1. ヘアメディカルTOP
  2. AGA・薄毛治療の総合情報局
  3. 【要注意】AGA治療薬フィナステリドの副作用と妊娠に及ぼす影響

【要注意】AGA治療薬フィナステリドの副作用と妊娠に及ぼす影響

AGA(薄毛)治療の内服薬 フィナステリド この記事は約 6 分で読めます。 647 Views

AGA(男性型脱毛症)に効果をもたらす「フィナステリド」は、医療機関で処方されているAGA治療薬の有効成分です。

安全性の高いものですが、体質や服用方法によっては稀に副作用が起こる場合もあります。また、妊娠中の女性が服用すると母子ともに危険が伴うため正しい認識が必要です。

フィナステリドの効果を最大限に高めるためにも、その特徴と副作用についてきちんと把握しておきましょう。

1.フィナステリドとは

フィナステリドはAGA治療薬として使用されている抗アンドロゲン剤です。もともとは前立腺治療薬の主成分として使用されていましたが、発毛効果があったことから世界で初めてのAGA治療薬「プロペシア」の主成分に使用されるようになりました。

飲む育毛剤「プロペシア」は世界50か国以上で承認され、日本でも厚生労働省の認可を受けているAGA治療薬です。プロペシア以外にもフィナステリドを有効成分としたジェネリック医薬品も販売されています。

1-1.フィナステリドの効果薄毛治療

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンのテストステロンが毛乳頭にある5α-リダクターゼという酵素と結合し、ジヒドロテストステロンへ変換することが大きな原因のひとつです。

フィナステリドは5α-リダクターゼの結合を阻害し、ジヒドロテストステロンの発生を抑えることで抜け毛予防効果や発毛効果を促します。国内での臨床試験でも改善効果が確認されていたり、日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)」でも、男性のAGAに対して推薦度Aランクの評価を受けている信頼度の高い有効成分です。

フィナステリドは1日1mgを上限とし、通常6ヶ月以上の服用が必要とされています。使用を中止すると脱毛症状がまた進行するため、継続して服用することが大切です。

2.フィナステリドの副作用

AGAの治療に効果的なフィナステリドですが、わずかながら副作用も報告されています。確認しておきましょう。

●男性機能障害
稀に性欲減退や勃起不全などの男性機能障害が起こる可能性があります。発生率は極めて少なく、臨床試験ではプラセボ薬(有効成分の入っていない偽薬)を使用した時とほとんど同じ程度です。

●肝機能障害
フィナステリドは肝臓で代謝することから、肝機能障害が起こる可能性がありますが、薬は肝臓で代謝されるため、どのような薬にも同様のリスクがあると言えます。もともとの肝機能の状態によって発生率は変わることから、肝機能に異常がある方や体質の合わない方は使用を避けた方が良いでしょう。

他にも発生頻度は非常に低いですが、蕁麻疹や乳房障害、抑うつ症状などの副作用が起こる場合もあります。

2-1.副作用を予防するには

フィナステリドは危険性の少なく効果の高い成分ですが、他のすべての薬と同様に副作用が絶対に起こらないとは言い切れません。副作用を予防するには、専門医師の診断を受けて正しい処方をしてもらうことが重要です。

プロペシア、およびフィナステリドを配合したジェネリック医薬品を個人輸入で購入する方もいますが、自己判断で治療薬を使用するのは大きなリスクを伴います。治療薬自体が偽物の可能性もありますし、万が一副作用が出た場合にはすべて自己責任です。

自分の体質や症状に合った処方をしてもらうためにも、まずはAGAクリニックで受診されることをおすすめします。

3.フィナスティリドが妊婦・妊娠に及ぼす影響

日本皮膚科学会では、「成人男性のみがフィナステリドを服用できる」としています。女性の薄毛に効果が認められなかったためです。

また、男児を妊娠中にフィナステリドを服用すると、お腹の赤ちゃんの生殖器官に影響が及ぶ危険性があります。出産後も母乳に成分が移行することも考えられるため、妊娠中や妊娠の可能性がある女性、授乳中の女性には使用を禁止しているのが現状です。

未成年者への処方も禁じられています。20歳未満への安全性や有効性は確立されていないためです。くれぐれも女性や未成年者は服用しないでください。

3-1.フィナステリドの取扱いには注意

フィナステリドは皮膚からも吸収する作用があるため、触るだけでも危険が及ぶ可能性があります。治療薬はフィルムコーティングしてありますが、破損して成分に触れてしまったり、他の薬と間違えて飲んでしまうことも考慮しなくてはなりません。

家庭でフィナステリドを使用する場合は、女性や未成年の誤飲、接触を防ぐため取扱いに十分注意してください。
また、フィナステリドを服用中は、血液中に成分が含まれることから献血することができません。献血する場合は、1ヶ月以上の休薬期間が必要になるので覚えておきましょう。

4.フィナステリド服用で副作用症状が出たら?

フィナステリドの服用中に体調の異常を感じたら、すぐに使用を中止して専門医師の診察を受けましょう。

フィナステリドの副作用としてわずかに報告されている性欲減退や勃起不全の男性機能障害は、妊活やパートナーとのスキンシップに影響を与えるものです。副作用に対する十分な説明を医師から受けて、服用するようにしてください。

フィナステリドを服用する際には、不安や疑問をAGAクリニックでしっかりと相談してから、処方してもらうことをおすすめします。専門医師との信頼関係ができていれば、万が一副作用が起きた時もすぐに相談できるため安心です。

▼▼フィナステリドの副作用についてもっと詳しく知りたい方はコチラ▼▼
フィナステリドの処方と副作用について

5.Dクリニックは患者様の症状に合わせて治療を行っています

Dクリニックでは、薄毛の症状に合わせてフィナステリドの処方を行っています。どんなAGA治療薬の処方が効果的かをしっかりと見極め、タイプに合った最善の治療法を優先しているためです。

抜け毛や薄毛の正しい知識を持った専門医師が診察をしていますから、適切な治療を受けることができます。
受診するか悩まれている方は、無料カウンセリングを通して治療費用・治療方法に関する疑問など、どんなことでもご相談いただけます。

6.フィナステリドの副作用の相談にもしっかり対応してくれる専門病院

薄毛の原因や症状の進行具合は人によって違うため、自分に合った治療を行うことが大切です。

フィナステリドを配合したAGA治療薬は、育毛サプリや発毛剤を併用することで発毛効果が高まる場合もあります。最も効果的な薄毛治療を判断するには、専門的な知識や技術が必要です。フィナステリドやAGA治療薬は自己判断で服用せずに、信頼できる専門医師に処方してもらいましょう。

フィナステリドの副作用の相談にもしっかりと対応してくれる専門病院を利用することで、長期的な薄毛治療も安心して行うことができます。薄毛は早めに治療をはじめることが重要です。まずは勇気を出してカウンセリングを受けてみてください。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事

  • 薄毛に効果的なのは!?AGA治療薬ザガーロとプロペシアで徹底比較

  • 薄毛を改善する【ミノキシジル】の薬理作用は?効果と副作用を調査

  • フィナロイドとフィンペシアの違いとは?その効果と副作用を徹底解説

  • プロスカーとは?プロペシアとの違いと効果・副作用、通販について

  • 【諦めるにはまだ早い?】毛生え薬ミノキシジルの効果・副作用に迫る

  • 【効果なし?】ミノキシジルの効果時間と早期に発毛を促すポイント