1. ヘアメディカルTOP
  2. AGA・薄毛治療の総合情報局
  3. 頭皮の乾燥が薄毛の原因に!生活習慣の改善&保湿ケアで抜け毛対策

頭皮の乾燥が薄毛の原因に!生活習慣の改善&保湿ケアで抜け毛対策

薄毛対策 この記事は約 11 分で読めます。 1,258 Views

肌の乾燥は女性だけでなく、男性にとっても大きな悩みのひとつです。空気が乾いている冬場はもちろん、夏場もエアコンなどによる温度差が肌を乾燥させ、かさつきや痒みといった症状を引き起こすことがあります。
頭皮も例外ではなく、乾燥による頭皮環境の悪化は薄毛の原因となりかねません。生活習慣を改善し、保湿ケアを心がけることが大切です。
今回は頭皮が乾燥する原因と予防策について詳しく説明します。

1.なぜ頭皮は乾燥する?

頭皮が乾燥する原因は乾いた空気だけに限りません。思いがけないことが原因となることもあります。ここでは頭皮を乾燥させる原因をご紹介します。

1-1.髪の洗い過ぎ・洗浄力の強いシャンプー

ヘアケアの基本ともいうべきシャンプーですが、洗い過ぎると必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮の乾燥を招くことがあります。1日2回のシャンプーでも過剰で、1回で十分です。洗い過ぎに注意しましょう。また、お湯の温度も40度以上の高温になると、皮脂を必要以上に洗い流してしまいます。
薄毛が気になりだしたら、シャンプーの成分に気を配ることも大切です。シャンプーには皮脂などの汚れを溶かして落ちやすくする洗浄成分「界面活性剤」が配合されていますが、市販のシャンプーの多くは石油系界面活性剤入りです。洗浄力が強いため、汚れが落ちやすい分、頭皮の保湿に必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥の原因となってしまいます。

1-2.栄養バランスの悪い食事

栄養バランスの悪い食事は、新陳代謝を悪化させ、頭皮の乾燥を招く原因のひとつです。また、肌に潤いを与える成分の中には意識して摂取する必要があるものもあります。
忙しさにかまけて食生活が疎かになると、その影響は頭皮にも現れます。ファストフードやコンビニ弁当頼みの方は特に注意しましょう。

1-3.睡眠不足

睡眠不足は髪の毛の成長を促す「成長ホルモン」の分泌量の減少を招きます。成長ホルモンが減ると、肌の潤いやハリを保つヒアルロン酸を体内で十分に作ることができなくなり、頭皮の乾燥の原因となるので、注意が必要です。新陳代謝も低下するため、頭皮の古い角質が剥がれ落ちて新しい角質に変わる「ターンオーバー」の乱れを招き、水分を保持できずに乾燥しやすくなってしまいます。

1-4.強い紫外線

太陽光にじりじりと照りつけられ、強い紫外線を浴びるのも乾燥の原因になります。特に頭皮は体の中で一番太陽に近いため、紫外線の影響は顔の2倍以上ともいわれています。そのため、薄毛が気になる方は注意が必要です。ただでさえ日焼けしやすい部分ですが、薄毛で地肌が見えていると紫外線のダメージはより大きくなります。

1-5.外と中の温度差

温度差も注意が必要です。私たちは夏には冷房、冬には暖房を使います。こういった室内と屋外との温度差が激しいことも、乾燥肌になる原因のひとつです。頭皮に汗をかいた後に、急激に冷やされると、汗が蒸発し、頭皮が乾燥してしまいます。

2.頭皮が乾燥するとどうなる?

乾燥のため頭皮環境が悪化すると、具体的にはどんな症状が現れるのでしょうか。

2-1.痒みが出る

敏感肌の方はよく経験しますが、肌は乾燥するとカサカサになって、痒みが出ます。これは頭皮も同じです。「毎日シャンプーしているにも関わらず頭が痒い」という方は、頭皮の乾燥が原因の可能性があります。

2-2.フケが目立つ

頭皮が乾燥すると、フケが目立つようになります。フケとは頭皮表面の角質細胞が剥がれ落ちたものです。「脂性フケ」と「乾性フケ」の2種類がありますが、「乾性フケ」は乾燥が原因で起こります。「乾性フケ」を落とそうとシャンプーを念入りにする方がいますが、残念ながら「乾性フケ」の場合、いくらシャンプーしても落とすことはできません。それどころか、洗い過ぎがさらなる頭皮の乾燥を招くという、悪循環を生み出します。

2-3.頭皮にきびができる

頭皮が乾燥すると、雑菌に対する免疫力が落ち、ニキビができることもあります。顔にできるニキビと同じで原因はアクネ菌です。特に頭皮ニキビは痛みが強いことで知られています。頭皮の乾燥によってターンオーバーが正常にされなくなると、毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。問題はそれだけではありません。アクネ菌は皮脂を餌とするため、菌が繁殖してしまい、ニキビはさらに悪化します。

2-4.頭皮湿疹ができる

頭皮湿疹には「アトピー性皮膚炎」「接触性皮膚炎」「脂漏性皮膚炎」「乾皮症皮脂欠乏症湿疹」の4種類があります。このうち、乾燥が原因で起こるのが「乾皮症皮脂欠乏症湿疹」で、肌がカサカサになったり、ひび割れを起こしたりします。

2-5.アトピー性皮膚炎になる

頭皮湿疹のひとつ「アトピー性皮膚炎」も、バリア機能が低下している乾燥状態の肌に、アレルギー反応が加わると症状が現れることがあります。アトピーはさまざまな要因が重なって起こることが多いため、乾燥だけでなく、ストレスをためないことも大切です。

2-6.それぞれがきっかけで薄毛になる!

