発毛治療TOP > 薄毛について > 薄毛対策のための予防

薄毛対策と予防 薄毛対策のために自分でできる予防とは?

  • 薄毛について
  • 薄毛の原因とは
  • 女性の薄毛の原因
  • 薄毛に悩む女性が増加
  • 薄毛対策法
  • 薄毛改善のために
  • 薄毛に関するQ&A

薄毛対策、まずは予防から

薄毛の予防は、まず自分自身の状態を知ることから。

現代の日本では、年齢・性別を問わず薄毛で悩んでいる方が増えています。
問題は「薄毛の原因はAGAだけとは限らない」ということ。

実は、薄毛の原因はAGA(男性型脱毛症)だけではありません。薄毛は「髪の毛にとどく栄養が不足している」
ことが原因といわれています。
栄養のある食べ物を摂取することも肝心ですが、それ以外にどんな対策があるのでしょうか。

原因によって異なる薄毛対策

髪に栄養が届かなくなる主な要因がこちらです。

  • ・食生活の乱れ
  • ・ストレス
  • ・睡眠不足
  • ・喫煙・過度な飲酒

こうした状況に陥らないようにすることも薄毛対策には大切なことです。
症状のスピードや原因もそれぞれで、一人ひとりに合った治療が求められているのが現実です。
薄毛の予防は、まず自分自身の状態を知ることからはじまります。
生活の多様化に伴い、薄毛の傾向にも変化が見られます。食事や生活環境による影響が考えられますが、具体的にはどのような変化が見られるのでしょうか


20代でも増えている薄毛

薄毛というと30代後半から40代以降の男性というイメージがあります。
しかし、ここ最近では、20代で薄毛に悩んでいる方も少なくないのです。


ひとつの要因として、食事の欧米化によってカロリーの高いものや、脂分の多いものを習慣的に口にしていることが考えられます。
頭皮の皮脂量が増えて毛穴がつまってしまいますし、こういった食生活の中で運動不足も重なれば、血流や新陳代謝が悪くなりますから、栄養が頭皮まで行き渡らなくなってしまいます。


また、スマートフォンやゲームによって十分な睡眠がとれていない影響も考えられます。睡眠不足がたたれば、髪の成長を妨げてしまいます。こういった生活習慣が若者の薄毛を増加しているのかもしれません。


薄毛に悩む女性も

女性の薄毛についても、これまで中年期以降、女性ホルモンが減少することで起こるものとされてきました。しかし、最近では、20代から40代の女性の薄毛(びまん性脱毛症、女性男性型脱毛症(FAGA)など)が目立つようになっています。


これは、女性が社会進出をしたことで、男性と同じようにジャンクフードや高カロリーなものを偏食したりするのが要因。他にも仕事や人間関係のストレスが負担になっていることが考えられます。
症状としては、頭頂部や髪全体が薄くなってきたり、髪が細くなってコシがなくなる特徴があります。髪が全て全てなくなるという男性のような症状はほとんどありません。

薄毛予防のためにはまず生活改善

薄毛の予防や対策にもいくつかの方法がありますが、まずは自宅でできる範囲のことから行ってみましょう。
薄毛予防するために有効な対策は、栄養バランスのとれた食事、ストレスをためない生活、ストレス解消法を見つける、タバコ、酒を控える、頭皮ケアなどがあげられます。こういう私生活の改善があれば、薄毛予防ができ、さらに毛髪は正しい成長を続けていきます。
やはり健康な生活が、体にも薄毛予防にも良いということです。


育毛に必要な栄養成分


薄毛予防に必要な栄養素を摂り入れ、不足することのないように意識しましょう。

良質なタンパク質

タンパク質は、肉・乳製品・卵・納豆・穀物など、多くの食材に含まれています。これらの食品を朝、昼、晩の3食しっかり、バランス良く食べましょう。
こうした物を食べないというのも問題ですが、肉ばかりの食生活や、過剰な摂取は薄毛予防どころか、肥満や生活習慣病の原因になってしまいます。

