発毛治療TOP > 薄毛について > 薄毛改善サプリメント

薄毛改善 | 亜鉛は逆効果?抜け毛予防に効果のあるサプリの選び方

薄毛改善 | 亜鉛は逆効果?抜け毛予防に効果のあるサプリの選び方

育毛効果が上がるとして人気の、亜鉛サプリメント。
亜鉛不足は抜け毛の原因ともされ、適度な亜鉛摂取は育毛の助けになります。

しかし、その育毛におすすめの成分である亜鉛を摂取しても、
“効果が出ない“
”抜け毛が増えてしまった“
と言う人もいます。
なぜ、亜鉛の摂取が逆効果になってしまうのでしょうか。
ここでは、髪に良い亜鉛などを配合したサプリメントの選び方や、抜け毛に効果のある成分を解説します。
亜鉛を含む食品

薄毛と栄養は関係がある?

栄養は私たち人間の身体を作る、大事な成分です。
健康のため、様々な食品から栄養を意識して摂取している人も多いでしょう。
例えば、体重管理や美肌などのため食物繊維やビタミンを摂取することは、今や女性にとって常識とも感じる時代となっています。

「わかめを食べると髪が黒くなる」や、「アボカドは髪に良い」という話を耳にした事はありませんか?
髪も肌などと同じ身体の一部ですから、摂取した栄養素で構成されていることは間違いありません。

人間の身体は、生命維持に必要な場所に優先で栄養を運ぶシステムがあります。
そのため、栄養不足になってしまうと、生命維持には直接関係しない髪に送られる栄養が足りない状況になります。
すると髪が痩せ、抜け毛が増え、新しく健康な髪も生えづらくなってしまうのです。

また、栄養不足は髪の毛だけではなく、頭皮の状態も悪くしてしまうので注意が必要です。
栄養バランスの取れていないジャンクフードで食事を補っている人は、ミネラル分が不足し、皮脂の過剰分泌に繋がることもあります。
逆にダイエットなどで脂分を極端に控えることで、頭皮の乾燥を招きフケやかゆみといった症状が強くなる場合もあります。

髪の毛のほとんどがタンパク質でできている

髪の毛のほとんどは、タンパク質で構成されています。
髪の主成分と言われるケラチンは、自分の身体で作り出すことが出来ない成分です。
そのため、ケラチンを生成する栄養素を、積極的に取り入れることが必要です。

髪の成分がタンパク質と聞くと、牛肉や鶏肉などの動物性タンパク質を思い浮かべる人も多いでしょう。
しかし、牛肉を初めとする動物性タンパク質を摂取することで、動物性脂肪も多く摂取してしまうことがネックです。
プロテインとダンベル
頭皮や髪に良い良質なタンパク質は、豆腐などの大豆製品や魚に含まれるタンパク質。
カロリーや成分的にも身体に良いとされていますので、牛肉などに比べ摂取することが推奨される栄養素です。

しかし、タンパク質を取ったからと言って直ぐに髪が良い状態になる訳ではありません。
摂取したタンパク質をケラチンに合成するためには、アミノ酸や亜鉛、ビタミン類の摂取も欠かせないため、 幅広い栄養摂取が必要不可欠といえます。

抜け毛予防に有効な育毛サプリメント

栄養不足が脱毛の原因になるとお伝えしましたが、毎日バランスの取れた食事をとることはとても難しいでしょう。
そんな時に活用したいのが、育毛サプリメントです。
忙しい生活の中できちんとした食事を毎食取ることは難しいので、不足した栄養素をサプリメントで補っていきましょう。

抜け毛に有効とされているサプリメント成分が幾つかあります。
その一部をそれぞれの効果と併せてご紹介します。
サプリメント
亜鉛
亜鉛は細胞分裂や新陳代謝に関わる重要な必須ミネラル。
髪の毛の毛根には毛母細胞という髪の元となる細胞がありますが、その活性化に役立ちます。
また、亜鉛は食事で摂取したタンパク質をケラチンに変化させる働きがあるためとても重要な成分と言えます。
亜鉛は女性の薄毛だけでなく、男性のAGA症状の改善にも効果が期待できる可能性もあると人気の栄養素です。
大豆イソフラボン
大豆イソフラボンの効果は、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれるため、抜け毛予防に効果が見込めるものです。
女性ホルモンの減少は、多くの女性の薄毛の原因ともいわれています。
大豆イソフラボンを摂取することにより、男性ホルモンの働きを抑制し、女性男性型脱毛症の改善にも効果があるといわれています。
ビタミン類
ビタミンは種類が多く、全部で13種類あります。
ビタミンが育毛に有効な理由は、摂取したタンパク質などを適材適所で栄養として働くようにサポートする役割を持っています。
健康な頭皮を保つためには、細胞に直接作用するビタミンAとストレスを緩和するビタミンCが不可欠です。
また、ビタミンB群には毛母細胞を活性化させる働きがあり、髪の寿命も延ばすといわれています。