頭皮の乾燥が進むと、フケや頭皮ニキビといった異常が現れ、場合によっては頭皮湿疹やアトピー性皮膚炎などの症状にも悩まされることになります。そして、その頭皮トラブルは薄毛を引き起こす要因にもなり得ます。頭皮トラブルが頭皮環境を悪化させ、抜け毛を助長し、結果として薄毛を引き起こすのです。薄毛でお悩みの方は、頭皮トラブルの対策が必要不可欠です。
悪化した頭皮を健康な状態に戻すのには時間がかかります。症状が現れる前に乾燥の予防を心がけることが大切です。

3.頭皮の乾燥対策になる生活習慣とは?

近年、頭皮ケアへの関心は高まっており、美容師によるヘッドスパなどは男性にも人気です。では、自宅でできる頭皮の乾燥対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

3-1.アミノ酸系のシャンプーで1日1回だけ洗髪する

市販のシャンプーの多くは「石油系界面活性剤」配合のものですが、洗浄力が強すぎるのがデメリットです。頭皮の乾燥が気になる方は、地肌に優しい「アミノ酸系」の界面活性剤が使われているアミノ酸シャンプーを使うようにしましょう。
頭髪を清潔に保つことはとても大事なことですが、洗い過ぎは乾燥を招くため逆効果です。シャンプーの回数は1日1回にとどめ、地肌へのダメージを軽減するよう心がけましょう。

3-2.髪を乾かしてからやさしくブラッシングする

ブラッシングをする際は髪の毛を乾かした状態で行いましょう。シャンプー後などの濡れた髪の毛はキューティクルが開いた状態で刺激に弱いため、ブラッシングをすると髪の毛を傷めてしまいます。
また、タオルドライのみにして後は自然乾燥にした場合、長時間髪の毛が濡れた状態になり、雑菌が繁殖するリスクもあります。
シャンプー後はドライヤーで髪の毛をしっかり乾かしたうえで、絡んだ髪を少しずつほどきながら優しくブラッシングしましょう。

3-3.十分に寝て、成長ホルモンの分泌を促す

睡眠時間の確保は、健やかな髪の毛と頭皮のためにとても大切です。深夜の0時〜3時は深い眠りに入りやすく「成長ホルモン」の分泌が活発になるといわれています。遅くとも日付が変わる0時前には眠るよう心がけましょう。この時間帯を逃してしまうと、成長ホルモンの分泌量の減少を招きます。成長ホルモンの分泌は、頭皮環境の改善に肝心です。成長ホルモンがきちんと分泌されることで、古い皮膚から新しい皮膚へ入れ替わる「ターンオーバー」が正常に行われ、頭皮を潤いある状態に保つことができます。

3-4.帽子や日焼け止めで紫外線を防ぐ

つい忘れがちな頭のUVケアですが、薄毛になるリスクを避けるなら、帽子や日焼け止めで頭皮を紫外線から守りましょう。紫外線は一年中降り注いでいます。紫外線対策が必要なのは、日差しの強い夏だけではありません。季節問わず紫外線は降り注いでおり、紫外線にさらされると、肌の水分は蒸発するため乾燥しやすくなります。日差しが弱いからと安心せず、冬も紫外線対策をしましょう。
また、紫外線には体内に入り込み、活性酸素という老化物質を発生させる「光老化」作用もあります。紫外線にあたるとシワができやすいのはこのためです。
頭皮の紫外線ケアは乾燥予防だけでなく、老化予防にも効果があります。肌が健康であれば、紫外線の体内への侵入をブロックすることも可能です。しかし、紫外線にさらされ続けると、バリア機能が低下して侵入を許してしまいます。そうなる前に頭皮を紫外線から守りましょう。

3-5.エアコンの風が直接当たらないようにする

いつでも快適に過ごせるエアコンは有難いものですが、エアコンの風には直接当たらないよう気をつけましょう。室内と室外との温度差が激しいと頭皮の乾燥の原因になってしまいます。頭皮にとって快適な湿度は60%〜65%といわれ、この状態を保つことが大切です。加湿器を設置したり、植物を置いたりと工夫して乾燥を防ぎましょう。

4.保湿ケアでさらに抜け毛を防ぐ!

