薄毛対策

薄毛・AGAの対策方法!

薄毛を改善する食べ物やシャンプーなども紹介

鏡を見る男性のイラスト

「薄毛を対策したいけど、何をすればいいかわからない…」「AGA対策で本当に薄毛が治るの?」という方も多いのではないでしょうか。本記事では、普段の生活習慣の見直しやシャンプーの選び方、マッサージ方法など、誰でも今すぐにできる薄毛対策について紹介します。

薄毛対策で本当に改善できるのか

薄毛が進行する原因は、生活習慣や食事が影響していることがあります。頭皮環境を正しい状態にすることで、薄毛の進行を抑えることは可能と言えます。
特に、「頭頂部のボリュームがなくなってきた」「抜け毛が増えたかな」と気になり始めて、そこから「薄毛」になるまでにできることがあります。

次の項目で薄毛対策の具体的な方法を解説します

>> 薄毛の原因についてもっと詳しく知りたい方はこちら

男性も女性も必見!薄毛・AGA対策の方法4選

薄毛の改善には以下のような方法があります。

  • 髪に必要な栄養素を摂る
  • 正しいヘアケアを行う
  • 血行を良くする頭皮マッサージ
  • 育毛成分の入った育毛剤を使用する

1つずつ詳しく解説していきます。

【薄毛・AGA対策①】ビタミンや亜鉛など髪に必要な栄養素を摂る

食事を楽しむ男性

健康的な頭皮環境、頭髪の維持に必要な栄養素にはビタミンやタンパク質、亜鉛などがあります。髪の形成を担っている栄養素について詳しく見てみましょう。

ビタミン

薄毛に効果的なビタミンには以下のような種類があります。

  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ビタミンE

ビタミンA

・緑黄色野菜に多く含まれているビタミンAは、抗酸化力が高く、頭皮を健やかに保つ効果があります。

ビタミンB群

・ビタミンBにはさまざまな種類があり、そのどれもが育毛効果を持っている栄養素です。

  • ビタミンB2・ビタミンB6 …タンパク質がアミノ酸に分解されるときに必須の栄養素
  • ビタミンB3・B9・B12…頭皮の血行を良くして、清潔な状態を保つ
  • ビタミンB5…細胞分裂を繰り返すことによって髪をつくる、毛母細胞の働きを活性化させる
  • ビタミンB7(ビオチン)…頭皮や髪の健康維持、毛細血管を太くすることで血流をよくし、髪の成長を助ける

ビタミンC

・ビタミンCは、コラーゲンの生成を助けて血管が頭皮を丈夫にする効果が期待できます。

ビタミンE

・ビタミンEは血行促進作用が高く、ビタミンAと同様に抗酸化力があります。
調理時に使用することが多い油にも含まれているので、普段のメニューに取り入れやすい栄養素です。

亜鉛などのミネラル

ミネラルといっても種類が様々ですが、育毛では「亜鉛」「ヨウ素」「鉄分」の摂取が重要です。
特に亜鉛は、髪のもととなるケラチンの合成に必要不可欠な栄養素です。不足すると、ケラチンの合成がきちんと行われなくなるため、髪が抜けやすくなってしまう可能性がありますので、意識して摂り入れましょう。

>> 亜鉛と薄毛の関係性についてもっと詳しく知る

タンパク質

頭髪は、ケラチンというタンパク質で形成されています。
このケラチンの合成をサポートするのがミネラルです。そのため、髪の健康状態を向上させるためには、良質なタンパク質を多く含む食品を積極的に摂取することが重要です。
大豆などの植物性のタンパク質や、動物性タンパク質の鶏肉などをバランス良く食べるように心掛けましょう。

>> 薄毛に必要な栄養素や食事についてもっと詳しく知る

サプリメントで摂ることも可能

忙しい日々の中で、食事からすべての栄養を摂取することは難しいものです。
ヘルス系育毛サプリメントであれば、タンパク質、ミネラル、ビタミンなど、薄毛対策や髪の成長に有効とされる栄養素を手軽に摂取することができます。
ドラッグストアで購入できるサプリ商品や口コミで人気の通販育毛サプリなら、価格帯的にも手を出しやすいのでおすすめです。

