1. ヘアメディカルTOP
  2. AGA・薄毛治療の総合情報局
  3. 【読めば納得】なぜ自己流の薄毛対策ではなく「病院」が選ばれるのか

【読めば納得】なぜ自己流の薄毛対策ではなく「病院」が選ばれるのか

病院での治療 この記事は約 8 分で読めます。 231 Views

ドラッグストアや薬局ではさまざまな種類の育毛剤や発毛剤が販売されています。厚生労働省認可の成分が配合された高い発毛効果が期待できる商品もあり、これらを買い求めて自宅で薄毛対策をすることも可能です。
その一方で、薄毛治療専門クリニックのTVCMもよく見かけます。実際、病院で薄毛の治療を受ける方は増えてきています。
自宅で薄毛治療ができるにも関わらず、なぜ病院で治療を受ける人が後を絶たないのでしょうか。
今回は自己流の薄毛対策に代わって病院が選ばれている理由、病院でのAGAの治療法などについてご紹介します。

 

1.最初の薄毛対策を「自己流」にしてしまう理由

薄毛が気になりだしてすぐに病院を受診する方はそう多くはありません。ほとんどの方がまずは自己流の対策からはじめます。
なぜ最初に自己流の方法を試してしまうのでしょうか。

 

1−1.薬局やドラッグストアで手軽に育毛剤が手に入る

薬局やドラッグストアには数多くの育毛剤が並んでいます。今や育毛剤は手軽に手に入れることができる商品です。この手軽さが自己流の薄毛対策へのハードルを低くしているといえます。気軽に買い求めることができ、自分のペースではじめられるのは大きな魅力です。
育毛剤の使用方法や体験談などの詳しい情報をネットで見ることができるのも、この状況を後押ししています。

 

1−2.通院などの手間がかからない

自宅でできるのであれば通院の手間もかかりません。医療機関の予約を取る必要もなければ、治療を受けに出向く必要もありません。治療のための時間を確保する必要がなく、すきま時間を生かして薄毛対策ができてしまうのもひとつの理由です。

 

1−3.比較的安価にヘアケアできる

自己流の薄毛対策には経費もさほどかかりません。医療機関でかかる治療費用と比較すれば、市販の育毛剤は安価です。その上、医療機関へ通院するための交通費も不要です。自己流で薄毛対策を行えば、育毛にかけるトータルの経費を低く抑えられることも、自己流を選ぶ方が多い大きな理由でしょう。

 

1−4.「まだ大丈夫だろう」という楽観視

抜け毛や薄毛がまだそこまで顕著でない場合、「まだ大丈夫だろう」と楽観視してしまう方も少なくありません。本格的な薄毛治療の必要性を感じていないため、今は自己流で十分と考え、医療機関は最後の手段としている方が多いのも、最初に自己流の対策が選ばれる理由と考えられます。

 

2.自己流の対策には限界がある薄毛の原因「AGA」

薄毛の進行を阻止できるのであれば自己流でも問題ありません。
しかし、それでは対処できない薄毛もあります。それが「AGA」です。

 

2−1.AGAとは?

「AGA」とは「Androgenetic Alopecia」の略で「男性型脱毛症」のことをいいます。
成人男性によくみられる薄毛で、思春期以降に発症し、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなるのが特徴です。日本国内では1,200万人以上が発症しているといわれています。「男性」とついていますが、女性も発症することがあり、「FAGA」(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。
薄毛に関係する男性ホルモン「テストステロン」は男性器の発育や骨格・筋肉の成長を促進するなど、男性の身体を作るのに重要な役割を果たしています。このテストステロンが、髪の毛の毛根の毛乳頭にある還元酵素「5αリダクターゼ」と結びつくことによって、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変質します。このDHTがヘアサイクルに介入することによって、髪の毛は十分に成長できないまま抜け落ちてしまいます。

 

2−2.AGAは進行性のため早期治療が大切

AGAは進行性です。一度症状が現れたら対策をしない限り薄毛は進行し続けます。AGAを発症すると自然治癒することはありません。髪の毛が完全に失われる前に早めに対策を取ることが大切です。髪の毛が薄くなったと感じたら、すぐに治療をはじめましょう。
「まだ大丈夫」と思っていても進行することが確実である以上、少しでも髪の毛が残っているうちに本格的な治療をはじめることが大切です。

 

3.病院で行われている薄毛の治療方法

病院で行われている薄毛の治療方法はさまざまです。もっとも多いのが投薬治療で、効果の高いAGA治療薬が処方されています。現在、厚生労働省によって認可されている成分は3つあり(2018年6月現在)、医療機関でもこの3つの有効成分を配合したAGA治療薬が処方されています。いずれも効果が高い分、副作用のリスクもあります。用法用量を守って使用することが大切です。
日本皮膚科学会が作成した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017 年版」では、治療法として強く推奨されるAランクに「ミノキシジルの外用」「男性型脱毛症に対するフィナステリドとデュタステリドの内服(いずれも女性型脱毛症に対してはD)」が選ばれています。
※フィナステリドとデュタステリドは女性は内服できません

