ヘアメディカル[発毛治療] >

うつになる?肝臓に影響は?体験談からわかるプロペシア副作用の症状

男性ホルモンの影響によるAGA(男性型脱毛症)を改善するために使用されるAGA治療薬「プロペシア」。
プロペシアは「育毛サプリ」と呼ばれるほど、AGAに高い効果があるといわれています。
ただし、発生率は非常に低いとはいえ、体に支障をきたす副作用の症状を見過ごすことはできません。

ここでは、その気になるプロペシアの副作用について解説します。
実際の体験談をもとに、どのような副作用症状が起きるのかを詳しく見ていきましょう。
薬

プロペシアに含まれる成分

副作用を知る前に、プロペシアに含まれる有効成分について把握しておく必要があります。

プロペシアは、アメリカのメルク社が開発したAGA治療薬です。
日本では2005年にメルク社の子会社となるMSD株式会社(旧:万有製薬)から発売されました。

プロペシアの主成分は「フィナステリド」です。
AGAの直接的な原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)は、男性ホルモンであるテストステロンに 5α還元酵素が結合することで起こります。

この5α還元酵素を阻害して、薄毛の原因を抑制させるのがフィナステリドです。
今、生えている髪の毛を脱毛因子から守り、細い毛を太く成長させる働きがあります。

プロペシアの副作用

プロペシアは、AGA治療薬として高い知名度があるだけでなく、臨床試験によって 育毛効果や安全性も確認されている医療用医薬品です。

しかし、プロペシアを服用すると体に副作用があらわれる可能性があります。
発症率は非常に低いですが、万が一のことを考えてあらかじめ把握しておくと良いでしょう。
代表的な副作用は「肝機能障害」です。
また、わずかながら「抑うつや眠気・倦怠感」といった全身にあらわれる症状も見られるようです。

これ以外に勃起不全・性欲減退・男性機能障害・勃起機能低下など性機能に関する症状、 かゆみやむくみ・発疹など皮膚にあらわれる症状、ごく稀に心臓や前立腺に影響が出る症状もあり、 服用にあたって不安を感じる方もいらっしゃるようです。

しかし、AGAクリニックで処方されている治療薬は国で認められた医療用医薬品です。
きちんと審査の通ったものを服用できるため安心感があります。
たとえ副作用が出たとしても担当医師に相談することができますし、副作用に合わせてED治療薬などの処方を相談できます。

これに対して個人輸入代理業者から購入したAGA治療薬には、プロペシアに含まれる 「フィナステリド」の量が多い場合があるようです。
副作用を起こす可能性だけでなく、下手をすれば命の危険性もあるため注意する必要があります。

プロペシアの副作用によるうつ症状について

プロペシアの副作用のなかに「抑うつ症状」があります。
抑うつ症状とは、2週間以上うつ症状が続くことを指します。

プロペシアの添付文書には「抑うつ症状」と記載されていますが、詳しい症状までは書かれていません。
しかし、ごくわずかではありますが実際プロペシアを服用している方の中からは、 性格が変化したという声もあがっているようです。
例えば、
性格の変化
  • ・怒りっぽくなる
  • ・攻撃的になる
  • ・重度のうつ症状になる
といった症状です。

この副作用に関して科学的根拠はなく、プロペシアが原因とは言い切れません。
ただし、服用して間もなく性格の変化が見られたケースもあり、まったく因果関係がないとも言えない状況です。

プロペシアを飲みはじめてから、不安感やだるさ・やる気がなくなる等の症状も 起こり得ることを把握しておいてください。
少しでも違和感があれば「抑うつ症状」の可能性があるので、早めに対策をとることをおすすめします。

プロペシアでうつ症状になるメカニズム

プロペシアの服用でうつ症状になるメカニズムは、今現在まだ解明されていません。

原因ははっきりしていませんが、プロペシアの主成分である「フィナステリド」の影響によるものではないかといわれています。

AGA(男性型脱毛症)の原因のひとつであるDHTを抑える働きによって、ホルモンバランスが乱れて うつ症状を引き起こすという考え方です。

また、フィナステリドにはうつ病を抑える物質「神経活性ステロイド」を抑制させる働きがあります。
発症率がわずかという事実もあり想像の域を出ませんが、人の思考を前向きにする物質を減少させてしまうため、 うつ症状を引き起こしているのではないかといわれています。

うつ症状の前兆とは?

