発毛治療TOP > ザガーロ(AGA新薬)

AGA治療ザガーロ

2015年9月28日に承認されたAGA治療薬「ザガーロ」(※1)。グラクソ・スミスクライン社(GSK)という会社から販売されているAGA対策の新薬です。

もともと存在していたAGA治療薬「プロペシア」との違いは、その効果にあります。

プロペシアよりも発毛効果の高い「ザガーロ」について、詳しくみていきましょう。

ザガーロ(GSK)とはどんな薬?

AGA治療ザガーロ

ザガーロは、GSKが承認を得た「男性型脱毛症(AGA)」の新薬です。
GSKが販売している「ザガーロ」の成分デュタステリドは、前立腺肥大症のために開発された薬の有効成分でしたが、その後にAGAに効果があることが分かりました。

プロペシアよりも男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」を効果的に抑制することが発見され、本来は前立腺肥大症のための薬をAGA治療薬として服用する人もいました。

2015年9月に、ついに日本でもGSKが「ザガーロ®カプセル0.1mg」「ザガーロ®カプセル0.5mg」(成分名:デュタステリド、以下「ザガーロ®」)について、「男性型脱毛症」の効能・効果で承認を得ました。その後、2016年6月よりGSKが販売をスタートしました。
これで日本でもデュタステリドはAGAの新薬「ザガーロ(GSK)」として処方が可能になりました。

GSKとは
GSKはグラクソ・スミスクライン社(GlaxoSmithKline)の略。イギリス・ロンドンに本社を置くグローバル製薬企業。GSKは2016年6月より「ザガーロ®カプセル0.1mg」、「ザガーロ®カプセル0.5mg」の販売を開始。また、GSKは同年10月から啓発サポーターに剛力彩芽さんを起用し、Web動画配信やTVCM放映等で20~50代のAGA(男性型脱毛症)や発毛に悩みをもつ男性に、薄毛は治療可能であることを発信し、発毛の悩み解決をサポートしています。

【AGA(男性型脱毛症)の仕組み】

ザガーロとプロペシアの違いについて

ザガーロとプロペシアの違い

◎ザガーロはⅠ型とⅡ型に作用
◎プロペシアはⅡ型のみに作用

ザガーロとプロペシアの違い

AGAの原因物質である「DHT(ジヒドテストステロン)」の産生を促す酵素「5α-還元酵素(リダクターゼ)」にはⅠ型とⅡ型があります。

新薬ザガーロ(GSK)はこの「5α-還元酵素(リダクターゼ)」のⅠ型とⅡ型の両方の働きを抑える事ができます。
これに対して、プロペシアは「5α-還元酵素(リダクターゼ)」のⅡ型のみにしか作用しません。

つまり、これまでU型にしか作用しないプロペシアではあまりAGA治療で効果が得られなかった人も、ザガーロがT型とU型の両方の作用することによって、治療効果に期待できるようになりました(※2)。

2015年に、ついに日本でもAGA治療薬としての承認が得られました。
新薬ザガーロ(GSK)は今後のAGA治療薬として期待が持てる治療薬の1つとなるでしょう。

ザガーロ プロペシア
有効成分 デュタステリド フィナステリド
効果効能 男性における男性型脱毛症 男性における
男性型脱毛症の進行遅延
用量 0.1mg、0.5mg 0.2mg、1mg
添加物 ジブチルヒドロキシトルエン、中鎖モノ・ジグリセリド、ゼラチン、グリセリン、濃グリセリン、酸化チタン、黄色三二酸化鉄、三酸化鉄、中鎖脂肪酸トリグリセリド、レシチン 結晶セルロース、乳糖水和物、部分アルファー化デンプン、デンプングリコール酸ナトリウム、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、酸化チタン、タルク、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、カルナウバロウ
特長 5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬 5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬

ザガーロ(GSK)は病院で発毛相談を

ザガーロとプロペシアでは作用が異なるため、服用の際には病院での発毛相談をおすすめします。

従来、AGAの治療薬として処方されていたプロペシアは5αリダクターゼⅠ型に作用していましたが、GSKが発売をスタートしたザガーロは5αリダクターゼⅠ型とⅡ型に作用します。(前述のザガーロとプロペシアの違いについて、をご参照ください)

シンプルに考えると、GSKのザガーロであればⅠ型Ⅱ型ともに作用するので、「とりあえずザガーロを服用すればよい」と思ってしまいがちですが、薄毛の原因がⅡ型のみの場合、ザガーロを服用してもその効果はあまり期待できません。副作用に関して「プロペシア1mg」の副作用よりも同等、もしくはそれよりやや高い発生頻度とされているため、このリスクを考えると、GSKのザガーロか、プロペシアの服用がよいかは、病院で相談(治療や薬に対して専門の医師が行う発毛相談)することが望ましいです。

