発毛治療TOP > AGAの予防

AGAの予防

AGAの予防|知らないとハゲる?薄毛を回避するための対策とは

AGAは「男性型脱毛症」といわれる毛髪が薄くなる症状です。
その原因は、男性ホルモンの影響などさまざまな要因があります。
きちんとAGAの原因を知って対策をとらないと、薄毛になるだけでなく、いわゆる「ハゲてしまう」可能性も高くなります。

ここでは、AGAになる原因や自分でできるAGAの予防法・薄毛を回避するためのAGA対策について詳しくご紹介します。
抜け毛を気にする男性

AGA予防の種類

AGAは「男性型脱毛症」という毛髪が薄くなる症状のことです。
生活習慣やストレスなど、さまざまな原因によって抜け毛が増えたり、薄毛になったり、症状がひどくなるとハゲてしまうこともあります。

ただし、AGAはの症状はきちんと予防することで、進行を抑えることができます。

では、どのような予防方法があるのか、見ていきましょう。

セルフケア

まず、AGA予防で手軽に行えるのは、自分で行う「セルフケア」です。
セルフケアの方法は、頭皮の血行をよくし頭皮環境を整えるための育毛剤や、育毛や発毛のために開発されたシャンプーなどを使う方法があります。

また、髪の毛の成長のために生活環境を改善したり、食事で髪に必要なビタミンなどの栄養を摂り、ヘアサイクルを整える方法も効果的です。

育毛サロン

AGA予防には「育毛サロン」に行く、という方法もあります。

自分でセルフケアをしても抜け毛などの症状が改善されない場合、育毛サロンに行くとカウンセリングを行い、その人に合ったAGA対策をしてくれます。

例えば、頭皮環境を整えるための頭皮マッサージを行ってくれたり、お店独自の育毛効果のある育毛剤をつけてくれたりします。
それ以外にヘッドスパなどのメニューがあり、リラクゼーションを基本としたサロンが多いのが、育毛サロンの特徴です。
シャンプーをする男性
また、その人のAGAの症状や原因に合わせて自宅での予防法や今後の対策方法などアドバイスもしてくれます。
自宅でのセルフケアに行き詰った方には、育毛サロンはオススメですが、あくまでも民間療法であり、治療ではありません。
AGAの場合、育毛サロンでは治療はできません。

病院

AGAによる抜け毛や薄毛の症状があり、ハゲ対策をするには病院という方法もあります。

病院ですと、医師の診療を受けることができるので、AGAの原因を追究し、より早い改善が見込めるようになるでしょう。

皮膚科などでもAGAの治療をしてくれますが、よりAGA治療を専門に行ってくれるAGAクリニックに行くといいでしょう。

その人に合った治療法を行ってくれますし、AGAに効果があるフィナステリドなどのAGA治療薬を処方してもらえます。
治療薬を服用すると、副作用がつきものですが、しっかり医師から説明があり、不安な人は何でも医師に相談できるので安心です。

AGAの主な原因

抜け毛や薄毛などの症状が現れるAGAですが、AGAの主な原因は「男性ホルモン」です。

AGAによって頭の毛が薄くなるのは、ヘアサイクルが大きく関係しています。

ヘアサイクルは、「成長期」「退行期」「休止期」を繰り返しています。
髪の毛は成長期に毛母細胞を分裂させて髪の毛を成長させています。
しかしAGAの男性は、ヘアサイクルの成長期が短く髪の毛を十分に成長させることが出来ません。
それには、男性ホルモンが大きく影響しています。