頭皮の乾燥を防ぐだけでなく、保湿ケアでより効果的な抜け毛対策を行いましょう。

4-1.頭皮用化粧水を使う

頭皮も肌の一部です。保湿するならやはりスキンケア化粧水が効果的です。頭皮専用ケア商品の化粧水が市販されているので、そちらを試してみるとよいでしょう。頭皮環境の改善が期待できる成分が配合されたものや、無添加のものもあります。ヘアオイルも保湿効果がありますが、べたつきが気になるなら化粧水がおすすめです。

4-2.ヘアローションを使う

ヘアケア用品のひとつ、ヘアローションも保湿効果が期待できます。シャンプーの後に頭皮に塗るだけなので、時間がない人にもおすすめです。化粧水同様、無添加の商品もあり、炎症を抑える薬用ローションもあります。自分の肌質や状態に合ったものを探してみましょう。

4-3.保湿成分入りの育毛剤を使う

髪の毛を育てるのが目的の育毛剤ですが、多くの製品には保湿成分が配合されています。抜け毛対策も検討しているなら、保湿成分入りの育毛剤がおすすめです。育毛効果と保湿効果のどちらも期待できます。ヘアケアにあまり時間をかけられない忙しい方にも便利です。

5.すでに薄毛でAGAかもしれないなら一般皮膚科へ

乾燥は頭皮の大敵です。乾燥を防ぐことは薄毛予防にもなります。
しかし、もしも薄毛がすでに進行している場合、乾燥対策とは別に薄毛対策が必要です。薄毛の原因として最も多いといわれるAGA(男性型脱毛症)は進行性のため、一度症状が現れたら、適切な治療を行わない限り薄毛はどんどん進行していきます。
気になったらまずは一般皮膚科に相談してみましょう。もっともAGAが原因の場合、一般皮膚科では治療内容が限られてしまい、場合によっては改善が見込めない可能性もあります。薄毛が進行しているようなら専門外来を受診した方がよいでしょう。

6.一般皮膚科よりも専門的なAGA治療を受けるならDクリニックの頭髪専門外来へ

一般皮膚科でもAGAの治療は受け付けていますが、治療目的はあくまで現状維持で、髪の毛の発毛までは対応していないところがほとんどです。専門的なAGA治療を期待するなら、Dクリニックの頭髪専門外来がおすすめです。220万人の治療実績(※1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数)をもとに、患者一人ひとりに合った治療法を提案してくれます。抜け毛を阻止し、育毛効果を期待するなら、あらゆる治療方法に対応可能なDクリニックの頭髪専門外来に相談しましょう。

▶乾燥からくる薄毛にも対応する頭髪治療専門クリニック

頭皮の乾燥は薄毛の原因となります。食生活や睡眠、ストレスなどを改善し、シャンプーも頭皮に優しいものに変えるなど、保湿ケアを心がけることが薄毛予防にはとても大切です。
しかし、もしも薄毛の原因がAGAなら、頭皮環境の改善だけでは薄毛の進行を止めることはできません。
豊富な治療実績を持つ頭髪治療専門クリニックなら、より効果的な薄毛治療をはじめられます。その効果は一般皮膚科では実感できません。専門の医師が多角的な見地から薄毛の原因にアプローチし、乾燥からくる薄毛はもちろんのこと、AGA治療薬の処方から生活習慣の指導まで幅広く対処し、丁寧なアドバイスも受けられます。わからないことや困ったことが起きても、わかりやすく説明してくれるため、安心して薄毛治療に取り組めます。

Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)
Dクリニック東京 ウィメンズ」は、東京駅から徒歩3分と通いやすいことから、神奈川、千葉、埼玉など東京以外の関東圏からの来院者も多いのが特徴です。女性専門外来のため、男性の目を気にすることなく安心して治療が受けられます。
土曜も診察可能です。

Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)
「Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)」は、大阪駅から徒歩5分の位置にある女性専門の頭髪治療クリニックです。こちらも男性の目を気にすることなく利用ができ、一人ひとりに合った治療で改善を目指せます。土日も診察を行っているので、平日に通えない方にもおすすめです。

Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)
「Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)」は栄駅から徒歩5分、土日も診察可能な男性・女性の薄毛治療を行う専門病院です。女性でも通いやすいように男女別の待合室になっており、ドリンクやおしぼりのサービス、書籍・雑誌も用意されています。また、Kidsコーナーもあるので、お子様連れでも安心して治療を受けられます。

Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)
「Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)」は、地下鉄天神駅から直結のダイヤモンドビル内にあります。男性・女性両方の薄毛治療を行う頭髪治療専門病院ですが、こちらも男女別の待合室になっています。土日も診察可能ですので、忙しい女性でも通いやすいです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事

  • 【もしかしてハゲの前兆?】前髪スカスカの原因と3つの対策方法

  • 頭皮が赤いのと薄毛は関係ある?その気になる原因と対策について

  • つむじ付近の毛髪が薄い原因は?部分的な薄毛に有効な頭皮マッサージと改善方法

  • 【超簡単】明日から使える!薄毛対策とは思えないかっこいい髪型7選

  • 頭皮が赤い・痒い原因はストレス?抜け毛が増えるトラブルの改善方法

  • 前頭部の薄毛に効果的!血行促進のためのおすすめ頭皮マッサージ方法