1. ヘアメディカルTOP
  2. AGA・薄毛治療の総合情報局
  3. 薄毛を改善する【ミノキシジル】の薬理作用は?効果と副作用を調査

薄毛を改善する【ミノキシジル】の薬理作用は?効果と副作用を調査

AGA(薄毛)治療の内服薬 ミノキシジル この記事は約 9 分で読めます。 747 Views

薬物が体内に入って生理機能に影響を与えることを「薬理作用」といいます。これは体内に入らない消毒剤などの薬物も含む総称です。
薬理作用は、生理機能を高めることもあれば抑えることもあります。

治療の目的に適する働きを「主作用」、逆に治療の役には立たず、返って生体に不都合な働きを「副作用」といいます。
薬を飲む際、用法や服用量を守るようにと勧告されるのはこのためです。

効果が高ければ副作用が出る可能性も高まります。
ミノキシジルは薄毛の改善に効果が高いとされているAGA治療薬ですが、発毛を促す主作用の他にどのような副作用が考えられるのでしょうか。

今回は、ミノキシジルの主作用(効果)と副作用について徹底調査します。

1.ミノキシジルの対薄毛効果発見のきっかけは高血圧

高い発毛効果が認められているミノキシジルですが、もともとはアメリカで高血圧症治療薬として開発されたものでした。

米アップジョン社(現Johnson&Johnson社)によって開発され、1979年から血圧降下剤として使用が開始されたミノキシジルでしたが、多くの患者に多毛症が認められたことから、その発毛促進効果が注目されるようになりました。

臨床試験の結果、1988年にその発毛効果が認められ、発毛剤の有効成分として利用されるようになったのです。

2.AGAにも効果あり!ミノキシジル薄毛改善までの道筋

世界90カ国以上で承認されているミノキシジルは、「男性型脱毛症(AGA)」に高い効果が認められています。AGAとは「Androgenetic Alopecia」のことで、ヘアサイクルの初期段階に男性ホルモンの影響で太い毛が成長しなくなり、頭髪が薄くなる症状が現れます。

ミノキシジルは「男性型脱毛症(AGA)」の脱毛メカニズムに介入し、発毛を促進する効果が期待できます。
ここでは、その薬用作用のメカニズムを詳しく見ていきましょう。

2-1.血管を広げる

ミノキシジルには血管を拡張し、血圧を下げる働きがあります。血管を拡張すると、血の流れがスムーズになります。もともと高血圧症治療のために開発され、血圧降下剤として使用されていたのも、この作用があったためです。

このことが頭髪にも良い影響を与えることになります。

2-2.血流が良くなる

ミノキシジルの働きによって血管が拡張されると、血流が良くなります。全身くまなく血液が行き渡るようになる、すなわち頭皮の血行も良くなるということです。

2-3.栄養成分がたくさん毛包に届く

血流が良くなることで、血液とともに髪に必要な栄養も頭に送られてくるようになります。

髪の毛の根元を良く見ると透明な部分がありますが、これは「毛包」と呼ばれ、血管に直結している部分です。血液とともに送られてきた育毛成分はここに辿りつきます。
血流が悪いと栄養は少ししか届かず、健全に成長することができません。

ミノキシジルは、この状態の改善を促します。血管拡張作用によって、髪の毛はたくさんの育毛成分を受け取ることができるようになるのです。

2-4.毛が生える・成長する

育毛成分が送られてくると、毛根にある毛乳頭細胞が栄養を受け取り、毛母細胞が細胞分裂を始め、これによって髪の毛が成長します。
萎縮してしまった「毛包」も活性化するため、再び太い髪が育つようになります。

3.ミノキシジルの効果を実感する方法

高い効果が認められているミノキシジルですが、すぐに効果が現れるわけではありません。薬効が十分に行き渡り、主作用が目に見える形で現れるまでにはどうしても時間がかかります。

定期的に自分の髪をチェックして、その状態を確認しておくと良いでしょう。

3-1.髪の太さを確認する

ミノキシジルには発毛効果だけでなく、育毛効果もあります。
育毛効果とは、もともとあった髪を太く成長させる効果のことです。

通常は効果が現れるまでに3〜6ヶ月かかるといわれています。すぐに生えないからといって焦らず治療を途中で中断しないようにしましょう。
人によっては1ヶ月ほど経った頃に一時的に抜け毛が増えることがあります。これを「初期脱毛」といいます。

これは健全な髪が生えるための準備段階のようなものです。
しかし、このメカニズムを理解していなければミノキシジルの使用によって脱毛が増えたと誤解してしまうかもしれません。

せっかく治療を開始しても誤解から使用を中断してしまっては元も子もありません。少なくとも6ヶ月は使い続けるようにしましょう。

もっともミノキシジルは頭皮に塗布する薬です。頭皮環境が悪いと結果も期待できません。皮脂やフケなど、頭皮ケアも併せて行うようにしてください。

4.ミノキシジルの効果を高める方法は?

