1. ヘアメディカルTOP
  2. AGA・薄毛治療の総合情報局
  3. 手遅れを回避!20歳から発症する「AGA」の特徴と最善策を解説

手遅れを回避!20歳から発症する「AGA」の特徴と最善策を解説

AGA この記事は約 6 分で読めます。 680 Views

「なんだか最近髪が薄くなってきた…」
20代から薄毛の悩みを抱えている男性は意外に多いことをご存じでしょうか。

実はその薄毛、AGA(男性型脱毛症)の可能性があります。「AGAになったら手遅れ?」「もう何をしても無駄?」そう感じるかもしれませんが、決してそんなことはありません。若いうちから薄毛対策をしておくことで手遅れを回避することができます。

今回はAGAの原因や特徴、効果的な対策方法などを詳しくご紹介していきます。

1.20代でもAGA(男性型脱毛症)になる?

AGA(男性型脱毛症)は、成人男性によくみられる脱毛症のひとつで、早い方は20代前半から悩んでいます。
まだ若いから問題ないと考えていたら、いつの間にか薄毛がどんどん進行してしまった…そんな後悔をしないためにも、AGAの基礎をしっかりと把握おきましょう。

1-1.AGAの原因は?

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」を意味しています。

主な原因は、遺伝や男性ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)の影響によるものです。
DHTは男性ホルモン・テストステロンが還元酵素「5αリダクターゼ」と結びついて作られる物質で、悪玉脱毛ホルモンとも呼ばれています。

このDHTがヘアサイクルの成長期を短くし、髪の毛が成長する前に抜けてしまうことで薄毛が目立つようになってしまうのです。

1-2.AGAの症状は?

男性ホルモンの影響を受けやすい「額の生え際」や「頭頂部の髪の毛」が徐々に薄くなっていく…これが典型的なAGAの症状です。

もっとも代表的な進行の仕方として、次の3つのタイプが挙げられます。

1:額の生え際がM字型に後退していくタイプ
2:頭頂部からO字型に薄くなっていくタイプ
3:M字型とO字型が同時に発症するタイプ

いずれかの進行の仕方に当てはまる方はAGAを発症している可能性があります。
AGAは進行性のため、きちんとケアをしないとどんどん症状は悪化してしまいます。
抜け毛が増えた、頭髪のボリュームが減った、髪の毛のコシがなくなったといった症状に気づいたら、早めにAGA対策に取り組みましょう。

1-3.20代でも発症する

20代でもAGAは発症します。
その発症率は5%〜10%といわれていますから、10人〜20人に1人の割合で薄毛症状が現れているというのが現実です。

年齢が上がるとともにその割合は増えていくので、20代のうちからしっかりとAGA対策を行うことが重要になります。

2.手始めに市販の育毛剤を使ってみる

AGAの症状が見られたら、まずは市販の育毛剤を検討する方が多いのではないでしょうか。

おすすめしたいのは、発毛成分であるミノキシジルを主成分とした商品です。
ミノキシジルは世界90ヵ国以上で承認されている有効成分で、毛包に直接作用し、毛母細胞の増殖やタンパク質の合成を促して発毛を促進させる効果があります。

そのため、ミノキシジル配合の商品は育毛剤というよりも「発毛剤」となります。頭髪の成長にかかる時間は個人差がありますが、おおよそ4ヶ月〜6ヶ月の使用で効果を実感したという方が多いようです。

3.生活習慣も見直してみる

AGA対策には生活習慣の見直しも欠かせません。髪によい生活を意識することも薄毛改善の対策になります。

3-1.栄養バランスの良い食事

偏った食事は避け、髪の毛のもととなるタンパク質やアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどを積極的に摂るようにし、バランスの良い食事を心がけましょう。

