1. ヘアメディカルTOP
  2. AGA・薄毛治療の総合情報局
  3. 薄い髪の分け目が気になる男性必見!隠せるおすすめの髪型と対策5選

薄い髪の分け目が気になる男性必見!隠せるおすすめの髪型と対策5選

薄毛対策 この記事は約 8 分で読めます。 547 Views

「最近分け目が広がってきた気がする…」と鏡を見るたびに悩んではいませんか?
それがハゲのはじまりなのか、また、ヘアケアで改善できるのかを判断することは容易ではありません。しかし、これ以上分け目の薄毛を進行させないために対策をとることは可能です。
この記事では、分け目の薄毛に対する5つの対策方法と、目立たなくさせるおすすめの髪型をご紹介します。薄い分け目に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.20代も注意!なぜ分け目は薄くなる?

薄毛というと中年以降というイメージが強いですが、分け目に関しては20代の若い方でも安心はできません。まずはその理由について見ていきましょう。

1-1.生活習慣の影響

睡眠不足や暴飲暴食が常習化している方は要注意です。生活習慣の乱れは、頭皮環境に影響を及ぼします。
偏った食事は髪の毛の栄養不足の原因となる可能性があります。さらに、油分や糖分の多い食事は皮脂の過剰分泌を促し、頭皮が脂っぽくなります。また、十分な睡眠がとれていない、喫煙の量やストレスが多い生活は血流を悪化させるため、やはり頭皮環境には良くありません。

1-2.分け目に負担がかかっている

長年分け目を変えていない場合、その部分に負担がかかっているかもしれません。
女性ハゲにも見られる症状ですが、ポニーテールのような髪型を続けていると、引っ張られている部分に負担がかかり、髪が薄くなる「牽引性脱毛症」を引き起こす場合があります。同じように、分け目を固定していると引っ張られているのと同様の負担となり、分け目が広がるように薄くなってしまう可能性があるのです。

1-3.頭皮への負担

分け目は髪の毛で覆われている他の部位よりも無防備です。そのため、紫外線やパーマ剤・ヘアケア剤などの刺激をダイレクトに受けてしまいます。
紫外線を浴びる機会が多かったり、パーマやカラーリングを頻繁に行ったり、あるいは体質に合わないヘアケア剤を使用したりすると、それが頭皮の負担となり、分け目が薄くなる原因になりえます。

1-4.前髪も薄いならAGAの可能性も

分け目の薄さ以外の症状も気になる場合は、ほかの原因が潜んでいる可能性もあります。
前髪の薄さやつむじハゲも気になる場合は「AGA(男性型脱毛症)」の可能性が考えられます。
AGAは進行性のため、医療機関でそれぞれの症状に合った適切な治療を受けるのがおすすめです。

2.気になる分け目を隠す!おすすめの男性ヘアスタイル

仮に薄毛対策を今からはじめても、効果が現れるまでにはそれなりの時間が必要です。それまでの間、薄い部分を気にして生活するのはストレスになります。
分け目の薄さを気にしないで過ごすためにも、薄毛をオシャレに隠すことのできるおすすめのヘアスタイルをいくつかご紹介します。

2-1.薄毛を目立たせない髪型のポイント

薄毛を目立たせない髪型にするために、押さえておきたいポイントがあります。髪型を決める時には、以下の2点に注意しましょう。

2-1-1.無理に隠さない

髪が薄いという自覚があると、つい残った部分を伸ばして薄い部分を隠したくなります。しかし、それは逆効果です。薄い部分を気にしているという不自然さが際立ってしまうからです。
薄毛を目立たせたくないなら、思い切って短髪にするのがおすすめです。全体を短くしてしまった方が薄い部分が目立たず、自然でスタイリッシュな髪型になります。

2-1-2.分け目をしっかりつけない

分け目の薄毛が気になる場合は特に、きっちりとした分け目をつけない方が良いでしょう。
髪の毛のトップを立たせたり、全体をふんわりと仕上げたりすることで地肌が目立ちにくくなり、薄毛に意識のいかない自然な髪型になります。

2-2.おすすめの髪型

薄毛でもオシャレにキマるおすすめのヘアスタイルをご紹介します。自分にどのタイプが似合うのかわからない、という場合はヘアサロンで相談しましょう。きっとぴったりの髪型を提案してくれるはずです。

【ソフトモヒカン】
トップは少し長めに残し、サイドとバックは短めに刈るタイプのヘアスタイルです。
頭頂部の毛を立たせることで分け目が目立ちにくくなり、ワックスを使えば、毛流れを自分好みにアレンジすることも可能です。

【ベリーショート】
全体を短めに刈り込むタイプのヘアスタイルです。この髪型もソフトモヒカン同様、トップを少し長めにカットすることで、頭頂部や分け目を目立たなくできます。
好感度の高い髪型なので、ビジネスマンにもおすすめです。

【ツーブロックパーマ】
サイドを刈り上げて作るツーブロックにプラスして、パーマをかけるヘアスタイルです。ツーブロックのみでもいいですが、ちょっと個性を出したいという方はパーマをかけることでよりオシャレにキメることができます。パーマによってトップにボリュームが出て、分け目の薄毛隠しもできるので一石二鳥です。

Dクリニックは患者様向けにサロンをご用意しております。

3.髪の分け目が薄い…気になったら5つの対策を

広がる分け目が気になってきたら、放置せずに速やかな対策をとることが薄毛進行の予防につながります。ここでは今からできる5つの対策をご紹介します。

3-1.分け目を固定しない

常に同じ分け目にすることは、その部分への負担になります。薄い部分を広げてしまわないためにも、定期的に分ける部分を変えることをおすすめします。
生え癖があって分け目を変えるのが難しい方も、髪を乾かす時に意識的に癖を付けるようにすれば、普段の分け目を変えやすくなります。