豊富なビタミン

ビタミンには、ビタミンAをはじめとする多くの種類が存在しますが、主に薄毛対策・予防に必要といわれるビタミンは、「ビオチン」「ビタミンE」「ビタミンB群」と言われています。

偏食やファーストフード、インスタント食品、外食の多い方はビタミン不足に陥りやすいです。若い方でも食事のバランスをくずすことで薄毛になることもあります。

亜鉛などのミネラル

亜鉛は、牡蠣(カキ)など貝類に多く含まれています。その他、レバー・チーズ・卵黄・うなぎ・納豆・もも肉・アーモンド・そば粉・干しエビ・のり・落花生などに多く含まれています。

亜鉛自体、吸収率の悪い栄養素であり、食事で接種しても体内に取り込まれにくい栄養素です。また、亜鉛は吸収されにくく、体内から失われやすいという特徴があります。

ストレス社会と言われる現代では非常に失われやすい栄養素です。薄毛対策・予防のためにも意識的に摂取する必要があります。

薄毛予防には十分な睡眠が大切

人は寝ている間に、睡眠中の体の中では、成長ホルモンという物質が分泌されます。成長ホルモンは身体の組織の修復を促すホルモンであり、それは髪の毛も例外ではありません。

成長ホルモンは、眠り始めてから1時間後に分泌量がピークになります。このとき、成長ホルモンの働きによって髪の毛や、皮膚や筋肉等が修復されます。しかし、このタイミングで栄養がたりていなかったら、せっかくの育毛のタイミングを逃してしまいます。

育毛に必要な「タンパク質」は消化に時間がかかるといわれています。睡眠の3時間前には食事を済ませておくのが理想的です。
また、胃に食べ物が残ったままでは、胃や肝臓が休めず負担となり、効果的な睡眠をとることができません。不規則な睡眠、寝不足は成長ホルモンの分泌量を減らしてしまう原因になります。
また、睡眠不足などによってストレスがたまると、体内でストレスホルモンであるコルチゾールが分泌されます。この分泌が続くと、さらに睡眠がとりにくくなるため、定期的に気分転換できる時間をつくるようにしましょう。

過度な飲酒・喫煙は薄毛の原因

飲酒が薄毛につながる原因は、アルコールが肝臓で毒性のある「アセトアルデヒド」を経て無害な酢酸に分解される過程にあります。アルコールの量が多く、肝臓で分解が間に合わないと、アセトアルデヒドが血流によって体中を循環します。

このアセトアルデヒドは、脱毛・抜け毛の原因ホルモンと言われている脱毛を促進させるDHT(ジヒドロテストステロン)という物質を増加させてしまうため、薄毛になる原因と言われています。
週に1回や、1日1杯など飲む量を決めて髪や頭皮、身体に負担をかけない習慣をつくることが望ましいといえます。


喫煙は髪に重要なビタミンBやビタミンEも消費してしまいます。薄毛予防のための対策として、栄養素をバランスよく摂っても、喫煙することでその栄養素を失ってしまいます。
また、タバコは「血管を収縮させる作用」があります。育毛に重要なのは、栄養を取ることも大切ですが、その栄養を運ぶ血行も大切な要素です。血行の流れを悪くしてしまう可能性のある喫煙は、百害あって一利なしといえます。

頭皮マッサージも効果的

薄毛がはじまると、頭皮は硬くなっていきますが、この状態が続くと毛根が深く根付く環境が失われ、発毛が難しくなってしまいます。
育毛剤やAGA治療薬で、ある程度の頭皮環境の改善は見込めますが、しっかりと揉み解してあげることで、さらに効果を向上させることができます。

バスタブに浸かって、体が温まっている状態で頭皮が動く程度に優しくマッサージするのが効果的です。
ただし、頭皮だけを刺激しても意味がありません。
ポイントは、頭皮ケア。頚動脈(けいどうみゃく)のマッサージです

耳の後ろから顎の下へ向かって指で揉みながらなぞることを繰り返してください。こちらは、仕事の途中でも、お風呂でも、いつでも結構です。思いついたタイミングで行う習慣をつけると良いでしょう。
頭皮マッサージの手順はこちらです

