ミノキシジルの副作用や効果の期間について|心臓や女性への影響とは

ミノキシジルの副作用や効果の期間について

心臓や女性への影響とは

男性

薄毛に悩む人なら、発毛剤の使用も検討しますよね。しかし、発毛剤の主成分として使用される「ミノキシジル」について、副作用も気になるポイントではないでしょうか。そもそも、ミノキシジルの効果の程度も気になりますよね。そこで今回は、ミノキシジルの副作用や初期脱毛とその期間について解説していきます。

ミノキシジルとは

ミノキシジルは発毛剤の商品名ではなく、発毛剤に含まれる発毛成分の一種です。もともと血管拡張剤として開発されましたが、試験段階で全身の多毛症を頻繁に引き起こすことが明らかとなりました。その後頭皮の発毛外用薬として厚生労働省から認可を受け、薄毛改善の治療薬として使用されています。

現在、日本国内では一般用医薬品の第1類医薬品として、大正製薬の「リアップ」やアンファーの「スカルプD メディカルミノキ5」が市販されています。どちらも外用薬として薄毛治療に一般的に用いられていますが、内服薬には注意が必要です。ミノキシジル配合の内服薬も存在しますが、効果の有無を示す臨床研究がなく認可をしている国もありません。副作用が生じる恐れもあることから、内服薬の服用は危険です。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは、発毛を促す効果が期待されている成分です。つまり、今ある髪の毛を育てるのではなく、生えていない部分の髪の毛を生やす効果が期待されています。

ミノキシジルの発毛メカニズム

ミノキシジル

先にもご紹介しましたが、もともとミノキシジルは血圧降下剤として開発された成分です。薄毛の原因の1つには血行不良も関係しますが、もともと血圧降下剤であるミノキシジルは血管を拡張させ血流をよくする役割を果たします。そして、髪の毛を作る毛母細胞を活性化させ、発毛を促します。

1.頭皮の血管を拡張させ、血流を促す
2.血液が促進されることで、毛包に届く栄養分が増える
3.その結果、毛母細胞の分裂が活性化し、発毛する

髪の毛は、根元にある毛包という部分から栄養を吸収し、毛母細胞が細胞分裂することで太く・長く成長していきます。毛包に届く栄養は血液によって運ばれるため、頭皮の血行を促す作用のあるミノキシジルは髪の毛の栄養を運ぶために役立ちます。血流がよくなると、髪の毛への栄養も行き届きやすくなり、その結果、より多くの栄養(育毛成分)が髪の毛に届きます。つまり、ミノキシジルは血流改善によって毛母細胞の分裂を活性化させ、成長を促す効果が期待できます。

フィナステリドとの併用は効果的?

フィナステリド×ミノキシジル

薄毛の改善のためには、ミノキシジルを単体で使用するよりも、内服薬のフィナステリドと併用することが重要だと各医療機関によって発表されています。※1)

ミノキシジルには発毛作用があることは前述したとおりです。一方で、フィナステリドは薄毛の原因につながる「ジヒドロテストステロン」の生産を阻害する効果があります。つまり、フィナステリドは脱毛を抑制する効果がある反面、発毛を促す作用までは期待できません。

このように、ミノキシジルはフィナステリドと併用することで、お互いの弱点を補いながら治療を進めていくことができます。ミノキシジルが発毛を促し、フィナステリドが脱毛を抑制するというそれぞれの役割があるため、どちらか一方を使用するのではなく併用することが推奨されています。

ミノキシジルの効果が出るまでの期間

ミノキシジルの効果が現れるまでの期間は、その配合割合によって変わります。一般的に、ミノキシジル1%の場合は6か月以上、ミノキシジル5%の場合は4か月以上の使用で効果が見られ始めると言われています。

日本で市販もされている「リアップX5プラス」や「スカルプD メディカルミノキ5」ですがミノキシジルが5%含まれており、メーカー側の正式な説明で有効性は共に「朝と夜の1日2回の塗布で4ヵ月使用後から認められる」とされています。ただし、「6ヵ月使用しても改善されない場合は、AGA以外の原因である可能性もある」とも書かれていますから、変化が見られない場合には医療機関への相談をおすすめします。

ミノキシジルで効果が得られなくても、毛髪の専門のクリニックであれば様々な治療薬を試すことができます。ミノキシジルの成分濃度自分にあった治療薬を早期に使用することで、早期改善にもつながりやすくなります。

髪の毛は、根元にある毛包という部分から栄養を吸収し、毛母細胞が細胞分裂することで太く・長く成長していきます。毛包に届く栄養は血液によって運ばれるため、頭皮の血行を促す作用のあるミノキシジルは髪の毛の栄養を運ぶために役立ちます。血流がよくなると、髪の毛への栄養も行き届きやすくなり、その結果、より多くの栄養(育毛成分)が髪の毛に届きます。つまり、ミノキシジルは血流改善によって毛母細胞の分裂を活性化させ、成長を促す効果が期待できます。


ミノキシジルの副作用と対処方法

リスク

ミノキシジルの副作用(※2)

