抜け毛を防ぐ対策

抜け毛が気になりはじめたら

シャンプーの後の抜け毛の量が気になりはじめていませんか?

抜け毛が気になりはじめたら

抜け毛には、異常な症状のものと、自然な症状のものに分けられます。抜け毛が気になり始めたら、まずはどちらの症状かを確認し、対策していきましょう。

プロフィール

まずは自分の状態を知りたい方

1問でも当てはまると危険かも?まずは自己診断しましょう。

  • ※このサイトは、Dクリニックの院長の監修のもと運営しています。
    Dクリニックは、発毛専門の医療機関で220万人の患者様と向き合ってきた実績があります。
  • ※220万人:1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数

抜け毛は誰にでも発生する自然現象の一つです

頭を洗った後、排水溝に溜まった「抜け毛」にドキッとした経験はありませんか。

本来、髪というものは、常に生え変わるものであり、一生抜けない毛はありません。

抜け毛の本数が1日で100本程度までは自然脱毛である(※1)といえますし、年齢を重ねるとともに抜け毛が増えるのも加齢現象の一種です。

また、円形脱毛症は自己免疫疾患の一種で、かつては精神的なものが原因でストレスがなくなると自然に完治するものと言われていましたが、最近ではそれだけが原因ではない事も分かってきました。また、円形脱毛症はいわゆる加齢や進行性の症状などに伴う抜け毛とは異なると言われています。

しかし、こうした類とは別種で、抜け毛の量が明らかに多くなってきているときは注意が必要です。

特に抜けた毛根の毛球の下にしっぽのようなものがついていたり、左右が対象でなかったり、毛先が細かったりする場合は、「異常脱毛」の可能性があります。早い段階でケアすることが大切です。

こちらの記事をご覧の方へ

ヘアメディカルは悩みに応じて様々なコンテンツを掲載しています。

薄毛の前兆

  • ■その1
    シャンプー シャンプー後の排水口に溜まる髪の毛が以前より多くなった
  • ■その2
    ヘアブラシ ブラッシング後のブラシに絡む髪の毛が多くなった
  • ■その3
    ベッド 朝起きたら枕に落ちている抜け毛が多くなった気がする
  • ■その4
    生え際や分け目、つむじが気になりだした 最近、生え際や分け目、つむじが気になりだした

あなたの髪の悩みはどれ?

「おでこの広がりはAGA?」
「市販の育毛剤、発毛剤は効くの?」
Dクリニックでは
薄毛治療に詳しい医師が髪の悩みに対し、
正しい知識をお伝えします。

抜け毛について

男女で抜け毛の原因は違う?

抜け毛が増えたと一口にいっても、男女ではその特徴や原因が異なります。ここでは、その違いについて詳しく見ていきましょう。

男性はAGAの可能性が高い

男性の抜け毛の原因で最も多いのがAGA(男性型脱毛症)です。これは男性に起こる抜け毛の現象です。男性で抜け毛の量が増え、薄毛が気になるようであれば、まずこのAGAの可能性があります。
AGAの原因としては遺伝と、男性ホルモンが大きく関与しています。他の抜け毛・脱毛症と違い、AGAの場合は治療薬があり、薄毛治療のための専門の病院で処方してもらうことができます。

女性の原因はさまざま

女性の抜け毛の原因で多いのが、加齢による女性ホルモンの影響だといわれています。
男性の抜け毛とは違い、髪の毛のボリュームが全体的に少なくなるのが特徴です。
女性の抜け毛は「びまん性脱毛症」の場合もありますが、FAGA(女性男性型脱毛症)は更年期後に多発すると言われています。(※2)
女性の場合は出産によるヘアサイクルの変化で「分娩後脱毛症」になったり、ポニーテールなど継続的に髪へ負担をかけた場合に起こる「牽引性脱毛症」など抜け毛の原因が多岐に渡るため、男性のAGAのように「治療薬を服用すれば抜け毛の進行を止められる」というわけではありません。

男女共通する抜け毛要因は?

