1. ヘアメディカルTOP
  2. AGA・薄毛治療の総合情報局
  3. 【薄毛チェック】AGA(男性型脱毛症)で現れる髪の毛の特徴とは?

【薄毛チェック】AGA(男性型脱毛症)で現れる髪の毛の特徴とは?

AGA AGA治療 この記事は約 8 分で読めます。 723 Views

男性の薄毛や抜け毛の主な原因である「AGA(男性型脱毛症)」。
自分はAGAなのかどうか、気になっている人も多いと思います。
実はAGAかどうか、チェックする方法があるのをご存知ですか?
ここではそのチェック方法とAGAの方の髪の毛の特徴について解説します。

 

1.AGA薄毛チェック

最近軟毛になってきた方や薄毛が気になる方は、AGAを発症している可能性があります。
しかし、可能性があるというだけで、わざわざ病院に行くのは少し躊躇してしまいますよね。
そんな時はAGAセルフチェックが便利です。
自分がAGAの可能性があるかチェックして、可能性があったら迷わず病院に行って、AGA対策をしましょう。

【AGAセルフチェック】
1)母方のの親族に薄毛の人はいますか?
2)朝起きたとき枕についた抜け毛が、以前と比べ増えましたか?
3)地肌が透けて見えてきた
4)昔に比べると髪にハリやコシがなく、産毛のような細く短い髪が多くなりましたか?
5)髪の毛が思春期以降に薄くなりはじめましたか?
6)ストレスの多い生活を送っている
7)髪の毛が額の生え際から後退しましたか?
8)頭頂部の髪の毛から薄くなりましたか?
9)額の生え際と頭頂部の両方から薄くなりましたか?
10)普段の食事の栄養バランスが悪いと思う

このAGAセルフチェックの項目に、ひとつでも当てはまる方はAGAの可能性があります。
その場合は、早めにAGA専門クリニックに行って治療を受けるべきです。

 

2.AGAを発症している髪の毛の特徴

AGAを発症している方の髪の毛は、発症してない方の髪の毛と比べて、どのように違うのでしょうか。
ここでは、AGAの髪の毛の特徴について説明します。

 

2-1 細い・軟毛

AGAを発症している方の髪の毛は「髪の毛が細い」「軟毛」といった特徴があります。
なぜこのような特徴になるのでしょうか。
それは、AGAによってヘアサイクルが短くなり毛髪の成長が抑制されているためです。成長期が短いため、発症してない方と比べて、髪にコシもありません。
そのため「最近髪の軟毛化が進んできた」という人は、AGAを疑ってもいいでしょう。

 

2-2 元から細いとAGAになりやすい?

もともと髪の毛が細い方は、AGAになりやすいと思われがちです。
しかし、生まれつき髪の毛が細いことと、AGA発症率に因果関係はありません。元から髪が細いからといって、AGAになるとはいえないのです。
逆に、大人になってからに髪の毛が細くなった方は、AGAになりやすいので注意が必要です。

 

3.AGAならではの進行の仕方とは

AGA(男性型脱毛症)は、ほかの薄毛と進行の仕方は違うのでしょうか。
ここではAGA(男性型脱毛症)ならではの特徴について説明します。

 

3-1 いろんな箇所から進行する

脱毛の進行パターンは、大きく分けて【頭頂部】【前頭部】の2つです。

【頭頂部】
頭頂部がO字型に薄毛になる症状。いわゆる円形脱毛症のことです。自分では確認することが難しい薄毛です。

【前頭部】
生え際がM字型に薄毛になる症状。いわゆるM字ハゲのことです。鏡で確認することができます。

主なパターンはこの2種類ですが、同時に発症することもあります。そして最終的には薄毛が進行して、つながってしまうこともあるのです。

3-2 治療しないと改善しない

AGAは、他の薄毛の症状とは違い脱毛の症状が進行していくので、治療しないと症状を抑えることも改善されることもありません。
AGA治療は、病院(基本的に皮膚科)やAGA専門クリニックで受けることができます。
AGA専門クリニックならAGAの専門医に診療してもらうことが可能です。一般病院とは違い、AGA治療薬の服用など、より良い効果のあるAGA治療を受けることができます。

 

4.AGAの原因はなに?

まずAGA(男性型脱毛症)はどうして発症するのでしょうか?
ここではAGA(男性型脱毛症)がどうして発症するのか、その原因について説明します。

 

4-1 テストロテンの変化

AGAを発症する主な原因は【男性ホルモンの影響】によるものです。
毛髪は【成長期】→【退行期】→【休止期】というヘアサイクル(毛周期)で発毛から脱毛までを繰り返します。
このヘアサイクルは、頭皮の毛包という部分の深くにある毛球の毛乳頭細胞が、毛母細胞に指示することで起こります。

しかし男性ホルモンの一種であるテストステロンが、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化すると、毛髪の成長を抑制する指示が出てしまうのです。結果的に正常だったヘアサイクルは乱れ、成長期が短くなり、毛髪がしっかり育ちません。AGAを発症してしまうのです。