男性ホルモンの中の1つテストステロンは、5αリダクターゼという酵素の働きによって脱毛を誘発するジヒドロテストステロンというホルモンに変化します。

このホルモンは、頭髪の成長に必要なホルモンを阻害する働きがあります。
また、男性ホルモンの影響以外に、遺伝によってAGAになる方もいます。

薄毛を進行させる生活習慣

AGAで薄毛を進行させる要因には、生活習慣も関係しています。
薄毛を進行させてしまう生活習慣には、次のようなものがあります。
偏った食事
食品から摂るタンパク質やアミノ酸・ビタミンBなどの栄養成分によって、健康な髪の毛を作っています。
しかし、栄養が偏ってしまうと髪に必要な栄養が不足してしまい、健康な髪の毛を作ることができなくなります。
また、脂っこいものなどを食べ過ぎると、頭皮の血流が悪くなり髪に必要な成分を頭皮まで届けることができなくなり、抜け毛や薄毛の原因となります。
喫煙と飲酒
アルコールの過剰摂取
アルコールを摂り過ぎると、皮脂の分泌が多くなってしまい、頭皮環境を悪くします。
また、アルコールを摂り過ぎると肝臓の機能が衰えるため、肝臓で作られるたんぱく質が減ってしまいます。
髪の毛のほとんどはタンパク質で出来ているので、その結果、発毛や育毛に悪影響を与えることになります。
喫煙
喫煙をしていると、血管が収縮してしまい頭皮の血行を悪くします。
そうすると髪に必要な栄養を送ることが出来なくなり、抜け毛や薄毛などの要因の一つになります。
睡眠不足
人は寝ている間に成長ホルモンを分泌しています。
睡眠不足の状態が続くと、髪の成長に必要な成長ホルモンの分泌が悪くなってしまい、髪の成長にも影響が出てきます。

育毛・発毛に重要な成分

AGAによる薄毛対策や薄毛改善には重要な成分がありますが、それはどのような成分なのかを見てみましょう。
ノコギリヤシエキス
ヤシ科のハーブの1種であるノコギリヤシから抽出したエキスで、前立腺肥大や抜け毛予防に効果があります。
抜け毛の原因の5αリダクターゼを抑える効果があります。
オウゴンエキス
コガネバナという植物の根から作られたオウゴンという生薬から抽出したエキスで、抗炎症作用や抗アレルギー作用などがあり頭皮環境を整えることが出来ます。
また、5αリダクターゼを抑える働きもあります。
さまざまな成分
ホップエキス
くわ科の植物であるホップから抽出したエキスで、抗菌作用や保湿作用などがあり頭皮環境を整えてくれます。
また、女性ホルモンであるエストロゲンの様な成分もあるので、活性型男性ホルモンを抑える効果もあります。
モモ葉エキス
バラ科のモモやモモ葉から抽出したエキスで、保湿や抗炎症作用など多くの効果があり育毛剤やシャンプーによく使われます。
また、ホップエキスと同様女性ホルモンと似た成分もあります。
ジオウエキス
ゴマノハグサ科の植物ジオウの根から抽出したエキスで、血液循環の改善や代謝促進に効果があり、頭皮トラブルを予防したり改善したりする効果があります。

薄毛を回避するAGA対策

AGAによる抜け毛や薄毛を回避させる対策法には色々なものがあります。
対策法をとることによって、育毛効果や発毛効果を発揮してくれます。

それでは、どんな対策法があるのか見てみましょう。

食事

いつもの食事で、育毛に効果のある「タンパク質」や「ミネラル」「ビタミンB群」「亜鉛」などをバランスよく摂ることで、頭皮環境を整え髪に必要な栄養成分を頭皮に送ることが出来るようになるので、薄毛を回避できる可能性があります。

しかし、育毛に効果がある栄養だけを摂っていては、体に良くないのでバランスよく食べるようにしましょう。
バランスのよい栄養成分

シャンプー

AGAの方は頭皮環境が悪い方が比較的多いため、頭皮環境を整えることが大切です。

AGAの方の頭皮は、皮脂が過剰に出てしまっている状態も見られるため、自身の頭皮にあったシャンプーを使って頭皮ケアをすることが大切です。

しかし、皮脂が気になるからと洗いすぎてしまうと、反対に頭皮環境を悪くすることがあります。
夏場や汗をかいたときなどは、1日2回程度を目安に洗うように、それ以外は1日1回洗うようにしましょう。
シャンプーをする男性

