1. ヘアメディカルTOP
  2. AGA・薄毛治療の総合情報局
  3. 産毛がない!?AGAで後退しはじめたおでこの生え際を発毛する方法

産毛がない!?AGAで後退しはじめたおでこの生え際を発毛する方法

AGA AGA症状 この記事は約 8 分で読めます。 786 Views

おでこに生えていた産毛が少なくなってきたと感じたら、それはAGAが原因かもしれません。
AGAとは「男性型脱毛症」のことです。発症すると生え際が後退する症状が現れます。
後退しはじめたおでこの生え際にはどのように対処をすればよいのでしょうか。生え際を発毛させる方法はあるのでしょうか。
今回はおでこの生え際の産毛について、その育毛・発毛の仕方もあわせて詳しくご説明します。

 

1.あなたのおでこの生え際に産毛はある?

鏡で自分のおでこをよく見てみましょう。
生え際に産毛が生えていますか。
産毛とは、生えてきたばかりの短い毛のことをいいます。ほとんどが1cmにも満たない柔らかい毛です。
これまで生えていたのに少なくなっていると感じたら要注意です。

 

1−1.産毛がないのは薄毛の予備軍?

これまで生えていた産毛がなくなるのはなぜでしょうか。
これにはふたつの原因が考えられます。

〔1〕栄養不足
おでこは比較的皮膚が薄い部分です。そのため血管もあまり走っておらず、血管によって運ばれる栄養が行き渡りにくい部分でもあります。そのため、栄養不足で産毛が育たず、抜けている可能性が考えられます。
また、顔の皮膚はストレスや健康不良などで硬化するといわれています。硬化は血行不良の原因となり、栄養不足の遠因にもなります。

〔2〕還元酵素が多い
おでこの部分には男性ホルモン「テストステロン」を「ジヒドロテストステロン」(DHT)に変換させる還元酵素「5αリダクターゼ」の量が多く、後頭部の約2倍あるといわれています。
「5αリダクターゼ」が多いと、その分「DHT」が産生されます。
DHTが増えると何が起こるかといえば、薄毛の進行です。
実は、このDHTがAGAを引き起こす原因なのです。
おでこの部分は、DHTが産生されやすい環境が整っており、生え際が後退するのはそのためです。

 

2.生え際が後退する主な原因はAGA(男性型脱毛症)

生え際が後退してM字型になる薄毛症状の原因に「男性型脱毛症(AGA)」があります。
AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略で、進行パターンとしては、左右の生え際が薄毛になっていく「M字型」のほか、頭頂部から薄毛が進行する「O字型」、生え際が後退していく「U字型」があります。
このAGAを引き起こす原因が先述の「ジヒドロテストステロン」(DHT)です。
「男性型」という名前がついていますが、女性でも「女性男性型脱毛症(FAGA)」として発症することがあります。

 

2−1.【ヘアサイクル】産毛はまだ髪が太くなれる状態

髪の毛には誕生してから抜け落ちるまで決まったヘアサイクルがあります。

【ヘアサイクル】
成長期…新しい髪の毛が生え、成長する。細胞分裂が活発に起きている。
退行期…髪の毛の成長が止まりはじめる。髪の毛に送る栄養を受け取り、発毛の指令を出す「毛乳頭」が縮小し、髪の毛を成長させる毛母細胞の分裂が終息に向かう。
休止期…髪の毛の成長が完全に止まる。毛母細胞の活動が終わり、髪の毛が抜け落ちる。

AGAを発症すると、成長期の途中で髪の毛の成長が止まります。十分に育ち切れず、短く弱々しい髪の毛のまま休止期へと移行し、抜け落ちていってしまうのです。
ただし、おでこの産毛が、十分に育ち切れないまま休止期を待っている髪の毛であれば、まだ髪の毛を太く育てられる可能性が残っています。

 

3.簡単にできる!産毛を太く成長させる方法

生え際の産毛を太く育てるには生活習慣の見直しも大切です。
ここでは自宅で簡単にできる産毛の育て方を詳しく説明します。

 

3−1.髪をつくる栄養成分を摂取する

髪の毛も成長するためには栄養が必要です。
髪の毛はたんぱく質でできているため、健康的に髪の毛を育てるには良質なたんぱく質を積極的にとるようにしなければなりません。
特にトリプトファンやメチオニンなどの「必須アミノ酸」は体内で作ることができないため、食べ物からとる必要があります。必須アミノ酸を多く含む食材「牛乳」「チーズ」「卵」「レバー」などを普段の食事にとりいれるようにしましょう。

 

3−2.ゴールデンタイムに睡眠をとる

睡眠不足は生え際の産毛を薄くする原因になるといわれています。
なぜなら、眠っている間に分泌される「成長ホルモン」が髪の毛の成長にも不可欠だからです。
成長ホルモンの分泌にはゴールデンタイムがあると昔からいわれており、23:00〜翌2:00までの時間帯に分泌が盛んになるため、この時間帯にはきちんと睡眠をとることが推奨されてきました。もっとも最近では、眠りについてからの3時間がゴールデンタイムと指摘する意見もあります。
何よりも重要なのは質のいい睡眠をとることです。
寝つきが悪かったり、眠りが浅かったり、朝すっきり目が覚めなかったりして、十分な睡眠がとれていないと、髪の毛の成長に影響が出ます。

質のいい睡眠をとるためには、心身ともにリラックスすることが大切です。
寝る前にテレビやスマートフォンの画面を見るのは避け、食事は寝る2時間前までに済ませましょう。寝る前に入浴したりシャワーを浴びて体温を上げたりすることも効果が見込めます。
運動不足も寝つきを悪くするため、適度に体を動かすことも心がけましょう。

