ザガーロについて

ザガーロについて

AGAに効果がある治療薬「ザガーロ」とは?

ザガーロについて

ザガーロとは

ザガーロとは

ザガーロは、グラクソ・スミスクライン株式会社(以下GSKとする)が承認を得た「男性における男性型脱毛症」の治療薬です。
ザガーロの成分デュタステリドは、前立腺肥大症のために開発された薬の有効成分でしたが、その後に AGAに効果があることが分かりました。 プロペシアよりも男性ホルモンの 「DHT(ジヒドロテストステロン)」を効果的に抑制することが発見され、本来は前立腺肥大症のための薬をAGA治療薬として服用する人もいました。
2015年9月に、ついに日本でもGSKが「ザガーロカプセル0.1mg」「ザガーロカプセル0.5mg」(一般名:デュタステリド、以下「ザガーロ」)について、 「男性における男性型脱毛症」の効能・効果で承認を得ました。 これで日本でもデュタステリドはAGAの治療薬「ザガーロ」として処方が可能になりました。

【AGA(男性型脱毛症)の仕組み】

ザガーロとプロペシアは「5α還元酵素(リダクターゼ)」に対する作用が違う!?

ザガーロとプロペシアの違い

  • ザガーロはⅠ型とⅡ型に作用
  • プロペシアはⅡ型のみに作用

AGAの原因物質である「DHT(ジヒドテストステロン)」の産生を促す酵素「5α-還元酵素(リダクターゼ)」には、Ⅰ型とⅡ型があります。
ザガーロはこの「5α-還元酵素(リダクターゼ)」の Ⅰ型とⅡ型の両方の働きを抑える事ができます。
これに対して、プロペシアは「5α-還元酵素(リダクターゼ)」の Ⅱ型のみにしか作用しません。
つまり、これまでⅡ型にしか作用しないプロペシアではあまりAGA治療で効果が得られなかった人も、ザガーロ(※1)がⅠ型とⅡ型の 両方に作用することによって、治療効果が表れる可能性があります。
2015年には、ついに日本でもAGA治療薬としての承認が得られ、ザガーロは今後のAGA治療薬として期待が持てる治療薬の1つとなりました。

ザガーロの効果と副作用

ザガーロカプセル

シンプルに考えると、GSKのザガーロであればⅠ型Ⅱ型ともに作用するので、「とりあえずザガーロを服用すればよい」と思ってしまいがちですが、薄毛の原因がⅡ型のみの場合、ザガーロを服用してもその効果はあまり期待できません。

副作用に関して「プロペシア1mg」の副作用よりも同等、もしくはそれよりやや高い発生頻度とされているため、このリスクを考えると、GSKのザガーロか、プロペシアの服用がよいかは、病院で相談(治療や薬に対して専門の医師が行う発毛相談)することが望ましいです。

ザガーロに期待できる効果

ザガーロの効果には「脱毛部位に太く長い毛の本数が増える」ことがあげられ、国内外の臨床試験(第III相試験)で結果が認められています。 20~50歳のAGA患者を対象とした国内長期投与試験では、頭頂部(直径2.54cm円内)において非軟毛の「毛髪数の増加」が下記の通り認められました。 ※最近のAGA治療薬の臨床試験では「明確に数えられる髪の毛」である非軟毛の本数が増えることを発毛と定義しています。

24週時における毛髪数の変化

  • ザガーロカプセル0.1mg 63.0本の増加
  • ザガーロカプセル0.5mg 89.6本の増加

24週時における毛髪数の変化量は、ザガーロ0.1mgで63.0本。ザガーロ0.5mgで89.6本。フィナステリド1mgで56.5本、プラセボで-4.9本であり、ザガーロ0.1mgおよびザガーロ0.5mgでは24週時において、プラセボと比較して毛髪数が有意に増加したと報告されています。