【薄毛・AGA対策②】正しいヘアケアを行う

シャンプーをしている男性

生活サイクルを見直したうえで、自宅で可能なヘアケアにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、日常で効果的に使用できる対策方法をご紹介します。

薄毛対策のヘアケアは、シャンプー選びから

抜け毛や薄毛の悩みがある方は、髪質・頭皮のコンディションに合ったシャンプーとトリートメントを選ぶことが一番のポイントです。頭皮だけではなく髪も皮膚の一部なので、自分の肌に合ったスキンケアを選ばなければなりません。

アミノ酸シャンプーが効く?

頭皮が乾燥しやすい、もしくは、正常な頭皮環境の方には、刺激の少ないアミノ酸シャンプーがおすすめです。頭皮に優しく、ただし、汚れをしっかりと落とすタイプは、AGAに適しているといえます。

アミノ酸シャンプーが効く?

また、皮脂量が多く頭皮がベタつきやすいタイプの方は、もう少し洗浄力の強いアミノ酸系のスカルプシャンプーが合っているかもしれません。天然由来の成分ですから、頭皮への安全性は高いと言われています。

洗髪時の注意点

洗髪では「髪ではなく、頭皮を洗う」ことを心掛けてください。髪の毛や頭皮を乱暴にかいたり、こすり合わせたりするのは逆効果です。とはいえ、整髪料をしっかり落とすことは大切ですので、やさしく丁寧に落とすことを意識しましょう。
あくまでも毛穴の汚れをとることが重要ですので、指の腹で毛穴の汚れをもみ出すつもりで丁寧に洗うのがポイントです。最後は、シャワーで頭皮まですすぎ残しのないように洗い落としてください。洗髪後は、髪が傷みやすくなっているので、自然乾燥ではなく、ドライヤーで乾かすようにしましょう。

【薄毛・AGA対策③】血行を良くする頭皮マッサージ

頭皮マッサージは血流を促進するだけでなく、新陳代謝も活発となり、シャンプー前に行えば毛穴の汚れも落ちやすくなります。
疲労感の軽減やリラックス効果もありますから、適度に行うことをおすすめします。マッサージ方法としては、こちらの手順が有効です。是非、参考にしてみてください。

  • 1:頭皮全体を揉み解した後、両手で前頭部の生え際から頭頂部にかけて動かす。
  • 2:もみあげの部分から頭頂部にかけて、頭皮を揉み解す。
  • 3:親指で首の付け根を押さえながら、残りの4本を頭頂部へと動かす

爪は立てずに、指の腹を使うことが大切です。この作業を毎日5分ほど行うことで、頭皮環境の改善が見込めます。

【薄毛・AGA対策④】育毛成分の入った育毛剤を使用する

ヘアチェックの診察をおこなうドクターの写真

AGAは、脱毛原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)が増えることで起こります。DHTを増やす要因になっているのが、男性ホルモン「テストステロン」をDHTに変換してしまう「5αリダクターゼ」という還元酵素です。5αリダクターゼの作用を抑えられれば、抜け毛を防げる可能性があります。

ここでは、AGAの根本的な原因である、5αリダクターゼを抑制する成分をご紹介します。薬用育毛剤や男性用ヘアケア剤などのヘアケア商品を購入する際は、下記の成分が含まれているものがおすすめです。

ホウセンカエキス

ホウセンカエキスを配合した育毛剤にも、5αリダクターゼを抑制する働きがあることがわかっています。AGAに効く育毛剤を選ぶ際には、確認してみてください。

豆乳発酵液

豆乳発酵液にも、5αリダクターゼを抑制する働きがあります。また、イソフラボンと同じように女性ホルモンに似た働きもあるようです。

生活習慣の改善で薄毛は治る?NGな習慣を紹介

生活習慣と薄毛は大きく関連しています。何気ない習慣が薄毛を進行させる原因になっている可能性も。

生活習慣において、薄毛を進行させる習慣として以下のようなものが挙げられます。

  • 過剰な量のタバコやお酒
  • 睡眠不足
  • 過度な運動
  • ストレスを溜める

過剰な量のタバコやお酒

ヘアチェックの診察をおこなうドクターの写真

過剰なアルコール摂取や喫煙は、AGAの原因に繋がるといわれています。
また、タバコを吸う人は吸わない人に比べて、AGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の量が増すことがわかっています。 つまり、喫煙が生活習慣の中にある方は、AGAになりやすい傾向にあるということです。

