考えることが可能なのが専門病院です。

治療効果がなかなか見られず、一般の病院からAGA専門クリニック・専門病院へと、途中で病院を変える治療経験者も少なくはありません。

AGAは進行性の脱毛症です。

現状維持ではなく、AGAの進行を止めて発毛を目的とする場合は、早めにAGA専門クリニック・専門病院へご相談することをおすすめします。

※3 治療件数延べ220万人(1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数)

Dクリニックは、
全国に6院ある発毛治療専門の医療機関です。

ご予約はこちらから

治療の内容、費用
など知りたい
自分にあった治療
を提案してほしい

「無料カウンセリング」と「来院予約」との違いとは?

無料カウンセリングとは?

まずは専門スタッフが費用や治療の効果などについて、詳しくご説明いたします。

無料約1時間

安心して治療に進むためのカウンセリング。
勧誘などは一切ありません。

STEP01

スタッフの
カウンセリング
治療の内容、注意事項についてご説明

STEP02

費用のご説明
治療にかかる費用について概要をご説明

STEP03

そのまま初診
を受けることも可能です
※クリニックによってはその日に診察できない場合がございます。

来院予約とは?

220万人以上の治療実績(※)を持つ専門の医師あなたに合った治療を行います。

有料約2時間

薄毛の原因をしっかり検査。
あなたの症状に合った治療をご提案します。
●「スタッフのカウンセリング」と「費用のご説明」も同時に行います。

STEP01

医師の診察
頭髪・頭皮の状態と身体全体の健康状態を診察

STEP02

頭部の撮影
発毛効果を多角的に判断し、経過を見るため撮影

STEP03

血液検査
薬の投与が問題ないかを判断するため、身体検査を実施
  • ●医師の診察を希望の方は、来院予約をお選びください。
  • ※1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数
  • ※ご予約時の住所記入はございません
  1. ヘアメディカル[発毛治療]
  2. AGAとは
  3. AGAと病院