1. ヘアメディカルTOP
  2. AGA・薄毛治療の総合情報局
  3. 髪の毛が抜ける悩みを解消!毛根が「黒い・白い」でわかる薄毛診断

髪の毛が抜ける悩みを解消!毛根が「黒い・白い」でわかる薄毛診断

薄毛対策 この記事は約 9 分で読めます。 627 Views

髪の毛にも寿命があり、その時が来れば抜け落ちて、新しい髪の毛が生えてきます。
髪の毛が抜けるのは自然なことである一方、「男性型脱毛症(AGA)」のように、治療が必要な抜け毛もあります。
自分の抜け毛がどちらなのか、悩む男性は少なくありません。

抜けた髪の毛をよく見ると、毛根が黒いものと白いものがあることに気づきます。
実は、この毛根の違いで自分の薄毛のタイプがわかるのです。

今回は毛根による薄毛診断と、薄毛になる原因、その解消法について詳しく説明します。

1.毛根の役割ってなに?

「毛根」とは頭皮の下に隠れている部分全体を指し、髪の毛を作り出す役割を果たしています。
ちなみに、頭皮より出ている部分は、太い部分が「毛幹」、毛先の細い部分は「毛尖」と呼ばれます。

毛根の根元の部分は「毛球」と呼ばれ、成長期には球根のように膨らんでいきます。
毛球には、「毛乳頭」と、毛母細胞が集まっている「毛母」があります。
毛乳頭が髪の毛に必要な栄養を受け取り、毛母に渡すと、毛母細胞は細胞分裂を繰り返し、髪の毛を作ります。

1−1.「毛根鞘」とは

毛根を囲んでいる部分を「毛包」といいます。
毛包の中で毛根と皮膚を接着剤のように結び付けているのが「毛根鞘」です。
抜けた髪の毛を見てみると、根っこの部分に透明な膜がついていることがありますが、この部分が「毛根鞘」です。
自然に髪の毛が抜けると「毛根鞘」も一緒に抜けることがあります。

2.【薄毛診断】毛根が白いのは種類によって状態が異なる

抜け毛の「毛根」を見ると、髪の毛の状態や薄毛の原因をある程度知ることができます。毛根で自然脱毛か異常脱毛か推測できれば抜け毛対策に役立てることが可能です。
毛根の見分け方を見てみましょう。

2−1.毛根自体が白いケース

髪の毛は成長するとともに色素によって次第に黒くなっていきます。
髪の毛が寿命を迎えると、色素の供給も止まり、毛根の部分だけ白くなります。
毛根自体が白いのは、成長を終えて抜けるべき時期に抜けた証拠です。
自然に寿命を終えた抜け毛なので心配する必要はありません。

2−2.毛根に白に近い半透明な塊が付着しているケース

白くなった毛根に半透明の塊が付着していることがありますが、これが先に説明した「毛根鞘」です。
「毛根鞘」がついてくるのは、髪の毛が自然なサイクルの中で寿命を迎えて抜けた証拠です。
そのため、この場合も心配はいりません。

2−3.毛根に触るとベトつく白い塊がついているケース

抜け毛の毛根の部分を触るとベトつく白い塊がついていることがあります。
この白い塊の正体は、頭皮の皮脂です。
皮脂は頭皮を乾燥から守るもので、ある程度は必要なものですが、異常に多いと抜け毛の原因になることもあるため注意が必要です。
脂質の摂り過ぎや、シャンプーが合っていないことによって、頭皮に問題がある場合、皮脂の分泌が多くなることがあります。シャンプーによって含まれている界面活性剤は異なります。皮脂が過剰なため高い洗浄力を求めるなら高級アルコール系、薄毛が気になるなら頭皮にやさしいアミノ酸系の界面活性剤を含むシャンプーがおすすめです。

2−4.毛根に白に近い半透明な塊があり、先がヒゲのように伸びているケース

毛根に白に近い半透明な塊がついているだけなら心配はいりませんが、先端がヒゲのように伸びているなら、成長途中に強く引っ張られた結果、抜けたものと考えられます。
無理に引っ張ると頭皮の負担となり、薄毛につながることがあります。

3.【薄毛診断】毛根が黒いのは要注意!?

