発毛治療TOP > 薄毛について > 前頭部の薄毛の原因と対策

薄毛の原因 | 前頭部の薄毛はどう対策すべき?発毛に効果的な改善方法

薄毛の原因 | 前頭部の薄毛はどう対策すべき?発毛に効果的な改善方法

薄毛の中でも前頭部の薄毛は、隠すのが難しく人目も気になる場所です。
そもそもなぜ、前頭部の髪が薄くなる症状が現れてしまうのかご存知ですか。

男性にも女性にも起こる前頭部の薄毛は、様々な原因が積み重なって起きている場合があります。
その原因を突き止めることで、適切な前頭部の薄毛対策を行うことが可能です。
前頭部を気にする男性

前頭部の薄毛の原因は?

男性の方で前頭部が薄くなってくることがあれば、それはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる症状が該当します。

AGAの症状が出てしまう原因には、遺伝、ストレス、男性ホルモンの分泌など多くの原因が考えられます。
また、前頭部は直射日光も浴びやすく紫外線の影響や頭皮の血行不良も原因の一端とされています。

では、それぞれの原因を詳しく確認していきましょう。

生活習慣の乱れ

生活習慣と一括りにしても様々あります。
日頃の睡眠・食事・運動など生活に関わる全ての行動が挙げられます。
生活習慣が乱れると、髪の毛に影響してきます。
  • ・質の悪い食事で栄養不足に陥っている場合
  • ・睡眠不足によって髪を成長させるホルモン分泌が不足している場合
  • ・運動不足によって頭皮の血行不良も起こしてしまう場合など

このような生活習慣は、薄毛の根本理由ともいわれています。
悩んでいる男性

男性ホルモンが起因

男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの影響から発生します。
ジヒドロテストステロンは5a-リダクターゼという酵素により生まれます。
5a-リダクターゼにはI型・II型とあり、II型はより強力なジヒドロテストステロンを生み出すとされています。

II型はごく限られた部分にしか存在しませんが、比較的前頭部に多く存在します。
前頭部は、頭頂部に比べ男性ホルモンの影響が強く、治療薬の効果が出にくい場所ともいわれています。

女性はFAGA(女性男性型脱毛症)の可能性も

女性の薄毛で多い症状のFAGA。
前髪や分け目の髪が薄くなり、前頭部の頭皮が透けて見えるようになる症状です。

女性の前頭部の薄毛の原因も実は男性ホルモン(テストステロン)が関係しています。
テストステロンは、前頭部に多く存在する酵素と結びつき、ジヒドロテストステロンに変化します。
ジヒドロテストステロンは毛母細胞の活動を阻害し、髪の毛の生え際のボリュームを減らします。

女性の髪の毛のサイクルの内、成長期は4年から6年といわれています。
女性ホルモンが働かないと、休止期のほうが長くなり髪が成長できないまま生えてきてしまいます。
そのため、コシのない毛やハリのない細い毛が増えてしまい、結果薄毛の原因につながります。

また、ストレスが掛かると男性ホルモンが必然的に増え、薄毛の一因を作ってしまいます。
女性ホルモンが優位の状態を保つためにはストレスを溜めず、健康的な生活習慣を送ることが大切です。
髪の毛を気にする女性

食事や睡眠などの生活習慣を見直す

食事や睡眠は生活習慣を見直す際に、最も取りかかりやすい習慣といえます。
少しの気遣いが、今後のあなたの薄毛からの脱却に十分対応してくれる可能性があります。
  • ・毎日決まった時間に寝ること
  • ・睡眠時間をしっかりと確保すること
  • ・バランスの取れた食事をとること
このような規則正しい生活習慣が効果的です。
暴飲暴食、夜更かしはしないように注意しましょう。
軽い運動

バランス良く栄養素を摂り入れる

髪の毛が成長するには、亜鉛・ビタミン・カルシウム・タンパク質等たくさんの栄養素が必要になります。
これらの栄養素が不足してしまいうことで、薄毛が進行してしまっている可能性もあります。

コンビニエンスストアのお弁当や加工食品、ファストフードは髪や体に良くない添加物や多くの脂質が含まれています。
脂っこい食べ物も過剰摂取すると、頭皮の皮脂分泌が過剰にされて毛穴がつまり、抜け毛の原因になります。
バランスが良い栄養素
特定の髪や体に良い食品・栄養素だけを摂取するのではなく、バランスのとれた食事をするように心がけましょう。
女性ホルモン「エストロゲン」を増やす食品として大豆製品が良いといわれますが、 大豆製品の中のイソフラボンには、女性ホルモンを増やす効果があります。

