【産毛は育つ】細く短い生え際の髪が抜ける理由と太く成長させる方法

【産毛は育つ】細く短い生え際の髪が抜ける理由と太く成長させる方法

生え際に毛先が細く短い髪の毛が生えていることに気づき、新しい髪の毛が生えてきたと喜んだのも束の間、短いまま抜け落ちてしまい、ショックを受けたという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
せっかく生えてきた産毛ですから、大切に育て、太く健康的に成長させたいものです。
今回は生え際の産毛が増える理由と抜ける理由、産毛の守りかた、育て方について詳しく説明します。

1.軟毛や産毛が増えてきた?それAGAかも

歳を重ねるといろいろなことが若い頃と同じようにはいきません。それは髪の毛も同じです。
昔に比べると、髪の毛が細くなったと感じることも増えますが、これ自体は加齢によっても起こる自然な変化です。
通常自然に抜ける髪の毛の本数は1日あたり50?150本といわれています。

髪の毛が細くなった、産毛のようなものが増えたからといって、すぐに治療が必要になるわけではありません。
しかし、「男性型脱毛症(AGA)」を発症した際も、髪の毛が軟毛化する場合があります。
個人差はありますが、頭髪の2割が軟毛になったら、AGAを疑う目安になるといわれています。

2.AGAを発症すると産毛が増える理由

AGAを発症するとなぜ産毛が増えるのでしょうか。そのメカニズムについて見てみましょう。

2?1.AGAは正常な「ヘアサイクル」を乱す

髪の毛は、発毛して成長し、やがて寿命がくると抜け落ちるという「ヘアサイクル(毛周期)」を繰り返しています。

【ヘアサイクル】
・成長期(約2?6年)
髪が生え、成長する時期。通常頭髪の約90%がこの状態。

・退行期(約2週間)
髪の毛の成長が止まる時期。通常頭髪の約1%がこの状態。

・休止期(約3?4か月)
成長が完全に終わり、抜けるのを待つ時期。頭髪の約10%がこの状態。

AGAを発症すると、ヘアサイクルの「成長期」は短くなってしまいます。髪の毛の成長が数ヶ月で止まり、「休止期」へと移行して、十分に成長しないまま抜け落ちてしまうのです。

2?2.生活習慣の乱れは薄毛を加速させる

生活習慣が乱れると、薄毛はさらに加速度的に進行します。
髪の毛も体の一部です。生活習慣の乱れが健康を損なうように、髪の毛も健全な状態を保てなくなります。

偏った食生活では、髪の毛の成長に必要な栄養素を十分に摂取することが難しくなります。
栄養が足りなくなった髪の毛は太く長く成長することができず、弱々しい軟毛となってしまうのです。
運動不足やストレスが原因で血行不良に陥ると、さらに事態は深刻になります。
ただでさえ栄養が不足しているというのに、血行不良で栄養を髪の毛まで運ぶことさえできなくなるのです。

こうして、髪の毛は極度の栄養不足に陥り、痩せ衰えていってしまいます。

3.産毛は抜けやすい?その理由と大切な髪を守るシャンプー

生え際の産毛は、なんらかの理由で軟毛化した結果である一方、薄毛対策が功を奏し、発毛に成功した証拠ともなります。大切に育てて薄毛を改善したいところですが、産毛は問題なく成長している髪の毛に比べると抜けやすい傾向にあります。どうして産毛は抜けやすいのでしょうか。産毛を守るにはどうすればよいのでしょうか。

3?1.産毛は外部からの刺激に弱い

AGA治療がうまくいって新しく髪の毛が生えてくるのは喜ばしいことです。
最初から太く長く生えてくればいいのですが、残念ながら髪の毛も生まれてくる時は赤ちゃんのように細く弱々しい姿で生まれてきます。その産毛がヘアサイクルの成長期に細胞分裂を繰り返して太くなっていくのです。
まだ十分に成長していない産毛は外部からの刺激に弱く、ちょっとした刺激でも抜け落ちてしまいます。
髪の毛が育つまでにはある程度の時間を要し、産毛が2?3cmの長さになるためには約60?90日ほどかかるともいわれています。せっかく生えた産毛ですから、外部の刺激から守り、大事に育てることが大切です。

3?2.産毛を守るためのシャンプーとは?

