1. ヘアメディカルTOP
  2. AGA・薄毛治療の総合情報局
  3. ノコギリヤシの薄毛への効果は?腎臓・EDへの影響や副作用&注意点

ノコギリヤシの薄毛への効果は?腎臓・EDへの影響や副作用&注意点

薄毛対策 この記事は約 8 分で読めます。 1,313 Views

男性の悩みに対応する健康食品には、「ノコギリヤシ」が配合されていることがあります。ノコギリヤシを含む育毛サプリや育毛剤もあるため、薄毛への効果が気になっている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ノコギリヤシの特徴や期待できる効果、副作用、摂取する際の注意点などについて詳しく解説します。薄毛の改善を目指したい方は、ノコギリヤシがどのように活用できるのかチェックしてみましょう。

 

1.ノコギリヤシとは

はじめに、ノコギリヤシの特徴や栄養成分について解説します。

 

1-1.ノコギリヤシの特徴

ノコギリヤシは北アメリカ南東部に自生するヤシ科の植物で、細くギザギザとした葉の形がノコギリのように見えることから「ノコギリヤシ」と呼ばれています。ノコギリヤシの果実は、古くは原住民の食用や燃料用の油として使用されていました。

また、男性の強壮、利尿、鎮静効果があるとされ、中国では漢方薬、ヨーロッパではハーブとして用いられてきた歴史があります。日本では、サプリメントやノコギリヤシ配合の青汁などがあり、主に男性の健康をサポートする成分として知られています。

 

1-2.ノコギリヤシに含まれる栄養成分

ノコギリヤシには、脂肪酸や植物ステロールの一種であるβ-シトステロール、フラボノイドなどの成分が含まれています。これらの成分が男性特有の悩み解消に役立つといわれることから、男性向けのサプリメントに多く配合されています。

 

2.ノコギリヤシに望める可能性がある効果

それでは、ノコギリヤシに含まれる栄養成分によって、どのような効果を得られる可能性があるのかチェックしてみましょう。

 

2-1.前立腺肥大症が改善する場合がある

前立腺肥大症は前立腺が大きくなることで尿道を圧迫する病気で、症状として頻尿・尿の出が悪いなどの排尿障害が起こります。
前立腺肥大症が起こる原因は明確ではありませんが、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という物質が要因と目されています。
DHTは、男性ホルモン「テストステロン」が還元酵素「5αリダクターゼ」の作用により、変換されて産生される物質です。
ノコギリヤシは還元酵素「5αリダクターゼ」の働きを抑えて、DHTの過剰な産生を抑制するといわれているため、前立腺肥大症の予防・改善が望める可能性があります。
さらに、前立腺がんの炎症を抑えて、進行を抑えられる場合もあるとされています。

 

2-2.ED改善の可能性がある

前立腺肥大症の排尿障害からED(勃起障害)が引き起こされるケースもあるため、EDの改善にノコギリヤシが効果的に働く場合があります。
ただし、前立腺肥大症治療薬の副作用としてEDになる場合もあります。前立腺肥大症の治療を行っている方は、ノコギリヤシを摂取する前に専門の医師に相談しましょう。

 

2-3.クレアチニン値の改善・腎臓機能をサポート

「クレアチニン」は筋肉を動かすエネルギーを使うと発生する老廃物で、腎臓でろ過されて尿として排出されます。クレアチニン値は腎臓機能の指標となるため、数値が高い方は腎臓機能が低下していると考えられます。
前立腺肥大症は、腎臓のろ過機能に影響を及ぼすことがあります。そのため、前立腺肥大症や排尿障害が改善する可能性のあるノコギリヤシは、クレアチニン値の改善や腎臓機能のサポートに役立つ場合もあります。

 

2-4.AGA(男性型脱毛症)による薄毛の改善も期待できる!

AGA(男性型脱毛症)は、成人男性に多く見られる進行性の脱毛症ですが、ノコギリヤシにはAGAによる薄毛改善の可能性も期待できます。
AGAはDHTが産生されることで脱毛が引き起こされ、ヘアサイクルが乱れるのが主な原因です。ノコギリヤシの発毛メカニズムは、DHTの産生を抑えてヘアサイクルを乱れにくくし、DHTによる皮脂の過剰分泌を抑えて改善を促すものとされています。

 

3.ノコギリヤシで副作用が起こる?

ノコギリヤシを安全に使うために、副作用が起こる可能性も確認しておきましょう。

 

3-1.下痢・便秘・吐き気などが起こる可能性はある

ノコギリヤシの作用との関連性は明確ではありませんが、人によっては以下のような副作用が起こる可能性があります。

【代表的な副作用】

  • 下痢
  • 便秘
  • 吐き気
  • めまい
  • 頭痛
  • 腹痛

他にも、心悸亢進(しんきこうしん=動悸だけでなく心臓に不快感がある)などの循環器症状や高血圧などが起こる可能性も考えられます。

 

3-2.副作用が起こる可能性は比較的低い

ノコギリヤシは自然由来のため、副作用が起こる可能性は比較的低い成分です。基本的に安全性に問題はありませんが、過剰摂取によって副作用が起こる可能性があります。
もしも体調に異変を感じたら、摂取するのを中止して医療機関を受診しましょう。

 

4.最適な摂取量&摂取する際の注意点

ノコギリヤシを活用する際には、摂取量や注意点も把握しておきましょう。

 

4-1.1日の摂取量目安は320mg程度

ノコギリヤシの1日の適正摂取量は日本で規定はされていませんが、標準的な摂取量は320g程度といわれています。使用する商品によって1日の摂取量目安が異なる場合もあるので、商品説明をよく確認して過剰摂取にならないように気をつけましょう。

 

4-2.消化器疾患・高血圧症の方は使用を避けるべき

ノコギリヤシの副作用として胃腸にまつわる症状や高血圧などが起こる可能性があるため、消化器疾患、高血圧症の方は自己判断での使用を避けるのが無難です。
また、アレルギーや過敏症の方も注意が必要ですので、かかりつけの医師に相談してから使用しましょう。

 

4-3.他の薬と併用する際は要注意!

