育毛剤と発毛剤の違いとは?AGAへの効果や併用できるのかなども解説

育毛剤と発毛剤の違いとは?

AGAへの効果や併用できるのかなども解説

薬と薬を持った手
椅子で考え込む男性

薄毛対策で気軽に試せる方法として、代表的なものが育毛剤や発毛剤ですね。AGA対策の一例にも、よく取りあげられます。ところで、育毛剤と発毛剤の違いはご存じですか?この2つは、似ているようで実は作用が異なります。今回は、育毛剤と発毛剤の違いとその効果、併用できるかどうかについて解説していきます。

育毛剤と発毛剤の違いとは?

まずは、育毛剤と発毛剤との違いについて見てみましょう。この二つは、似ているような気がするかもしれませんが、実は大きく異なります。目的にあったものを使用するためにも、この違いは必ずおさえておきましょう。

育毛剤とは

育毛剤は医薬部外品です。育毛とは、「今現在、生えている髪の毛を育てる」ということ。そのために、髪の毛が丈夫で寿命を縮めないように働きかけるのが育毛剤です。つまり髪の毛を育て、抜け毛を防ぐことで、薄毛を予防するためのものです。

市販で手軽に購入することができ、価格帯もさまざまです。頭皮の血行を良くする効果が期待できるものや、フケ・乾燥を防いで頭皮環境を整えるものなどがあり、使いやすい点も特徴です。

育毛剤は薄毛の初期段階に使用すると良いと言われています。

発毛剤とは

発毛剤は、育毛剤とは異なり医薬品に分類されます。医薬品は疾患や症状を治癒するためのものです。発毛剤は、その名前のとおり新しい髪の毛を生やす効果や、今ある髪の毛を強く丈夫に成長させ、抜け毛を防ぐ作用があります。
薄毛の治療や、壮年性脱毛症の治療にも使用されています。

まずはAGAの仕組みを理解し「育毛剤・発毛剤」の効果を知ろう

AGAの仕組みは以下の通りです。

AGAの仕組み

・テストステロンが、毛包内の毛乳頭細胞にある5αリダクターゼという還元酵素に作用され、AGAの原因物質である、ジヒドロテストステロンに変換される
・ジヒドロテストステロンが毛乳細胞にあるアンドロゲン受容体に結合
・毛乳頭細胞にDKK-1やTGF-βという脱毛指令因子のタンパク質が産生
・DKK-1やTGF-βが毛乳頭細胞の分裂を抑制
・毛髪の成長期が短縮され進行期へと移る
・毛髪サイクルが乱れ、細い毛が目立つ

AGAとは、原因となるジヒドロテストステロンが髪の毛の生成を担う毛母細胞の分裂を抑えることで、髪の毛が充分に成長しないまま抜け落ちてしまう現象のことをいいます。

薄毛になる場所はパターン化しており、前頭部の生え際もしくは頭頂部、あるいはその両方から薄毛が進行していくのも特徴のひとつです。特に頭頂部は、濃度の高いジヒドロテストステロンが存在し、頭皮が固く髪が生えにくい環境につながりやすいとされています。

発毛剤や育毛剤は、頭頂部の頭皮環境を整え、髪が生えやすい状態を作るための手段として効果的です。

育毛剤・発毛剤の効果

AGAの仕組み

 

育毛剤の効果

髪の毛の栄養は、血管を通って運ばれます。そのため、頭皮や全身の血の巡りをよくすることは、髪の毛のもととなる栄養を送る上で重要です。育毛剤により頭皮の血流を良くする事で、健康的な毛髪を育てる効果が期待できます。
そして、ハリやコシがあり、抜けにくい健康的な毛髪へと導きます。健康な髪の毛を育てるには、頭皮環境を整えることも大切です。フケやかゆみといった頭皮トラブルを改善することで、炎症をおさえ健やかな頭皮状態を保つ効果もあります。

育毛剤の効果

発毛剤は、髪の毛の成長を促したり新しい髪の毛の発毛を促したりする効果を持っています。薄毛治療によく用いられるミノキシジルを配合しており、この成分が毛乳頭細胞に直接働きかけ、毛母細胞を活性化し、髪の毛の成長を早めてヘアサイクルの乱れを正常に戻します。
ミノキシジルはもともと、高血圧の治療薬に用いられていた成分ですが、後に治療中の患者から多毛が見られたことで開発がすすみ、現在は多くの発毛剤を代表する成分となっています。

育毛剤と発毛剤は併用してもよい?

育毛剤と発毛剤

ここまででご紹介したように、育毛剤と発毛剤とではそれぞれ効果が異なるので、併用は禁止です。大切なのは、自分の髪の毛や頭皮の状態に合ったものを選び使い分けることです。

どちらにしても、AGAが進行性であることから薄毛が進行する前の早い段階から使った方が良いと言われています。薄毛が気になったら、その時の頭皮や毛髪の状態をしっかりと見定めて、適切な対処方法を選択しましょう。

