ヘアメディカル[発毛治療] > プロペシア > プロペシアの初期脱毛とは

プロペシア服用で耐える期間?髪がスカスカになる【初期脱毛】を解説

AGA治療薬と知られるプロペシア。
個人差はありますが、服用すると副作用が起こる可能性もあるようです。
その中でも、服用しはじめに起こる症状が【初期脱毛】です。

薄毛治療のために服用して抜け毛の量が増えるのは困りますが、これは効いている証拠でもあります。
しかし、なぜプロペシアを服用しはじめると【初期脱毛】の副作用症状が起きるのでしょうか。

ここでは、気になる【初期脱毛】の原因と特徴について解説します。
初期脱毛

プロペシアの初期脱毛とは

プロペシアは、AGA(男性型脱毛症)と言われる男性ホルモンが原因の薄毛治療に使われる内服薬です。

プロペシアに含まれる有効成分フィナステリドは、もともと前立腺肥大の治療薬として使用されていました。
服用している方の中に発毛効果や抜け毛の減少が見られたため、研究が進みプロペシアが誕生したのです。

AGA(男性型脱毛症)に悩む男性の強い味方であるプロペシアには、個人差があるものの副作用が起こる可能性があります。

その中で、服用しはじめに起こる副作用の症状が「初期脱毛」なのです。

プロペシアの効能

プロペシアに含まれる有効成分フィナステリドは、AGAの原因である「ジヒドロテストステロン(DHT)」の増殖を抑える働きがあります。

ジヒドロテストステロンは、テストステロン(男性ホルモン)と体内にある5αリダクターゼ(酵素)が結びつくことによって生成されます。

このジヒドロテストロンが男性ホルモン受容体に作用し、ヘアサイクルが乱れ抜け毛の量が増えることで、結果的に薄毛の症状を引き起こすのです。

ジヒドロテストステロンを抑制する働きがあるプロペシアを服用し続ければ、ヘアサイクルの乱れを整えることができるため、抜け毛防止や発毛効果を得ることができます。

プロペシアの初期脱毛に特徴は?

プロペシアを服用すると個人差はありますが副作用が起こることもあるようです。
その症状は大きく分けて2つあり、1つ目は長期間服用し続けることによって起こる副作用です。

このケースの特徴は、体や精神面に影響が出ることです。
確率は極めて低いですが、「男性機能の低下」「うつ症状」「肝機能障害」などが主な副作用になります。

2つ目は、プロペシアを服用しはじめた頃に起こる症状です。
この副作用を「初期脱毛」といいます。

初期脱毛の特徴は、今生えている髪の毛が短期間で一気に抜けてしまうことです。
ただし、この初期脱毛の症状はプロペシアの発毛効果があらわれている証拠でもあります。

プロペシアによる初期脱毛のメカニズム

AGA治療のためにプロペシアを服用したにも関わらず、短期間で抜け毛が一気に増えたら誰でもビックリすることでしょう。
しかし、初期脱毛のメカニズムをしっかり理解していれば、驚くことも不安になることもありません。

また、処方してもらったクリニックに不信感を抱くことも、治療効果がないと焦る必要もなくなります。
そのためには、初期脱毛についてきちんと把握しておくことが大切です。

初期脱毛が起こる理由

プロペシアを服用することで初期脱毛が起こる理由は、「ヘアサイクル」にあります。
AGAの原因である「ジヒドロテストステロン(DHT)」の働きは、正常なヘアサイクルを乱し、髪の毛の成長期を短くしてしまうのが特徴です。

成長しなくなるだけでなく、細く弱くなった毛はやがて抜け落ちていきます。
この状態が続くと、結果的に薄毛が目立ちはじめるのです。
男性ホルモンによって、乱れたヘアサイクル。このヘアサイクルを整えるために服用するのがプロペシアです。
抜けた髪
プロペシアを服用すると、AGAの原因であるジヒドロテストステロンを抑えることができ、乱れていたヘアサイクルが正常化します。
乱れていた期間を取り戻すように、今までより早く新しい髪の毛が生えてこようとするので、一気に古い髪の毛を押し出すのです。

つまり、初期脱毛は薬が効いているサイン。
これが短期間で一気に髪の毛が抜ける初期脱毛のメカニズムです。

ヘアサイクルの原理

髪の毛は毛根の先の毛球にある「毛乳頭」が毛母細胞に指示を出し、指示を受けた毛母細胞が分裂して髪を成長させていきます。
そして髪の毛が成長すると、また毛乳頭から指示を出し髪の毛の成長を止めるのです。
これが、ヘアサイクルと呼ばれる髪の成長に関する原理になります。

このヘアサイクルは、【成長期】【休止期】【退行期】に大きく分類されます。
【成長期】
髪の毛の成長段階
【休止期】
髪の毛の成長が止まった段階
【退行期】
成長期が終わりぬけるのを待っている段階
健康な髪のヘアサイクルは、成長期が「4〜6年」、休止期が「数ヶ月」、退行期が「2〜3週間」で行われ、 新しく健康な髪の毛を成長させるのに4〜6年かかります。
AGAになるとヘアサイクルが乱れ、成長期が「数ヶ月〜1年」、休止期が「数ヶ月」、 退行期が「2〜3週間」という具合に成長期が短くなるため、健康な髪の毛を新しく作り出すことができないのです。

