発毛治療TOP > 薄毛について > 薄毛に効く治療薬は?

薄毛に効く治療薬は? | 薬の種類と使用前に知っておくべき副作用の症状

薄毛に効く治療薬は? | 薬の種類と使用前に知っておくべき副作用の症状

薄毛治療を始める際に、薬を投与すると言われ不安になった事はないでしょうか?
治療薬は薄毛改善への効果を期待できる強い味方ではありますが、副作用のリスクがあるのも事実です。

薬での治療を検討している方は、治療薬の種類や、副作用について詳しく知っておくと良いでしょう。
薬

薄毛の原因は男女で異なる

薄毛というと、男性の悩みというイメージが根強く残っています。
しかし、現代に於いて薄毛は男女共通の悩みとして定着し、女性専用の育毛商品やクリニックなども増えてきている傾向にあります。

しかし、薄毛の投薬治療において、男女別のものを使用します。
その理由は、男女によって薄毛になってしまう原因が異なるため。
遺伝的要素、食生活、ストレスといった原因は共通していますが、女性の薄毛の多くは、女性ホルモンが大きく関わっています。
男女のイメージ
そのため、更年期世代で薄毛を発症する人が多く、長年の悩みとして抱え込んでしまう方も少なくありません。
また、若い世代でもパーマやカラーリングなどで、髪や頭皮を傷めている場合や、 髪を結ぶときに強く引っ張ってしまうことも薄毛の原因になる場合があります。

男性がなりやすいAGA(男性型脱毛症)

男性の薄毛症状としてよく耳にするAGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」を指します。
この症状は、男性ホルモンの分泌が活発になる思春期以降に、頭頂部の髪や額の生え際等が薄くなる症状のことです。
AGAの主な原因は、男性ホルモンの影響ですが、遺伝もまた避けられない原因因子と考えられています。
頭皮が気になる男性

女性がなりやすいびまん性脱毛症

女性がなりやすいびまん性脱毛症とは、一部の髪がごっそりなくなることではなく、髪全体が薄くなる症状をいいます。

髪全体のボリュームがなくなってしまい、地肌が目立ってくるような症状です。
びまん性脱毛症は、男性ではなく女性に多い薄毛の症状といえます。
男女とも共通して髪のボリュームがなくなったという悩みは持っていますが、 男性の場合は前頭部から頭頂部にかけて髪が薄くなる場合が多く、女性は髪全体が薄毛になるという症状を起こしやすいのが特徴です。
髪の毛を気にする女性
主な原因としては、女性ホルモンのバランスの崩れが一因とされています。
髪の毛を成長させる女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」の分泌量が減少していくことで、多くの抜け毛を発生させてしまうと考えられています。

薄毛に効く治療薬は?

最近は薄毛治療薬が市販されており、どの治療薬を選択するかも悩めるところです。
治療薬は、それぞれ効果が異なります。
薄毛の原因に合わせて治療薬を選択することが、効果的な治療を行うためには必要な事です。
  • ・プロペシアの副作用(※1)
  • ・ザガーロの副作用(※2)
  • ・ミノキシジルの副作用(※3)
治療薬
どれも薄毛治療で取り扱いのある治療薬です。
最も主流とされる上記3つの治療薬に絞り込んで解説します。

悪玉男性ホルモンを抑制する「プロペシア」

プロペシアは、もともと前立腺の疾患に対する治療薬として開発された治療薬です。
その後の研究により、薄毛にも効果があることがわかり、AGA治療の薬として使用が開始されました。
現在は世界60ヶ国以上で承認を受け、有効性のある薄毛の治療薬として知名度の高い薬です。