プロペシアを服用しはじめてあらわれるうつ症状には前兆症状が見られるようです。
具体的にはどのような前兆があらわれるのでしょうか。
その一部をご紹介します。
【うつ症状になる前兆としてあらわれる症状】
  • ・仕事がつらくなる
  • ・やる気が出ない
  • ・集中力がなくなる
  • ・イライラしやすくなる
  • ・不安や心配事が増える
  • ・人に会うのがつらくなる
  • ・頭痛やめまいがひどくなる
  • ・食欲不振
  • ・肩こりや背中、腰が痛くなる
  • ・動悸や息切れがする
  • ・手足がしびれる
  • ・性欲が低下する
うつの前兆
これらの症状が見られたら黄色サインです。
少しでも異変を感じたら、プロペシアを処方してもらった医療機関に相談するようにしましょう。

【体験談】プロペシアでうつ症状になったケース

プロペシアを服用してから副作用があらわれるまでの期間は人それぞれのようです。
ここでは、「うつ症状」があらわれたケースに絞って、体験者の声を見ていきましょう。
【ケース1】飲みはじめてからずっと症状が出るケース
プロペシアを飲みはじめて1年経ちます。
プロペシアの効果が出ているため、抜け毛の量は飲む前に比べると減りました。

けれど、飲みはじめてから副作用かな?と感じることはあります…。
症状としては、気分が落ち込みやすいのと性欲減退です。

そこまで症状は重くありません。
ただ、これから服用し続けるかは先生に相談しながらになると思います。
(40代男性)
【ケース2】飲みはじめてしばらく経ってから症状が出るケース
プロペシアを飲みはじめて2年経ちます。
薬の効果のおかげで髪も生え、気にしていた部分も目立たなくなりました!

ただ…飲みはじめてすぐの頃は副作用を感じなかったのですが、1年ほど経過してから若干の副作用を感じるようになりました。
症状としては、勃起不全と無気力です。

なんとなくやる気が出ないって感じですが、プロペシアの影響なのかはちょっとよくわかりません。
(20代男性)
このように、うつ症状の期間や症状には個人差がありそうです。
やはり少しでも気になるようであれば、医療機関へご相談されることをおすすめします。

プロペシアの副作用による肝機能への影響について

もう一つプロペシアの副作用症状で知られるのが「肝機能障害」です。
きちんと服用すれば血液を通して有効成分が頭部まで運ばれますが、飲み続けることによって 肝臓に負担が出てしまう方もいらっしゃるようです。

肝臓は、代謝・解毒・胆汁の生成や分泌を行う重要な臓器です。
では、具体的に肝機能にどのような影響が出るのかを見ていきましょう。

プロペシアで肝臓に負担がかかるメカニズム

プロペシアの臨床試験において肝機能障害は認められていません。
ただし、服用することによってALT(GPT)値は上昇します。
ALTとは「アラミンアミノトランスフェラーゼ」と呼ばれる細胞内で作られる酵素のことです。
ALTのほとんどが肝細胞に存在し、アミノ酸やエネルギーが体内で代謝されるときに重要な働きをします。

肝細胞がウイルスの侵入や過度なアルコール摂取によって障害を受けてしまうと、 ALTが血液中に流れ出て異常を起こしてしまいます。
肝臓に負担
ALTの数値が31IU/L以下なら肝細胞に問題はありませんが、31IU/L以上になってしまうと 肝細胞に障害を受けている状態と判断されるのが通常です。

ALT値が上昇するということは、肝細胞が障害を受けている可能性もあるということです。
自覚症状がなくても、放っておくと悪化し黄疸や腹水など命に関わる状態にもなり得ます。

肝機能障害は血液検査しなければ見つかりにくい症状ですから、プロペシアを服用している方は、 定期的に血液検査することをおすすめします。

もともと肝臓が弱いタイプや高齢者は注意が必要

健康な人がプロペシアを服用しても、肝機能障害になる可能性は極めて低いといえます。

しかし、もともと肝臓が弱い方や高齢者は注意が必要です。
肝臓の「解毒」がうまくいかず、血液中の薬の濃度が高くなる傾向にあります。

健康な人と同じ量のプロペシアを飲んでいても、薬の成分が排出されずに蓄積して副作用が出やすくなってしまうのです。
もともと肝臓が弱い方や高齢者、腎臓が悪い方や持病を持っている方は、必ず医師の診察を受けてから服用するようにしましょう。