また、「毛髪の太さ」にもポジティブな変化が報告されています。頭頂部・前頭部いずれにも改善が見られ、特に頭頂部への効果が高いようです。

容量に関しては「0.5mgの方がより発毛効果が高い」との試験結果が出ており、0.1mgと比べて副作用にも差がないことが分かっています。効果に優位性があり、リスクも変わらないため、今後は医師の判断次第で0.5mgの処方が主流となるかもしれません。

副作用はプロペシアとほぼ同じ

ザガーロは発毛効果が期待できますが、一部の方は服用することができません。

まず、医療機関でザガーロを処方できるのは「AGAである20歳以上の男性」だけです。AGAでない脱毛症や成人未満の方への安全性・有効性は認められていません。

ザガーロを服用できない方

  • 女性
  • 子供
  • 肝機能に重度な障害がある方
    (軽度の場合は医師の判断を仰いで下さい)
    ※ザガーロは主に肝臓で代謝されるため血中濃度が上昇する恐れがあります。

ザガーロはプロペシアと同様に、男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害する作用があるため、主に男性機能に関わる副作用が多いようです。

ザガーロの主な副作用

  • 勃起不全
  • 性欲減退
  • 精液量の減少
  • 精神障害
  • 初期脱毛

どの副作用も割合としては低いようですが、実際に副作用の症状が出ていることを考えると、妊活中の方は服用を避けるべきかもしれません。
また、AGA治療薬は男性ホルモンに作用するため、 少なからず精神的にも影響を及ぼす可能性があります。メンタルケアを受けている方は、服用するにあたって注意が必要です。

ザガーロの価格

ザガーロの価格

ザガーロは2016年の6月に発売がスタートしました。ここまで、プロペシアとザガーロの効果・副作用について見てきましたが、価格には違いがあるのでしょうか。

プロペシアの1.5倍

クリニックによって異なりますが、価格の比較としてはプロペシアよりも約1.5倍前後高い値段となっています。

価格例

  • プロペシア錠(MSD社製)…
    1ヶ月分:7,000円
  • ザガーロカプセル0.5mg(GSK社製)…
    1ヶ月分:9,500円

今のところザガーロにはジェネリックがない

GSKより発売がスタートしたばかりのザガーロには、今のところジェネリック医薬品がありません。薄毛の進行遅延が目的であればプロペシアのジェネリックを服用することで、治療コストを抑えることもできます。

少し価格は高くなりますが、プロペシア(フィナステリド)とは効果が異なるため、プロペシアでは期待したような効果が得られなかった人は検討してもよいかもしれません。 まだ発売されて間もないため、今後ザガーロの価格には変動がありそうです。

ザガーロの入手方法は?

ザガーロの入手方法は?

ザガーロは、どのような経路で入手することができるのでしょうか。いくつかの方法と、利便性や安全性について詳しく見ていきましょう。

通販・個人輸入を利用する

パソコンやスマートフォン

ザガーロは、海外通販や個人輸入を通して購入することも可能です。現代はインターネットの普及によって、誰でも手軽に手に入れることができます。
ただし、言語の問題もあり、直接海外サイトで購入するのはトラブルにも繋がります。そんな問題点を回避してくれるのが、個人輸入代行業者のサービスです。

個人輸入代行業者というと、海外から輸入したものを代理で販売するイメージを持ちますが、それでは厚生労働省が定めている薬事法に違反してしまいます。
日本語表記のサイトを作成し、スムーズに個人輸入を行えるサポートをしてくれるのが、個人輸入代行業者の行うサービスです。つまり、輸入にあたっての責任全般は、あくまでも利用者個人にあります。また、 輸入薬には偽装品も多く出回っていて中には重篤な障害を引き起こす成分が入っていることもありますので、より注意が必要です。

病院で処方をうける

メモをしている写真

日本国内でザガーロを入手するには、病院で医師から処方を受ける必要があります。この場合、薬の量や服用方法について責任を負うのは、処方をした医師です。
少なからず副作用が認められているザガーロですから、何か問題が起きた場合は、すぐに処方を受けた医師に相談できる安心感があります。副作用が心配な方は、本物の薬を扱う病院での処方をおすすめします。