頭皮マッサージ

AGAによる薄毛を回避するには頭皮マッサージも効果があると言われます。

特に頭皮環境が悪い方には頭皮マッサージが有効で、頭皮マッサージをすることで頭皮の血行をよくし髪に必要な栄養を頭皮に送ることが出来ます。
血行が良くなると、髪に必要な栄養がしっかり届くのでAGAの予防に適しています。

また、マッサージの刺激によって頭皮のターンオーバーを促すことができ、古い角質や毛穴の詰まりをなくすことができ、頭皮環境を整えることが出来ます。

ただし、マッサージのしすぎで頭皮を傷つけては意味がありませんので、指の腹でやさしく行うことを心がけましょう。
頭皮マッサージ

育毛剤

AGAによる薄毛は、頭皮環境を整えることも重要ではありますが、それだけではなかなか改善することが出来ません。

AGAによる薄毛を回避するのに、実は育毛剤を使うことで、AGA予防になり効果的です。
育毛剤は、成分によって頭皮環境を整える上、抜け毛を予防し育毛する効果があると言われます。

しかし、頭頂部にできたハゲには育毛剤を使っても効果を発揮しないことがあります。
育毛剤は基本的に、髪の毛の成長を促すものです。
育毛剤
そのため、髪の毛のない場所に使用しても、効果を得ることに期待はできません。

髪の毛の発毛を促すものは発毛剤です。
毛母細胞に直接働きかける発毛剤を使用し、発毛を促し脱毛症を改善しましょう。

サプリメント

AGAによる薄毛を回避するのには、髪の毛に必要な栄養を取る必要があります。

食事で髪の毛に必要な栄養成分をすべて摂れればいいのですが、それが難しい場合もあります。

そのような時は、髪の毛の成長に必要な「タンパク質」「ミネラル」「ビタミンC」「ビタミンA」「ビタミンB群」などの栄養をサプリメントで摂ることで、髪に必要な栄養を補充できるようになり薄毛を回避することができます。
サプリンメント

AGAによる薄毛を回避するのに、薬を飲むのは効果的です。

フィナステリドという有効成分を配合した「プロペシア」や、プロペシアよりも発毛効果が強いとされる「ザガーロ」などを飲むことによって、AGAの原因を根本から改善していきます。

AGAに効果がある薬は、クリニックでも処方してもらえますが、インターネット通販などでも販売されています。
しかし、輸入代行業者で購入した薬は、偽物の可能性や思っていた商品が届かない可能性もあります。

薬には副作用が出るものもあるので、すぐに相談が出来るクリニックで処方してもらうようにしましょう。
薬

薬の処方はヘアメディカルで行っています。

AGAの原因を追求し改善していくには、薬を飲んで治療していく必要があります。

そんな方は「ヘアメディカルグループ」にご相談ください。
頭髪治療専門クリニックで、AGAの治療や薄毛治療など総合的な頭髪治療を行っています。

ヘアメディカルグループのクリニックでは、きちんと細かいカウンセリングを行い、AGAの原因を探るさまざまな検査をしてその方の状態や症状に合った適切な薬を処方します。
無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にお越しください。

AGA予防はAGA専門クリニックへ相談するのが最適です

AGAによる薄毛や抜け毛などは、セルフケアも重要な予防ポイントになります。

しかし、その人によって症状や原因が違う為、同じようなケアをしていても症状が改善されないということもあります。
そのような時は、専門医師のいるAGA専門クリニックに行くことをおすすめします。

AGAの予防や治療をしてもらうには、検査や治療方法が豊富なAGA専門クリニックで相談するのが最適です。
AGA専門ですので、AGAの原因を詳しく調べられますし、その原因に応じた治療を提案してもらえます。

AGAによる抜け毛や薄毛など予防したい方は、まずAGA専門クリニックに相談することを検討してみましょう。

>>>>>> AGAでお悩みの方に治療専門病院 <<<<<<

クリニックを詳しくご紹介します ~お近くのクリニックをお選びください~

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

AGA PageTopへ



AGAの予防

HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長:脇坂長興医師。
城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

より詳しいサイトマップはコチラ