ノコギリヤシはホルモンバランスに影響を与えるため、ホルモン療法を行っている際は効果に影響を与える可能性があります。
また、抗血液凝固薬や抗血小板薬と併用すると、出血傾向が高まるリスクがあるとされているため、薬を服用している方はかかりつけの医師に相談しましょう。

 

5.着実な薄毛の改善を目指すなら医薬品がおすすめ

薄毛改善を目指すなら、医薬品を用いるのがおすすめです。その理由について解説します。

 

5-1.ノコギリヤシは日本で医薬品として認められてない

ノコギリヤシはさまざまな研究で有効性が検証されており、ヨーロッパでは前立腺肥大症の医薬品として処方されています。
しかし、日本では医薬品ではなく健康食品として扱われています。薄毛・AGA治療の医薬品は治療効果が医学的に認められていますが、サプリメントなどの健康食品の育毛効果は確実なものではないことを理解しておきましょう。

 

5-2.薄毛・AGA治療薬は医療機関で処方してもらえる

治療効果が認められている成分「フィナステリド」を含む「プロペシア」内服薬や「ミノキシジル」外用薬などの薄毛・AGA治療薬は、医療機関で処方してもらえます。
治療薬にもさまざまな種類があり、薄毛の原因や状態に合わせて、発毛薬や抜け毛抑制薬を専門の医師が提案してくれます。
本格的な育毛効果や発毛効果を期待する場合は、医薬品を使って改善を目指すのがおすすめです。

 

6.Dクリニックの頭髪専門外来では症状にあわせた薄毛治療薬の処方を行っています!

薄毛といってもさまざまな症状があり、改善方法もそれぞれ異なります。薄毛の治療は生活環境や食事などに影響される場合もあるため、総合的な治療を行うことが大切です。
Dクリニックの頭髪専門外来では、薄毛治療のための検査を行い、経験豊富な専門の医師が適切な治療薬を処方します。

また、一般的な単剤処方による頭髪治療だけではなく、オリジナルの積極的発毛治療「アドバンスト発毛治療」も行っています。
「アドバンスト発毛治療」は、220万人の治療実績(※1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数)から、内服薬や外用薬、ビタミン類など一人ひとりに合わせた治療で発毛を促します。
AGA・薄毛治療は早期治療が肝心ですから、まずは無料カウンセリングへお気軽にお悩みをご相談ください。

求められるAGA薄毛治療とは

 

安心して薄毛治療を行うなら頭髪治療専門クリニックへ

ノコギリヤシは前立腺肥大症を改善できる可能性があり、また、育毛成分を含むとしてAGA治療の手段としても注目されています。しかし、日本では医薬品として認められておらず、育毛サプリメントなどの健康食品の扱いになっています。

自然由来の食品のため副作用が現れる可能性は低いですが、体質や服用している薬との相性をしっかりと判断する必要があります。

ノコギリヤシの効果は医学的に証明されていないことや、自分の薄毛の症状改善に向いているか判断できないことからも、安心して薄毛治療を行うなら頭髪治療専門クリニックへ相談するのがおすすめです。

Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)
「Dクリニック東京 ウィメンズ」は、東京駅から徒歩3分と通いやすいことから、神奈川、千葉、埼玉など東京以外の関東圏からの来院者も多いのが特徴です。女性専門外来のため、男性の目を気にすることなく安心して治療が受けられます。
土曜も診察可能です。

Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)
「Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)」は、大阪駅から徒歩5分の位置にある女性専門の頭髪治療クリニックです。こちらも男性の目を気にすることなく利用ができ、一人ひとりに合った治療で改善を目指せます。土日も診察を行っているので、平日に通えない方にもおすすめです。

Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)
「Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)」は栄駅から徒歩5分、土日も診察可能な男性・女性の薄毛治療を行う専門病院です。女性でも通いやすいように男女別の待合室になっており、ドリンクやおしぼりのサービス、書籍・雑誌も用意されています。また、Kidsコーナーもあるので、お子様連れでも安心して治療を受けられます。

Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)
「Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)」は、地下鉄天神駅から直結のダイヤモンドビル内にあります。男性・女性両方の薄毛治療を行う頭髪治療専門病院ですが、こちらも男女別の待合室になっています。土日も診察可能ですので、忙しい女性でも通いやすいです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事

  • AGA治療薬の種類・特徴と「安全」に使用する方法-正しい薄毛対策

  • 前髪が薄いのは「AGA」が原因?バレずに薄毛を克服する対策とは?

  • 薄毛を原因5αリダクターゼの抑制方法!亜鉛・ノコギリヤシの効果は

  • 頭皮からポロポロ落ちる角栓…原因を解説!薄毛予防にもなる除去方法

  • 【もしかしてハゲの前兆?】前髪スカスカの原因と3つの対策方法

  • 【発毛効果がスゴイ!?】抜け毛も抑制する天然成分キャピキシルとは