ミノキシジルとは

ミノキシジルはフィナステリドとの併用が効果的

220万人の治療実績を持つDクリニックが推奨

ミノキシジルとフィナステリドのイメージ
  • ※このサイトは、Dクリニックの院長の監修のもと運営しています。
    Dクリニックは、発毛専門の医療機関で220万人の患者様と向き合ってきた実績があります。
  • ※220万人:1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数

ミノキシジルとは?

発毛成分のミノキシジルは、もともとは1970年代後半にアメリカで血管拡張剤として開発され、血圧降下剤(降圧剤)として使用されていました。
しかし、その副作用として全身の多毛症(Hypertrichosis)を頻繁に引き起こすことから、頭皮に対する発毛外用薬として臨床試験が実施され、脱毛症に有効だと発表されました。今では、頭皮の薄毛を改善するのに効果がある治療薬として、広く知られるようになっています。

テレビ出演情報 テレビ出演情報

医薬品成分として発毛効果が認められている

ミノキシジルは、毛根部分の血管拡張を促す有効成分で、日本国内では一般用医薬品の第1類医薬品として、大正製薬の「リアップ」やアンファーの「スカルプD メディカルミノキ5」が市販されています。
フィナステリドと同じく、厚生労働省から発毛医薬品として認可されており、薄毛改善の治療薬として使用されています。

自分なりのやり方で大丈夫?

「正しいケアのやり方は?」
「どうして病院で治療した方が良いの?」
Dクリニックの、薄毛治療に詳しい医師が髪の悩みに対し、
正しい知識をお伝えします。

ミノキシジルの効果

細胞分裂を活性化させて髪を成長させる

ミノキシジルは、毛母細胞に直接働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させることで髪の成長を早める働きをします。

効果を実感するためには継続が必要。
気になる生え際の効果は?

ミノキシジル成分入り男性用発毛剤の先駆けである「リアップ」は、発売初年度は、爆発的なヒットとなりましたが、現在では、アンファーなど各メーカーが後発の商品を発毛剤市場へ導入し、売上は横ばいとなっています。

髪の成長を表すイメージ図

アメリカで治験に関わったオルセン博士は、1%の場合は、連続使用したとしても効果が出るまで最低6ヶ月は必要だと見ています。ともあれ、地道な継続が必要なことは5%含有の商品(ロゲインなど)も同じこと、と多くの医療関係者は口をそろえます。

ただし、ミノキシジルはAGA(男性型脱毛症)の「頭頂部」にのみ効果が認められており、額の生え際における効果は確認されていない点をご注意ください。

AGA治療薬プロペシアと作用の違いは?

人には、「成長期→退行期→休止期」という毛髪のヘアサイクルがあります。通常2~6年をかけて髪は成長し、やがて成長が止まる退行期・休止期を経て髪は抜け落ち、再び新しい毛へと生え変わります。(※1)

AGA(男性型脱毛症)の場合、このヘアサイクルを乱しているのがDHT(ジヒドロテストステロン)という物質です。
男性ホルモンであるテストステロンと、5αリダクターゼという酵素が結合すると、DHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉男性ホルモンをつくり出し、これがAGAの脱毛原因となります。

フィナステリドは、脱毛の根源である5αリダクターゼの働きを抑制する働きがあり、継続して服用することでヘアサイクルを正常化させて、太く長い髪を取り戻す効果があると言われています。

ミノキシジルは、頭皮の血行や毛母細胞の活性化を促進し、髪の毛が生える土壌をつくる効力があると言われますが、フィナステリドは、脱毛原因を抑制することでヘアサイクルを正常に戻すという作用があるとされています。

似て非なる作用機序ですが、どちらもAGA改善が期待できる治療薬です。

毛根アイコン 医師が行うAGA・薄毛治療 専門クリニックの治療とは?

ミノキシジルとフィナステリドの併用による効果

ミノキシジルとフィナステリドの併用で、
もっと効果的な治療を行いましょう

ミノキシジルで効果的に治療するには、内服育毛剤のフィナステリドとの併用が重要と各医療関係者が口をそろえています。(※2)
発毛治療を専門に扱う病院でも、ミノキシジルの塗布と、フィナステリドを患者の状態に合わせて処方することで効果をあげています。

ミノキシジル・フィナステリド、どちらか片方の使用だけでは、期待値は越えられない?