プロペシアの初期脱毛が続く期間

初期脱毛はプロペシアが効いているサインですが、どのくらいの期間初期脱毛の症状が起きるのかわからないと不安になってしまいます。
しっかり初期脱毛の期間を把握したうえで、プロペシアを使用しましょう。

一般的に、プロペシアを服用しはじめると服用してから「約1週間〜2週間」で初期脱毛の症状があらわれます。
これはプロペシアを服用することでヘアサイクルが1度リセットされ休止期に入り、その間に成長期の髪の毛が発毛しようとして、 休止期の髪の毛を一気に押し出しているからです。

期間
この初期脱毛の症状もいつまでも続くわけではありません。
個人差はありますが、短い方で「約1週間〜2週間」、長い方でも「約1ヶ月〜3ヶ月」で症状は治まっていきます。

ただし、人によって3ヶ月以上症状が続く可能性もあります。
この場合、初期脱毛ではなく何か他の原因で脱毛が続いているかもしれません。
長期間脱毛が続く場合は、プロペシアを処方してもらったAGAクリニックや病院に相談するようにしましょう。

プロペシアの初期脱毛が起きた場合の対処方法

初期脱毛は、今までの抜け毛よりも多くなるため不安を感じるのが普通です。
一時的とはいえ、できる限り抜け毛改善策をしたい気持ちが湧くことでしょう。
例えば、発毛剤ランキングにあるような育毛剤などの外用薬を使ったり、育毛効果の高い育毛サプリメントを飲んだりすることです。

しかし、それらにはあまり意味がありません。
初期脱毛で抜ける髪の毛は「ヘアサイクルの乱れによる不健康な髪の毛」ですから、これから太い毛が育つ前兆といえます。

考慮すべきは、新しい髪をどう育てるかです。初期脱毛の次の髪に対するアプローチにこそ目を向けるべきといえます。

睡眠の確保・栄養バランスの良い食事を

健康な髪の毛を作るためには、生活習慣を見直す必要があります。
新しい髪の毛のために、特に見直す必要があるのは「睡眠と食事」です。

睡眠は、髪だけでなく体のメンテナンスをするため十分に確保する必要があります。
現代人は睡眠時間が短く、きちんと体のメンテナンスを行うことは難しいですが、 せめて髪の毛のメンテナンス力が上がる「午後10時〜午前2時」には必ず寝るようにしましょう。
バランスの良い食事
また、食事は髪の毛に必要な栄養を採る根幹です。
栄養バランスが崩れていたり、暴飲暴食をしていては髪に必要な栄養をとることができません。
髪に必要なたんぱく質・ビタミン・ミネラルなどをバランスよく食べて、消化しやすいように腹八分目くらいの食事にするといいでしょう。

どうしても栄養バランスを考えるのが苦手な方は、髪専用の栄養補助食品をとるのも良いかもしれません。

大量のアルコール摂取・喫煙を控える

大量のアルコール摂取は、髪に悪影響です。
アルコールを分解するのには酵素が必要で、その酵素を作るためたくさんのアミノ酸が消費されます。
また、アミノ酸が消費される際にはたくさんの栄養が必要になり、その結果、髪の毛に回すための栄養がなくなってしまうのです。
また、飲酒後の睡眠は質が悪くなり、きちんと体のメンテナンスをすることもできません。
喫煙を控える
喫煙も飲酒同様体に悪影響を与えます。
タバコには血管を収縮させる作用があり、頭皮へ送るはずの栄養を届けることができなくなってしまいます。
体だけでなく頭皮にもよくありません。血管の収縮によって体の代謝も低下してしまいます。

新しい髪の毛のためにも、アルコールの摂取と喫煙は控えるようにしましょう。

ヘアメディカル関連クリニックは薬の処方だけでなく生活習慣の指導も行っています

初期脱毛は、プロペシア服用によってあらわれる副作用です。

一般病院で処方を受けるときに、初期脱毛の説明をするだけでその後のケアがなく不安になってしまう方もいます。
そういった余計なストレスを感じたくないという方は、アフターケアをしっかりしてくれるAGAクリニックに相談するのがおすすめです。

総合頭髪治療を行っているヘアメディカル関連クリニックは、一人ひとりの症状にあわせてプロペシアを処方するだけでなく、 体にあらわれる副作用にも適切に対処してくれます。 また、薬の処方だけでなくカウンセリングを行い、AGA治療のために必要な生活習慣の見直しをきちんと指導してくれます。

無料カウンセリングの利用も可能です。
少しでも安心してAGA治療を行いたい方は、きちんとケアしてくれる髪の専門医師にご相談ください。

初期脱毛の症状にも適切な対応ができる専門病院

プロペシア服用であらわれる「初期脱毛」。 症状が起きた場合、初めて服用する方にとっては最初の関門といえるかもしれません。

こういった副作用に対して、適切な対応をしてくれる皮膚科や内科などの一般病院はそう多くありません。
なぜなら、髪の毛を専門に診ている医師が少ないためです。

プロペシアは、長期間の治療になります。
専門家のいない中でなにか問題があった場合には、服用するのにも不安が残って治療自体を断念することにもなりかねません。

そうならないためにも、どこでAGA治療を受けるのかは非常に重要な部分です。
AGA治療でプロペシアを服用するなら、初期脱毛の症状や他の副作用にも適切な対応ができる専門病院に相談されることをおすすめします。



>>>>>> AGAでお悩みの方に治療専門病院 <<<<<<

クリニックを詳しくご紹介します ~お近くのクリニックをお選びください~

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

 PageTopへ