1. ヘアメディカルTOP
  2. AGA・薄毛治療の総合情報局
  3. 【AGAの原因】DHTの抑制に効果的な食物・生活習慣・育毛剤・薬

【AGAの原因】DHTの抑制に効果的な食物・生活習慣・育毛剤・薬

薄毛対策 この記事は約 8 分で読めます。 699 Views

「DHT(ジヒドロテストステロン)」という言葉を聞いたことはありませんか。薄毛の悩みを持つ方にとっては、おなじみかもしれません。
DHTは「AGA」ともいわれる「男性型脱毛症」の主要な原因とみなされている物質です。薄毛を気にする方にとっては恐ろしいこの物質の影響を受けないようにする方法はあるのでしょうか。
この記事では、DHTの抑制に効果を示す可能性がある食べ物や生活習慣、さらには育毛サプリや育毛剤、治療薬についてご紹介します。

1.DHT(ジヒドロテストステロン)とは

DHT(ジヒドロテストステロン)はなぜ体内に存在し、またどのような働きをしているのでしょうか。DHTの本来の役割とAGAの原因となるメカニズムについて見ていきます。

1-1.強力な男性ホルモンのひとつ

DHTは体内の男性ホルモン「テストステロン」が、還元酵素「5αリダクターゼ」によって変換されることで産生される男性ホルモンの一種です。還元酵素「5αリダクターゼ」にはⅠ型とⅡ型があり、とくにⅡ型のほうがDHTの産生に関わっている可能性が高いとされています。
DHTは一般的な男性ホルモンであるテストステロンよりも、さらに強力な活性力を持っています。

1-2.DHTの主な働き

実はこのDHT、男性の成長において非常に大切な役割を果たしています。胎児は胎内で性別が分化し、男の子あるいは女の子としての身体をもって生まれてきます。このとき母親の胎内で、男性器を発達させる役割を担っているのがDHTです。また、思春期にはさらなる性器の発達や男性らしい身体の形成などを手助けします。

1-3.DHTはAGA(男性型脱毛症)の原因になる

男性の身体の成長において非常に重要な役割を果たすDHTですが、髪の毛にとっては後々非常に厄介な存在になります。産生されたDHTは毛根の受容体と結びつくことで、DHT誘導型のサイトカインの一種である「ジヒドロテストステロン誘導型インターロイキン」を分泌させます。このDHT誘導型インターロイキンは毛根部に影響を及ぼし毛乳頭細胞の縮小を招き、さらには毛母細胞の分裂が抑制されます。すると正常なヘアサイクルが短くなってしまい、薄毛が進行してしまうのです。

2.DHTの抑制に役立つ食物・栄養成分

AGAの根本的な原因となるDHTの産生を抑制するには、バランスの良い食生活を送ることも大切です。抑制する可能性のある栄養素の入った食品を、積極的に摂取することをおすすめします。

2-1.牡蠣・レバー(亜鉛)

必須ミネラルのひとつである「亜鉛」は、DHTの産生に関わる還元酵素「5αリダクターゼ」の働きを阻害するといわれています。亜鉛を積極的に摂ることで、DHTの増加を防げる可能性があります。
亜鉛は特に多いとされる牡蠣やレバーの他、牛肉やしじみ、卵などにも含まれます。

2-2.納豆・豆腐(大豆イソフラボン)

「大豆イソフラボン」も、還元酵素「5αリダクターゼ」を阻害する可能性のある栄養素です。
多く含む食品としては、納豆・豆腐・豆乳などの大豆製品が挙げられます。

2-3.カツオ・ピーナッツ(ビタミンB6)

ビタミンB6は亜鉛の吸収を手助けする働きがあります。亜鉛を含む食品と同時に摂ることで、より高い効果を発揮する場合があります。
ビタミンB6を多く含む食品には、ビーナッツ・カツオ・牛肉・豚肉・鶏レバーがあります。

3.DHTの抑制には生活習慣の見直しも重要

DHTを抑制する環境を整えるために、自身の生活習慣を見直してみましょう。

3-1.適度な運動をする

適度な運動は良質な睡眠をもたらし、良く眠ることは成長ホルモンの分泌を促すため、育毛環境の改善につながります。また、運動することで血流も良くなり、頭皮に栄養がスムーズに運ばれるようになるため、髪の成長が促進されます。普段運動をしない方は、意識して身体を動かす習慣を身につけましょう。ちなみに汗でDHTが排出されるという説がありますが、これに関しては根拠がありません。

3-2.ストレスを解消する

ストレスを感じると活性酸素が増え、その分解に亜鉛が使われます。亜鉛がストレスで消費されてしまうと、DHTが産生されやすくなってしまいます。DHTの量を増やさないためにも適度にストレスを解消しましょう。

3-3.タバコ・アルコールは控える

喫煙で生成される活性酸素の分解やアルコールの分解にも亜鉛が使われます。
むやみな亜鉛消費を防ぐためにも、喫煙や過度の飲酒は控えましょう。

4.育毛剤やサプリメントでDHTを抑制する

DHTの産生を抑制する可能性のある育毛成分を含む、育毛剤やサプリメントも市販されています。

4-1.ノコギリヤシ

アメリカ南西部原産の植物「ノコギリヤシ」の成分は、還元酵素「5αリダクターゼ」Ⅱ型の抑制効果を持つ可能性があるとされています。国内ではサプリメントとして販売されています。
現在はまだ科学的根拠が立証されていないため、医薬品としての取り扱いはされていません。