この外用剤「ミノキシジル」の塗布と内服薬「フィナステリド」を併用する効果を詳しくみてみましょう。

医療用医薬品「プロペシア(フィナステリド)」は、脱毛を引き起こす成分を体内で阻害する効果がある脱毛防止剤となります(※3)。

フィナステリドを含む内服薬では、プロペシアのジェネリック医薬品にあたる「フィナステリド錠」があります。

脱毛を防止しただけでは本人の期待値を超える効果は難しいものです。

しかし、ミノキシジルを併用することで、ミノキシジルが発毛因子を刺激して発毛を促す効果があるとされています。

フィナステリド×ミノキシジル

このようにミノキシジルとフィナステリドは、お互いの長所と短所を補うことで治療効果を発揮します。

ミノキシジルによって発毛を促進し、フィナステリドにより今ある毛の脱毛を防止するとともにミノキシジルで生えた毛が産毛の段階で抜け落ちないように防ぎます。

ミノキシジルで発毛効果があらわれる期間は?

発毛促進作用があるとされているミノキシジルですが、頭皮に塗ってからどれくらいで効果があらわれるのでしょうか。

外用薬「リアップX5プラス」「スカルプD メディカルミノキ5」の有効性は使用後4ヵ月

日本で市販もされている「リアップX5プラス」や「スカルプD メディカルミノキ5」ですが、メーカー側の正式な説明で有効性は、共に「朝と夜の1日2回の塗布で4ヵ月使用後から認められる」とされています。

ただし、「6ヵ月使用しても改善されない場合は、AGA以外の原因である可能性もある」とも書かれていますから、変化が見られない場合には医療機関への相談をおすすめします。

毛髪の専門のクリニックであれば様々な治療薬を試すことができます。成分濃度も調節ができますから、早い段階で自分に合った治療薬を使用することが可能です。

ミノキシジルの副作用

高い発毛・育毛効果が期待できるミノキシジルですが、副作用(有害事象)が出ることもあります(※4)。

初期脱毛が多いほど効果が高い!?

ヘアサイクルのイメージ ヘアサイクルのイメージ

ミノキシジルの副作用として頻繁にあげられる初期脱毛ですが、新しい毛が、毛径の細い抜ける毛を押し出す事で発生する場合があります。
そのため、本来は副作用とはヘアサイクルが正常化し、新しい毛に生え変わる兆候と考えられます。

季節によって抜け毛の量は変化する事が証明されている

参考データ画像 参考データ画像

また、抜け毛の量は毛周期のリセットにより、大多数の人で抜け毛の量が増えるのは7月から9月にかけて多い傾向にあります。

肌に合わない場合の頭皮トラブルに注意

ミノキシジル成分含有発毛剤を使用すると、健全な髪へと抜け変わる初期脱毛のような症状ではなく、頭皮に痒みの症状が出るという声もあります。その原因として代表的な3つを見てみましょう。

1:血管が拡張されることによる痒み

ミノキシジルには、血管を拡張させる働きがあります。頭皮の血流を良くして毛包の根元に位置する毛球内の毛乳頭細胞に必要な栄養を十分に行き渡らせ、発毛を促すという作用があります。

この血行促進によって、自然と痒みを感じるようになることがある場合があります。

2:溶剤へのアレルギー反応としての痒み

ミノキシジルには、水に溶けにくいという性質があり、ミノキシジルを配合するために成分として溶剤が使われる場合があります。

具体的には、アルコールやプロピレングリコールなどですが、アレルギーを誘発する物質といわれています。この溶剤が肌にあわず、アレルギー反応を起こし、痒みとなるケースもあるようです。