(1)おでこの生え際から頭頂部にかけて揉み解す
(2)頭のサイドから頭頂部にかけて揉み解す
(3)後頭部の首元から頭頂部にかけて揉み解す

ゆっくりと5分ほどかけ、この手順を繰り返してください。このとき時、頭皮を傷つけないよう爪を立てずに指の腹で優しく揉み解すようにしましょう。

薄毛対策に良いシャンプー方法

薄毛改善・予防には「自分の状態を知ること」が最重要といわれます。薄毛・抜け毛の原因は個人差が大きく、その人に合った対策でなければ効果がないのです。

男性ホルモンが起因しているAGAによる薄毛の場合、刺激の少ないアミノ酸シャンプーや薬用シャンプー、スカルプDがおすすめです。シャンプーは頭皮のタイプによって異なりますので、使用する本人が違和感のないものを選んでください。

では、“あらゆる薄毛に有効なシャンプーの方法”もないのでしょうか?
答えは「ノー」です。髪と頭皮の洗い方には、共通する大事なポイントがあります。そこを押さえれば、さまざまなタイプの薄毛に効果的なシャンプーが実践できるのです。

大事なポイントとは…“頭皮=素肌”の意識

爪を立てず、指の腹を使って頭皮を洗ってください。
頭皮も顔の肌と同じように、優しくていねいに扱うことが大切です。
髪や頭皮に良いシャンプー方法がこちらになります

□シャンプーは適量を守る
□頭皮まで、すすぎ残しをなくす
□頭皮を傷つけるような強いマッサージは避ける
□洗いすぎない、逆にサボって不潔にしない(1日1回で十分です)
□洗髪後は自然乾燥するのではなくドライヤーを使用する

基本に忠実なシャンプーは、地道ですが大切な薄毛対策です。薄毛の原因を知ることでさらに自分に合ったシャンプー方法にたどり着くこともあります。
まずは、基本的なシャンプー方法を実践してみてください。

自分でできる薄毛対策は限られています。予防だけではなく、 そろそろ専門の医師のもとで治療をお考えの方は 発毛専門クリニックへ。

初診来院予約

ヘアメディカルグループの頭髪治療専門クリニック

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 城西クリニック福岡

年代別に症例集を見る

20代の症例
30代の症例
40代の症例
50代の症例
女性の症例
AGAは治せる!ヘアメディカルグループのアドバンスト発毛治療とは
女性の薄毛・抜け毛は専門病院で資料しましょう
ヘアメディカルグループ6つの特徴

育毛剤の利用も薄毛対策に効果的

近年では、育毛剤の種類も豊富に揃っています。
AGA対策向けのものや、ビタミンを直接補給できるものまで、育毛剤に含まれている成分から選ぶことが可能です。

ここでは、AGA対策に向けた発毛促進剤・育毛剤選びのポイントや成分をご紹介します。実際に使用する育毛剤を選ぶにあたり、どのようなポイントを押さえれば良いのでしょうか。

毛母細胞を活性化させる成分

毛母細胞とは、簡単にいえば毛髪を作る細胞です。
この毛母細胞を活性化させることで、発毛サイクルが正常化し、元気な髪が伸びてくる可能性が高まります。

血行を良くする成分

髪に必要な栄養は、血液によって髪の毛まで運ばれています。
しかし、毛髪に栄養が行き渡らなくなると、細く短い髪が増え、結果的に薄毛になってしまうのです。
血行を良くすることで、健やかな髪の毛をつくる頭皮環境が整います。

殺菌成分

フケや頭皮の炎症も薄毛を招く要因です。
もともとフケは、古い頭皮がはがれたものですから、誰でも発生することではあります。しかし、かゆみを伴ったり、洗髪直後にも目立ったリする場合には、菌が原因である可能性があります。
頭皮環境のトラブルでも薄毛を招いてしまいますから、発毛剤や育毛剤には殺菌成分入っていることが多いのです。

薄毛の原因はさまざま、メカニズムを知りましょう

その薄毛はAGAの可能性も?

