1. ヘアメディカルTOP
  2. AGA・薄毛治療の総合情報局
  3. 【発毛効果がスゴイ!?】抜け毛も抑制する天然成分キャピキシルとは

【発毛効果がスゴイ!?】抜け毛も抑制する天然成分キャピキシルとは

薄毛対策 この記事は約 8 分で読めます。 704 Views

近年、AGAをはじめとする薄毛治療は格段に進歩しています。薄毛を改善したい方にとっては選択肢も増え、どれを選ぶか悩ましいところです。
AGAに効果的といわれる成分はいくつかありますが、最近では天然成分「キャピキシル」が発毛効果を期待できるとして育毛業界で話題になっています。
AGA治療薬の有効成分で発毛に導くとして知られる「ミノキシジル」と比較して3倍の効果があるといわれていますが、具体的にどのような作用があるのでしょうか。
今回の記事ではキャピキシルについて詳しくご説明します。

1.「キャピキシル」とは

キャピキシルは、生え際や頭頂部から薄毛が進行するAGA(男性型脱毛症)に効果があるといわれています。キャピキシルとは具体的にはどのような成分なのでしょうか。

1−1.カナダの製薬会社が開発した成分

キャピキシルはカナダの製薬会社「LUCAS MEYER COSMETICS社」によって開発されました。複数のアミノ酸で構成され、細胞外マトリクスを修復するといわれる「アセチルテトラペプチド3」と、イソフラボン類が豊富な植物エキス「アカツメクサ花エキス」を組み合わせた天然由来成分がキャピキシルの正体です。このふたつの成長因子が毛包に働きかけ、成長期の毛髪を増やし、また、脱毛抑制に作用するとされています。

1−2.やけどの治療にも使われている

キャピキシルに含まれる「アセチルテトラペプチド3」には細胞修復作用があります。アセチルテトラペプチド3は火傷により損傷した皮膚の治療や切断部分の修復などの医療分野でも用いられている成分で、損なわれた毛母細胞も修復し、発毛へ導くとされています。

1−3.薬でも育毛剤でもなく「化粧品」に区分されている

高い効果が期待できるキャピキシルですが、ミノキシジルとは異なり薬ではないため「医薬品」ではなく、また、育毛成分としても認可されていないため薬用育毛剤などの「医薬部外品」でもありません。そのため、カテゴリーとしては「化粧品」に分類されます(2018年6月現在)。使用方法はミノキシジルや育毛剤と同様に頭皮に塗るのが一般的です。キャピキシルを配合した育毛シャンプーも販売されています。

2.キャピキシルの効果とは

評判の高いキャピキシルですが、実際にはどんな効果があるのでしょうか。
ここでは薄毛への作用についてご紹介します。

2−1.発毛効果がAGA治療薬「ミノキシジル」の3倍!?

発毛医薬品ミノキシジルは世界90ヵ国以上で承認されている発毛成分で、日本でも厚生労働省の認可を受けて発毛剤の有効成分として使用されています。

キャピキシルの発毛促進効果がそのミノキシジルの3倍といわれている訳は、開発したLUCAS MEYER COSMETICS社が公表した自社データによります。培養された細胞組織での実験で髪の毛の成長率がミノキシジルの3倍を記録したとしているからです。

ただ、人の頭皮に直接塗って試したわけではなく、被験者数も少ないため、ミノキシジルの3倍の髪の毛が生えるような発毛作用があるとは言い難いです。

とはいえ、キャピキシルが薄毛治療の新たな選択肢として高い期待が寄せられていることに変わりはありません。

2−2.プロペシア同様、抜け毛も抑制する

キャピキシルに含まれている「アカツメクサ花エキス」は古くから薬用ハーブとして使用されてきたもので、「ビオカニンA」が含まれていることがわかっています。ビオカニンAにはAGAの薄毛を引き起こす原因のひとつである還元酵素「5αリダクターゼ」を阻害する働きがあります。
AGAは男性ホルモン「テストステロン」が還元酵素「5αリダクターゼ」によって「ジヒドロテストステロン」(DHT)に変換され、「DHT」がヘアサイクルに介入することで薄毛が発生します。

ミノキシジルと同じく厚生労働省の認可を受けている育毛成分「フィナステリド」を主成分とする「プロペシア」は、「5αリダクターゼ」の働きを阻害することで抜け毛を抑制するAGA治療薬です。一方、キャピキシルに含まれるビオカニンAも、プロペシア同様、抜け毛抑制効果が期待できます。

2−3.女性も使える

キャピキシルは女性も使えます。プロペシアは女性の使用が禁止されているため、キャピキシルの登場によって女性の薄毛対策の選択肢は広がったといえます。

3.副作用がないって本当?

キャピキシルには副作用がないという話も聞こえてきますが、それは本当なのでしょうか。

3−1.ないとは言い切れない

今のところメーカーの臨床実験では副作用は確認されておらず、副作用が発症したという報告もまだないとされています。
天然由来成分のため、医薬品に比べると重篤な副作用のリスクは低いといえますが、一般的な育毛剤などで見られる副作用がキャピキシルにも起こることは十分に考えられ、絶対にないとは断言できません。

3−2.頭皮の痒み・かぶれが出る可能性はある

育毛剤や化粧品で起こりやすい副作用でもっとも多いのが頭皮の痒み・かぶれ・湿疹です。頭髪に直接塗布するものだけにどうしても肌との相性は出てきます。すでに、なんらかのトラブルで頭皮環境が悪化している場合は、使用しないようにしましょう。

症状がひどい場合や長引く場合は使用を中止して、しかるべき医療機関に相談しましょう。特に敏感肌の方は注意が必要です。

3−3.初期脱毛

副作用ではありませんが、キャピキシルには「初期脱毛」が起こる可能性があります。「初期脱毛」とはミノキシジルなどを使いはじめた早い段階で起こる脱毛症状のことです。有効成分の薬効が現れはじめると、ヘアサイクルの正常化のために休止期の髪の毛が一気に抜けることがあり、医薬品ではありませんが、キャピキシルにも起こることがあります。

4.キャピキシルはどこで手に入れられる?