プロペシアの薄毛治療効果について、アメリカの臨床試験では、その効果が実証されています。
プロペシアの有効成分のひとつ「フィステナリド」は、育毛に確かな効果が認められ、効果に差はあるものの髪が生えた、髪質が太くなった等の声が多数あがりました(※4)。
AGAとは、5a-リダクターゼという酵素のひとつが、血液中のテストステロンという男性ホルモンに結びつき、 ジヒドロテストステロン(DHT)を生成することによって起こります。
フィナステリドは、ジヒドロテストステロンを生み出す5a-リダクターゼの働きを阻害します。
そのため、ジヒドロテストステロンの生成抑制作用が働き、AGAの原因を引き起こす ジヒドロテストステロンとアンドロゲン受容体が結合する機会が減るため、抜け毛を防ぐことができます。

また、プロペシアを、服用した際に起こる副作用は、主に頭痛や眠気といった一般的な医薬品を服用した際の症状と似ています。
また、胃などの消化器系が弱い人が服用することで、胃の不快感なども表れやすくなります。

プロペシアは男性用の治療薬です。 そのため、女性が服用しても効果を得ることが出来ませんので服用をしないでください。
特に、妊娠中や授乳中の女性は触るだけで、胎児や赤ちゃんに影響が出ることも報告されていますので注意してください。

■厚生労働省によるプロペシア注意喚起

プロペシア以上の効果が期待されるザガーロ

サガーロに含まれる有効成分「デュタステリド」は、5a-リダクターゼI型・II型(酵素)の働きを阻害をします。
ジヒドロテストステロンの生成を防ぎ、より強力な効果があります。
サガーロの副作用は、プロペシアとほぼ同じです。
サガーロは国内で2番目に承認された内服型の薄毛治療薬です。

プロペシアに比べ、サガーロは効果の持続時間が長く続きます。価格は自由診療なので病院により価格は異なります。
プロペシアよりも高い効果が期待できる分、価格はやや高めになっている傾向があるようです。

発毛効果が期待できるミノキシジル

ミノキシジルは、もともと降圧剤薬として開発された薬です。
しかし、当時の副作用として体毛が濃くなる症状があらわれる患者が増え、頭皮に使用したところ効果が現れたことがきっかけで 、薄毛の治療薬として使用されるようになりました。

ミノキシジルの作用として、頭皮の血管を拡張させ栄養が豊富になり、毛母細胞が活性化することにより発毛効果が望めるといわれています。

また、頭部への栄養が行き渡る事により、もともとある毛髪を太く健康にする効果も期待できます。

薄毛治療薬の副作用

薄毛治療薬にはメリットだけではありません。
副作用といわれるデメリットも存在します。

プロペシア

発毛効果がある反面、男性ホルモンに影響を与えるので関連する部位に副作用をもたらします。
副作用の発症数は長期における臨床試験において276例中11例、14件の副作用が認められました。(4.0%)(※5)
・性機能不全
ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンより強力なホルモンで性に関わる部分を司っているため、性機能に障害が出てくることがあります。
EDや性欲減退などの症状が現れる人もいます。
・肝機能不全
薬は肝臓で分解されるため、毎日服用しなければならない治療薬はその分肝機能不全のリスクが上がります。

ザガーロ

サガーロの副作用・デメリットはプロペシアとほぼ同じです。
プロペシアよりも高い効果が得られるため、4000円前後購入額が高いこともデメリットといえるでしょう。

ミノキシジル

・頭皮のかぶれ・かゆみやあかみ
この症状は血管拡張作用によるもので血行が良くなって肌が痒くなることがありますがそれらと同じ原理です。
・低血圧症
もともと降圧剤として使われていた薬剤であるため血管を拡張させるに伴い、血圧が下がってしまいます。
低血圧の方が使用した場合、血圧低下に伴いふらつきやめまいなどの症状が出ることがあります。
・循環器系の障害
心臓や呼吸器などの循環器に影響をおよぼすことがあります。
・初期脱毛
ミノキシジル使用初期段階で抜け毛が増えることがあります。
髪の成長とサイクルの変化をおこし改善させ、新しい髪の毛を発生させるため元からある毛髪を押し出してしまうことが原因といわれています。

薄毛治療薬はどこで入手できる?

