発毛治療TOP > ハゲ・若ハゲ(若禿げ)・はげのウソ・ホント/ハゲ治療

気になる髪のキーワード|はげ(ハゲ)のウソ ホント 薄毛・抜け毛など 頭皮のことでお悩みの方へ

日本人男性の約30%が発症するといわれているAGA(男性型脱毛症)。主に頭頂部、生え際から薄毛が進行していくという特徴があります。(※参考:アデランス2007年発表データ)

現在、AGAに効果が期待されている治療薬は存在していますが、「禿(はげ)は治らない」という噂も後を絶たない状況です。せっかく治療をはじめようとしても、その噂が気になってはモチベーションも上がりません。

そこでこの記事では、禿(はげ)に関する「ホント」「ウソ」を徹底検証します。
間違った知識や噂に惑わされず、適切な薄毛対策をはじめましょう。

禿(はげ)は治る?治らない?

薄毛で悩む人が増えています。
かつて「禿(はげ)」といえば、“おじさんのイメージ”でしたが、最近では20代で禿に悩む人も少なくありません。なんと成人の男女の3人に1人が、薄毛で悩んでいるともいわれています。(※参考:アデランス2007年発表データ)

では、禿は治るのでしょうか?
そんなみなさんの疑問を解消いたします。

基本的に高い確率で、薄毛は改善できる

「なかなか薄毛が改善しない」とお悩みの方は、薄毛の原因にしっかりとした対処ができていない可能性があります。
薄毛の原因はさまざまで、人それぞれ症状も異なるのです。まずはしっかりと薄毛の知識を知ることが大切です。

AGA(男性型脱毛症)治療薬で、代表的なものとされているのは「プロペシア」です。プロペシアは、高い確率で薄毛が改善するといわれています。(3年間使った方のうち、発毛実感率は80%というデータもあります)

諦めないで、まずは自分の薄毛の原因を知ることからはじめましょう!

薄くなる場所によって治りにくい?

薄毛はホルモンの影響が原因です。
頭部のどこも影響は考えられますが、なかでも影響を受けやすいのが前頭部や頭頂部。

しかし、治りにくいといったことはありません。
しっかり薄毛にアプローチしたら、改善できる可能性があります。

女性の薄毛は治りにくい?

女性は出産をするとホルモンバランスが乱れ、薄毛になることが多々あります。他にも、ストレスなどが原因で薄毛になることもあります。

女性の薄毛は、男性の薄毛とは対策方法が違います。男性と同じような対策をしたところで、髪が生えるメカニズムになっていないとされています。女性の薄毛は、女性に合った対策で改善できる可能性があります。
女性もまた、薄毛の原因を知りってしっかり対策をすることが肝心です。

薄毛が改善されないケースもある

薄毛が改善されないケースもあります。
どんなケースがあるのか、見てみましょう。

【原因に対応した薄毛の治療ができていないケース】
薄毛対策が的外れだと、薄毛の改善は見られません。治療が合っていないと、どんなに高額な育毛剤を使ったところで、嬉しい効果を得られず、無駄にお金がかかってしまうだけです。まずは原因をきちんと究明しましょう。

【薄毛の原因が複数のケース】
薄毛の原因はAGA(男性型脱毛症)、ストレス、不規則な生活などさまざまです。
もし薄毛の原因が複数の場合は、ひとつ改善したところで、髪が生えるわけではありません。
原因が複数の場合は、大変ですがすべての原因に対処することが大切です。

【ずっと放置したケース】
髪にはヘアサイクルといったものがあり、正常な場合髪をつくる「成長期」が2〜6年とされています。ただ、薄毛になるとこの成長期が短くなり、数か月〜1年になってしまいます。

成長期が短いので、細い髪が生え、そして抜けてしまう。この段階で、薄毛対策をすれば間に合う可能性があります。ただ放置しすぎると、AGA専門のクリニックでも改善できないことがあるのです。

それは、髪の細胞に「寿命」がきてしまった場合です。弱っている段階ならまだ間に合いますが寿命が尽きたあとは対処できません。早めに対策をスタートしましょう!