3-2.頭皮への負担を避ける

地肌の見える分け目は、紫外線が当たりやすい場所でもあります。そのため定期的に分け目を変えるのはもちろん、帽子を活用するなどして紫外線が直接当たらないようにすることも必要です。
また、過度のパーマ・カラーリングの繰り返しや、肌にあわないシャンプーを使い続けることも頭皮への負担となります。普段使っているシャンプーに刺激を感じるようなら、洗浄力の穏やかなものに変えることをおすすめします。また、すすぎ残しや洗い過ぎも頭皮に良くないので、洗髪方法を見直すなど頭皮ケアを意識することも大切です。

3-3.質の良い睡眠を

睡眠は健康のためだけでなく、髪の毛にとっても大切です。睡眠中に分泌が活発化する「成長ホルモン」は、髪の毛を健やかに育てることにも関わっています。そのため、質の良い睡眠をしっかりとることは、育毛のためにも非常に重要です。
しっかりと眠るためにも、覚醒作用のある寝る前のゲームやスマホの使用は避けたほうが良いでしょう。

3-4.食生活の見直し

食べ物からの栄養は、髪の毛が受け取る栄養の質にも関わります。健康な髪を育てるためには、ビタミンやミネラルを含む野菜・魚、良質なタンパク質である肉などをバランスよく摂取しましょう。
また、頭皮環境を改善するためにも糖質や脂質の摂りすぎに気をつけることが必要です。

3-5.改善しない場合は、医師への相談を

分け目を変える、生活習慣を見直すなどの対策をしても、思うように薄毛が改善しないこともあります。その場合は、AGAが原因の可能性もあります。脱毛原因が異なれば、必要な対策も異なります。原因によっては、個人の対策では不十分なケースも存在します。
原因に合った治療を行うためにも、なかなか改善しない薄毛の場合は早期に医療機関で相談することをおすすめします。

4.分け目が気になってきたら、Dクリニックの頭髪専門外来で相談を

分け目の薄毛が気になるけれど、自己対策では不安、あるいは薄毛の原因をまず知りたいという場合は、Dクリニックの頭髪専門外来に相談することをおすすめします。220万人の治療実績(※1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数)をもとに、薄毛の原因に合わせた適切な治療法の提案が可能です。分け目の薄毛の原因に対して、一人ひとりの体質や生活習慣を踏まえた多角的な対策をアドバイスします。
初めての薄毛治療で不安という方も、専門スタッフによる初回無料カウンセリングを行っているので、まずは自分の症状を相談することからはじめてはいかがでしょうか。

▶分け目の薄毛が改善しない場合は、頭髪治療専門クリニックへ

育毛剤や頭皮マッサージなど、さまざまな薄毛対策が存在しますが、そうした対策を続けても分け目の薄毛や抜け毛が改善しない場合もあります。特にAGAのような進行性脱毛症が原因の場合は、適切な有効成分が配合された薬による投薬治療が必要です。また、薄毛には男性ホルモンに起因したホルモンバランスの乱れが関わっている可能性もあり、個人で適切な対策を行うことが難しいケースも多々あります。
原因に合った適切な治療を受けるためにも、なかなか薄毛が改善しない場合は頭髪治療専門クリニックで相談することをおすすめします。速やかに原因を究明し、きちんとした治療を受けることが薄毛改善への近道です。

Dクリニック東京 メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京)
開院から20年間の治療実績を誇る専門クリニックです。神奈川、千葉、埼玉など東京以外の関東圏からの来院者も多いのが特徴です。
土曜も診察可能です。男性特有のお悩みについてのトータルサポートが可能なクリニックです。
また、同フロアに女性ならではの悩みの治療に特化した「Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)」もありますが、入口から待合室も全て別になっています。Wi-Fiも完備しているので、リラックスして待ち時間を過ごすことができます。土日の診療も行っているので、お仕事の都合を気にせず通院できます

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)
「Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)」は、大阪駅から徒歩5分の位置にある頭髪治療の専門クリニックです。2018年2月には男性専門クリニックとなり、さらに通いやすいクリニックを目指しています。土日も診察を行っているので、平日に通えない方にもおすすめです。

Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)
「Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)」は栄駅から徒歩5分、土日も診察可能な男性・女性の薄毛治療を行う専門病院です。女性でも通いやすいように男女別の待合室になっており、ドリンクやおしぼりのサービス、書籍・雑誌も用意されています。また、Kidsコーナーもあるので、お子様連れでも安心して治療を受けられます。

Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)
「Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)」は、地下鉄天神駅から直結のダイヤモンドビル内にあります。男性・女性両方の薄毛治療を行う頭髪治療専門病院ですが、こちらも男女別の待合室になっています。土日も診察可能ですので、忙しい女性でも通いやすいです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事

  • 【どんな効果?】薄毛対策に使用される増毛スプレーの特徴と注意点

  • 頭皮が赤いのと薄毛は関係ある?その気になる原因と対策について

  • 【生え際の育毛】頭皮マッサージや市販のサプリ・育毛剤で薄毛改善!

  • 朝シャンはハゲるって本当?その効果とメリット・デメリットについて

  • 頭皮が赤いのは円形脱毛症が原因?気になる頭皮の症状と改善方法とは

  • 生え際に産毛がないのは薄毛のはじまり?少なくなる原因・改善する方法