1. ヘアメディカルTOP
  2. AGA・薄毛治療の総合情報局
  3. テストステロン減少で薄毛加速?筋トレはハゲる原因?予防方法はコレ

テストステロン減少で薄毛加速?筋トレはハゲる原因?予防方法はコレ

薄毛対策 この記事は約 8 分で読めます。 852 Views

薄毛についてネットで調べたことがある方なら「男性ホルモンのテストステロンがハゲに関係している」「筋トレをし過ぎるとハゲる」などの噂を目にしたことがあるのではないでしょうか。もしも本当に薄毛と関係があるなら、対策できるのか気になるところです。

この記事では男性ホルモンと薄毛の関わりや、薄毛を招く習慣とその対策について徹底解説していきます。

1.テストステロンって何?

「テストステロン」という言葉は聞いたことがあっても、具体的な役割や薄毛との関係についてはよく知らない方も多いのではないでしょうか。まずは男性ホルモン「テストステロン」について学んでいきましょう。

1-1.男らしさを作る男性ホルモン

テストステロンは睾丸や副腎で作られる男性ホルモンの一種です。筋肉や骨格の発達を促すなど、男性らしい身体の形成に関わります。髭や体毛、髪の毛を太く濃くする作用もあります。

1-2.テストステロン自体はハゲの原因にならない

男性的な身体を作る役割をもつテストステロンですが、これ自体には薄毛を引き起こす作用はありません。
しかし、テストステロンは還元酵素「5αリダクターゼ」という物質と結びつくと、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンに変換されます。実はこのDHTが男性型脱毛症(AGA)の原因と関係しているのです。

2.ハゲの原因につながるのはDHT


男性ホルモンDHTと、これに起因して起こる薄毛のメカニズムについて見ていきます。

2-1.DHT(ジヒドロテストステロン)とは

AGAの原因に関わるDHTですが、実は非常に重要な役割も持ちます。それは、胎児期には男性器の発達を促し、思春期には男性器や身体のさらなる成長を促進させることです。DHTは男性機能の成熟のために欠かせないホルモンだといえます。

2-2.薄毛が起こるメカニズム

男性の身体形成に重要な役割を果たすDHTですが、髪にとっては後々、非常に厄介な存在となります。
血液中のテストステロンが還元酵素「5αリダクターゼ」と結びつくことによって、DHTが産生されるのは先ほど解説したとおりです。
さらにDHTが男性ホルモン受容体と結びつくと「TGF-β1(トランスフォーミング増殖因子β1)」という物質が産生されます。この「TGF-β1」に細胞分裂を抑制する働きがあり、これが毛根にある毛乳頭に作用すると、髪の毛の成長につながる毛母細胞の分裂・増殖を抑制してしまいます。結果としてヘアサイクルの乱れを引き起こし、薄毛を招くことになるのです。

このような特徴から、DHTは別名「脱毛ホルモン」とも呼ばれています。

3.加齢によって薄毛になる可能性が高くなる

薄毛というとやはり年齢を重ねた人に多い印象ですが、その通り、加齢と薄毛の関係性は密接です。
ここでは加齢によって起こる可能性のある、髪の毛への影響について解説します。

3-1.細胞機能の低下

加齢によって身体の細胞機能は徐々に低下していきます。細胞機能が低下すれば、細胞分裂のスピードも遅くなります。年齢とともに皮膚のハリや弾力がなくなって、みずみずしさが失われていくのもこれが原因です。
当然、髪の毛の土壌である頭皮でも同じように老化は起こります。細胞分裂が頻繁にされなくなることで、髪の毛も若い時ほどには生えてこなくなってしまうのです。

3-2.テストステロン量の低下

加齢によって男性ホルモン「テストステロン」の量も低下していきます。テストステロンの分泌量のピークは20代から30代前半頃まで、その後は低下の一途をたどります。
体内でテストステロンが減少すると、何が起こるのでしょうか。実は不足したテストステロンを補うために、DHTの産生量が増えるようになります。DHTの量が増えれば当然、薄毛の危険性も高まります。

4.筋トレはハゲの原因になる?

冒頭の「筋トレをし過ぎるとハゲるのか」という疑問ですが、まずは筋トレをすることによって体内で何が起こるのかを見ていきましょう。
筋トレや運動によって体内で増加するのは「テストステロン」です。このテストステロンは脱毛とは直接的な関係はないため、筋トレがハゲの原因となることはありません。また、テストステロンの量を増やすことは、DHTの産生を抑えることにもつながります。さらに、筋トレは血行の促進やストレスの解消にもなるので、安心して筋肉をつけてください。

ちなみに、汗をたくさんかくことでDHTを排出できるという説を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、実際はそのような効果はありません。

5.自分で薄毛を予防する方法

AGAが原因の薄毛に限定せず、自己予防として有効といわれる薄毛対策についてご紹介します。

5-1.ストレスを解消する

ストレスは身体の血管を収縮させ、血の巡りを滞らせます。すると頭皮の血行も悪化するため、育毛環境には良くありません。また、ストレスは体内に老化の原因となる活性酸素も増やしてしまいます。
健全な頭皮環境を保つためにも、ストレス解消を心掛けましょう。