禿(はげ)が「治療できない」という噂は、どこから来ている?

禿は治療できない、という噂を聞いたことはありませんか?それは、治療して改善が見られなかった方の意見です。もちろん中には、しっかりとした薄毛治療をした人もいるかもしれませんが、間違った治療または自分に合っていない薄毛治療をしている人もいます。
ここでは代表的な改善が見られなかったケースを一部ご紹介します。

「髪に良い栄養素を摂っても、改善しなかった」

「髪には海藻、大豆系の食品、所謂タンパク質がいい」。これは、もちろん間違いではありませんが、これだけで必ず改善できるとはいえません。
髪にとって良い栄養を摂取しても、髪まで栄養が届かなかったら髪が生える仕組みができないのです。

頭皮環境の良くない場合は、改善することで発毛を実感できるかもしれません。頭皮環境を改善したら、AGA治療薬を服用しヘアサイクルを正常にするよう対策を行いましょう!

「シャンプーやリンスを変えても改善しなかった」

「頭皮にダメージを与える刺激の強いシャンプーから、育毛シャンプー・弱酸性のアミノ酸シャンプーに変えた」という方もいます。頭皮環境を改善するのは良いことですが、それで必ず髪が生えるわ けではありません。発毛するわけではないのです。
あくまで育毛対策、頭皮環境の改善。いわばスタートラインに立った状態です。

頭皮環境の良くない場合は、改善することで発毛を実感できるかもしれません。頭皮環境を改善したら、AGA治療薬を服用しヘアサイクルを正常にするよう対策を行いましょう!

「AGAの治療薬を服用しても、改善しなかった」

せっかくAGAの治療薬を服用しても改善しなかった、という方もいます。
プロペシア(ジェネリック医薬品は、フィンペシア)は、高い確率で改善が見られるAGAの治療薬といわれていますが、発毛効果があるという訳ではありません。

プロペシアは、ヘアサイクルを正常にする薬として知られています。また、この治療薬は短期間の使用では効果が得られにくいとされています。長い期間使って、じっくりと効果を実感できる薬です。

もし他にも原因がある場合は対処が必要ですし、血行促進の効果が期待できるミノキシジル外用薬と併用するのも良いでしょう

ハゲのウソ・ホント!専門医師による治療で髪の悩みは解決できる。

はげ(ハゲ)のウソ ホント 徹底解明!!

ハゲ・若ハゲのウソホントを徹底解明しました!

はげ【禿】 頭髪が抜け落ちた状態であること。また、抜け落ちた部分。
「─あたま」「頭に大きな─がある」 大辞林 第二版 (三省堂)「はげ」、「若ハゲ」と言われる頭部の状態がありますが、その原因や治療法については、さまざまな迷信やウワサがあります。一体どこまでがホントでどこからがウソなのか、ちょっと気になりませんか?
ここでは「若禿げ」「ハゲ」にまつわるウワサをいくつかを紹介し、検証してみることにしましょう。

【症例写真について】
[治療内容]アドバンスト発毛治療
[治療価格]32,000円(税別)
[副作用]この治療により起こる可能性がある副作用/頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など
※これらの副作用が実際に起こったわけではありません。

はげのウワサ1 白髪の人は「はげ(ハゲ)」ない

ウソ

白髪の人ははげにならないというのは間違いです。白髪で若ハゲの人もいます。毛根には“毛をつくる毛母細胞”と“黒色の色素をつくるメラニン細胞”とが別々にあり、前者がダメになればハゲに、後者がダメになれば白髪になるのですが、両方がダメになってはげになる場合も…。

はげのウワサ2 毛深い人ほど「はげ(ハゲ)」やすい

微妙

毛深い人ほどハゲになりやすいというのは、はっきりと関連性があるとは言い切れません。頭髪をつかさどるのは女性ホルモンです。それ以外の体毛は男性ホルモンの働きによります。両方のホルモン分泌量が多い人は、髪も体毛も濃くなるので、かならずしも「毛深いからハゲる」ということにはありません。


はげのウワサ3 硬い毛の人は「はげ(ハゲ)」ない?毛量が多いとハゲない?

