発毛治療TOP > ミノキシジルとは

気になる髪のキーワード|ミノキシジルとフィナステリドとの併用による発毛の効果に期待!ミノキシジルとは!?ミノキシジルは市販薬とクリニックの処方薬では濃度が異なります!

ミノキシジルとは?

発毛・育毛成分のミノキシジルは、もともとは1970年代後半にアメリカで血管拡張剤として開発され、血圧降下剤として使用されていました。
しかし、その副作用として全身の多毛症(Hypertrichosis)を頻繁に引き起こすことから、頭皮に対しての外用薬として臨床試験が実施され、脱毛症に有効だと発表されました。今では、頭皮の薄毛を改善するのに効果がある治療薬として、広く知られるようになっています。

医薬品成分として発毛効果が認められています

ミノキシジルは、毛根部分の血管拡張を促す有効成分で、日本では大正製薬の「リアップ」として市販されています。
フィナステリドと同じく、厚生労働省から発毛医薬品として認可されており、薄毛改善の治療薬として使用されています。

自己診断による脱毛症の原因追求には誤りがあるケースも!早めの治療が脱毛症の解決に!

ミノキシジルは、専門の医師の元で症状にあわせて正しく使用することで副作用の心配もなく、短期間で効果的な治療が受けられます。やみくもに自己判断で行う薄毛対策よりも安全で、結果的に時間も費用も少なく済むかもしれません。

髪(頭髪)の専門医師と一緒に行う、薄毛解消のための治療とは? 詳しく見る>>

ミノキシジルの効果

細胞分裂を活性化させて髪を成長させる

ミノキシジルの働き

ミノキシジルは直接毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪成長を早める働きをします。

リアップ(商品名)の治験に携わった故 武田克之(元 徳島大学名誉教授・元 F.M.L.理事長)氏によれば、「ミノキシジルの含有量1%と2%の双方を実験した結果、ほとんど効果の差が見られなかった。副作用も考慮して、日本人の体質には1%が最良だと判断できた」とのことです。

ミノキシジル成分入り発毛剤の先駆けである「リアップ」は、発売初年度は、爆発的なヒットとなりましたが、現在では、各メーカーが後発の商品と市場へ導入し、売上は横ばいとなっています。

ミノキシジル

アメリカで治験に関わったオルセン博士は、1%の場合は、連続使用したとしても効果が出るまで最低6ヶ月は必要だと見ています。ともあれ、地道な継続が必要なことは5%含有の商品(ロゲインなど)も同じこと、と多くの医療関係者は口をそろえています。ただし、ミノキシジルはAGA(男性型脱毛症)の「頭頂部」にのみ効果が認められており、額の生え際における効果は確認されていない点をご注意ください。

人には、「成長期→退行期→休止期」という毛髪のヘアサイクルがあります。通常2〜6年をかけて髪は成長し、やがて成長が止まる退行期・休止期を経て髪は抜け落ち、再び新しい毛へと生え変わります。

AGA(男性型脱毛症)の場合、このヘアサイクルを乱しているのがDHT(ジヒドロテストステロン)という物質です。
男性ホルモンであるテストステロンと、5αリダクターゼという酵素が結合すると、DHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉男性ホルモンをつくり出し、これがAGAの脱毛原因となります。

フィナステリドは、脱毛の根源である5αリダクターゼの働きを抑制する働きがあり、継続して服用することでヘアサイクルを正常化させて、太く長い髪を取り戻す効果があります。

ミノキシジルは、頭皮の血行や毛母細胞の活性化を促進し、髪の毛が生える土壌をつくる効力がありますが、フィナステリドは、脱毛原因を抑制することでヘアサイクルを正常に戻すという作用があります。

似て非なる作用ですが、どちらもAGA改善が期待できる治療薬です。

ミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)の併用による効果

ミノキシジルとプロペシアの併用で、もっと効果的な治療を行いましょう

ミノキシジルを効果的に治療するには、経口育毛剤のプロペシア(フィナステリド)との併用が重要と各医療関係者が口をそろえています。併用処方は一般的に最も期待できるといわれ、発毛治療を専門に扱う病院でも、ミノキシジルの塗布とプロペシア(フィナステリド)を患者の状態に合わせ、処方を行ない効果をあげています。