抜け毛の毛根が黒い場合は要注意です。
これは色素の供給が終わっていない成長途中に抜けたことを表し、かなり早い段階で抜けていることになります。
成長しきれていない髪の毛が抜け続ければ、髪の毛はどんどん少なくなっていき、薄毛のリスクが高まります。

3−1.髪になんらかの問題がある可能性が高い

成長途中に抜けたと思われる髪の毛があったら、なんらかの問題があった可能性が高いです。
例えば、血行が悪く栄養を十分に届けられていなかったり、色素細胞に異常があったり、何らかの原因でヘアサイクルが正常ではなかったことを物語っています。
もしも、抜け毛の毛根が黒い上に先細りしていたら「円形脱毛症」の可能性があります。

4.髪の毛が形成されるヘアサイクルとは?

ヘアサイクルとは髪の毛が誕生して成長し、やがて寿命を迎えて抜け落ちていく周期のことで、毛周期ともいわれます。

【正常なヘアサイクル】
・成長期(約2〜6年)
髪の毛が生まれ、細胞分裂が活発に起こり、成長する時期。頭髪全体の80%以上。

・退行期(約2週間)
細胞分裂の勢いが衰え、髪の成長が止まる時期。頭髪全体の1〜2%。

休止期(約3〜4か月)
完全に成長が止まり、抜け落ちるのを待っている時期。全体の8〜9%。

頭髪の総本数は10〜12万本といわれており、ヘアサイクルは1本ずつ異なります。
休止期を迎えている髪は全体の10%にも満たないため、ヘアサイクルが正常であれば、一気に髪の毛が抜けることはありません。抜け毛は1日平均50〜100本ほどといわれています。

5.髪の健康を阻害している要因と改善法

 

成長途上の髪の毛が抜け落ちたり、一気に抜け毛が増えたりする場合は髪の毛が健康な状態ではないと考えられます。髪の健康を阻害する要因は複数あります。
その要因と改善法をまとめました。

5−1.乱れた生活習慣

生活習慣が乱れるとホルモンバランスに影響を与え、髪の毛にも悪影響を及ぼします。

《1》偏った食生活
髪の毛も栄養不足では健やかに育つことはできません。
かといって暴飲暴食もよくありません。脂質を取り過ぎると頭皮の皮脂が過剰になり、頭皮環境の悪化を招いて、脂漏性皮膚炎などの原因になります。

〈改善法〉
髪によい栄養素が含まれた食材を積極的に摂取し、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

《2》運動不足
運動不足は血行不良を招き、血液で運ばれるはずの栄養が髪の毛に行き渡らなくなります。

〈改善法〉
髪の毛の健康のために、無理しない程度の適度な運動を行い、血行促進を図りましょう。

《3》睡眠不足
睡眠中に分泌される「成長ホルモン」は髪の毛の成長にも必要です。
睡眠時間が足りなかったり、睡眠の質が悪かったりすると、髪の成長を阻害します。

〈改善法〉
夜更かしは避け、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。眠れない時はホットミルクを飲んだりアロマを焚いたりとリラックスタイムをもうけると、自然に入眠しやすくなります。

《4》慢性的なストレス
慢性的なストレスは自律神経の乱れを招き、血管も収縮させるため、血行不良の原因になります。また、ストレスは自分で毛抜きをしてしまう抜毛症の原因にもなり得ます。

〈改善法〉
適度な運動をしたり、趣味に励んだりと、ストレスをためないように心がけましょう。

《5》喫煙習慣
ニコチンはビタミンCを破壊する可能性があり、そうなってしまうと、血行を正常に保つために必要なビタミンEの吸収率も下がってしまいます。また、毛細血管を収縮させる作用もあるため、同じく血行不良の原因となります。

〈改善法〉
薄毛改善だけではなく、健康に過ごすためにも禁煙をしましょう。

5−2.AGA(男性型脱毛症)