「生活習慣」も抜け毛と関連している可能性があります。(※3)髪や体に負担をかけていないか日々の生活を振り返ってみてください。

1.睡眠不足や過度なアルコール摂取

深い睡眠をとれていなかったり、大量にお酒を飲むことが多いと体全体の血流が鈍ってしまいます。血流が悪ければ、髪に必要な栄養素が頭皮にまで届かず抜け毛の原因となります。

2.ストレスをためる

仕事や人間関係でストレスがたまってしまうと、ホルモンバランスや自律神経のバランスが崩れてしまい、頭皮の毛母細胞への影響供給に支障が出てしまうため、抜け毛の原因へと繋がります。

3.適切な頭皮ケアができていない

頭皮を傷つけてしまうようなシャンプー、また、パーマやカラーリングを繰り返し行っていると頭皮や髪に負担がかかります。こうした行為が積み重なることによって、結果的に抜け毛が増えていきます。

あなたの抜け毛は「正常?」「異常?」頭皮と髪の状態を診察する薄毛治療専門クリニックの医師の治療症例

1日の抜け毛が200本以上?
抜け毛が明らかに増えたら…

急に「抜け毛が増えたな」と感じたら、一人で悩まずに早めに薄毛治療専門クリニックの医師に相談しましょう。

 30代男性 AGA治療症例
30代男性の治療症例写真
 40代男性の症例 IV型
40代男性の治療症例写真

[治療内容]アドバンスト発毛治療
[治療価格]32,000円(税別)/ 月
[副作用]
この治療により起こる可能性がある副作用/頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

  • ※これらの副作用が実際に起こったわけではありません。
[無料カウンセリング有り]
総合頭髪治療を行うクリニック>>

その抜け毛、実は治療が必要?
今すぐ10問で簡単セルフチェック!

症例検索では、あなたと似た薄毛治療の症例を様々な条件で検索可能です。あなたに近いタイプのAGA・薄毛治療例を見ることができます。

こんな条件で検索できます

自分と似た薄毛のタイプの方治療でどう改善したのか、ぜひ検索してください。

抜け毛治療から発毛治療へ。

薄毛治療専門クリニックの医師と、AGA・薄毛治療をスタートしましょう。

本当に治療が必要か、そうでないのか。
今の治療は自分にベストなのか・・・。
薄毛治療と向き合って来た治療経験豊富な医師と一緒に、悩みを解決しませんか?

Dクリニックは、
全国に6院ある発毛治療専門の医療機関です。

ご予約はこちらから

治療の内容、費用
など知りたい
自分にあった治療
を提案してほしい

「無料カウンセリング」と「来院予約」との違いとは?

無料カウンセリングとは?

まずは専門スタッフが費用や治療の効果などについて、詳しくご説明いたします。

無料約1時間

安心して治療に進むためのカウンセリング。
勧誘などは一切ありません。

STEP01

スタッフの
カウンセリング
治療の内容、注意事項についてご説明

STEP02

費用のご説明
治療にかかる費用について概要をご説明

STEP03

そのまま初診
を受けることも可能です
※クリニックによってはその日に診察できない場合がございます。

来院予約とは?

220万人以上の治療実績(※)を持つ専門クリニックの医師あなたに合った治療を行います。

有料約2時間

薄毛の原因をしっかり検査。
あなたの症状に合った治療をご提案します。
●「スタッフのカウンセリング」と「費用のご説明」も同時に行います。

STEP01

医師の診察
頭髪・頭皮の状態と身体全体の健康状態を診察

STEP02

頭部の撮影
発毛効果を多角的に判断し、経過を見るため撮影

STEP03

血液検査
薬の投与が問題ないかを判断するため、身体検査を実施
  • ●医師の診察を希望の方は、来院予約をお選びください。
  • ※1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数
  • ※ご予約時の住所記入はございません

安心してご予約・ご来院ください。

初めてAGA・薄毛治療をお考えの方も、まずは無料カウンセリングで治療のこと、費用のことなど何でもご相談、お尋ねください。

当日は、そのままお帰りいただき、じっくりとご検討ください。

もちろん、無理な勧誘や契約等は一切ございません。

初診のご予約の方もまずはカウンセリングからスタートします。

こちらの記事をご覧の方へ

ヘアメディカルは悩みに応じて様々なコンテンツを掲載しています。

今日からできる抜け毛対策方法

バランスの良い食生活

体に良い食事は髪の毛にも良い効果をもたらします。

髪の毛は主に「ケラチン」というタンパク質からできており、このケラチンを形成しているのはミネラルの亜鉛です。また、ビタミンには髪の寿命を伸ばしたり、血行を促進する働きがあります。

つまり、タンパク質・ビタミン・ミネラルが豊富な食事をバランス良くとることが大切です。具体的には、豆腐や納豆などの大豆製品、魚のサバ、卵や海藻類、ゴマなどがあげられます。

