1. ヘアメディカルTOP
  2. AGA・薄毛治療の総合情報局
  3. 【毛根が白いor黒い】抜け毛を見ればわかる!あなたの薄毛進行状況

【毛根が白いor黒い】抜け毛を見ればわかる!あなたの薄毛進行状況

薄毛対策 この記事は約 10 分で読めます。 2,008 Views

最近、髪の毛が薄くなってきた…と感じたら、抜け毛をチェックしてみましょう。抜け毛には自分の髪の毛の状態を示す情報が詰まっています。情報を読み解くことで自分の髪の毛について、より詳しく知ることができます。
中でも重要なカギとなるのが”毛根”です。
あなたの毛根は白いですか?それとも黒いですか?
毛根の色や形などを見れば、自分の薄毛の進行状況を推測することができます。
今回は抜け毛から薄毛の状態を知る方法についてご説明します。

1.髪の毛は通常どのくらい抜ける?

毎日抜けている髪の毛ですが、通常どのくらい抜けるものなのでしょうか。

1-1.1日の抜け毛は通常どれくらい?

髪の毛には、生えてから抜けるまでを指す「ヘアサイクル(毛周期)」があります。

【ヘアサイクル】
成長期…髪の毛が成長する時期。発毛から成長までの期間で約2〜6年。
退行期…髪の毛の細胞分裂が終わって成長が止まり、毛根が縮小に向かう時期。約1〜2週間。
休止期…成長が完全に止まり、脱毛の準備が完了する時期。約3〜4ヶ月。

抜け毛はヘアサイクルの休止期に入り、脱毛の準備が整うと自然に起こります。髪の毛の総量とヘアサイクルの周期がわかれば、だいたいの抜け毛の数は計算で割り出すことができます。計算式は以下のようになります。

【髪の毛の量÷ヘアサイクル÷365日=1日あたりの抜け毛数】

日本人の髪の毛の本数は平均しておよそ7〜13万本といわれていますから、式に当てはめると以下のようになります。

【7〜13万本÷2〜6年÷365日=31〜178本】

1日平均31〜178本程度の抜け毛であれば、通常のヘアサイクルによる自然脱毛ということになります。

1-2.1日で一番抜け毛が多いのはいつ?

1日のうちで抜け毛が一番多いのはやはりシャンプー時です。1日の抜け毛の50%以上が髪を洗う際に起きるといわれています。そのため、シャンプー時の抜け毛の本数をチェックし、2倍にすることで1日の抜け毛の状況をある程度把握することができます。排水溝にネットなどをかぶせて髪の毛が流れないようにし、実際に抜け毛の本数を数えてみるとよいでしょう。

1-3.抜け毛が多いと感じたら毛根をチェック!

シャンプー時にチェックしてみて、抜け毛が平均より多かったり、排水溝にたまる髪の毛がいつもより明らかに増えていたりした場合は、抜け毛の毛根をチェックしてみましょう。
自然に抜けた髪の毛であれば、毛根は丸くて白く、毛根から毛先までの太さはほぼ同じで、艶があってしっかりしています。
しかし、自然脱毛以外のことが原因で起こる抜け毛の場合、毛根の形や色に異常が現れます。

毛根になんらかの異常が見て取れる場合は、できるだけ早めに対策を講じることが大切です。

2.「毛根」はどのような構造になっている?

髪の毛の状態を知る手がかりとなる毛根ですが、具体的にはどのような構造になっているのかを解説しておきます。

2-1.「毛根」は頭皮の下に埋まっている部分

基本的なところですが、「毛根」が髪の毛のどこを指すかというと、頭皮の下に埋まっている部分にあたります。「毛根」には「毛球」「毛乳頭細胞」「毛母細胞」など、髪の毛を成長させるのに必要な部分が詰まっています。

2-2.毛根の中でも根元の方にあるのが毛球

毛根の最も深いところにあるのが「毛球」です。その名のとおり、髪の毛の根元にある丸くなっているところといえばわかりやすいでしょう。
この「毛球」の中に「毛乳頭細胞」と「毛母細胞」があります。

2-3.「毛乳頭細胞」は発毛の司令塔

毛球の中にある「毛乳頭細胞」は発毛の司令塔です。「毛乳頭細胞」の中で発毛伝達物質「BMP」と「エフリン」などの生体分子が発毛シグナルを出し、これを受けて毛母細胞や内毛根鞘細胞が活性化して発毛します。「毛乳頭細胞」は、生体分子と細胞間のシグナル伝達を司っています。「毛乳頭細胞」が正常に代謝されることで、発毛やヘアサイクルのシグナル伝達、髪の毛の成長がスムーズに行われます。

2-4.「毛母細胞」は髪の毛の成長を促す

毛乳頭細胞からの発毛シグナルを受けて「毛母細胞」が細胞分裂を繰り返し、頭皮から出ている毛幹、つまり髪の毛が伸びていきます。
「毛母細胞」の細胞分裂が活発に行われ、毛球で髪の毛が次々に作られているのがヘアサイクルの「成長期」です。「退行期」に入ると「毛母細胞」の活動は衰え、「休止期」には完全に毛母細胞の細胞分裂が止まります。
毛母細胞の分裂が活性化していることが髪の毛の成長には重要です。働きが弱くなると髪の毛は成長しにくくなります。

3.薄毛のシグナル…こんな毛根は危ない!