 

4-2 遺伝が関連

自分の親が薄毛の場合、自分も薄毛になる可能性は高いのでしょうか。
AGAを発症した人の25%は、遺伝によってAGAを発症するといわれています。
ただ、薄毛の遺伝はひとつの遺伝だけで決まるわけではありません。
遺伝による要因のひとつとして、X染色体【アンドロゲンレセプター】という男性ホルモン受容体とDHT(ジヒドロテストステロン)のくっつきやすさがある、といわれます。
意外と知られていませんが、遺伝によるAGAの発症は、父方よりも母方の方に影響されることが多いのです。母親が薄毛でなくても母方の祖父が薄毛であれば、母親を通じで遺伝している可能性は高くなります。

 

5.遺伝が原因でAGAになるかチェックする方法はある?

母方の親戚に薄毛の方が多いなど、遺伝によりAGAが発症する可能性があるかどうかを知りたいなら、以下の方法で調べてみてはいかがでしょうか。

 

5-1 AGA遺伝子検査キットを使う

AGA遺伝子検査キットは、インターネットなどで購入することが可能です。これを使えば、自宅で簡単にAGAの遺伝子検査を受けることができます。遺伝子を調べることで、AGAを発症しやすいかどうかも調べることができるのです。
検査方法は【スワブ式】【唾液式】の2種類。

【スワブ式】口腔内
麺棒での粘膜を擦り取る検査。口腔内を清潔にしてから検査しないと、結果に影響が出る可能性があります。

【唾液式】
採取するチューブに直接唾液を入れる検査。こちらも口の中の不純物が混ざらないように、清潔にしてから検査しましょう。
遺伝子キットの検査結果は、返送して数週間〜1ヶ月程度で郵送されてきます。
ただし、会社によってはインターネット上で確認できる場合もあるようです。

セルフチェックより正確性がありますが、複数の検査会社で検査をすると異なった結果が出ることもあります。それは検査会社によって、調べる項目数などが異なるためです。
ただ、遺伝子検査キットは現状では関与が否定されている男性ホルモン受容体(AR)の遺伝子多型を調べたり、複数指摘されている遺伝子の1つを調べるもの。正直、医学的な信憑性については疑問が残ります。

 

5-2 詳しく原因や発症の可能性を探るならAGA治療専門クリニックへ

セルフチェックなどでAGAの可能性があるとわかったら、AGA専門クリニックでカウンセリングを受けましょう。AGA発症の有無を調べることができます。
クリニックでのカウンセリングは、専門の医師によって頭髪・頭皮の状態や体全体の健康状態を問診。そして、毛根・頭皮の状態をさらに詳しく調べるために頭皮チェックを行います。
カウンセリングの結果AGAを発症しているなら、治療内容を詳しく説明してくれるので安心です。
また、他のチェック方法とは違い、直接クリニックでカウンセリングを受けるので、結果にも信憑性があります。

 

6.正しいAGA診断を望むならDクリニックへ

AGA専門クリニックでは、カウンセリングを受けることができます。
さらに正しいAGA診断を望むなら、総合頭皮治療のDクリニックの専門外来でカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。
Dクリニックに所属する病院は、20年間で220万人の治療実績のあるAGA専門クリニックです。
その高い治療実績にもとづいて無料のカウンセリングを行うため、AGAの正しい診断をすることができます。
またAGAだけでなく、女性ホルモンの乱れによる女性の薄毛にも対応しています。
カウンセリング後は皮膚科・形成外科・精神神経科といった各分野の専門の医師が連携。その方の症状に合った最適な薄毛治療を行います。

 

一人ひとりの薄毛に向き合う専門の病院

AGAは進行性のある症状なので、自己判断によって症状を放置してしまうと大変なことになってしまいます。
そのためには、セルフチェックや市販の遺伝子キットで自分の髪の状態を早く知ることが肝心です。
しかし、セルフチェックや遺伝子キットは自分の症状がわかるだけで、その後の治療についてはどうすればいいのかわかりません。やはり、一人ひとりの薄毛に向き合ってくれる、AGA専門クリニックに行ってカウンセリングを受けるのがオススメです。
正しい診断をしてくれるだけでなく、カウンセリング後の治療もすぐに行うことができます。AGAの種類は人それぞれですので、AGA治療薬(錠剤や育毛剤など)も、その人の症状に合わせて提案してくれます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事

  • フィンペシアのみでは薄毛に効果ない?改善が実感できない原因とは

  • 【生え際の悩み】前髪が薄いと感じはじめた男性がとるべき対策とは?

  • AGAに効果はある?市販の【育毛・発毛】サプリメントを徹底解剖

  • 富士額とは?生え際の形が似ているAGAのM字型との違いと薄毛対策

  • AGA外来ガイド《東京・大阪・名古屋・福岡》症状・治療方法も解説

  • AGA治療とは|男性型脱毛症の原因から治療法まで分かりやすく解説