ウソ

硬い毛の人がハゲにならないというのは傾向として、本当です。一般的に柔らかい毛質の人は髪がデリケートで、地肌も弱い場合が多いと言われています。毛量が多いとハゲないとの噂もありますが、これは毛が硬く毛量が多い人は毛質も地肌も比較的丈夫な人が多いため、結果的にハゲにくいということになります。

ハゲる要因のひとつには地肌(頭皮)の問題が大きく関わってくるので、ある部分当たっているのかもしれません。しかし、あくまでも一般的な話で医学的根拠はありません。


はげのウワサ4 「はげ(ハゲ)」は遺伝なので予防は無理?

ウソ

ハゲは遺伝なので予防は無理というのは、実は間違いです。確かにハゲは遺伝的要素が強いですが、生活習慣の見直しや身体、髪の手入れ次第で進行を遅らせることが可能です。逆に、親や親戚もハゲていなくても、喫煙、暴飲暴食、不規則な生活、極度なストレス、間違ったヘアケアなどの状況を繰り返していると薄毛になる可能性があります。

現在では病院での薄毛治療(ハゲ治療)の前に遺伝子検査で若禿や女性の禿(薄毛や抜け毛)などの、ある程度の原因を特定することも可能です。


はげのウワサ5 若年と高齢、どちらの「はげ(ハゲ)」が治りやすいの?

ウソ

若ハゲの方が治りやすいというのは傾向としてあるようです。専門医師によると男女ともに個人差はあるものの、若年者の方がハゲ治療の効果が早く得られる場合が多いと言われています。高齢者の場合は加齢の進行も当然あるので、ハゲ治療と加齢現象の競争になる・・・のではないでしょうか。
しかし、普通に元気な人であれば、 60歳を過ぎていても驚くような効果が出る人もいるようです。どちらにしろハゲ治療は、スタート時点の状態と年齢によって、効果が得られるまでの時間に差がでます。


病院で若ハゲ・AGAを解決!ハゲ治療を!
薄毛治療:専門病院で行う本物のAGA治療とは? >>

個々人で髪の悩みは様々、
同じような症状でも治療法・対策が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずに専門病院にご相談ください。

無料カウンセリング

はげのウワサ4 ワカメ、コンブを食べていれば「はげ(ハゲ)」ない

ウソ

ワカメ、コンブなどの海藻類を食べればハゲにならないとよく言われますが、実際の根拠はありません。「これさえ食べていればハゲない」「禿を治す」という食物はないのです。

昔から「海藻類は髪にいい」と言われていますが、発毛効果があるとか、若ハゲの予防になるとかの裏付けはありません。
ただ、海藻類はミネラル成分が豊富で、体に良い食べ物なので、髪を含めた全身の健康維持のためには他の食物同様にバランス良く摂ることをお勧めします。


ウソ

“整髪料を使うとハゲ(若ハゲ)になりやすい”というより、使用法を誤ると髪や頭皮に〈良くない刺激〉になることはあります。身だしなみとして毎日使う方も多いワックスやヘアスプレー。正しく使って寝る前にはきちんと洗い流し、頭皮の負担とならないようにしましょう。

NG:整髪料を長時間つけたままにする
帰宅後は早めに洗い流すことです。とくに若ハゲ予備軍の若い方で問題なのが、飲み会で夜遅くまで髪を固めていたり徹夜で遊んだ後そのまま寝てしまったり…という生活習慣。多くの汗をかく就寝中に整髪料をつけて眠るのは、頭皮環境にとって最悪です。