適度な運動をする

適度な運動を心がけることにより、ストレスを発散することができます。

ストレスは自律神経を乱し、血行不良などを起こしやすくしてしまいます。
ストレスが溜まると体の血管が収縮し、血液の流れが悪くなり、ホルモンバランスの乱れにもつながります。

心地良い程度の運動は、ストレスを発散させることだけではなく、血行を良くすることが可能です。
ストレスは無意識に溜まっていくものですから、定期的に適度な運動を心がけましょう。
適度な運動

睡眠時間を確保する

髪の毛は目が冷めてから寝るまでの間に、様々なダメージを受けています。
睡眠は身体を休め、明日への英気を養う時間ですが、髪や頭皮も受けたダメージを回復する時間でもあります。
髪の成長に必要な成長ホルモンは、寝ている時に分泌されます。

そのため睡眠不足が続くと、髪の毛や頭皮のダメージがなかなか回復できない状態になります。
成長ホルモンの分泌をしっかり促すよう、十分な睡眠時間が必要になります。
睡眠をとる人

飲酒・喫煙を見直す

■飲酒
百薬の長といわれるお酒も、過度の飲酒は髪の毛にとっては大敵です。
お酒をのむと睡眠が浅くなるといわれ、髪の毛の育つ時間を減らしてしまいかねません。
また、アルコールを分解する過程で体内では毒性のあるアセトアルデヒドという物質を生み出し、この成分が一定量を超えると薄毛を促進してしまう可能性があります。
■喫煙
喫煙はタバコに含まれるニコチンがホルモンバランスを崩します。
また、頭皮の血管を収縮させて血行を悪くさせるため、髪に栄養が届きにくくなります。
前頭部は血行不良を起こしやすい場所のため、薄毛が気になる方は今すぐ禁煙しましょう。

前頭部の薄毛は育毛剤で治りにくい?

前頭部の薄毛はなぜ、育毛剤で治りにくいのでしょうか?その原因のひとつは「皮膚の硬さ」にあります。
前頭部特有の薄毛理由について解説しましょう。

男性ホルモンと皮膚の硬さが影響している

前頭部は頭部の他の箇所に比べ、皮膚が硬いと言われています。
正確には皮膚のすぐ下にある、帽状腱膜という本来丈夫な繊維組織が萎縮して硬くなっています。
血液の通り道が閉ざされた状態となり、毛根が栄養などを吸収しにくい状態になっているのです。
血流が悪い状態だと育毛剤に含まれる成分が毛母細胞まで届きにくく、育毛剤の効果も出にくいとされています。

ヘアメディカルグループなら正しい検査で治療方針を決定できます!

自分での改善が難しい、前頭部の薄毛。 治療を開始するならAGA・薄毛治療専門のクリニックである、ヘアメディカルグループでの治療がおすすめです。

ヘアメディカルグループでは詳しいカウンセリングや血液検査などを実施し、 その人に合った治療法、治療薬で薄毛改善に取り組みます。
副作用などが気になる投薬治療は、専門の医師が患者様の状況を判断し、一人ひとりに合わせた治療を行っています。
抜け毛を減らすだけでなく、発毛もしたいという人には専門の医師の診断や指導が不可欠です。

自己判断による育毛剤などの使用は、効果があるかないか時間が経過するまでわかりません。
その間にも薄毛は進行してしまうので、早めに専門の医師の指導の下、治療を始めるのが良いでしょう。

ぜひ、ヘアメディカルグループであなたの「髪の主治医」をみつけてください。
無料カウンセリングも行っていますので、少しでも頭髪のことでお悩みの際は、お気軽にお越しください。

改善されなければAGA薄毛治療の専門クリニックを訪れましょう

前頭部の薄毛は、目に付きやすい場所のため、早期に発見することが可能です。
薄毛の治療は早期発見・早期治療することで、以前のような状態に戻れる確率が高くなります。

自己判断のケアにより、薄毛が進行してしまうと、治療には更に時間を要することになり兼ねません。
少し前髪が気になってきたら、早めに頭髪専門クリニックでの受診をおすすめします。


年代別に症例集を見る

20代の症例
30代の症例
40代の症例
50代の症例
女性の症例
AGAは治せる!ヘアメディカルグループのアドバンスト発毛治療とは
女性の薄毛・抜け毛は専門病院で資料しましょう
ヘアメディカルグループ6つの特徴

>>>>>> AGAでお悩みの方に治療専門病院 <<<<<<

クリニックを詳しくご紹介します ~お近くのクリニックをお選びください~

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

このページの先頭へ戻る



前頭部の薄毛の原因と対策

HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長:脇坂長興医師。
城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

より詳しいサイトマップはコチラ