1. ヘアメディカルTOP
  2. AGA・薄毛治療の総合情報局
  3. 育毛剤・シャンプーの成分ピディオキシジルとは?効果・副作用も説明

育毛剤・シャンプーの成分ピディオキシジルとは?効果・副作用も説明

薄毛対策 この記事は約 8 分で読めます。 674 Views

薄毛に悩んでいる場合、ネットなどでさまざまな情報を探している方は多いと思います。
そうした日々更新される育毛情報の中でも最近話題になっているのが、新育毛成分と噂の「ピディオキシジル」です。
しかし、ミノキシジルやプロペシアなどと比べ、まだ知名度はありません。当然、効果や副作用の可能性について、よく知られていない部分が多いでしょう。
この記事では新成分「ピディオキシジル」の特徴について詳しく解説していきます。

1.ピディオキシジルとは?

まずは基本的な「ピディオキシジル」のデータについて見ていきます。

1-1.ピディオキシジルは化粧品成分

ピディオキシジルとは、近年育毛剤やシャンプーに配合されている「化粧品成分」です。
AGA治療に効果があるとして、医薬品成分に指定されている発毛成分「ミノキシジル」と分子構造が非常に近いため、同じような発毛効果が期待できるのではないかとされています。
ところが、現段階ではピディオキシジルはあくまでも「化粧品成分」です。そのため、医薬品や医薬部外品ほど効果を期待できないと言わざるを得ません。

1-2.ピディオキシジルの配合された商品

現在販売されているピディオキシジル配合の商品は、シャンプーと「フィンジア」「BOSTONスカルプエッセンス」といった育毛剤です。
その効果については個人差があるとしかいえませんが、ネット上でいくつか口コミを見ることはできます。

他にも化粧品成分として、まつげ美容液にも使用されています。

1-3.ちなみに国際的表示名称は?

「ピディオキシジル」というのはあくまで日本での商品名です。
インドでは「Kopyrrol」、ヨーロッパ地域では「Triaminodil」といった名前で呼ばれています。
ちなみに成分としての正式な国際的表示名称は「pyrrolidinyl diaminopyrimidine oxide」といいます。

2.ピディオキシジルは育毛に効果あり?

ミノキシジルに近い成分とはいえ、あくまでも「化粧品成分」に分類されるピディオキシジルには、本当のところ、どの程度の育毛効果が期待できるのでしょうか。

2-1.可能性のある効果

髪の毛は発毛してから、成長期・退行期・休止期を経て抜け毛となり、生え変わるというサイクルを繰り返しています。薄毛の要因のひとつとして、成長期が短くなってしまう「ヘアサイクル」の乱れがあります。髪の毛が成長しきらないまま、すぐ抜けてしまうので頭髪が薄くなってしまうのです。
ピディオキシジルには、こうしたヘアサイクルの異常を整える作用がある可能性が考えられています。海外メーカーによれば、休止期のマウスの体毛がピディオキシジルの投与によって成長期に移行したという実験結果があるからです。
このような作用が即人間にも当てはまるとはいえませんが、今後の研究次第ではピディオキシジルにも育毛成分としての効果を期待できるようになるかもしれません。

2-2.ミノキシジルとの比較

ピディオキシジルを使用した商品が化粧品のくくりである一方、「ミノキシジル」は国の認可を受けた「医薬品」です。
医薬品とは、特定の症状に対して一定の効果があるとして認められたものです。ミノキシジルも「毛母細胞に直接作用する発毛効果」と「血管拡張作用による発毛促進」が認められています。国内で発売されているミノキシジル配合薬としては、「リアップ」や「スカルプD」が有名です。
ミノキシジルは高い効果が期待できる分、人によっては頭皮の痒みやほてりなどの副作用を感じる場合もあります。

対して「ピディオキシジル」は、別名「ミノキシジル誘導体」と呼ばれています。これはミノキシジルと非常に似た分子構造をしているためですが、本来のミノキシジルが持つ「血管拡張作用」は認められていません。従って、それに伴う発毛効果が期待できません。
ただし、ピディオキシジルには、浸透性に優れ、有効成分を細胞の奥まで届けやすいという特長があります。またミノキシジルと比べ作用が穏やかな分、副作用も起きにくいといわれています。

3.副作用は本当にないの?

医薬品ではないピディオキシジルは、一般的に副作用の危険性はほとんどないと考えられます。しかし、本当に安心して使い続けられる成分なのでしょうか。また使用方法の違いによる安全性も気になるところです。

3-1.副作用については未知数

副作用が起きにくいとされているピディオキシジルですが、実際はそう言い切れるほど現段階ではデータが十分ではありません。従来の育毛成分と比べ、まだ研究の進んでいない新しい成分のため、効果だけでなく副作用についても確実なことは断言できないというのが現状です。
使い方やその人の体質によっては、思いもよらぬ副作用が起きてしまう可能性も否定できません。安全性については過信し過ぎず、使用中に気になる症状があれば速やかに医療機関に相談しましょう。

3-2.育毛剤やシャンプーは安全?