4-2.オウゴンエキス

「オウゴンエキス」とは、黄金色をしたコガネバナの根からとれる植物エキスのことです。このオウゴンエキスも還元酵素「5αリダクターゼ」を抑制する可能性があるといわれています。
市販の育毛剤に含まれていることが多い成分です。

4-3.ヒオウギエキス

アヤメ科の植物であるヒオウギの根からとれる植物エキス「ヒオウギエキス」は、DHTを抑制するとされるイソフラボンの誘導体を多く含むとされています。
ヒオウギエキスもオウゴンエキスと同様、育毛剤に使われることの多い成分です。

5.DHTを抑制する薬

DHTを抑制するとして国の認可を受けている医薬品をご紹介します。

5-1.有効成分フィナステリド配合「プロペシア」

国内で最初にAGA治療薬として認可をうけた「プロペシア」は、有効成分「フィナステリド」を含む内服薬です。
フィナステリドは、還元酵素「5αリダクターゼ」のⅡ型を阻害し、DHTの産生を抑制することでAGAの進行を阻止する可能性のある有効成分です。

5-2.有効成分デュタステリド配合「ザガーロ」

「ザガーロ」は有効成分デュタステリドを含むAGA治療内服薬です。
デュタステリドはフィナステリドと同じく、還元酵素「5αリダクターゼ」を阻害できる可能性があります。ただ、フィナステリドと違いデュタステリドは、還元酵素「5αリダクターゼ」のⅠ型・Ⅱ型両方に作用するといわれています。

6.AGAの改善は医薬品の使用がおすすめ

AGAに関しては、DHTという原因に対しての対処法がきちんと存在します。
早期にAGAの症状を改善したいなら、DHT抑制効果の認められた医薬品を使用することをおすすめします。

7.Dクリニックの頭髪専門外来ではもっとも効果的な治療薬を処方します!

ハゲの原因は一人ひとり異なるため、自己判断で薄毛対策をとるのは非常に難しいです。頭皮の状態や生活習慣、体質などから総合的に判断して、治療を開始することが重要になります。
Dクリニックの頭髪専門外来なら220万人の豊富な治療実績(※1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数)をもとに、その方の症状や体質にもっとも効果的な治療薬を処方します。
専門スタッフによる初回無料のカウンセリングも行っているので、まずは相談してみることをおすすめします。

▶DHTを抑制するなら複合的な治療を行う頭髪治療専門クリニックへ

薄毛が気になってきても、医療機関を受診するのは抵抗がある方も多いと思います。つい、育毛効果をうたうシャンプーやサプリメントに頼りたくなるかもしれません。
しかし、AGAの主な原因であるDHTの抑制効果が認められているのは、医薬品である「プロペシア」と「ザガーロ」のみです。これらは医療機関で処方してもらうのが安心ですし、症状によっては発毛剤「ミノキシジル」の併用も相談できます。また、生活面や頭皮自体の環境改善のアドバイスも受けられます。
効果的な薄毛対策を行いたいなら、複合的な治療が可能な頭髪治療専門クリニックを受診しましょう。

Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)
「Dクリニック東京 ウィメンズ」は、東京駅から徒歩3分と通いやすいことから、神奈川、千葉、埼玉など東京以外の関東圏からの来院者も多いのが特徴です。女性専門外来のため、男性の目を気にすることなく安心して治療が受けられます。
土曜も診察可能です。

Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)
「Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)」は、大阪駅から徒歩5分の位置にある女性専門の頭髪治療クリニックです。こちらも男性の目を気にすることなく利用ができ、一人ひとりに合った治療で改善を目指せます。土日も診察を行っているので、平日に通えない方にもおすすめです。

Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)
「Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)」は栄駅から徒歩5分、土日も診察可能な男性・女性の薄毛治療を行う専門病院です。女性でも通いやすいように男女別の待合室になっており、ドリンクやおしぼりのサービス、書籍・雑誌も用意されています。また、Kidsコーナーもあるので、お子様連れでも安心して治療を受けられます。

Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)
「Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)」は、地下鉄天神駅から直結のダイヤモンドビル内にあります。男性・女性両方の薄毛治療を行う頭髪治療専門病院ですが、こちらも男女別の待合室になっています。土日も診察可能ですので、忙しい女性でも通いやすいです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事

  • 【超簡単】明日から使える!薄毛対策とは思えないかっこいい髪型7選

  • 皮膚科?専門クリニック?薄毛治療を行う病院選びのポイントを解説

  • ヘアリキッドとは別物!薄毛におすすめ「ヘアトニック」の効果とは?

  • ストップ抜け毛!こっそり薄毛の進行を食い止める【セルフ対策法】

  • 朝シャンはハゲるって本当?その効果とメリット・デメリットについて

  • AGA治療薬の種類・特徴と「安全」に使用する方法-正しい薄毛対策