3:ミノキシジルが合わないことによる痒み

ミノキシジルそのものには、痒みやアレルギーを誘発するような成分は含まれていないとされていますが、人によっては肌に合わず、痒みを感じてしまうこともあるようです。

ミノキシジルの使用を控えた方が良いタイプ

血管拡張作用によるむず痒さは仕方がないとしても、そもそもミノキシジルの使用を控えた方が良い人はいるのでしょうか。

これに該当するタイプは、3種類考えられます。

タイプ1:もともと肌が弱いタイプ

もともと肌が弱く、過去にアレルギー反応を起こしたことのある人は、ミノキシジル、または溶剤による拒否反応を示す可能性が高いことが想定できます。

タイプ2:頭をかきむしってしまうタイプ

ミノキシジルの血管を拡張する作用によって起こる痒みは、避けられないものかもしれません。しかし、この痒さが気になって頭皮をかきむしるタイプは、頭皮を傷つけ、場合によっては炎症を起こしてしまう可能性もあります。

タイプ3:規定の容量を守れないタイプ

育毛剤の量が多ければ発毛すると思い込んでいたり、心配になって1日に何度も頭皮に塗ってしまうタイプは、もともとの効力を活かすことができません。かえって頭皮を傷つけてしまう可能性があります。

ミノキシジルはどこで入手できる?

ところで、ミノキシジルを含有した外用発毛剤は、どこで入手できるのでしょうか。入手経路の違いと、特徴を見ていきましょう。

ミノキシジルは市販で購入可能

発毛作用を持つミノキシジルを含んだ発毛剤として、よく知られているのが、「リアップX5プラス」や「スカルプD メディカルミノキ5」でしょう。日本の発毛剤・育毛剤の中で、ミノキシジルを含有している市販の商品は年々増えています。

成分濃度は、「リアップX5プラス」も「スカルプD メディカルミノキ5」もミノキシジル5%で、それ以外はすべて1%配合されています。価格は6,000円~8,000円ほどで、通常の発毛剤としては少し高めです。

病院で発毛剤の処方を受ける

ミノキシジルが医薬品成分である以上は、医療機関で検査をし、医師の処方で使用するのが安全性があり、かつ効果が期待できます。

医療機関の場合、ミノキシジル=「リアップX5プラス」や「スカルプD メディカルミノキ5」が渡される訳ではありません。医療機関では、その他の発毛剤も取り揃えています。ミノキシジルの配合濃度も調整することができるため、症状に応じたミノキシジルが処方されます。

発毛剤の価格は、処方されるものによって異なりますが、診察料がプラスされるため、個人的にヘアケアをするよりは、その分高くなります。

通販・個人輸入で発毛剤を購入する

インターネットを通じて、海外の通販サイトや個人輸入代行サービスを利用して発毛剤を購入することも可能です。

ミノキシジルを含んだ製品は、「ロゲイン」や「カークランド」などがあります。価格も日本の商品の3分の1程度で購入可能な商品もあり、長期的に使用することを考えると経済的です。ただし、リスクもあります。

通販・個人輸入の利用はリスクが高い

発毛剤の費用を安く抑えるには、通販や個人輸入の利用を検討している方もいらっしゃることでしょう。ただし、そのリスクを事前に頭に入れておく必要があります。

●偽物の商品が届く可能性もある

粗悪品や偽物が送られてくるケースがあるようです。
そもそも有効成分が入っていない発毛剤を頭皮に塗っても効果はありませんし、それどころか予想もしなかった副作用が発症する可能性もあります。

体調にトラブルがあった場合でも、正規販売者からの購入ではないために、何の救済措置を受けることもできません。

政府の海外輸入薬についての危険性を啓発しており、高いリスクを心得たうえで利用する必要があります。

●そもそも商品が届かない

特に海外サイトとの取引の場合、商品が発送されていないだけでも、その国の言葉で対応しなくてはならないため、手間と時間がかかります。

その販売業者が優良かどうかの判断もつきにくいため、最悪の場合は詐欺に遭ってしまうリスクも考慮しておくべきでしょう。

AGA・薄毛でお悩みの方に薄毛治療専門の病院のご紹介

Dクリニックには「皮膚科・形成外科・精神神経科」を中心として「基礎医学・薬学」を含めた医師が在籍します。垣根を越えてチームとして情報と技術を提供しあい、あなたにとって最適な治療法を実施します。

髪のことで悩み始めたら、まずは髪の専門の病院に相談しましょう。

抜け毛治療から発毛治療へ

薄毛治療専門クリニックの医師と、AGA・薄毛治療をスタートしましょう。

本当に治療が必要か、そうでないのか。
今の治療は自分にベストなのか・・・。
薄毛治療と向き合って来た薄毛治療専門クリニックの医師と一緒に、悩みを解決しませんか?