5-2.食生活の見直し

薄毛予防のためには、食生活を見直すことも重要です。
頭皮環境を乱す脂質・糖質の摂りすぎは避け、バランスの良い食事を心掛けましょう。また、髪の毛の生成に欠かせないたん白質・ミネラル・ビタミンを積極的に摂ることをおすすめします。特に必須ミネラルのひとつである「亜鉛」は、髪の材料となるたん白質の合成を手助けする重要な栄養素です。亜鉛は牡蠣や煮干し、シジミなどに多く含まれています。

5-3.生活習慣の改善も必要

睡眠不足や運動不足などの生活習慣も髪に影響を及ぼします。
ストレス解消や血行改善のためにも、質の良い睡眠は必要不可欠です。頭皮の血行が良くなることで髪の毛へ栄養素がスムーズに運ばれるようになり、育毛効果につながる可能性があります。
なるべく決まった時間に布団に入り、寝る直前のスマホやゲームは避けましょう。
また、適度な運動は血行を促進し、ストレスの解消にもなります。身体に負荷のかかりすぎない程度の運動がおすすめです。

6.AGAが進行しているなら薄毛治療薬が効果的

AGAが原因の薄毛であれば、自己対策だけでは手遅れになる可能性があります。国内で認可されているAGA治療薬の使用がおすすめです。

6-1.プロペシア

プロペシアは有効成分「フィナステリド」を含むAGA治療のための内服薬です。
フィナステリドには、DHTの産生に関わる還元酵素「5αリダクターゼ」のⅡ型の働きを阻害できる可能性があり、それがAGA進行の抑制につながります。

6-2.ザガーロ

ザガーロの有効成分である「デュタステリド」も「フィナステリド」同様に、還元酵素「5αリダクターゼ」を抑制できる可能性があります。また、デュタステリドはⅡ型だけでなく、フィナステリドが阻害しない還元酵素「5αリダクターゼ」のⅠ型にも作用する可能性がある有効成分です。
そのため、プロペシアでは改善できなかった薄毛に対しても改善を見込める場合がある治療薬といえます。

7.Dクリニックの頭髪専門外来では薄毛の原因に合った薄毛治療薬を処方します!

薄毛の効果的な治療のためには、原因に合った適切な治療薬を使用することが重要です。
Dクリニックの頭髪専門外来ならAGA治療はもちろん、一人ひとりの原因に適した薬や治療方法の提案が可能です。自分ひとりで悩む前に、まずは一度来院してみてはいかがでしょうか。
専門外来は男女別の待合室を完備しているなど、リラックスして治療に専念できる環境が整っています。

▶ハゲ対策は専門知識のある頭髪治療専門クリニックへ

薄毛や抜け毛が気になりはじめると、市販の育毛サプリや育毛剤などに頼りたくなるかもしれません。しかし、そうした商品の中には医学的なエビデンスのないものや、原因によっては逆に症状を悪化させてしまうものもあります。また、AGAのような進行性の薄毛が原因の場合は、適切な治療薬を使用しない限り改善は望めません。
薄毛の悩みを早期に解決したいなら、自己判断での治療よりも専門知識が豊富な医師のいる頭髪治療専門クリニックを受診することをおすすめします。専門クリニックなら、医薬品の処方はもちろん、万が一副作用があった場合も素早く対応できます。また、その人の体質や生活環境に合わせた多角的な治療による薄毛対策が可能です。

Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)
「Dクリニック東京 ウィメンズ」は、東京駅から徒歩3分と通いやすいことから、神奈川、千葉、埼玉など東京以外の関東圏からの来院者も多いのが特徴です。女性専門外来のため、男性の目を気にすることなく安心して治療が受けられます。
土曜も診察可能です。

Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)
「Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)」は、大阪駅から徒歩5分の位置にある女性専門の頭髪治療クリニックです。こちらも男性の目を気にすることなく利用ができ、一人ひとりに合った治療で改善を目指せます。土日も診察を行っているので、平日に通えない方にもおすすめです。

Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)
「Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)」は栄駅から徒歩5分、土日も診察可能な男性・女性の薄毛治療を行う専門病院です。女性でも通いやすいように男女別の待合室になっており、ドリンクやおしぼりのサービス、書籍・雑誌も用意されています。また、Kidsコーナーもあるので、お子様連れでも安心して治療を受けられます。

Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)
「Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)」は、地下鉄天神駅から直結のダイヤモンドビル内にあります。男性・女性両方の薄毛治療を行う頭髪治療専門病院ですが、こちらも男女別の待合室になっています。土日も診察可能ですので、忙しい女性でも通いやすいです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事

  • ノコギリヤシ×亜鉛に育毛効果はある?適切な摂取量や副作用を紹介!

  • 頭皮が硬いと本当にハゲになる?気になる原因と改善方法について解説

  • 【自毛植毛】どんな方法がある?手術の失敗例とクリニックの選び方

  • 【生え際がM字型に後退】男性に多い理由は?薄毛におすすめの育毛剤

  • 【どんな効果?】薄毛対策に使用される増毛スプレーの特徴と注意点

  • 髪の主成分【ケラチン】の役割とは?食べ物やサプリについても解説