十分な睡眠

髪の毛は夜間に成長します。就寝中、皮膚に十分な血液が流れることにより、髪の成長が十分に行われるのです。

夜ふかしをすると、毛母細胞の分裂は低下してしまいます。また昼に受けた髪や皮膚のダメージは寝ている間に働く免疫細胞やホルモンによって修復されています。
できるだけ早寝を心がけ、十分な睡眠をとりましょう。

定期的な運動

運動不足は体に流れる血の巡りを悪化させてしまいます。このような状態が続けば、十分な栄養が髪に行き渡らず抜け毛を助長させることになります。

適度な運動を継続的に行うことをおすすめします。

喫煙・飲酒を控える

喫煙は抹消血管を収縮させます。当然、毛根周囲の血管にも悪影響です。頭皮の血行が悪ければ、十分な栄養も行き渡らず抜け毛につながります。
また、過度な飲酒はアルコール分解に大量のエネルギーを消費してしまい、必要なエネルギーが頭皮に回らなくなってしまいます。禁煙をして、お酒は適量が望ましいといえます。

ヘアケアを怠らない

ヘアケアにおいて大切なのがシャンプーの仕方です。過度の洗髪や、逆に洗髪を怠って不衛生にするのは抜け毛の大きな原因となります。

洗髪は1日に1回くらいが適当とされています。汚れが気になる場合は、シャンプー前にブラッシングをしましょう。絡んだ髪をほぐすだけではなく、フケやほこりを落とすこともできます。

また、自分の髪や頭皮に合わないシャンプーを使ったり、十分なすすぎを怠ったり、頭皮を痛めるような洗髪をしてしまうのは抜け毛に大きな影響を及ぼします。
適切なシャンプーは頭皮のマッサージ効果も高く血行促進にもなり、抜け毛予防にもなります。

ストレスをためすぎない

あらゆる病気に悪影響ともいえるストレス。もちろん抜け毛にとっても例外ではありません。
ストレスが自律神経やホルモンバランスを乱すことで、血流が悪化して毛根に栄養分を十分運ばれず毛髪の成長を妨げることになります。
自分なりのストレス発散方法を見つけて、抜け毛予防をしましょう。

カラーリング・パーマなどを一旦やめる

カラーリングやブリーチ、パーマなどを頻繁に繰り返すのは頭皮や頭髪にダメージを与えてしまいます。
抜け毛や薄毛が気になる人は、一旦休止して頭皮に負担のない髪型にしてみましょう。気分転換になればストレスも同時になくなります。
どうしても必要な人は染料が頭皮に付かないように注意をしてください。

頭皮に優しいシャンプーとは?

抜け毛予防に良いのはどんなシャンプーなのでしょうか。
選ぶポイントは「洗浄力」と「頭皮への優しさ」です。その判断基準として、こちらの原料に着目してみてください。

●アミノ酸系シャンプー
●石鹸系シャンプー
●石油系シャンプー
●高級アルコール系シャンプー

これらの中で、頭皮に負担をかけないのがアミノ酸系のシャンプーです。皮膚と同じ弱酸性のため、低刺激で髪や頭皮に優しいとされています。

しかし、「アミノ酸系」表示だからといって何でも良いわけではありません。頭皮の皮脂が多めなタイプは、汚れを落としきれない場合もあり、そこから雑菌の繁殖を引き起こす場合があります。

またアミノ酸系と紹介されているだけで、実は他に刺激の強い成分が含まれている場合もありますから注意が必要です。

今は育毛成分の入った育毛シャンプーも入手することができます。表示されている成分をしっかりと確認して購入し、使いながらフケが出ないか乾燥しすぎないかをチェックしながら、自分にあったシャンプーを選ぶようにしましょう。

抜け毛対策に有効なサプリや育毛剤

現在、市販されているサプリメントや育毛剤は数多く存在しますが、抜け毛予防に効果のある製品はどのように選べばよいのでしょうか。

抜け毛対策に効果的な成分を選ぶ

では具体的にどんな成分に着目すべきか見ていきましょう。

1.ノコギリヤシ・イソフラボン

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きによってDHT(ジヒドロテストステロン)になることが原因で起こります。

ノコギリヤシという成分は、頭皮の毛乳頭細胞内に存在する5αリダクターゼの働きを抑制するといわれています。また、女性ホルモンと同じ働きをするといわれている大豆イソフラボンも抜け毛予防には効果的といえます。