タバコ

タバコに含まれているニコチンには、血管を収縮させる作用があります。血行が悪化し、頭皮まで栄養が行き渡らなくなってしまうことも喫煙が良くないといわれている原因です。

お酒

肝臓がアルコールを分解しようと働きますが、その際に髪をつくるのに必要な栄養素であるアミノ酸をたくさん消費してしまうのです。アルコール分解で多くを消費してしまうことで、結果的に髪は栄養不足となり薄毛に繋がってしまいます。
また、お酒には糖分も含まれていますから、飲みすぎると毛穴に皮脂がつまってしまうことも考えらえます。

睡眠不足

睡眠は、髪の成長に欠かせないものです。特に髪の成長ホルモンは、22時から深夜2時に分泌が活発になるといわれていますから、この時間帯に熟睡できていることが大きな意味を持ちます。眠ることは、日中に受けた髪のダメージにも効果があります。
十分な睡眠をとらない夜型生活を送っている場合、髪に元気がなくなり、紫外線でダメージを受けた髪のメンテナンスも行われにくくなるため、細く短い毛が多くなる傾向があります。

ストレスを溜める

日々の生活で感じているストレスも薄毛にはよくありません。緊張の持続は、血管を収縮させ、髪や体に悪い影響を与えてしまうのです。
また、髪に必要な栄養素である亜鉛は、ストレスを感じることで大量に失われてしまいます。

薄毛・AGA対策は生活習慣の改善と併せて、クリニックでの治療がおすすめ

ヘアチェックの診察をおこなうドクターの写真

ここまで、自宅でも可能な薄毛対策についてお話してきました。まだ薄毛とはいえない髪の状態であれば、ご紹介した対策が有効に働くことでしょう。しっかりとケアすることで、AGAの症状を和らげることができるかもしれません。

しかし、実際に薄毛が進行している場合には、ご自身が望むような効果が発揮できない可能性が高いでしょう。発毛に至るには、一人ひとりのタイプに合った治療内容が求められるからです。

自己流のヘアケアで頭皮環境が悪化してしまうことのないように、早い段階で専門病院の適切な診断・治療を受けることをおすすめします。

>> 早い段階で自分に合った薄毛治療を見つけておく

WEBサイト 関連ページ

Dクリニックは、
全国に6院ある発毛治療専門の医療機関です。

ご予約はこちらから

治療の内容、費用
など知りたい
自分にあった治療
を提案してほしい

「無料カウンセリング」と「来院予約」との違いとは?

無料カウンセリングとは?

まずは専門スタッフが費用や治療の効果などについて、詳しくご説明いたします。

無料約1時間

安心して治療に進むためのカウンセリング。
勧誘などは一切ありません。

STEP01

スタッフの
カウンセリング
治療の内容、注意事項についてご説明

STEP02

費用のご説明
治療にかかる費用について概要をご説明

STEP03

そのまま初診
を受けることも可能です
※クリニックによってはその日に診察できない場合がございます。

来院予約とは?

220万人以上の治療実績(※)を持つ専門の医師あなたに合った治療を行います。

有料約2時間

薄毛の原因をしっかり検査。
あなたの症状に合った治療をご提案します。
●「スタッフのカウンセリング」と「費用のご説明」も同時に行います。

STEP01

医師の診察
頭髪・頭皮の状態と身体全体の健康状態を診察

STEP02

頭部の撮影
発毛効果を多角的に判断し、経過を見るため撮影

STEP03

血液検査
薬の投与が問題ないかを判断するため、身体検査を実施
  • ●医師の診察を希望の方は、来院予約をお選びください。
  • ※1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数
  • ※ご予約時の住所記入はございません
  1. ヘアメディカル[発毛治療]
  2. 薄毛について
  3. 薄毛対策