高い発毛効果が期待できるミノキシジルですが、できればより効果的に活用したいものです。そのためには、どんな方法があるのでしょうか。

4-1.濃度を上げて効果アップ

ミノキシジルは濃度を上げると、より高い発毛作用が得られるといわれています。つまり、ミノキシジルの含有量が多い商品を試せば、効果アップが期待できるということです。

もっとも、濃度が高いこととたくさん塗ることは異なります。決められた用法・用量はきちんと守るようにしましょう。
決められた以上にたくさん塗ったり、回数を多く塗っても主作用の向上は期待できず、副作用が起こる可能性が高まるため注意が必要です。

4-2.プロペシアとの併用で抜け毛を抑制

ミノキシジル以外にも、早くから厚生労働省が発毛効果を認めている成分が存在します。それがフィナステリドです。

フィナステリドを有効成分とした治療薬「プロペシア」は、医療用医薬品として病院で処方されています。プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の原因となる男性ホルモンの生成を抑制し、薄毛の進行を阻止する内服薬です。似た作用を持つ新薬ザガーロも登場し、医療機関で処方されています。ジェネリック医薬品にフィンペシアなどもありますが、国内では認可されていません。

ミノキシジルと一緒に利用することで、発毛と育毛の促進と同時に、薄毛の進行も阻止できるため、発毛に至るまでの期間短縮が期待できます。
ミノキシジルとプロペシアの併用は、日本皮膚科学会でも推奨されている治療方法です。

ただし、女性はプロペシアを服用できません。妊娠中の女性の場合、重篤な被害が起こる場合があります。男性が服用する場合でも、女性が触れないよう注意する必要があります。

5.ミノキシジルの副作用をチェック

すでにお伝えしましたが、薬理作用には主作用と副作用があり、主作用の効果が高ければ高いほど、副作用も強いことが考えられます。

副作用は誰にでも必ず現れるわけではありません。しかし、可能性がある以上、知っておいた方がいざという時の対処はしやすいものです。
ここでは、ミノキシジルにどのような副作用があるのかを見てみましょう。

5-1.頭皮のほてりかゆみ

ミノキシジルの血管拡張作用で血行が良くなり、その影響で頭皮にほてりやかゆみを感じることがあります。
また、ミノキシジルを塗布し、そのまま放っておくと頭皮が炎症を起こすこともあります。

5-2.血圧の低下

ミノキシジルがもともと高血圧治療薬として開発されたのは、血圧を下げる作用があるためです。
発毛作用を期待してミノキシジルを塗布していても、ミノキシジルが持つ血圧降下の働きが副作用として起こる可能性もあります。

血圧低下がリスクを招く持病をお待ちの場合や、狭心症、甲状腺機能障害、心臓に障害がある場合などは、使用する前に必ず専門の医師に相談してください。

5-3.その他の起こりうる副作用

ミノキシジルの副作用としては、頭痛やめまいも報告されています。これは血行が良くなることで、血液量が増えることが原因と考えられています。
同じ理由から動悸や息切れが起こることがあるようです。血管が拡張することで血液量が増え、心臓の負担が増えることが原因とされています。

5-4.副作用が不安ならAGA治療専門クリニックへ

市販薬でもAGAの対策はできますが、自己判断では最大の効果を期待できないどころか、リスクの高い選択をしてしまう可能性もあります。

副作用が心配なら、薄毛治療専門のAGA治療専門クリニックで相談するのが良いでしょう。
専門の医師が自分の体調や頭皮の状態をチェックして、最適な薄毛治療が受けられます。

より高い効果を望まれている方は、専門の医師に相談して治療を始めるのが望ましいといえます。

6.ミノキシジルの「効果を実感したい」「副作用が不安」ならDクリニックへ

ミノキシジルは市販の発毛剤の有効成分として配合されており、病院で診察を受けなくても、使用はすぐに始めることができます。

中には、よりお得に済ませようと海外のジェネリックを個人輸入で手に入れようとする方もいます。専門知識があれば、それも一つの手段でしょう。しかし、個人輸入の場合、医師や薬剤師を通さず販売元から直接購入するため、商品の品質チェックはできません。

近年ではまがい物が混じっているとの報告もあるため、高いリスクを背負うことになるのは自明です。最悪、重篤な健康被害が起こる可能性もあり、一生を棒に振るような事態も考えられます。

Dクリニックでは、専門の医師の診察によって、あなたに合わせた治療を提案しています。最適な対策を行うことで、より早い改善へと導く方針です。

AGA治療に対する些細な質問にも専門の医師が丁寧に答え、あらゆる副作用についてもサポートしています。安心・安全に薄毛治療をスタートしたい方は、ぜひ当院にお越しください。

7.ミノキシジルの効果・副作用を正しく診断する専門の病院

「男性型脱毛症(AGA)」は、何もしなければ薄毛が進行していくばかりです。だからこそ早めの対策をして、進行を食い止める必要があります。

ミノキシジルは世界90ヵ国で承認されている発毛促進成分です。その信用性からも、AGA治療に高い効果が期待できます。

一般的にミノキシジルは、より多く含まれている方が効果も高いといわれています。専門の病院では含有量の高い塗布薬を処方してもらうことも可能です。専門の医師が一人ひとりに合わせ、適切な対応を行なってくれるため副作用に対する余計な不安も解消することができます。

より詳しく知りたい方や、AGA治療をご検討の方は「ミノキシジルとは?」をご覧ください。

また、薄毛にお悩みの女性は髪の悩みQ&A女性用ミノキシジルについてをご覧ください。

専門の病院の医師は、いわば“薄毛治療のナビゲーター”です。
治療の行き先を示しながら、より安全でより確実なAGAの改善へと導いてくれます。安全で効率的な発毛を考えるのであれば、専門の医師と二人三脚で薄毛治療をスタートさせることをおすすめします。

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事

  • 【AGA治療最前線】病院で処方されるミノキシジルの効果・副作用

  • 【要注意】AGA治療薬フィナステリドの副作用と妊娠に及ぼす影響

  • 薄毛に効果的なのは!?AGA治療薬ザガーロとプロペシアで徹底比較

  • 併用で効果大!プロペシアとミノキシジルの違いと副作用、通販の実態

  • AGA治療薬の種類・特徴と「安全」に使用する方法-正しい薄毛対策

  • 通販or病院?ザガーロのジェネリックと比較するおすすめの購入手段