また、GSKより発売がスタートしたばかりのザガーロにはまだジェネリック医薬品がありません(2016年10月時点)。薄毛の進行遅延が目的であればプロペシアのジェネリックを服用することことで、治療コストを抑えることもできます。

こういった、自分にあったAGAの治療薬を判断するためにも、病院で発毛相談を行いましょう。

ザガーロ(GSK)の効果

ザガーロの効果には「脱毛部位に太く長い毛の本数が増える」ことが挙げられ、国内外の臨床試験で結果が報告されています。

20〜50歳のAGA患者を対象とした試験では、頭頂部(直径2.54cm円内)において非軟毛※の「毛髪数の増加」が以下のように認められました。
※最近のAGA治療薬の臨床試験では「明確に数えられる髪の毛」である非軟毛の本数が増えることを発毛と定義しています。

【24週時における毛髪数の変化】
ザガーロカプセル0.1mg…63.0本の増加
ザガーロカプセル0.5mg…89.6本の増加

24週時における毛髪数の変化量は、ザガーロ0.1mgで63.0本。ザガーロ0.5mgで89.6本。フィナステリド1mgで56.5本、プラセボで-4.9本であり、ザガーロ0.1mgおよびザガーロ0.5mgでは24週時において、プラセボと比較して毛髪数が有意に増加したと報告されています。

加えて「毛髪の太さ」にもポジティブな変化が報告されています。頭頂部・前頭部いずれにも改善が見られ、特に頭頂部への効果が高いようです。

容量では「0.5mgの方がより発毛効果が高い」との試験結果です。ザガーロ添付文書には“基本0.1mgを投与、必要に応じ0.5mgを投与する”とあります。ですが、0.1mgと0.5mgでは副作用に差がないことが分かっています。効果に優位性がありリスクも変わらないとあれば、医師の判断次第で今後は0.5mgが主流となるかもしれません。

ザガーロの価格(値段)について

ザガーロは2016年の6月に発売がスタートされました。
クリニックによって異なりますが、価格の比較としてはプロペシアよりも約1.5倍前後高い値段となっています。

【価格例】
◎プロペシア錠(MSD社製)1ヶ月分:6,500円
◎ザガーロカプセル0.5mg(GSK社製)1ヶ月分:9,500円

まだ発売されて間もないため、今後ザガーロの価格には変動がありそうです。

少し価格は高くなりますが、プロペシア(フィナステリド)とは効果が異なるため、プロペシアでは期待したような効果が得られなかった人は検討してもよいかもしれません。

ザガーロ(GSK)の服用について

まず、医療機関でザガーロを処方できるのは「AGAである20歳以上の男性」だけです。AGAでない脱毛症や成人未満の方への安全性・有効性は認められていません。この点は従来の治療薬・プロペシアと同じです。

【ザガーロの服用方法】
・1日1回
・カプセルを噛まずに飲む(内容物が口の中・喉の粘膜を刺激するため)。
・忘れると効果が期待できなくなるため習慣化するタイミングでの服用がベター。

【ザガーロを服用できない方】
・女性
・子供
・肝機能に重度な障害がある方(軽度の場合は医師の判断を仰いで下さい)
※ザガーロは主に肝臓で代謝されるため血中濃度が上昇する恐れがあります。

【ザガーロ服用の注意点】
(1)前立腺ガン検査でPSA(前立腺特異抗原)値を測定する方は、担当医に「ザガーロを服用している」と報告して下さい。ザガーロにはPSA値を下げる性質があり、検査結果に影響するためです。
(2)ザガーロは経皮吸収されます。カプセルに入った状態では問題ありませんが、中身が漏れたら女性や子供が触れないようにし触れた場合は直ちに石けんと水で洗いましょう。

【ザガーロの主な副作用】
・勃起不全
・性欲減退
・精液ボリュームの減少
・乳房障害(女性化乳房・乳頭痛・乳房痛・乳房不快感)

【どれくらい飲み続ければいいか?】
通常、ザガーロ投与を始めてから効果を判定するまでには6ヶ月間が必要です。基本的には6ヵ月つづけても改善が無い場合は投薬を中止します。引き続き6ヵ月を超えて投与する場合、定期的に専門の医師と効果を確認しながら「続けるか否か」の検討が不可欠です。効果の出方には個人差があり3ヶ月ほどで改善が認められるケースもあります。

プロペシアやそのジェネリック医薬品を服用したけれど、効果が実感できなかったからと言って、ザガーロに変えることで急に発毛を実感できるとは限りません。ザガーロが自身にとって効果的かどうかは、前述の通りAGAの原因となる5αリダクターゼの型等に影響されます。
今後は、多様化するAGA治療法の中から、患者様一人ひとりに 合う効果的な治療法を探ることが必要になってきます。そこでヘアメディカルグループでは、AGAリクス遺伝子検査を行っています。