重篤な副作用も報告されておらず、高い発毛育毛効果が期待できるキャピキシルですが、どこで買い求めることができるのでしょうか。

4−1.現在は通販のみ

現在のところキャピキシル配合の商品は店頭で販売されておらず、通販のみです(2018年6月現在)。通販で購入する際はキャピキシルが3%以上配合されていることを表すブロンズマークがついている製品を選ぶとよいでしょう。

4−2.医薬品ではないので病院で処方されない

キャピキシルは医薬品ではないため、病院では処方されません。
使用する場合は通販で入手することになります。

5.キャピキシルの使用は自己判断

高い効果が期待できるキャピキシルですが、ほかの育毛剤に比べるとかなり高価であることは否めません。
また、市場に出回るようになってから日も浅く、病院でも処方されていないため、使用についてはあまりデータがありません。そのため自分の薄毛の症状に合うかどうかは実際に使ってみなければわからないというのが現状です。
ただし、副作用があっても医薬品ではない以上、救済措置はありません。つまり使用に関してはすべて自己責任になります。
十分な情報が出そろっていない現状でやみくもに試すのは怖いという方は、まずはAGA治療専門クリニックに相談してみましょう。

6.キャピキシルの使用が不安な方はDクリニックの専門外来へ

薄毛治療は日々進化しています。高い育毛促進効果や発毛力が期待できる育毛成分が新しく登場するたびに期待が高まると同時に不安を覚える方も少なくないでしょう。身体に影響が出る可能性がある以上、それは当然のことです。

いくらキャピキシルが天然成分といえども、肌との相性の問題もあり必ずしも安心とは断言はできません。
キャピキシルの使用が不安な方はDクリニックの専門外来に相談してみましょう。Dクリニックの専門外来では220万人の治療実績(※1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数)をもとに、安全性を第一に治療にあたっています。
不安に思うことがあれば専門の医師が丁寧に説明してくれるので安心です。

▶あなたの薄毛治療を専門の医師がバックアップします!

今はさまざまな薄毛対策の選択肢があり、高い効果を期待できるものも少なくありません。キャピキシル以外にも、ピディオキシジルやセンブリエキスを配合成分とする商品が気になっている方もいるでしょう。そんな中、医療機関で処方していない発毛成分・育毛成分配合の製品を試すなら自己責任で試すしかありません。

自己流で対策を行う過程で判断に迷うことはどうしても出てきます。万が一初期脱毛が発生しても、それが初期脱毛なのか、効いていなくて抜け毛が続いているのかを判断するのは難しいことです。特にAGAの場合は進行性のため、適切な対応をしなければ薄毛はどんどん進行していきます。高い効果を期待して高価格な育毛商品を使った薄毛対策をはじめても、判断を誤れば結果として遠回りになってしまいます。

安全かつ的確な薄毛治療を行うなら、やはり医療機関に相談するのが賢明です。専門クリニックではあなたの薄毛治療を専門の医師がバックアップしてくれます。
髪の毛のエキスパートとともに薄毛治療をはじめてみませんか。

Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)
「Dクリニック東京 ウィメンズ」は、東京駅から徒歩3分と通いやすいことから、神奈川、千葉、埼玉など東京以外の関東圏からの来院者も多いのが特徴です。女性専門外来のため、男性の目を気にすることなく安心して治療が受けられます。
土曜も診察可能です。

Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)
「Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)」は、大阪駅から徒歩5分の位置にある女性専門の頭髪治療クリニックです。こちらも男性の目を気にすることなく利用ができ、一人ひとりに合った治療で改善を目指せます。土日も診察を行っているので、平日に通えない方にもおすすめです。

Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)
「Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)」は栄駅から徒歩5分、土日も診察可能な男性・女性の薄毛治療を行う専門病院です。女性でも通いやすいように男女別の待合室になっており、ドリンクやおしぼりのサービス、書籍・雑誌も用意されています。また、Kidsコーナーもあるので、お子様連れでも安心して治療を受けられます。

Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)
「Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)」は、地下鉄天神駅から直結のダイヤモンドビル内にあります。男性・女性両方の薄毛治療を行う頭髪治療専門病院ですが、こちらも男女別の待合室になっています。土日も診察可能ですので、忙しい女性でも通いやすいです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事

  • 【育毛サプリメント】効果的な抜け毛・薄毛対策!おすすめ成分5選

  • 男女で抜ける原因は違う?シャンプーなど簡単な改善で変わる髪の健康

  • 【20代薄毛対策まとめ】原因と予防方法・改善治療を徹底解説!

  • 【タバコと頭皮の関係】血行不良・かゆみの原因に!薄毛への影響とは

  • 頭皮の保湿に化粧水は有効?メンズにおすすめの頭皮ケア方法と注意点

  • 頭皮が硬いと本当にハゲになる?気になる原因と改善方法について解説