薄毛治療薬の入手方法を解説しましょう。
AGA・薄毛治療のみを行う専門クリニックだけでなく、様々な入手方法があります。

リアップは薬局やドラッグストアで購入可能

ミノキシジルを配合した発毛剤「リアップ」は、第一種医薬品のためドラッグストアの薬剤師の方が不在の場合は販売できません。
購入する際にはセルフチェックシートを記入し、薬剤師の方に渡しましょう。

病院でジェネリックを含めた処方を受ける

AGA・薄毛治療のみを行う専門クリニックか、皮膚科などの一般的な病院で処方してもらいます。
AGA治療は、自由診療となり保険適用外なので治療費は高くなってしまいますが、AGA専門クリニックでは自分にあった治療がおこなえます。
クリニックによりますが、その人の薄毛の原因に合わせた治療薬を処方してもらうことも可能です。

通販・個人輸入を利用する

医療機関に通院の必要性がなく、診療代がかからず治療費が安く済むのがメリットですが、海外製品の偽物を購入してしまったり、 副作用が強く出てしまう可能性があるので個人輸入は十分な注意が必要です。

通販や個人輸入での購入はリスクが高い

通販・個人輸入での購入は、十分な注意が必要です。
悪質な偽物を掴まされてしまったり、恐ろしい副作用をもたらす可能性もあります。
そういったリスクを無くすために、AGA・薄毛治療のみを行う専門クリニックや皮膚科などの病院で処方してもらいましょう。

ヘアメディカルグループなら副作用の症状にも柔軟に対応できます!

AGA・薄毛治療のみを行う専門的な病院「ヘアメディカルグループ」では、個別の薄毛症状に併せた投薬を行うため、 高い効果を期待することができます。

治療薬の欠点である副作用が出てしまった場合も、実績を積み重ねた専門医師の判断によって、 使用する薬剤の変更も可能ですので、安心して治療を受けることができます。
どんなに効果の高い薄毛治療薬でも、酷い副作用を起こしてしまっては治療を続ける事ができなくなりますので、 治療内容に選択の余地があるというのは、患者様にとって安心です。
医療イメージ
また、薄毛の原因を客観的に判断するため、医薬品(内服薬・外用薬)による治療のみを行うのではなく、 頭髪の検査を行い、メンタルケア、食・生活習慣の指導などを行ない、発毛を目指します。
一人ひとりにあった適切な治療方法を、専門医師からしっかりご提案いたします。

症状に合った治療薬を処方する専門クリニック

薄毛の症状は男女によって違い、男性に効果が出ると言われている治療薬でも女性には効果が見込めない場合もあります。

また、医薬品を使用するわけですから、強い副作用に見舞われてしまう場合もあります。
薄毛治療をするのであれば、効果が高く安心して行える治療が良いでしょう。
そのためには、自分の症状を把握し、原因を突き止める必要があります。
治療薬による薄毛治療を始めるときには、頭髪専門クリニックでの受診を受けることを検討しましょう。
※1 参照元:MSD株式会社
※2 参照元:ザガーロ
※3 参照元:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
※4 参照元:MSD Connect
※5 参照元 :MSD Connect


年代別に症例集を見る

20代の症例
30代の症例
40代の症例
50代の症例
女性の症例
AGAは治せる!ヘアメディカルグループのアドバンスト発毛治療とは
女性の薄毛・抜け毛は専門病院で資料しましょう
ヘアメディカルグループ6つの特徴

>>>>>> AGAでお悩みの方に治療専門病院 <<<<<<

クリニックを詳しくご紹介します ~お近くのクリニックをお選びください~

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

このページの先頭へ戻る



薄毛に効く治療薬は?

HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長:脇坂長興医師。
城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

より詳しいサイトマップはコチラ