AGAリスク遺伝子検査は、 AGAの原因に関わる還元酵素「5αリダクターゼⅠ型」「5αリダクターゼⅡ型」や「アンドロゲン受容体」の遺伝子発現量を毛包から測定してAGAのリスクを判断し、患者様一人ひとりにより効果的な治療薬を選定するための検査です。 この検査によって、検査時点でザガーロが効果的かを知ることができます。また、髪の量が十分にある健常毛の方にとっては、現時点で『AGAにな るリスク』の大きさを測ることが可能です。

ザガーロ(GSK)の個人輸入にご注意

ザガーロは他のAGA治療薬と同様、個人輸入代行サイトなどインターネット上からも購入できます。が、安全性の理由からこの方法はおすすめできません。

第一に、正規品でない偽薬を送りつけられるリスクがあります。AGA治療薬は世界的にも人気で悪徳業者のターゲットになりやすい商品と言われています。現状、多数の被害が出ており厚生労働省も注意喚起しているようです。

第二に、ザガーロはその効果に比例し副作用リスクが低くない医薬品です。そのため個人の判断で購入・使用する行為には大きな健康被害の恐れが伴うのです。

ようやく日本でも発売が解禁された大注目の発毛内服薬・ザガーロ。せっかく服用するなら発毛の恩恵は最大限に…身体へのリスクは最小限にしたいものですね。そのためにも、カウンセリング→医療機関での処方(特にAGA専門クリニックでの処方)の流れがベストな選択と言えます。

ザガーロQ&A


ザガーロの成分は前立腺肥大症のための薬だったはずですが、
どうしてAGAに効果があるのですか?


先にもご紹介しましたが、前立腺肥大症は、男性ホルモンであるテストステロンが原因で引き起こされる男性特有の疾患です。
テストステロンは、酵素(5α還元酵素)の働きでより強い男性ホルモンとして作用するジヒドロテストステロンへ変換されます。
このジヒドロテストステロンが、前立腺肥大症などを引き起こしたり悪化させたりするのですが、ザガーロの成分であるデュタステリドは、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換するのを阻害することで、前立腺肥大症を抑えるのです。

AGA(男性型脱毛症)も、前立腺肥大症と同じように、ジヒドロテストステロンが大きな原因の1つです。
この酵素(5α還元酵素)を阻害することができれば、ジヒドロテストステロンが作られなくなります。それによって脱毛が抑えられ、AGA治療に効果があるのです。


ザガーロがヘアサイクルに与える影響を教えてください。


AGAは、「DHT(ジヒドテストステロン)」などの関与によりヘアサイクルの「成長期」が短縮され、硬毛が軟毛化することで“薄毛”が徐々に進行してしまいます。
ザガーロは、テストステロンをDHTに変換するⅠ型およびⅡ型の酵素(5α還元酵素)を阻害することでヘアサイクルの正常化を促します。
これによって、毛髪の数を増加させます。


ザガーロは男性のAGAにしか有効ではないのですか?女性の服用はできますか?


残念ながら、女性は服用できません。
女性が妊娠中の場合、男子胎児の外生殖器の発達を阻害する可能性が示唆されています。
また本剤は経皮吸収されるため、女性や小児はカプセルから漏れた薬剤に触れることも禁忌とされています。


ザガーロの副作用を教えてください。


ザガーロの代表的な副作用は下記があげられています。

 ◆勃起不全
 ◆性欲減退
 ◆精液ボリュームの減少
 ◆乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感)


GSKとはなんですか?


GSKとは、グラクソ・スミスクライン社(GlaxoSmithKline)の略。イギリス・ロンドンに本社を置くグローバル製薬企業。GSKは2016年6月より「ザガーロ®カプセル0.1mg」、「ザガーロ®カプセル0.5mg」の販売を開始。GSKは、Web動画配信やTVCM放映等で20~50代のAGA(男性型脱毛症)で悩む男性に、薄毛は治療可能であることを発信し、発毛の悩み解決をサポートしています。

※1 参照元:ザガーロ
※2 参照元:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

年代別に症例集を見る

20代の症例
30代の症例
40代の症例
50代の症例
女性の症例
AGAは治せる!ヘアメディカルグループのアドバンスト発毛治療とは
女性の薄毛・抜け毛は専門病院で資料しましょう
ヘアメディカルグループ6つの特徴

>>>>>> AGAでお悩みの方に治療専門病院 <<<<<<

クリニックを詳しくご紹介します ~お近くのクリニックをお選びください~

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

ザガーロ PageTopへ



ザガーロ(GSK)とは?

HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長:脇坂長興医師。
城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

【コンテンツポリシーについて】

ヘアメディカルは、ウェブサイトの運用に際して、コンテンツのポリシーを定めこれに即して提供する情報を作成しています。 >>詳しいコンテンツのポリシーはこちら

より詳しいサイトマップはコチラ