NG:整髪料が頭皮に直接つく
整髪料が頭皮に付着したまま長い時間が経つと、毛穴が詰まるなどトラブルにつながってしまいます。「髪を立たせよう」とワックスを根元からつけると頭皮に付着しがちなので、そのようなスタイルは出来るだけ避けましょう。ハゲ(若ハゲ)に悩む方は髪型でごまかしたくて整髪料を使い過ぎるケースも見られますが、これも髪や頭皮には良くありません。

NG:しっかり洗い落とさない
スタイルキープ力の高い整髪料の場合、落ちにくい仕様のものもあります。洗い落としのないようしっかりシャンプーしましょう。若ハゲに悩む10~30代の方・中年以降の方を問わず、 “洗浄が不十分”であることから頭皮環境が悪化するケースは多いです。そこからひどい脱毛につながる危険もあります。シャンプーは丁寧にする習慣をつけましょう。


禿(はげ)を治療するには、正しい知識と原因・症状の見極めが大切

薄毛に悩む日本人は約1,200万人。代表的なものはAGA(男性型脱毛症)です。原因はジヒドロテストステロンで、遺伝する可能性が高い特徴があります。

しかし、薄毛はそれだけではありません。

頭皮環境の悪化も大きな要因です。頭皮が炎症をおこしてたりすると、健康な髪は育ちません。

他にも外的要因の場合もあります。例えば女性の場合、日常的に髪を結ぶ際に強くひっぱたりすると牽引性脱毛症や圧迫性脱毛症になってしまう可能性もあるのです。
また生活習慣の乱れで、ヘアサイクルが乱れてしまうケースもあるでしょう。
薄毛の原因はさまざまで、人それぞれ違います。だから、一人ひとりに合った対策・治療が必要なのです。

自分に合った治療を見つけたいなら専門のクリニックに相談を!

薄毛は原因に対処しないと改善が見られません。原因は人それぞれ異なりますので、一概にこうすれば髪が生えるとは言えないのです。

自分の力である程度のはげや若ハゲ対策をすることは可能ですが、根本的な原因を探ってからきちんと治療したいなら専門のクリニックに相談することをおすすめします。

薄毛は原因に対処しないと改善が見られません。原因は人それぞれ異なりますので、一概にこうすれば髪が生えるとは言えないのです。

専門のクリニックなら、発毛・育毛のプロが男性型脱毛症診療ガイドラインに沿って、しっかり原因の究明から行ってくれるので安心です。
AGA治療薬の副作用についても説明してくれるので、安心して薄毛治療ができます。

ヘアメディカルグループの医師に相談しましょう!

AGA治療は、メンズヘルスクリニック東京・脇坂クリニック大阪といったAGA専門のクリニック「ヘアメディカルグループ」に一度相談してみてください。
AGA治療では、頭皮や頭髪だけでなく、一人ひとりの原因や生活環境に応じて総合的にケアすることが必要となります。
一般の病院で行われるAGA治療は、プロペシア(フィナステリド)の処方による男性型脱毛症の「進行遅延」です。

ヘアメディカルグループの頭髪治療の目的は、プロペシアの単剤処方だけではなく、一人ひとりの症状に合った治療による「発毛」です。
最新技術の検査を行い、薬剤(内服薬・外用薬)による治療と、メンタルケア、食・生活習慣の指導などトータルで行ないます。

治療をスタートする前に費用やその方法などが気になる方は、まずは無料カウンセリングをご利用ください。

真剣に薄毛を治療したい方は、AGA治療専門のクリニック

AGA(男性型脱毛症)の原因は、生活習慣、遺伝、ストレスなどさまざまです。原因はひとつともかぎりません。いくつも併用して、発症している可能性もあるのです。

自分でセルフケアをして悩んでいる方は特に、専門のクリニックがオススメです。プロがしっかりカウンセリングをして、原因を追究、自分に合った施術・治療を提案してくれます。

年代別に症例集を見る

20代の症例
30代の症例
40代の症例
50代の症例
女性の症例
AGAは治せる!ヘアメディカルグループのアドバンスト発毛治療とは
女性の薄毛・抜け毛は専門病院で資料しましょう
ヘアメディカルグループ6つの特徴
あなたと似た治療例を検索できます。