【体験談】プロペシアで肝臓に異変があったケース

プロペシアで「肝機能障害」が起きた場合にも、自覚症状については個人差があるようです。
ここでは、その体験談を見てみましょう。
【ケース1】自覚症状があったケース
プロペシアを服用しても肝機能障害は自覚症状がないと言われていますが、私の場合はありました。

プロペシアを服用しはじめてから肝臓付近に痛みを感じたり、下痢を起こしたり、 血圧の上昇などの症状があらわれました。
実際にプロペシアが原因かわかりませんが、医師に相談し服用を止めようと思います。
(50代男性)
【ケース2】自覚症状がないケース
プロペシアを服用しても、自覚症状はまったくありませんでした。
健康診断や人間ドックで血液検査をしたときに、初めて肝機能の数値が悪いという事実を知ったんです。

お酒も飲む方ではないので…プロペシアの影響かなと思っています。
(30代男性)
通常プロペシアを飲んでも肝機能障害は自覚症状が出にくく、血液検査によって異常が見つかる場合がほとんどです。
しかし、まれに自覚症状を感じる方もいるようなので、少しでも異変を感じたら処方してもらった医師に相談するようにしましょう。

プロペシア服用で副作用症状が出たら?

プロペシアを服用して、副作用の症状が出たらみなさんはどうしますか?
恐らく自己判断で服用を中止するのではないでしょうか。

しかし、それは間違いです。
原則として、プロペシアを処方してもらった病院に出向いて医師に相談するようにしてください。

自覚症状も軽度で身体的に負担が少ないからと、医師に相談せず飲み続けることはおすすめしません。
少しでも体に異常を感じたら、症状を伝えてアドバイスを受けるようにしましょう。

担当医師となんでも相談できる関係を築くことは非常に大切です。
万が一というときに、あなたを救ってくれるパートナーになってくれます。

Dクリニックは健康を第一に考えて治療を行っています

プロペシアを服用すると、発症率は極めて低いとはいえ副作用が出る可能性もあります。
そんな症状に不安を感じるならAGAクリニックがおすすめです。

一般病院の場合は、診察してプロペシアを処方するだけのところが少なくありません。
毛髪に詳しい医師がいないケースも多く、何か問題があったとしても相談できないのがデメリットです。
カウンセリング
全国の主要都市にAGAクリニックを展開している「Dクリニック」なら、 あらゆる角度から発毛の可能性を考える総合頭髪治療を行っています。
一人ひとりの頭髪の状態を診断し、その人に合わせた治療を行うため安心です。

少しでも副作用が起きないよう細心の注意を払って処方し、治療薬が合わない場合には 経験豊富な薄毛治療専門クリニックの医師が別の方法もアドバイスしています。
また、タイプによってはプロペシアだけでなく、育毛剤でも使われている ミノキシジルを医師が頭皮の状態に合わせて併用することを判断しながら最短の発毛を目指します。

治療する方の健康を第一に考え、期待に応えるのがDクリニックです。
まずは無料カウンセリングからご相談ください。

プロペシアの副作用症状にも安心して相談できる専門病院

今回は、プロペシアの副作用症状について解説しました。

ご紹介した副作用以外にも、プロペシアの服用を中止してから起こる後遺症 「ポストフィナステリド症候群」というものがあるようです。
非常に低い発症率とはいえ、薬を飲まなくなってからの症状も視野に入れて医師に相談すると良いかもしれません。

ここ数年で、プロペシアの後発医薬品であるジェネリック医薬品を服用している方も増えています。
正規品よりも安価ではありますが、新たな副作用を引き起こす可能性があることを考慮して選ぶようにしましょう。

もちろん発毛も大切ですが、まずは健康を第一に考える必要があります。
だからこそ安心して相談できる専門病院、および担当医師を見つけることが重要なのです。
医師との信頼関係を築いて二人三脚で歩むところから、あなたに最も相応しい薄毛改善の道がスタートします。



>>>>>> AGAでお悩みの方に治療専門病院 <<<<<<

クリニックを詳しくご紹介します ~お近くのクリニックをお選びください~

  • Dクリニック東京 メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京)
  • Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)
  • Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋)
  • Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)
  • Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)
  • Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)
  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

 PageTopへ



AGAとは?