育毛サプリメントの選び方

育毛サプリメントを選ぶ際には、育毛に有効な成分配合のサプリメントを選ぶほか、その含有量や配合内容も確認することがポイントです。
サプリメントを複数摂取することで、過剰摂取になってしまう場合もありますので、重複した成分がないかも確認してしましょう。

栄養素はたくさん取れば良いかというと、そうではありません。
栄養素は摂取量よりも吸収率に目を向けるべきであり、適切な摂取量を守らず過剰摂取を続けてしまうと、思わぬ副作用に見舞われることがあります。
また、栄養素を摂取したからといって直ぐに効果が見込める物でもありません。
効果を感じるには、ヘアサイクルが一回りする3ヶ月ほどを目安とし、経過をみましょう。

有効成分を確認する

育毛サプリメントとして販売されている物には、それぞれ有効成分が入っていて、その効果は成分により異なります。
先にご紹介した亜鉛や大豆イソフラボンも有効成分のひとつで、他にもノコギリヤシやチョウジエキス、 クルクミンエキスなども育毛成分として注目を浴びています。

有効成分によっては、血行促進効果を期待できるものや、AGAの原因ともいわれる5αリダクターゼを抑制するものなどがあります。
サプリメントを購入する際には、自分の抜け毛の原因を知りどのようなば対策が必要なのかを分析した上で購入することをおすすめします。
成分を調べる女性

バランス良く栄養素を摂取できるもの

育毛や発毛効果が見込める栄養素は幾つかありますが、それをバランス良く補えるサプリメントがあれば良いですよね。
例えば、ビタミン類を1つずつ摂取していては、飲む数が増えてしまい効率的ではありません。
特にビタミンBに関しては種類が多いため、ビタミンBミックスとして販売されている物の方が飲む量を減らすことが可能です。
また、全てのビタミンをバランスよく満遍なく摂取するには、マルチビタミンを選ぶと効率的です。

亜鉛だけで得られる効果は少ない?

そもそも亜鉛が効果を発揮するのは、良質なタンパク質やビタミンが摂取できている場合です。
そのため、タンパク質やビタミン類が不足している状態では、効果を発揮できません。

亜鉛のサプリメントを摂取する際には、ビタミンも同時に配合されているようなサプリメントを選ぶのがおすすめです。
サプリメント摂取

ヘアメディカルグループならあなたに適量の治療薬を処方できます!

サプリメントはあくまで健康食品です。 もっと効率的に薄毛治療や発毛効果を得たいという方もいるでしょう。

そんな方には信頼できる専門医師の診察が受けられる、ヘアメディカルグループでの治療がおすすめです。
ヘアメディカルグループは、医療情報を専門の医師と共有し、その患者様に合った治療を行うAGA・薄毛治療のみを行う専門クリニックです。

自分ではよくわからないサプリメント選びも、専門医師がしっかり診察し適し治療薬を処方します。
薬局などでは購入できない医薬品も、専門クリニックであれば処方ができます。
気になる費用も詳しく説明があり、相談することが可能です。
医師と薬
気になる方は、まずはヘアメディカルグループの無料カウンセリングにお越しください。
高価なサプリメントを購入するよりも、もっと効率的で適切な方法で髪の悩みを解決しましょう。

一人ひとりに合わせて治療薬をバランス良く処方する専門病院

抜け毛に悩んでいる方の中には、育毛サプリだけでは効果が不十分という方もいます。
病院で行う薄毛治療は、サプリメントと治療薬をバランス良く併用することによって、確実に抜け毛を抑制し発毛を促す治療も可能です。
治療薬を処方してもらうためには、専門クリニックや医療機関での診察が必要ですので、まずは治療の第一歩であるカウンセリングで、 自分に合った治療法をみつけましょう。


年代別に症例集を見る

20代の症例
30代の症例
40代の症例
50代の症例
女性の症例
AGAは治せる!ヘアメディカルグループのアドバンスト発毛治療とは
女性の薄毛・抜け毛は専門病院で資料しましょう
ヘアメディカルグループ6つの特徴

>>>>>> AGAでお悩みの方に治療専門病院 <<<<<<

クリニックを詳しくご紹介します ~お近くのクリニックをお選びください~

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

このページの先頭へ戻る



薄毛改善サプリメント

HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長:脇坂長興医師。
城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

より詳しいサイトマップはコチラ