 

3−3.頭皮マッサージを行う

髪の毛の成長には栄養が必要ですが、栄養は血液によって運ばれます。
そのため血流が悪いと、髪の毛は栄養不足に陥り、薄毛の原因となってしまいます。血流の改善は髪の毛を育むために効果的です。
頭皮の血行を良くするには頭皮マッサージがおすすめです。

【頭皮マッサージの方法】
〔1〕リラックスして力を抜く。
〔2〕指を開いて指の腹を頭皮に当て、円を描くように揉みほぐす。
〔3〕生え際は特に念入りにマッサージする。

 

3−4.刺激の少ないシャンプーを使用する

普段使っているシャンプーを刺激の少ないタイプに変えてみるのも良いでしょう。中でも頭皮にやさしい「アミノ酸シャンプー」はおすすめです。刺激が少なく、頭皮環境の改善にもつながるといわれています。
シャンプー習慣の見直しも大切です。普段きちんと洗えているか、改めてチェックしてみましょう。
洗い残しやすすぎが不十分だと毛穴が詰まってしまい、髪の毛の成長を妨げてしまいます。洗い残しがないようきちんとすすぐことを心がけましょう。

 

3−5.AGA治療薬で抜け毛の抑制・発毛を促す

AGAは進行性です。一度症状が現れれば、放っておくとどんどん進行していきます。
薄毛の進行を止めたいなら、AGA治療薬の使用がおすすめです。
薄毛に効果がある成分としては「フィナステリド」と「ミノキシジル」が知られています。
「フィナステリド」は「プロペシア」という薬の主成分で、AGAの原因となるDHTの産生を抑制する作用があり、抜け毛を抑えます。
「ミノキシジル」は頭皮の血行促進作用があり、発毛効果が期待できます。
どちらも国の認可を受けており、高い効果を望めますが、医薬品のため副作用のリスクもあります。医療機関で診察を受け、処方してもらうのが良いでしょう。
両者は併用も可能です。プロペシアで抜け毛を抑制しつつ、ミノキシジルで発毛促進を行えば、より効果的に改善が目指せます。

より詳しく知りたい方や、AGA治療をご検討の方は「ミノキシジルとは?」をご覧ください。

薄毛対策について詳しく知りたい方コチラ

 

4.効率的にAGA治療したいなら医療機関にご相談を

より効率的な薄毛の改善を目指すなら医療機関を受診しましょう。
AGA治療専門クリニックもありますが、一般皮膚科でもAGA治療は行われています。
どちらを受診するのが良いでしょうか。

両者の違いは治療の目的です。
一般皮膚科では主に投薬を中心としたAGA治療が行われていますが、AGAに深い知見を持つ医師はいない場合がほとんどです。
対して、AGA治療専門クリニックには、数多くの治療例をもとに、専門の医師が一人ひとりのAGAの症状に合った治療を進めていきます。
同じAGAでも人によって症状は異なります。より自分に効果のある治療を求めるなら、AGA治療専門クリニックでの受診がおすすすめです。

 

5.Dクリニックの専門外来では生え際の産毛を太く長くする適切な治療を行っています!

生え際の産毛を太く長く育てたいなら、AGA治療の知見と経験を数多く持つ、AGA治療の専門外来を受診するのが良いでしょう。
産毛には太く長く成長する可能性があります。せっかくの大切な産毛が失われることのないよう、AGA発症の疑いを持ったら、早めに受診するのがおすすめです。
Dクリニックでは、専門の医師が診察を行い、薄毛の原因や症状をチェックするため、一人ひとりに合った最適な治療を受けることができます。
わからないことや不安なことがあれば懇切丁寧に教えてもらえるため、安心して治療に取り組むことができます。

クリニックでの薄毛治療をご検討の方はコチラ
薄毛治療は病院の何科で受診できる?気になる治療の流れと費用の目安

 

薄毛の悩みに最善の治療で応えるAGA治療専門クリニック

薄毛の悩みは人それぞれで、治療法が異なるのも当然です。
市販の発毛剤を使って個人で薄毛対策を行うことはできますが、我流の対策で結果が出なければ、回り道になってしまいます。
効率よく結果を求めるなら、自分の症状に合った治療を専門の医師とともに行うのが賢明です。
幅広い治療法のもと、薄毛の進行を止めるだけでなく、発毛も期待するなら、やはりAGA治療専門クリニックでの治療が最善といえます。治療の途中で判断に迷った時も、プロペシアやミノキシジルなどの治療薬の副作用が心配な時も、専門の医師が正しい方向へ導いてくれます。
試行錯誤をしているうちにせっかく残っていた産毛が抜け落ちてしまえば元も子もありません。特にAGAは進行性なので、早期に効果的な対策を行う必要があります。
髪のエキスパートをナビゲーターに最短距離で薄毛の改善を目指しましょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事

  • AGA治療とは|男性型脱毛症の原因から治療法まで分かりやすく解説

  • AGAは治る?治らない?薄毛が「完治する」確率と効果的な治療方法

  • おでこの生え際が痛い!頭皮が出すシグナルは男性がハゲる前兆?

  • 【薄毛治療の定番】AGA治療薬プロペシアの気になる効果と副作用

  • おでこが広い!生え際後退で産毛だらけ…太い髪の毛を増やすには?

  • やり方間違ってない?AGAが「治らない」タイプに共通するNG行動