いち早く薄毛進行の気配を察知するには、薄毛のシグナルを見逃さないことが大切です。抜け毛の毛根は薄毛の進行状態を知る手掛かりになります。毛根の状態を具体的に見てみましょう。

3-1.通常の抜け毛の毛根は?

自然に抜けた髪の毛の毛根は丸く膨らんでおり、マッチ棒のような形をしています。抜け毛の多くが丸く白い毛根であれば、自然脱毛ですから、心配することはありません。髪の毛は成長が止まるとメラニン色素の供給も止まって白髪になります。毛球に近いほど白いのはそのためです。

3-2.毛根に白いものがくっついている

毛根に白い膜のようなものがくっついていることがあります。この白いものは皮脂です。過剰に分泌された皮脂が白くなって付着してしまっています。皮脂が過剰に分泌されると毛穴を塞ぎ、髪の毛の成長の妨げとなるのです。
脂っこい食事を食べ過ぎると、皮脂が増えます。食事の際には、できるだけ油ものは控えるようにしましょう。また、皮脂を落とそうと洗浄力の高い石油由来の界面活性剤配合シャンプーでごしごし洗い過ぎるのも逆効果になります。皮脂を落とし過ぎると体が不足分を補おうとして、結局、皮脂の過剰分泌につながってしまいます。
ちなみに、抜毛症などにより自分で抜いてしまった髪の毛には、毛根に透明なものがついていることがあります。これは皮脂ではなく「毛根鞘」で、髪の毛が抜けないように固定するためのものです。

3-3.毛根が黒い

通常、毛根は白色ですが、毛根の色が黒いときは注意が必要です。ストレスがたまると血の巡りが悪くなり、黒くなってしまうためです。毛根が黒くなったら、一気に髪の毛が抜け落ちる可能性があります。できるだけ早めに対策を取る必要があります。
ストレス解消のためには、趣味を持ったり適度な運動をしたり、リラックスタイムをもうけたりするのがおすすめです。何事も考え過ぎないようにし、緊張をリセットすることを心がけましょう。

3-4.毛根の膨らみがなく、細い

通常の毛根は丸く膨らんでいますが、中には膨らみがなく、細いものもあります。これは自然脱毛のひとつですが、要注意のシグナルと受け止めたほうがよいでしょう。
膨らみの少ない毛根は、毛根組織が活性化しておらず、髪の毛の寿命が短くなっていることを現しています。
早めに毛髪組織の活性化を心がけましょう。

3-5.毛根が短くて太い

毛根が短く太い場合、頭皮が乾燥して硬くなっている可能性があります。この場合、シャンプーを控えたり、頭皮マッサージをしたりするのがおすすめです。頭皮の乾燥はフケや痒みの原因になることもあるため、早めの対策を心がけましょう。

3-6.毛根がいびつ

通常の楕円形ではなく、いびつな形になっている毛根は、円形脱毛症でよく見受けられる症状です。毛根が非常に大きなダメージを受けている可能性が高いため、早急に医師に相談し、対策を取るようにしましょう。

3-7.毛根がない

毛根の膨らみは栄養状態と比例しています。髪の毛の栄養状態が悪いと膨らみは少なくなって細くなり、毛根がない状態になることさえあります。髪の毛の栄養不足は抜け毛の原因となり、元気な髪の成長を妨げます。髪の毛が生えてこなくなったり、抜けやすくなったりしたら要注意です。バランスの良い食生活を心がけ、栄養不足の解消を目指しましょう。

4.AGA(男性型脱毛症)による抜け毛を減らす方法は?

男性の脱毛症の原因の多くは「AGA(男性型脱毛症)」だといわれています。
AGAの場合、抜け毛の毛根に限らず、毛の全体に特徴が現れます。
その特徴は「短い」「細い」「やわらかい」というもので、抜け毛の多くにこのような特徴が現れていたら、早急な抜け毛対策が必要です。
AGAは進行性のため、一度症状が現れたら治療をしない限り、薄毛の進行を止めることはできません。では、AGAの治療法とはどのようなものなのでしょうか。

4-1.AGA治療薬の有効成分「フィナステリド」

AGA治療薬といえば「プロペシア」が有名です。その有効成分「フィナステリド」は厚生労働省にも認可されており、高い発毛効果があります。「フィナステリド」はアメリカの製薬会社「メルク・アンド・カンパニー」によって開発された抗アンドロゲン剤のひとつで、植物の「ノコギリヤシ」から抽出されたエキスを化学合成し原料としています。「プロペシア」は市販されていないため、専門の病院を受診して処方してもらう必要があります。

4-2.どのように抜け毛を抑える?