Dクリニックは、
全国に6院ある発毛治療専門の医療機関です。

ご予約はこちらから

治療の内容、費用
など知りたい
自分にあった治療
を提案してほしい

「無料カウンセリング」と「来院予約」との違いとは?

無料カウンセリングとは?

まずは専門スタッフが費用や治療の効果などについて、詳しくご説明いたします。

無料約1時間

安心して治療に進むためのカウンセリング。
勧誘などは一切ありません。

STEP01

スタッフの
カウンセリング
治療の内容、注意事項についてご説明

STEP02

費用のご説明
治療にかかる費用について概要をご説明

STEP03

そのまま初診
を受けることも可能です
※クリニックによってはその日に診察できない場合がございます。

来院予約とは?

220万人以上の治療実績(※)を持つ専門クリニックの医師あなたに合った治療を行います。

有料約2時間

薄毛の原因をしっかり検査。
あなたの症状に合った治療をご提案します。
●「スタッフのカウンセリング」と「費用のご説明」も同時に行います。

STEP01

医師の診察
頭髪・頭皮の状態と身体全体の健康状態を診察

STEP02

頭部の撮影
発毛効果を多角的に判断し、経過を見るため撮影

STEP03

血液検査
薬の投与が問題ないかを判断するため、身体検査を実施
  • ●医師の診察を希望の方は、来院予約をお選びください。
  • ※1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数
  • ※ご予約時の住所記入はございません

初めてAGA・薄毛治療をお考えの方も、まずは無料カウンセリングで治療のこと、費用のことなど何でもご相談、お尋ねください。

Dクリニックなら正しい診察で適切な治療薬を処方できます!

ヘアメディカルで紹介をしているような専門のクリニックでは、AGA(男性型脱毛症)や頭髪疾患に対して市販薬より濃度が高いミノキシジルを患者さんの状態に合わせて積極的に処方します。発毛効果増強として、抜け毛を抑制する可能性のあるフィナステリドを併用するなどして、治療効果を上げています。

自分はまだ大丈夫?それとも治療が必要?AGA・薄毛 簡単セルフチェック!

女性用のミノキシジル含有の発毛剤について

鏡を見て髪を心配している女性

女性専用
ミノキシジル成分入り
発毛剤のご紹介

ミノキシジルは、女性にも効果がある成分として発毛剤などに使用されています。

市販品は「みんな」に合うもの。
処方薬とは、濃度や浸透率が異なります。

大正製薬は、女性用の発毛剤「リアップレディ」を2005年4月から全国の薬局および一部薬店にて販売を開始しています。

「リアップレディ」は、発毛・育毛成分「ミノキシジル」を有効成分とした女性用の 医薬品の発毛剤です。

ミノキシジルの女性用発毛剤も市販されていますが、病院で処方される医療用ミノキシジルに比べると市販のミノキシジルは作用成分の濃度が低くなっています。

髪の悩みQ&A女性用ミノキシジルについて

まとめ

ミノキシジルの適切な使用方法について紹介いたしました。

市販のミノキシジルでも一定の効果はありますが、病院で処方される医療用ミノキシジルに比べると作用成分の濃度は低いです。薄毛の治療用にミノキシジルを使う場合は、頭髪治療専門クリニックで適切な濃度のミノキシジルを処方してもらいましょう。これまでの発毛効果データをもとに、薄毛治療の経験豊富な医師があなたにあった発毛技術をもって治療にあたります。

錠剤

セルフケアと薄毛治療の違いが気になる方

セルフケアでも対応可能なことはありますが、医師による治療は原因を
明確にし、根本解決を目指します。

医師による薄毛治療をおすすめします

  1. ヘアメディカル[発毛治療]
  2. ミノキシジルとは