 

3−1.【内服薬】プロペシアやザガーロの処方

病院で処方される薬には内服薬と外用薬があり、内服薬には「プロペシア」と「ザガーロ」があります。
プロペシアの有効成分は「フィナステリド」、ザガーロの有効成分は「デュタステリド」で、ともにヘアサイクルに影響を与えるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を抑制する働きがあります。効果面では「ザガーロ」の方が「プロペシア」よりも優位とされています。
「プロペシア」も「ザガーロ」も女性や未成年の服用は禁止されています。女性の場合、触ったり粉を吸い込んだりするだけでも悪影響を受ける可能性があります。妊娠中や授乳中の方はとくに注意しましょう。服用する際、家族に女性がいる場合は、女性の手に触れないよう保管方法にも注意が必要です。

プロペシアについて詳しくはコチラ

ザガーロについて詳しくはコチラ

 

3−2.【外用薬】ミノキシジルの処方

「ミノキシジル」は外用薬です。頭皮に塗布すると血行が良くなり、毛乳頭に十分に栄養が運ばれるようになります。それによって、髪の毛の発毛に関わる毛母細胞の分裂が活発化し、発毛が促されるのです。病院ではミノキシジルの濃度を調整するなど、患者一人ひとりの症状に合った薬の処方がされています。
外用薬ミノキシジルは、内服薬のプロペシアあるいはザガーロとは作用が異なるため併用が可能です。併用することで、より効果的な薄毛の改善が期待できます。

ミノキシジルとは!?

 

4.病院で薄毛治療を行う場合の費用相場

残念ながらAGA治療は基本的に保険の適用外です。治療内容や治療方法によって費用は異なりますが、病院で薄毛治療を行う場合、治療費用の相場はだいたいどのくらいなのでしょうか。美容皮膚科でもAGA治療が行われている場合がありますが、ここでは一般皮膚科とAGA治療専門クリニックのケースを見てみましょう。

 

4−1.一般皮膚科

一般皮膚科とAGA治療専門クリニックとでは治療の目的が異なり、そのため診療内容も異なります。
一般皮膚科の場合、第一目的は「現状維持」です。
1ケ月にかかる費用は10,000円〜15,000円前後といわれています。

 

4−2.AGA治療専門クリニック

一般皮膚科の第一目的が「現状維持」であるのに対し、AGA治療専門クリニックの第一目的は「発毛」です。そのため一般皮膚科よりも検査や治療内容は多岐にわたり、その分費用も高くなります。
1ケ月にかかる費用の目安は15,000円〜30,000円です。

クリニックでの薄毛治療をご検討の方はコチラ
薄毛治療は病院の何科で受診できる?気になる治療の流れと費用の目安

薄毛対策について詳しく知りたい方コチラ

 

5.Dクリニックの専門外来では、実績・経験の豊富な専門の医師が発毛治療にあたっています!

市販の発毛剤で自己流の薄毛対策を行うことは可能ですが、医薬品には副作用のリスクがあり、薬を使用する中で自分では判断がつかないことが起こることも考えられます。使用を継続した方がいいのか、対策方法を変えた方がいいのか、といった判断は個人では難しく、自己流ではどうしても限界があります。
安全な方法での薄毛改善を目指すなら、やはり病院を受診するのが安心です。

Dクリニックの専門外来では、220万人の治療実績(※2019年度末現在)をもとに一人ひとりに合った治療法を提案しています。患者様の状態に合ったオリジナル発毛薬の処方も可能です。
わからないことや不安なことがあっても、専門の医師が懇切丁寧に説明してくれます。AGA治療薬の副作用が心配でも、専門家の判断を仰ぐことができるため、安心して治療に取り組めます。
治療を受けるにあたって費用が心配な場合は、無料カウンセリングで事前に確認することも可能です。

 

本気で薄毛を治療したいならAGA治療専門クリニックにご相談を

薄毛にはさまざまな原因があります。自分の薄毛の原因を知ることは薄毛改善への近道といっていいでしょう。AGAが原因の場合、できるだけ早く治療をはじめる必要があります。
市販の発毛剤を使って薄毛対策をすることは可能ですが、自己流のやり方で結果が出なければ回り道になってしまいます。
本気で薄毛を治療したいならAGA治療専門クリニックがおすすめです。
専門の医師が多角的な見地から薄毛の原因にアプローチし、薄毛の進行を止めるだけでなく発毛も目指します。
自己流で試行錯誤をしている間にもAGAは進行してしまいます。
AGA治療専門クリニックなら髪のエキスパートをナビゲーターに最短距離で薄毛の改善を目指せます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事

  • AGA治療なら病院の皮膚科?男性注目の薄毛専門治療クリニックとは

  • 保険は適用外?女性の薄毛を【病院で治療】するためのガイドブック

  • 皮膚科?専門クリニック?薄毛治療を行う病院選びのポイントを解説

  • 【薄毛診断】AGA発症の可能性をセルフチェックと病院の検査で探る