発毛治療の流れ

  • 初診:カウンセリング

    無料カウンセリング

  • 初診:(写真撮影+診察)
  • 初診:血液検査・血圧測定

    初診来院予約

  • 再診:AGA・薄毛治療の開始

料金表

担当スタッフによる治療についてのカウンセリング 無料

無料カウンセリング

抜け毛治療なら(単剤処方治療)

初診費・再診費
(診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影)
5,000円(税別)
プロペシア錠(MSD社製) 30錠(1ヶ月分) 6,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 18,500円(税別)

または

フィナステリド錠(ファイザー社製) 30錠(1ヶ月分) 6,000円(税別)
90錠(3ヶ月分) 17,000円(税別)

または

ザガーロカプセル0.5mg(GSK社製) 30錠(1ヶ月分) 9,500円(税別)
90錠(3ヶ月分) 27,500円(税別)

初回来院予約

積極的発毛治療なら(アドバンスト発毛治療)

初回来院

初診料を含む診察費
(診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影)
5,000円(税別)
初診時血液検査 5,000円(税別)

※初診時血液検査は6ヶ月ごとの血液検査と検査項目が違います

再来院

診察+血圧測定+マイクロスコープ
+頭部撮影+治療薬(30日分)
15,000〜32,000円(税別)

※治療が始まりますと、月1回の通院となります

初回来院予約

6ヶ月に1回検査を実施
血液検査 3,000円(税別)
オプション検査 料金
AGAリスク遺伝子検査(AGA関連遺伝子発現量の測定) 19,000円(税別)
アンドロゲンレセプター遺伝子検査 19,000円(税別)
ミネラル検査 10,000円(税別)

※検査のみご希望の場合でも、検査料とは別に初診料5,000円(税別)が発生します。

AGAリスク遺伝子検査(AGA関連遺伝子発現量の測定)

アンドロゲンレセプター遺伝子検査

ミネラル検査

各種クレジットカードのお取り扱いもしております。

※お支払いはご来院・通院時の治療毎となります。ローン契約等はございません。
※カードでのお支払いは1回払いとさせていただいております。

ご利用いただける
クレジットカード
無料カウンセリング 初診来院予約
  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

このページの先頭へ戻る

頭髪治療のための診察の流れ

はげや若ハゲが気になるあなたは、ハゲ治療専門病院での無料カウンセリングをご利用ください。

AGA(エージーエー)の多くは、男性ホルモンのTH(テストステロン)が酵素により変換されてできたDHT(ジヒドロテストステロン) の働きに関係して起こりますが、フィナステリドはこの変換酵素5αリダクターゼTypeIIの作用を妨げる働きがあります。
結果的にAGA(エージーエー)の原因となっているDHTの生成を抑えることができるのです。
AGA治療薬フィナステリドを使った専門病院での頭髪治療にご興味のある方はまずは無料カウンセリング!

診察の流れ

図:診察の流れ 無料カウンセリング

年代別に症例集を見る

20代の症例
30代の症例
40代の症例
50代の症例
女性の症例
AGAは治せる!ヘアメディカルグループのアドバンスト発毛治療とは
女性の薄毛・抜け毛は専門病院で資料しましょう
ヘアメディカルグループ6つの特徴
簡単な問診票でAGA度をセルフチェック AGAセルフチェック

■関東・東海・関西・九州の「AGA・薄毛治療専門クリニック」の予約ができます。

  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

このページの先頭へ戻る




若ハゲ(男性や女性の若禿)・はげのウソ・ホント(男性ホルモンとはげとの関連性など)とハゲ治療

HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長:脇坂長興医師。
城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

【コンテンツポリシーについて】

ヘアメディカルは、ウェブサイトの運用に際して、コンテンツのポリシーを定めこれに即して提供する情報を作成しています。 >>詳しいコンテンツのポリシーはこちら

より詳しいサイトマップはコチラ