前述したとおり、現在国内で販売されているピディオキシジル配合の育毛剤は「フィンジア」と「BOSTONスカルプエッセンス」の2種類です。これらの育毛剤には、育毛効果が期待されている「キャピキシル」という成分も配合されており、キャピキシル配合育毛剤としても知られています。どちらの配合成分も医薬品ではないため、副作用は起こりにくいと考えられます。とはいえ、頭皮に直接作用するものなので注意は必要です。
シャンプーに関しても注意は必要ですが、育毛剤と比べ接触時間が少ないので、より副作用の危険性は少ないでしょう。
とはいえ、どのような成分でも絶対に副作用が起きないと断言はできません。医学的根拠もない成分のため、使用はおすすめできません。

4.AGA治療なら医薬品の使用がおすすめ

薄毛の原因は一人ひとり異なります。そのため原因によっては今までの対策が間違っているという可能性もあります。特にAGA(男性型脱毛症)が原因の薄毛対策には、専門の治療薬が最も有効です。

4-1.内服するAGA治療薬について

AGAの主な原因は、男性ホルモン「テストステロン」が還元酵素「5αリダクターゼ」と結合することで「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換されることが影響しています。

DHT産生の要因となる還元酵素「5αリダクターゼ」を阻害する働きを持つのが「プロペシア」をはじめとした、有効成分フィナステリドを含むAGA治療薬です。
このフィナステリド系の内服薬には海外製のものまで含めさまざま存在していますが、日本国内でAGA治療薬として認可されているのは「プロペシア」と、そのジェネリックである「フィナステリド錠」のみです。

4-2.薄毛治療薬は専門クリニックでの処方が安心

AGA治療薬は医療機関で処方を受けることが可能です。

薬を取り扱うサイトや個人輸入などでは、海外製の安いフィナステリド系の内服薬を手に入れることもできます。しかし、そうした薬は偽物の可能性や耐容上限量を超えて有効成分が配合されている場合もあり、思わぬ健康被害を受ける危険性があります。
安心して治療薬を使用するためにも、きちんと専門クリニックで処方を受けることをおすすめします。

5.治療薬を使った薄毛対策をはじめるなら、Dクリニックの頭髪専門外来へ

専門の治療薬での薄毛対策を考えているなら、Dクリニックの頭髪専門外来での相談がおすすめです。
220万人を超える豊富な治療実績(※1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数)をもとに、一人ひとりの原因に合わせた適切な対策と治療薬の処方が可能です。もちろんAGA対策も積極的に行えます。
AGAに有効なミノキシジル成分を配合した発毛剤や、プロペシアをはじめとした内服薬のの処方など、希望に合わせた治療法を提案いたします。治療薬に関する不安がある場合も、まずは専門スタッフによる初回無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

▶薄毛の悩みを早期に解決したいなら、頭髪治療専門クリニックで相談を

一人ひとり異なる薄毛の原因を、個人で特定することは非常に困難です。まして、その薄毛への適切な治療を自己対策のみで行うことはほとんど不可能といってよいでしょう。
医学的根拠のないピディオキシジル配合の「キャピキシル育毛剤」や「BOSTONスカルプエッセンス」の使用もおすすめはできません。

薄毛の悩みを早期に解決したいなら、その原因に合わせた治療をはじめるのが最も大切です。とくにAGAのような進行性の脱毛症には専門の治療薬が非常に有効です。
そうした薬を安全に利用するには、専門の医師との相談が欠かせません。頭髪治療専門クリニックなら、自分の体質や原因に最も適した対策を提案してくれます。
一人で悩まずに、まずは専門の医師に相談してみることをおすすめします。

Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)
「Dクリニック東京 ウィメンズ」は、東京駅から徒歩3分と通いやすいことから、神奈川、千葉、埼玉など東京以外の関東圏からの来院者も多いのが特徴です。女性専門外来のため、男性の目を気にすることなく安心して治療が受けられます。
土曜も診察可能です。

Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)
「Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)」は、大阪駅から徒歩5分の位置にある女性専門の頭髪治療クリニックです。こちらも男性の目を気にすることなく利用ができ、一人ひとりに合った治療で改善を目指せます。土日も診察を行っているので、平日に通えない方にもおすすめです。

Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)
「Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)」は栄駅から徒歩5分、土日も診察可能な男性・女性の薄毛治療を行う専門病院です。女性でも通いやすいように男女別の待合室になっており、ドリンクやおしぼりのサービス、書籍・雑誌も用意されています。また、Kidsコーナーもあるので、お子様連れでも安心して治療を受けられます。

Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)
「Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)」は、地下鉄天神駅から直結のダイヤモンドビル内にあります。男性・女性両方の薄毛治療を行う頭髪治療専門病院ですが、こちらも男女別の待合室になっています。土日も診察可能ですので、忙しい女性でも通いやすいです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事

  • 【30代〜40代薄毛対策】抜け毛の原因と効果的な予防・育毛方法

  • 頭皮が赤いのと薄毛は関係ある?その気になる原因と対策について

  • AGA治療薬の種類・特徴と「安全」に使用する方法-正しい薄毛対策

  • 【育毛サプリメント】効果的な抜け毛・薄毛対策!おすすめ成分5選

  • 薄毛のせいでおでこが広い?狭くする方法とM字型ハゲを隠せる髪型

  • 【産毛は育つ】細く短い生え際の髪が抜ける理由と太く成長させる方法