外界の刺激に弱い産毛を守るためにはシャンプーも刺激の少ないものに変えた方が良いでしょう。
良いシャンプーというと、洗浄力の高さを期待しがちですが、髪の毛や頭皮の汚れはお湯で洗うだけでも約8割は落とせるといわれています。洗浄力が高くなければ汚れが落ちないわけではありません。薄毛を気にして洗浄力の高いものを使うと、肌を守るべき角質がはがれて毛穴にたまり、かえって抜け毛の原因になることもあります。
洗浄力にこだわらず、頭皮に優しいシャンプーを選ぶことが大切です。

シャンプーには「高級アルコール系」「石鹸系」「アミノ酸系」の3タイプがあります。市販されているほとんどのシャンプーが「高級アルコール系」ですが、このタイプは洗浄力が高いため、産毛には刺激が強すぎます。
「石鹸系」は天然素材や無添加の製品が多いものの、洗浄力がこちらも強すぎます。
産毛を守るためには「アミノ酸系」がおすすめです。優しい洗い心地で、頭皮を乾燥させることもなく、皮脂を取り過ぎないため、頭皮環境を健全に保てます。
「アミノ酸系」のシャンプーの中には、自分の頭皮の皮脂量に合わせて選べるタイプもあります。

注意したいのは「アミノ酸配合シャンプー」と書かれたものです。これは「高級アルコール系」にアミノ酸をプラスしたもので、洗浄力は「高級アルコール系」と変わらないので間違えないようにしましょう。

3?3.正しいシャンプー方法

産毛を守るためには、シャンプー選びとともに、その仕方も大切です。
以下の点を守ってシャンプーをしましょう。

・力を入れ過ぎない
汚れを落とすことに気を取られると洗う指に力が入りがちです。
しかし汚れはお湯でも落ちます。力を入れてゴシゴシと洗う必要はありません。
力加減の目安は指をあてて動かした時に軽く皮膚が動く程度です。
自分の腕に指をあてて試してみましょう。指をあてて動かした時に腕の皮膚にシワが寄るようなら力の入れすぎです。少しだけ力を抜いてみましょう。

・爪を立てず指頭で洗う
シャンプーをするときは、つい爪を立ててゴシゴシと洗ってしまいがちです。
しかし、爪を立ててしまうと頭皮は傷ついてしまいます。
かといって、指の腹で洗うと産毛が抜けやすくなります。
そのため、指先と指の腹の間の「指頭」を使って洗うようにしましょう。

・マッサージのように頭皮を動かして
洗う時は指頭を頭皮に当て、頭皮をマッサージするように洗いましょう。
美容院で美容師がするように指を動かして洗うと、産毛がこすれて抜けやすくなるので注意が必要です。

4.産毛を太く丈夫な髪に育てるには?

弱々しい産毛を守り、太くて丈夫な髪に育てるにはどうしたらよいのでしょうか。
ここではさまざまな角度から産毛を育てる方法について説明します。

4?1.髪に栄養のある食事と十分な睡眠が大切

髪の毛も十分な栄養がなければ丈夫に育つことはできません。
髪によい栄養素を含んだ食材を日々の食事に取り入れて積極的に食べるようにしましょう。
髪によい栄養素には「タンパク質」「ビタミンB群」「亜鉛」「イソフラボン」などがあります。

また、質のよい睡眠も大切です。
睡眠中に「成長ホルモン」が分泌され、髪の毛を成長させてくれるからです。
睡眠時間は6時間以上とるよう心がけましょう。
また、寝る前にスマートフォンやパソコン画面を見ると寝付きにくくなります。早めに電源を切り、リラックスできる環境を整えましょう。

4?2.運動や頭皮マッサージを行う

せっかく栄養素を摂取しても、髪の毛に届けられなければ意味がありません。
体内の栄養素は血液によって運ばれます。しっかりと栄養を行き渡らせるためには、血行を良くすることも大切です。
血行促進には適度な運動が効果的です。健康のためにも無理をし過ぎない程度に行うようにしましょう。
一方、タバコは血管を収縮させます。同時に煙に含まれる一酸化炭素は新鮮な酸素を血液が頭皮に運ぶ邪魔をします。髪の毛にとってタバコは百害あって一利なしです。抜け毛を予防し、薄毛改善を目指すなら、禁煙に挑戦するのもひとつの手です。