このミノキシジルの塗布とプロペシア(フィナステリド)を併用する効果を詳しくみてみましょう。プロペシア(フィナステリド)は、脱毛を引き起こす成分を体内で阻害する効果がある脱毛防止剤となります。脱毛を防止しただけでは本人の期待値を超える効果は難しいものです。しかし、ミノキシジルを併用することで、ミノキシジルが発毛因子を刺激して発毛を促す効果があります。

このようにミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)は、お互いの長所と短所を補うことで治療効果を発揮します。ミノキシジルによって発毛を促進し、プロペシア(フィナステリド)により今ある毛の脱毛を防止するとともにミノキシジルで生えた毛が産毛の段階で抜け落ちないように防ぎます。

日本で市販もされている「リアップX5プラス」ですが、メーカー側の正式な説明で有効性は、「朝と夜の1日2回の塗布で4ヵ月使用後から認められる」とされています。

ただし、「6ヵ月使用しても改善されない場合は、AGA以外の原因である可能性もある」とも書かれていますから、変化が見られない場合には医療機関への相談をおすすめします。

毛髪の専門クリニックであれば「リアップ」だけでなく、別の治療薬も試すことができます。成分濃度も調節ができますから、早い段階で自分に合った治療薬を使用することが可能です。

ミノキシジルの副作用

高い発毛・育毛効果が期待できるミノキシジルですが、副作用が出ることもあります。具体的には、どのような症状があるのでしょうか。

ミノキシジル成分を含有している発毛剤を使用すると、健全な髪へと抜け変わる初期脱毛のような症状ではなく、頭皮に痒みの症状が出るという声もあります。その原因として代用的な3つを見てみましょう。

1:血管が拡張されることによる痒み

ミノキシジルには、血管を拡張する働きがあり、頭皮の血流がよくなることで毛包に必要な栄養を十分に行き渡せ、発毛を促進するという作用があります。

この血行促進によって、自然と痒みを感じるようになることがあるのです。

2:溶剤へのアレルギー反応としての痒み

ミノキシジルには、水に溶けにくいという性質があり、ミノキシジルを配合するために成分として溶剤が使われる場合があります。

具体的には、アルコールやプロピレングリコールなどですが、アレルギーを誘発する物質といわれています。この溶剤が肌にあわず、アレルギー反応を起こし、痒みとなるケースもあるようです。

3:ミノキシジルが合わないことによる痒み

ミノキシジルそのものには、痒みやアレルギーを誘発するような成分は含まれていないとされていますが、人によっては肌に合わず、痒みを感じてしまうこともあるようです。

血管拡張作用によるむず痒さは仕方がないとしても、そもそもミノキシジルの使用を控えた方が良い人はいるのでしょうか。

これに該当するタイプは、3種類考えられます。

タイプ1:もともと肌が弱いタイプ

もともと肌が弱く、過去にアレルギー反応を起こしたことのある人は、ミノキシジル、または溶剤による拒否反応を示す可能性が高いことが想定できます。

タイプ2:頭をかきむしってしまうタイプ

ミノキシジルの血管を拡張する作用によって起こる痒みは、避けられないものかもしれません。しかし、この痒さが気になって頭皮をかきむしるタイプは、頭皮を傷つけ、場合によっては炎症を起こしてしまう可能性もあります。

タイプ3:規定の容量を守れないタイプ

育毛剤の量が多ければ発毛すると思い込んでいたり、心配になって1日に何度も頭皮に塗ってしまうタイプは、もともとの効力を活かすことができません。かえって頭皮を傷つけてしまう可能性が高いです。

ところで、ミノキシジルを含有した育毛剤は、どこで入手できるのでしょうか。入手経路の違いと、特徴を見ていきましょう。

ミノキシジルを含んだ育毛剤として、最も知名度の高いのがリアップシリーズでしょう。日本の育毛剤の中で、ミノキシジルを含有している唯一の市販製品です。

成分濃度は、リアップX5プラスがミノキシジル5%で、それ以外はすべて1%配合されています。価格は5,000円〜7,000円ほどで、通常の育毛剤としては少し高めです。

年代別に症例集を見る
  • 20代の症例
  • 30代の症例
  • 40代の症例
  • 50代の症例

クリニックを詳しくご紹介します ~お近くのクリニックをお選びください~

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

頭皮のフケやかゆみは薄毛の危険信号!
あなたの頭皮の状態を今すぐチェック!!