3-2.良質な睡眠

夜更かしは髪の成長を妨げてしまいます。早寝を心がけて、良質な睡眠をとることが大切です。

3-3.ストレスを溜め込まない

過度なストレスは、ホルモンや自律神経のバランスを乱し、頭皮の血行不良を引き起こして発毛に悪影響を与えてしまいます。リラックスタイムを作る、運動をする、趣味を見つけるなど無理のない方法でストレスを発散するようにしましょう。

4.早期対策するなら医療機関へ

AGAをできるだけ早い段階で治療するなら一般病院の皮膚科、もしくは、AGA治療専門クリニックを受診しましょう。ここでは、それぞれの特徴や違いを解説します。

4-1.皮膚科を受診する

AGAの治療は皮膚科でも受けることが可能です。皮膚科でのAGA治療は、基本的にAGA治療薬であるプロペシアという内服薬の投与です。

プロペシアには、AGAの根本的な原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑制する働きがあり、脱毛を予防してAGAの進行を遅らせる効果があります。プロペシアは医薬品ですので市販はしておらず、医師による処方箋が必要になります。

4−2.専門の病院を受診する

AGA治療専門クリニックでは、専門の医師による診察を受けることができます。血液検査や遺伝子検査を行い、一人ひとりに適した治療方法を柔軟に選択できるメリットがあります。

AGA治療だけでなく抜け毛対策など、多方面からアプローチして治療していきたいという方におすすめです。

4−3.それぞれの違いは?

皮膚科は通院しやすいというメリットはありますが、AGA治療の知識・経験が豊富な医師の在籍数が非常に少ないため、治療の選択肢は少なくなります。

専門クリニックは専門の医師から効果の高い発毛治療を受けることができ、入念なカウンセリングやアフターケア、プライバシーの配慮などが充実しています。その反面、通院頻度が多いため薬だけ処方して欲しいという方には向かないかもしれません。

ご自身の薄毛の進行状況や、経済的な負担などを考慮して、ライフスタイルに合った医療機関を選ぶことが大切です。

5.Dクリニックはお客様の症状に合った治療を行っています!

薄毛の原因は一人ひとり異なります。
客観的な視点で原因を突き止め、正しく治療することが大切です。

Dクリニックでは薄毛の原因を客観的に判断するため、専門家が最新のAGA検査を行い、医薬品(内服薬・外用薬)による治療とメンタルケア、食生活や生活習慣の指導なども含めたテーラーメイドの治療を行います。

コストを抑えられるジェネリック医薬品の使用など、患者様の事情に合わせて最適な治療を提案します。また、毎月かかった分だけ費用をお支払いいただくシステムですから、余計なご不安は無用です。

東京、大阪、名古屋、福岡の全国主要都市に合計6つのクリニックがあります。すべてのクリニックが駅から近く、診察は月1回ですので忙しい方でも通いやすいのが特長です。

無料カウンセリングも実施しています。まずはお気軽にご相談ください。

早めの対策で薄毛の進行を防ぐならAGA治療専門クリニックへ

AGAを発症する原因はさまざまで、進行状況も一人ひとり違います。

症状が進行してから治療を行うのと早期の治療とでは、改善できるレベルに差が出るので、早めに治療を受けることがなによりも重要になります。早期治療を望むなら、それぞれの症状に合った治療が受けられるAGA治療専門クリニックを選ぶのが賢明です。

最短で薄毛の進行を食い止め、いつまでも若々しい見た目を保ちましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事

  • 富士額とは?生え際の形が似ているAGAのM字型との違いと薄毛対策

  • 【AGAも対象?】医療費控除で治療費用が返ってくる方法を徹底調査

  • やり方間違ってない?AGAが「治らない」タイプに共通するNG行動

  • 薄毛に効果的なのは!?AGA治療薬ザガーロとプロペシアで徹底比較

  • AGA治療薬デュタスの効果!副作用・個人輸入リスクは本当に高い?

  • もしかしてAGA?男性型脱毛症による薄毛の年齢別発症率と対策方法