2.亜鉛

健康な髪の形成に必要なのが「亜鉛」です。亜鉛はタンパク質の合成を行う栄養素で、抜け毛は亜鉛不足によって起こるともいわれています。

しかし、亜鉛は食品中の含有量が低いうえに体内に吸収されにくい性質があります。調理によっても破壊されやすいため、サプリメントで補給するメリットは大きいといえます。

3.ビタミン・ミネラル

血行不良と聞くと喫煙や肩凝りがイメージされてしまいますが、ビタミンやミネラルが不足することでも血行が悪くなります。

血液は頭皮に栄養を行き渡らせてくれる大切な役割を果たしていますから、ビタミン・ミネラルを補給することで抜け毛予防が期待できます。

育毛剤は頭皮環境・血行促進を促す製品を

抜け毛予防には育毛剤を使用するのが一般的ですが、具体的に効果が期待できるポイントとはどんなところでしょうか。

1.頭皮の環境を正常にする

抜け毛が多くなる背景には、頭皮状態の悪化が考えられます。シャンプーが合わずに荒れていたり、日焼けで傷んでいたりと要因はさまざまです。

育毛剤には、このような原因で荒れた頭皮の環境を整える効果があるものも多く市販されています。

頭皮の乾燥が抜け毛を増やしている事例もあるようですから、そういった方は 保湿効果のある育毛剤で改善が見られるかもしれません。

2.頭皮の血行を促進する

タバコ・ストレスや睡眠不足などによって頭皮の血行が悪くなると、栄養が行き渡らずに抜け毛の原因になります。

育毛剤の中には、頭皮の血行を促進してくれるものが多くあります。

マッサージとあわせて育毛剤をすり込むことで、頭皮の血行を良くして抜け毛予防に効果が期待出来ます。

3.毛髪サイクルを正常に戻す

髪は「髪が伸びる成長期→成長が鈍る退行期→成長が止まり抜け落ちる休止期」という毛髪サイクルを繰り返しています。このサイクルが乱れることで抜け毛が増えている可能性が高いのです。

まだ抜けるはずのない髪の毛が成長途中で抜けてしまうことで、結果的に薄毛になっていきます。

育毛剤は、この毛髪サイクルを健康な状態に戻すサポートをしてくれます。

髪の毛のライフサイクル

成長期・退行期・休止期とに分かれる
髪のライフサイクル

髪の毛には、ライフサイクルがあります。
このライフサイクルが乱れることによって、抜け毛が増える場合があります。

ヘアサイクルのイメージ図

成長期(2年~6年)

  • 早期成長期

    髪の成長がはじまります。

  • 中期成長期

    毛球が大きくなり、毛も太くなっていきます。

  • 後期成長期

    毛が太く成長し、皮下組織に達します。

退行期(約2週間)

  • 退行期

    毛球の退縮が始まります。

休止期・脱毛(約3ヶ月)

  • 休止期

    毛球が完全に退化します。

  • 脱毛

    脱毛します。

髪は成長し、そして抜けていきます。
成長しきれずに抜けている場合は、AGAの可能性があります。

抜け毛の量が気になったら、専門の病院に相談してみましょう。

「まだ病院までは…」という方は、薄毛治療専門クリニックの医師監修のセルフチェックでAGA・薄毛チェックを行なってみてはいかがでしょうか。

まとめ

抜け毛には、実は異常な症状と、自然な症状があることをお伝えしました。男性の場合は、抜け毛の原因はAGA(男性刑脱毛症)、女性の場合は、加齢による女性ホルモンの影響による抜け毛の可能性が高いです。

抜け毛が「悩み」になると、ストレスによる影響などで、薄毛が進行する可能性がありますので、「悩み」になる前に、早めに薄毛治療専門クリニックの医師に相談してみましょう。

なお、このサイトでは様々なお悩みに合わせてコンテンツをご用意しています。下記を参考に、症状の悪化を予防しましょう。

WEBサイト 関連ページ

プロフィール

まずは自分の状態を知りたい方

1問でも当てはまると危険かも?まずは自己診断しましょう。

錠剤

薄毛・AGAにお悩みで治療検討中の方

発毛専門の医療機関「Dクリニック」で、
医師と一緒に、薄毛の改善を目指しましょう。

疑問を持つ男性

治療はまだ早い…でも薄毛が気になってきた方

薄毛においては、同じ悩みや疑問を持つ方も多いので、まずは参考にご覧ください。

もっと抜け毛について
詳しく知りたい方

抜け毛が気になる方に、よく読まれる記事はこちらです。ただしい知識を身につけ予防しましょう。

  1. ヘアメディカル[発毛治療]
  2. 抜け毛を防ぐ対策