簡単な問診票でAGA度をセルフチェック AGAセルフチェック

病院で育毛剤の処方を受ける

ミノキシジルが医薬品成分である以上は、医療機関で検査をし、医師の処方で使用するのが安全で、かつ効果が期待できます。

医療機関の場合、ミノキシジル=リアップが渡される訳ではありません。医療機関ではリアップだけでなく、その他の育毛剤も取り揃えています。ミノキシジルの配合濃度も調整することができるため、自分に合った適切なミノキシジルが処方されます。

育毛剤の価格は、処方されるものによって異なりますが、診察料がプラスされるため、個人的にヘアケアをするよりは、その分高くなります。

インターネットを通じて、海外の通販サイトや個人輸入代行サービスを利用して育毛剤を購入することも可能です。

ミノキシジルを含んだ製品は、「ロゲイン」や「カークランド」などリアップ以外からも選ぶことができます。価格もリアップの3分の1程度で購入可能な製品もあり、長期的に使用することを考えると経済的です。ただし、リスクもあります。

育毛剤の費用を安く抑えるには、通販や個人輸入の利用を検討している方もいらっしゃることでしょう。ただし、そのリスクを事前に頭に入れておく必要があります。

●偽物の製品が届く可能性もある

粗悪品や偽物が送られてくるケースがあるようです。
そもそも有効成分が入っていない育毛剤を頭皮に塗っても効果はありませんし、それどころか予想もしなかった副作用が発症する可能性もあります。

体調にトラブルがあった場合でも、正規販売者からの購入ではないために、何の救済措置を受けることもできません。

政府の海外輸入薬についての危険性を啓発しており、また消費者センターへ多くの苦情が来ている状況を見ても、高いリスクを心得たうえで利用する必要があります。

●そもそも製品が届かない

特に海外サイトとの取引の場合、製品が発送されていないだけでも、その国の言葉で対応しなくてはならないため、手間と時間がかかります。

その販売業者が優良かどうかの判断もつきにくいため、最悪の場合は詐欺に遭ってしまうリスクも考慮しておくべきでしょう。

女性用のミノキシジル含有の育毛剤について

女性専用ミノキシジル成分入り発毛剤のご紹介

ミノキシジルは、女性にも効果がある成分として発毛剤などに使用されています。
大正製薬は、女性用の発毛剤「リアップレディ」を2005年4 月から全国の薬局および一部薬店にて販売を開始しています。「リアップレディ」は、発毛・育毛成分「ミノキシジル」を有効成分とした女性用の 医薬品の発毛剤です。
ミノキシジルの女性用発毛剤も市販されていますが、病院で処方される医療用ミノキシジルに比べると市販のミノキシジルは作用成分の濃度が低く なっています。

女性には女性の薄毛の原因があります。専門の医師に相談してみませんか?

女性の薄毛には、男性と違った女性特有の薄毛の原因があります。
正しくその原因を把握し、それぞれに最適な治療をすることで、
効果的な薄毛治療ができます。自己判断での薄毛治療には限界があります。
薄毛が気になりだしたら、無料カウンセリングからはじめませんか?
ヘアメディカルグループのクリニックには、女性専門のクリニックや
男女別の待合室があり、女性でも安心して通院ができます。