また、頭皮マッサージも血行を促進させる有効な手段として知られています。
マッサージをする際は両手を温め、以下の手順で行いましょう。

〔1〕3本の指で側頭部から頭頂部へ
〔2〕3本の指で前頭部からこめかみへ
〔3〕最後に5本の指で頭皮全体を軽く叩く

4?3.改善が見られない場合には専門クリニックにご相談を

食生活の見直しや生活習慣の改善、または育毛剤でも薄毛が改善できない場合、「男性型脱毛症」(AGA)を発症している可能性が考えられます。
AGAがヘアサイクルの乱れから起こることは先に述べましたが、ヘアサイクルに干渉する原因物質「ジヒドロテストステロン」(DHT)は、男性ホルモン「テストステロン」が還元酵素「5αリダクターゼ」によって変質したものです。
髪の毛の栄養は血液によって毛根にある毛乳頭に運ばれますが、DHTは毛根を縮小させます。そのため毛乳頭にも影響を与え、ヘアサイクルのミニチュア化を招くのです。
女性の場合、無理なダイエットやストレス、加齢などによるホルモンバランスの乱れから薄毛になることがあり、この症状は「女性男性型脱毛症」(FAGA)「びまん性脱毛症」と呼ばれています。

自宅ケアで改善が実感できないなら、早めに専門クリニックで薄毛治療に詳しい医師に相談し、アドバイスを受けましょう。
AGAは進行性のため、放っておくとどんどん進行していきます。早い段階で原因を突き止め、治療をはじめれば薄毛の進行を手遅れにならないうちに止めることができます。

5.Dクリニックの専門外来では適切なAGA治療薬の処方や生活習慣の指導を行っています!

偏った食事や不摂生が原因の薄毛なら、生活習慣を見直すことで改善が期待できます。
しかし、自己対策で改善が見込めない場合は、AGAが原因の可能性があります。市販品を使って対策を行うこともできますが、自分の薄毛の原因に合っているのかを確認することは難しいです。

Dクリニックの専門外来では233万人の治療実績(※1999年7月~2019年12月のDクリニックの延べ患者数)をもとに、一人ひとりに合った治療法を提案しています。
AGA治療薬の処方や生活習慣の指導も行っており、わからないことがあれば経験豊富な医師が丁寧に回答してくれます。
治療に関して不安がある場合は、まずは無料カウンセリングを受けてみましょう。

?多角的な見地から産毛の成長を促す専門クリニック

一口に薄毛といってもさまざまな種類があります。自分の薄毛がどのタイプなのかを知ることが薄毛改善への近道といっていいでしょう。
不摂生から来る薄毛なら生活習慣を見直すことで改善が見込めますが、AGAの場合、原因成分の産生を抑制する必要があります。生活習慣の改善を行いながら、同時に投薬治療で薄毛の進行を止めると効率的です。

薄毛の原因はひとつとは限りません。複数の原因が重なり合っていることもあり、その場合はひとつ解決するだけでは改善は望めません。

専門クリニックでは皮フ科や形成外科の専門医が多角的な見地から薄毛の原因にアプローチします。専門的な知見の下、効率的にうぶ毛の成長を促すことが可能です。
手探りで問題解決を図っている間にAGAが進行してしまえば、その分、治療に時間がかかってしまいます。
まずは専門クリニックで原因を突き止め、自分に合った治療法を見つけましょう。

AGA治療に取り組む専門のクリニック

WEBサイト 関連ページ

Dクリニックは、
全国に6院ある発毛治療専門の医療機関です。

ご予約はこちらから

治療の内容、費用
など知りたい
自分にあった治療
を提案してほしい

無料カウンセリングとは?

まずは専門スタッフが費用や治療の効果などについて、詳しくご説明いたします。

無料約1時間

安心して治療に進むためのカウンセリング。
勧誘などは一切ありません。

STEP01

スタッフの
カウンセリング
治療の内容、注意事項についてご説明

STEP02

費用のご説明
治療にかかる費用について概要をご説明

STEP03

そのまま初診
を受けることも可能です
※クリニックによってはその日に診察できない場合がございます。

来院予約とは?

233万人以上の治療実績(※)を持つ専門クリニックの医師あなたに合った治療を行います。

有料約2時間

薄毛の原因をしっかり検査。
あなたの症状に合った治療をご提案します。
●「スタッフのカウンセリング」と「費用のご説明」も同時に行います。

STEP01

医師の診察
頭髪・頭皮の状態と身体全体の健康状態を診察

STEP02

頭部の撮影
発毛効果を多角的に判断し、経過を見るため撮影

STEP03

血液検査
薬の投与が問題ないかを判断するため、身体検査を実施
  • ●医師の診察を希望の方は、来院予約をお選びください。
  • ※1999年7月~2019年12月のDクリニックの延べ患者数
  • ※ご予約時の住所記入はございません
  1. ヘアメディカル AGA・薄毛治療
  2. 薄毛について
  3. 薄毛対策
  4. 【産毛は育つ】細く短い生え際の髪が抜ける理由と太く成長させる方法