個人輸入はリスクが高いため注意が必要

個人輸入はリスクが高いため注意が必要

正規品でない偽薬を送りつけられるリスク

AGA治療薬は悪徳業者のターゲットになりやすい商品といわれています。現状、多数の被害が出ており厚生労働省も注意喚起しているようです。

個人輸入は健康被害のリスク大

海外から輸入する場合、治療薬に含まれる成分の容量・製法には、一切の保証がありません。そのため、個人の判断で購入・使用する行為には、大きな健康被害のリスクが伴います。

発毛治療を考えるにあたって、体へのリスクは最小限にしたいものです。インターネットを通じて安価な商品を手軽に入手できる時代だからこそ、治療薬であることの重要性をしっかり考慮するべきでしょう。

AGA治療は専門クリニックへ

医師たちの写真

Dクリニックは正しい検査で適切な治療薬の処方を行っています!

診察をおこなう医師の写真

ザガーロなどのAGA(男性型脱毛症)治療薬を服用するにあたって、信用できる医師を選ぶことが最も重要となります。
AGA外来を受ける男性型脱毛症患者様は、 少なくとも半年以上の長期的な治療が必要です。ただ単純に治療薬を処方している病院では、薄毛改善がみられなかったり副作用のトラブルがあった場合、不安を募らせてしまうことになります。

Dクリニックであれば、経験・実績の豊富な医師が検査や治療にあたっています。一人ひとりの症状や体質に合わせて治療薬を処方し、必要があれば生活改善の指導も行っています。
発毛治療を真剣に考えている方は、髪のエキスパートに相談するのが結果として最短の治療となるはずです。

それぞれのタイプに合った治療が受けられる専門の病院

もともと頭の形や髪質が違うように、髪が生えてくる過程にもそれぞれ個人差があります。
発毛治療を行うにあたって重要なのが、客観的な視点での判断です。そのためには、現状の頭皮環境はどうなっているか、どんな 方法が最も適切かを見極める必要があります。

髪の専門の病院には基本的な検査機器が揃っていますから、自分に合った治療を受けることが可能です。自己判断では見えて来なかった、思わぬ改善方法が見つかるかもしれません。

口コミで評価の高い育毛剤を使用しても効果が出ず、あきらめてしまったという方も、今一度専門の病院を検討してみてください。まずは無料カウンセリングを利用して、相談するところからはじめてみましょう。

WEBサイト 関連ページ

プロフィール

まずは自分の状態を知りたい方

1問でも当てはまると危険かも?まずは自己診断しましょう。

Dクリニックは、
全国に6院ある発毛治療専門の医療機関です。

ご予約はこちらから

治療の内容、費用
など知りたい
自分にあった治療
を提案してほしい

「無料カウンセリング」と「来院予約」との違いとは?

無料カウンセリングとは?

まずは専門スタッフが費用や治療の効果などについて、詳しくご説明いたします。

無料約1時間

安心して治療に進むためのカウンセリング。
勧誘などは一切ありません。

STEP01

スタッフの
カウンセリング
治療の内容、注意事項についてご説明

STEP02

費用のご説明
治療にかかる費用について概要をご説明

STEP03

そのまま初診
を受けることも可能です
※クリニックによってはその日に診察できない場合がございます。

来院予約とは?

220万人以上の治療実績(※)を持つ専門の医師あなたに合った治療を行います。

有料約2時間

薄毛の原因をしっかり検査。
あなたの症状に合った治療をご提案します。
●「スタッフのカウンセリング」と「費用のご説明」も同時に行います。

STEP01

医師の診察
頭髪・頭皮の状態と身体全体の健康状態を診察

STEP02

頭部の撮影
発毛効果を多角的に判断し、経過を見るため撮影

STEP03

血液検査
薬の投与が問題ないかを判断するため、身体検査を実施
  • ●医師の診察を希望の方は、来院予約をお選びください。
  • ※1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数
  • ※ご予約時の住所記入はございません
  1. ヘアメディカル[発毛治療]
  2. ザガーロについて