女性の薄毛・抜け毛は治ります>>

世界初「ミノキシジルゲル」を聖マリアンナ医科大学と共同開発

日本国内の医療機関として初めて患者様向けに処方を開始致しました。

ミノキシジルゲル

NPO法人 毛髪医学研究会は、世界で初となる『ゲルタイプ』のミノキシジルを聖マリアンナ医科大学の井上 肇特任教授と共同開発。日本国内の医療機関として初めて導入し、関連医療施設5ヶ所(メンズヘルスクリニック東京、ウィメンズヘルスクリニック東京、AACクリニック名古屋、脇坂クリニック大阪、城西クリニック福岡)で患者様向けにミノキシジルゲルの処方を本格的に開始致します。

関連医療施設が共同開発した世界初の『ミノキシジルゲル』は、柔軟性と弾力性を兼ね備えた吸水性高分子素材(ゲル)で構成されています。これにより、リキッドタイプのミノキシジルのように患部から流れ落ちることがなく、適応部位への滞留時間を長く確保できます。また、容器はチューブタイプで使いやすく、使用量の調整が可能なことも特徴です。

育毛剤でヘアケアを考える場合、市販製品を購入して行うのが一般的です。
ただし、発毛効果の高いミノキシジルを含有する製品は、副作用のリスクも伴います。

これを最小限に抑えるためには、頭髪専門の医師のもとで、症状にあわせて正しく使用することが重要です。やみくもに自己判断で行う薄毛対策よりも安全で、結果的に時間も費用も少なく済む可能性もあります。また、安心して効果的な治療法を受けることができます。

AGA治療薬の処方以外にも、HARG治療や、特殊なところではSMP治療を行っている専門クリニックもあるようですから、気になる方は調べてみてください。

市販薬で効果が得られないと感じたら、専門クリニックで診断してもらい、自分にあった薬を処方してもらいましょう。

クリニックを詳しくご紹介します ~お近くのクリニックをお選びください~

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 城西クリニック福岡

無料カウンセリング

専門医師の本格治療

ミノキシジル成分による薄毛治療は、
専門の医師にご相談いただくことが、解決への近道です。
お住まいのお近くのクリニックをお選びください。

このページの先頭へ戻る

発毛治療(ミノキシジル)のための診察の流れ

発毛治療(ミノキシジルなど)専門クリニックでは無料カウンセリングを行っています。

ミノキシジルを効果的に使用して治療するには、経口育毛剤のプロペシア(フィナステリド)との併用が最も効果的だと言われています。発毛治療を専門に扱う病院でも、ミノキシジルの塗布とプロペシア(フィナステリド)を患者の状態に合わせ、処方を行ない効果をあげています。
ミノキシジルと他の発毛剤との併用治療にご興味のある方は、まずは無料カウンセリングをご利用ください。

診察の流れ

図:診察の流れ

  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

発毛剤ミノキシジルには大きく分けて2種類あり、飲むタイプのミノキシジルタブレット(ミノタブ)と呼ばれる内服薬と、塗るタイプのミノキシジルリキッドやミノキシジルゲルのような外用薬があります。それぞれの特徴や、効果、副作用についてご説明します。



ご予約時の住所記入はございません

初診来院予約 予約フォームはこちら

無料カウンセリング 専門スタッフによるカウンセリング

お電話での来院予約 お電話での来院予約も受付ております

6つの特徴

AGAセルフチェック

関西エリア もっと女性が通いやすい病院へ 女性専用の頭髪外来を新設 脇坂クリニック大阪特集 詳しくはヘアメディカルビューティへ

男女別 私のAGA・薄毛治療 体験談

プロペシアとザガーロ ヘアメディカルだけ!あなたのAGA治療にはどちらの薬が効果的か検査できます。AGAリスク遺伝子検査

あなたと似た症例が検索できます

【特集】発毛専門クリニック
東京
名古屋・栄
福岡・天神
東京
大阪・梅田

AGAは専門医の治療で治ります

薄毛治療っていくらかかるの?

  • 初めて薄毛治療をお考えの方へ
  • 総合頭髪治療とは
  • 発毛治療の流れ
  • AGAについて
  • 予防のための薄毛対策
  • もう一度、頭髪専門クリニックで薄毛・抜け毛治療へ

ミノキシジルの効果・副作用|タブレット、リキッド、ゲルの違い

HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

           

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪 院長:脇坂長興医師。 城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

より詳しいサイトマップはコチラ