AGAによる抜け毛は、男性ホルモン「テストステロン」が、還元酵素「5αリダクターゼ」と結合することで、さらに強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されることで引き起こされます。DHTが髪の毛のヘアサイクルを早め、成長期にある髪の毛を退行期へと移行させるため、十分に成長していない髪の毛がどんどん抜けていってしまうのです。
「フィナステリド」には、還元酵素「5αリダクターゼ」の働きを阻害する効果があります。DHTの産生を阻止することでAGAの原因を根本から解決し、抜け毛の改善を促します。

4-3.副作用はどのようなものがある?

「フィナステリド」の副作用としては、勃起機能障害(ED)・性欲減退・肝機能障害などが報告されています。
臨床試験結果によれば、副作用の危険性はさほど大きくはないといわれていますが、異常を感じたら直ちに使用を中止し、必ず病院で受診しましょう。
また、「フィナステリド」は女性や未成年の使用が禁止されています。特に妊娠中や授乳中の女性は重篤な健康被害が現れる可能性が高いため、注意が必要です。皮膚から吸収されることもあるため、接触しないよう十分に気をつけましょう。
フィナステリドの使用中の献血はできません。献血する際は、使用から最低1ヶ月は間を空ける必要があります。

5.毛根に異常が見られたらDクリニックの頭髪専門外来へ

抜け毛は髪の毛の健康を知るバロメーターです。特に毛根はわかりやすい判断基準になります。抜け毛の毛根に異常が見られたら、Dクリニックの頭髪専門外来に相談しましょう。専門の医師が薄毛の原因を特定し、一人ひとりの症状に合った治療を提案してくれます。
市販の育毛剤を使って自己流の対策もできますが、市販品の多くは医薬部外品で、発毛効果は期待できません。より効果的な薄毛治療を望むならDクリニックの頭髪専門外来での治療が賢明です。

▶抜け毛を減らし発毛を目指すなら頭髪治療専門クリニック

毎日抜けていく髪の毛。それ自体は自然現象ですが、ときに病気が原因で抜け毛が起こることもあります。特にAGAは一度発症すると治療をしない限り、髪の毛は抜け続けていきます。抜け毛を減らし、発毛を目指すなら、頭髪治療専門クリニックがおすすめです。
抜け毛予防に高い効果が認められているプロペシアの処方はもちろん、豊富な治療実績に基づいた効率的な薄毛治療をはじめられます。わからないことや心配なことがあっても、専門の医師が丁寧な回答で悩みを解決してくれるので、不安を取り除いたうえで治療に専念できます。
抜け毛のセルフチェックで異常を見つけたら、一人で悩みを抱え込まず、まずは頭髪治療専門クリニックに相談してみましょう。髪の毛のエキスパートとともに効率的な薄毛改善を目指せます。

Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)
「Dクリニック東京 ウィメンズ」は、東京駅から徒歩3分と通いやすいことから、神奈川、千葉、埼玉など東京以外の関東圏からの来院者も多いのが特徴です。女性専門外来のため、男性の目を気にすることなく安心して治療が受けられます。
土曜も診察可能です。

Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)
「Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)」は、大阪駅から徒歩5分の位置にある女性専門の頭髪治療クリニックです。こちらも男性の目を気にすることなく利用ができ、一人ひとりに合った治療で改善を目指せます。土日も診察を行っているので、平日に通えない方にもおすすめです。

Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)
「Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)」は栄駅から徒歩5分、土日も診察可能な男性・女性の薄毛治療を行う専門病院です。女性でも通いやすいように男女別の待合室になっており、ドリンクやおしぼりのサービス、書籍・雑誌も用意されています。また、Kidsコーナーもあるので、お子様連れでも安心して治療を受けられます。

Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)
「Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)」は、地下鉄天神駅から直結のダイヤモンドビル内にあります。男性・女性両方の薄毛治療を行う頭髪治療専門病院ですが、こちらも男女別の待合室になっています。土日も診察可能ですので、忙しい女性でも通いやすいです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事

  • 育毛剤・シャンプーの成分ピディオキシジルとは?効果・副作用も説明

  • 薄い髪の分け目が気になる男性必見!隠せるおすすめの髪型と対策5選

  • 朝シャンはハゲるって本当?その効果とメリット・デメリットについて

  • 髪の毛に必要な栄養成分【タンパク質&亜鉛】栄養を含む食べ物とは?

  • 【生え際がM字型に後退】男性に多い理由は?薄毛におすすめの育毛剤

  • 頭皮が赤いのと薄毛は関係ある?その気になる原因と対策について