発毛剤に副作用はあるのか

発毛剤は医薬品です。一般的な薬と同じように、何らかの副作用が起こる可能性も考えられます。ここでは、発毛剤で起こりうる副作用の例を紹介します。

以下のような副作用が起こる可能性がある

・かゆみ
・かぶれ
・動悸
・めまい
・吐き気
・頭痛

発毛剤の主な副作用は、塗布した部分のかゆみやかぶれといった炎症です。他にも、ごくわずかではあるものの動悸やめまいなどの症状が見られる可能性もあります。
発毛剤に含まれるミノキシジルは、もともと高血圧の治療薬として用いられていた成分です。発毛剤の使用によって全身に作用するほど吸収されることはほぼありませんが、何らかの影響で通常よりも多く吸収され、血圧低下を起こす可能性も考えられます。高血圧や低血圧の薬を飲んでいる、治療をしている、などの場合は主治医への相談が必要です。

もし、発毛剤による副作用が見られた場合は、ただちに使用を中止し、医師に相談してください。

クリニックのAGA治療はどのようなものか

育毛剤と発毛剤

育毛剤や発毛剤は、気軽に試せる薄毛対策として誰もが取り組みやすいというメリットがあります。しかし、AGAの治療を本格的に行いたい、セルフケアでは効果が得られなかった、自分に合った適切な治療法を知りたいという場合は、AGA専門のクリニック等への受診がおすすめです。

AGA専門クリニックであれば、専門的な知識や経験をもった医師が適切な治療方法を提案し、セルフケアではできない治療が可能です。具体的に、AGA治療にはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

投薬治療

一般的なAGA治療で用いられる方法です。AGAの進行を抑制するためにプロペシア(フィナステリド)やザガーロカプセル(デュタステリド)などを処方するという治療です。

注入治療

メソセラピー・HARG治療は、成長因子を、頭皮に直接注入でする治療法です。
※Dクリニックでは注入治療を行っていませんのでご注意ください。

自毛植毛

脱毛箇所に、別の箇所から生えている自身の毛根を移植する治療方法です。植毛する髪の本数には限りがあるので、薄毛の部分の広さによっては完全にカバーできない場合もあります。
※Dクリニックでは自毛植毛を行っていませんのでご注意ください。

Dクリニックで処方されるAGA治療薬(内服薬)の種類

薬

AGA対策は発毛剤や育毛剤だけでなく、内服薬もよく用いられます。以下はAGA治療の代表的な内服薬です。

プロペシア(フィナステリド)

日本国内で初めて、AGA治療薬として厚生労働省に承認されました。世界約60か国で使用されており、抜け毛の進行抑制・改善に役立つ可能性があります。男性ホルモンの働きを抑制することで抜け毛を予防するため、AGA以外の脱毛症や女性の薄毛治療には効果がないと言われています。正しい用法・用量を守れば、副作用の発生率は大変低い治療薬です。

ザガーロカプセル(デュタステリド)

プロペシアに次ぐ新たなAGA治療薬として注目を集めています。主要成分であるデュタステリドは、髪の毛の成長を阻害する原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を効果的に抑制することから、AGA治療に効果的とされています。プロペシアよりもDHTの産生を促す酵素の働きを抑制する力が大きいため、そのぶん得られる効果にも期待がもてます。

育毛剤や発毛剤で効果を感じない方は、クリニックでのAGA治療がおすすめ

今回は、育毛剤と発毛剤の違いについてご紹介しました。この2つは、似ているようで効果や目的が異なります。
育毛剤や発毛剤は気軽にできる薄毛対策として便利ですが、自分の毛髪や頭皮の状態をしっかりと判断した上で、適切なものを選ぶ必要があります。もし、効果が得られない場合は、薄毛の原因を正しく知り対処するために、一度専門のクリニックで相談されることをおすすめします。

AGAは進行性の脱毛症です。早い段階で治療を開始したほうが、効果も感じやすいと言われています。
Dクリニックでは、血液検査や徹底したカウンセリングで1人ひとりに合った治療を提案します。治療期間中も、気になることなどを気軽に相談できる体制を整え、無理なく治療を継続できる環境を整えています。まずはお気軽に無料カウンセリングにお越しください。

Dクリニックは、
全国に6院ある発毛治療専門の医療機関です。

ご予約はこちらから

治療の内容、費用
など知りたい
自分にあった治療
を提案してほしい

無料カウンセリングとは?

まずは専門スタッフが費用や治療の効果などについて、詳しくご説明いたします。

無料約1時間

安心して治療に進むためのカウンセリング。
勧誘などは一切ありません。

STEP01

スタッフの
カウンセリング
治療の内容、注意事項についてご説明

STEP02

費用のご説明
治療にかかる費用について概要をご説明

STEP03

そのまま初診
を受けることも可能です
※クリニックによってはその日に診察できない場合がございます。

来院予約とは?

233万人以上の治療実績(※)を持つ専門クリニックの医師あなたに合った治療を行います。

有料約2時間

薄毛の原因をしっかり検査。
あなたの症状に合った治療をご提案します。
●「スタッフのカウンセリング」と「費用のご説明」も同時に行います。

STEP01

医師の診察
頭髪・頭皮の状態と身体全体の健康状態を診察

STEP02

頭部の撮影
発毛効果を多角的に判断し、経過を見るため撮影

STEP03

血液検査
薬の投与が問題ないかを判断するため、身体検査を実施
  • ●医師の診察を希望の方は、来院予約をお選びください。
  • ※1999年7月~2019年12月のDクリニックの延べ患者数
  • ※ご予約時の住所記入はございません

さらに詳しく!AGAのこと

もっと見る閉じる

  1. ヘアメディカル[発毛治療]
  2. AGAとは
  3. AGA対策の基本