「男性型脱毛症(AGA)」は、男性ホルモン「テストステロン」が変換酵素「5αリダクターゼ」によって変換されて産生する「ジヒドロテストステロン(DHT)」が原因で発症します。DHTがヘアサイクルに影響を与え、「成長期」が短縮し、十分に成長しないうちに「休止期」へと移行してしまうことで、抜け毛を招きます。
成人男性に多く見られますが、女性ホルモン(エストロゲン)の減少が発端で女性も発症することがあり、「女性男性型脱毛症(FAGA)」や「びまん性脱毛症」と呼ばれています。

〈改善法〉
AGAはいったん症状が現れると自然に止まることはなく、放っておくとどんどん進行していきます。そのため早期に治療をする必要があります。
AGAを発症している可能性があるなら、早めに皮膚科や専門の病院を訪れ、投薬など的確な治療を受けるようにしましょう。

6.Dクリニックの専門外来では正しい検査で症状に合った治療を行っています!

 

さまざまな原因で抜け毛は起こりますが、抜け毛の毛根をチェックすることで、自分の頭髪の状態を知ることができます。
生活習慣の乱れも抜け毛の原因になるので、バランスの良い食事と適度な運動、十分な睡眠など健康的な生活習慣を心がければ抜け毛の予防にもなります。
AGAが原因の場合は、ヘアサイクルに介入しているDHTの産生を抑制する治療薬「プロペシア」を処方してもらうという手もあります。

Dクリニックの専門外来では、専門の医師が診察し、正しい検査で症状に合った治療を行っています。
まずは自分の薄毛の原因を知ることからはじめるのがおすすめです。

▶一人ひとりの髪の個性に向き合って治療にあたる専門クリニック

抜けた髪の毛にも自分の頭髪の状態を知る手がかりがあります。毛根の様子をチェックすることで、自然脱毛かどうかを知ることができ、日頃の生活習慣を見直すことで髪の毛へのダメージを防ぐことができます。
しかし、自分では判断がつかないこともあります。どちらか迷ったら専門家のアドバイスを受けるのが賢明です。

AGAの専門クリニックでは一人ひとりの髪の個性に向き合って治療にあたっています。
市販の医薬部外品の育毛剤などを使って個人で行える薄毛対策方法もありますが、治療の過程で判断に迷うことはどうしても出てきます。また、効果が高い薬ほど副作用の危険性もあります。
髪のエキスパートが集まる専門クリニックで、専門家とともに薄毛治療をはじめるのが安心です。

Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)
「Dクリニック東京 ウィメンズ」は、東京駅から徒歩3分と通いやすいことから、神奈川、千葉、埼玉など東京以外の関東圏からの来院者も多いのが特徴です。女性専門外来のため、男性の目を気にすることなく安心して治療が受けられます。
土曜も診察可能です。

Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)
「Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)」は、大阪駅から徒歩5分の位置にある女性専門の頭髪治療クリニックです。こちらも男性の目を気にすることなく利用ができ、一人ひとりに合った治療で改善を目指せます。土日も診察を行っているので、平日に通えない方にもおすすめです。

Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)
「Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)」は栄駅から徒歩5分、土日も診察可能な男性・女性の薄毛治療を行う専門病院です。女性でも通いやすいように男女別の待合室になっており、ドリンクやおしぼりのサービス、書籍・雑誌も用意されています。また、Kidsコーナーもあるので、お子様連れでも安心して治療を受けられます。

Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)
「Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)」は、地下鉄天神駅から直結のダイヤモンドビル内にあります。男性・女性両方の薄毛治療を行う頭髪治療専門病院ですが、こちらも男女別の待合室になっています。土日も診察可能ですので、忙しい女性でも通いやすいです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事

  • 【育毛シャンプーの選び方】男性の薄毛を改善に導くおすすめの使い方

  • 【もしや病気?】髪の毛が抜ける「原因」を把握して行う正しい対処法

  • 男性の薄毛の原因は固い頭皮からくる血行不良!改善方法を徹底解説

  • 【もしかしてハゲの前兆?】前髪スカスカの原因と3つの対策方法

  • 後退した額の生え際…ツボを押せば自力で発毛できる?薄毛対策5選!

  • 【どんな効果?】薄毛対策に使用される増毛スプレーの特徴と注意点