薄毛の原因はさまざまです。原因がわからないことには、対策もできません。
では、AGAとはどういった薄毛なのか。
AGAとは男性型脱毛症のことで、主に頭頂部や生え際から薄毛になる症状です。成人男性に多く見られるAGAですが、最近では若い20代で発症することも少なくありません。
ここからはAGAの薄毛について解説いたします。

AGAのメカニズム

まずAGAのメカニズムについて、ご紹介します。
男性ホルモンである「テストステロン」が、酵素「5αリダクターゼ」と結合し、「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生み出されます。この「ジヒドロテストステロン(DHT)」が、脱毛の原因です。
ジヒドロテストステロン(DHT)がヘアサイクルを乱れさせ、髪の成長期間を短くしてしまいます。充分に栄養が届かず、しっかり育たない髪は、すぐに抜け落ちてしまうのです。

ヘアサイクルを正常化するAGA治療薬「プロペシア」

AGA治療に効果的な、治療薬はなにがあるのでしょうか。
代表的なAGA治療薬は「プロペシア」です。
AGAの原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)が生み出されること。つまり、ジヒドロテストステロン(DHT)が生み出されなければ、AGAにはならないとされています。

プロペシアの有効成分「フィナステリド」は、5aリダクターゼに働きかけ、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する働きがあります。ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されないことで、ヘアサイクルを正常にし、しっかり髪を成長させることができるのです。

女性は禁じられているプロペシア服用

AGA治療に効果的なプロペシアですが、女性が使用するのはやめましょう。有効成分のフィナステリドは、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼす危険性があるからです。
(使用するだけではなく、女性はプロペシアに触れるのも避けましょう)

フィナステリドは触れるだけで、皮膚から吸収されてしまうので、家族に女性のいる方は取り扱いに注意しましょう。

ヘアメディカルグループの専門外来なら専門の医師のもとで薄毛予防ができます

今や薄毛対策には、さまざまな方法があります。
食事や睡眠などの生活改善からはじまり、シャンプーや発毛剤・育毛剤などのヘアケア、AGA治療薬の投与など、本人の希望によって選ぶことができるのです。

しかし、なるべくなら薄毛改善を最短で行いたいもの。それには、その目標設定が重要であり、きちんと原因を究明して、適切な治療方針を持つ必要があります。

ヘアメディカルグループで紹介している専門のクリニックでは、経験と実績を兼ね備えた専門の医師が、一人ひとりのタイプに合った治療・薬の処方を行っています。
一人で悩まずに、まずは髪の専門の医師にご相談してみてはいかがでしょうか。

薄毛の原因を正しく見極めて治療するなら、AGA治療を専門に行うクリニックにご相談を

自分で薄毛予防できる範囲のこともあれば、医師や医療機関に受診しなければならない症状や状況もあります。

しかし、専門の医師のもとで安心して治療を受けるという方法もあるのです。
自分自身の体の状態を知るのは意外と難しいですが、最近では新しい技術を使って、薄毛の原因を客観的に検査してくれる病院もあります。
まだ一般的な病院には普及していない検査ですが、原因がわかればどう治療すればよいのかもわかってきますし、自分の薄毛の原因を認識することができることで治療に納得感が得られるでしょう。

もし薄毛のことを一人で悩んでいるなら、専門の医師に相談してみてはいかがでしょうか。


薄毛対策予防のまとめ

栄養バランスのとれた食事

ストレスをためない生活

ストレス解消法を見つける

タバコ・お酒を控える

薄毛の原因や対策・予防について さらに詳しくはこちら

薄毛について | 原因は大きく分けて4つ | 抜け毛との違い | 予防のための対策

薄毛とその対策についてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

薄毛対策と予防 PageTopへ

薄毛対策として、普段から予防することを意識しましょう。薄毛を予防するためには、生活のバランスを整えることが大切です。食事・睡眠のバランスが崩れると髪の毛をの成長を妨げる場合があります。過度な飲酒や喫煙も薄毛対策・予防の大敵です。




薄毛対策として自分でできる予防とは

HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長:脇坂長興医師。
城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

より詳しいサイトマップはコチラ