・かゆみ
・めまい
・火照り
・低血圧
・多毛症
・初期脱毛

ミノキシジルの使用により、副作用が出る人もいます。日本皮膚科学会のガイドラインによると、代表的な副作用はかゆみやめまい、火照り、低血圧、多毛症、初期脱毛などです。特に頻繁に報告される初期脱毛は、多くの場合は発毛を促す作用によって細い髪の毛から新しい髪の毛への生え変わるための良い兆候だと捉えられることが多いです。また、血行が良くなることで発生するかゆみや、アレルギー反応や肌に合わないことで起こるかゆみなどもあります。

これらの副作用は、国内で認可を受けたミノキシジル外用薬の副作用です。ミノキシジルの内服薬は国内での使用が認められておらず、健康の保証もありません。安全性や危険性を検証した研究がほとんどないため、胸痛や動悸、息切れなどの副作用が生じる恐れがあります。(※3)こうした理由から、ミノキシジル内服薬の服用は危険です。

ミノキシジルの使用で副作用が起こってしまったら

ミノキシジルは、薬剤の添付文章にもあるように副作用を発症する確率はごくわずかです。しかし、身体に合わない時には副作用が起こる可能性もあります。もし副作用を疑う症状が起こった場合は、使用を控えましょう。そして、頭髪治療を行うクリニック等で医師に相談されることをおすすめします。

ミノキシジルの初期脱毛とは?どのくらいの期間続く?

ミノキシジル

ミノキシジルの副作用として比較的多く見られる初期脱毛とは、一時的に抜け毛の量が増える現象のことをいいます。髪の毛が新しく生えることで、毛径の細い毛を押し出し脱毛するため一時的に抜け毛の量が増えます。

ヘアサイクルという、髪の毛が生え始めて成長し抜け落ちるまでの一連のサイクルが乱れることで薄毛になるケースが多いです。ミノキシジルは髪の毛の抜けやすい「休止期」から髪の毛が生えて成長する「成長期」を促す作用があるため、今現在生えている髪の毛が抜けやすくなるのです。
また、個人差はありますが、初期脱毛の期間は平均1カ月といわれています。

ミノキシジルには女性特有の副作用がある?

ミノキシジル外用薬は、男女とも効果が実証されているため女性でも使用することができます。しかし、先の副作用に加えて、女性ならではの注意点もあります。例えば、妊娠・授乳中の方は安全性が不明であることや、母乳に成分が移行するため使用が禁止されています。妊娠・出産に伴い脱毛している人、避妊用ピルをやめたことで脱毛している人は、ミノキシジルの効果が期待できません。他にも、頭頂部以外の部位も脱毛していたり、急激な脱毛が起きたり、頭皮を強くひっぱったことで脱毛している人は使用が禁止されています。

ミノキシジルの副作用と対処方法

リスク

発毛剤の費用を安く抑えるために、通販や個人輸入の利用を検討している方もいるかもしれません。インターネットの海外通販サイトや個人輸入代行サービスを利用し、発毛剤を購入することも可能ですが、個人輸入には大きなリスクがあり、危険を伴うためおすすめできません。

ミノキシジルの個人輸入には、以下のようなリスクがあります。

・健康被害のリスク
・効果が出ない可能性がある
・偽造品の可能性がある
・安全性が確保されていない
・副作用に対する自己責任のリスク

インターネット上で販売されているミノキシジルの中には、偽物も出回っている可能性があります。これらの偽物には、有効成分が含まれていないだけでなく、健康に悪い影響がある成分が含まれている可能性もあるため副作用の危険性が高まります。

また、製造している衛生環境も担保されておらず、副作用など体調にトラブルがあった場合でも、正規販売者からの購入ではないため、何の救済措置を受けることもできません。あくまでも自己判断での購入となりますが、見た目で判断することが難しいので、正規品との区別ができず中身の成分が異なるという悪質なケースもあります。

ミノキシジルは毛母細胞を刺激し、発毛を促進!医師に相談したい場合はDクリニックへ

今回はミノキシジルの副作用や効果についてご紹介しました。ミノキシジルは、頭皮の血行を促進し、発毛を促す効果が認められています。市販品のミノキシジル配合の発毛剤は多くの人に合うように作られているため、病院で処方されるものとは違う場合もあります。より自分に合った成分濃度や浸透率の良いものを使用するために、薄毛治療専門クリニックの受診をおすすめします。

Dクリニックでは、これまでの発毛効果データをもとに、医師があなたにあった発毛技術をもって治療にあたります。
無料カウンセリングも行っていますので、ぜひご相談ください

AGA・薄毛でお悩みの方に薄毛治療専門の病院のご紹介

Dクリニックには「皮膚科・形成外科・精神神経科」を中心として「基礎医学・薬学」を含めた医師が在籍します。垣根を越えてチームとして情報と技術を提供しあい、あなたにとって最適な治療法を実施します。

髪のことで悩み始めたら、まずは髪の専門の病院に相談しましょう。

抜け毛治療から発毛治療へ

薄毛治療専門クリニックの医師と、AGA・薄毛治療をスタートしましょう。

本当に治療が必要か、そうでないのか。
今の治療は自分にベストなのか・・・。
薄毛治療と向き合って来た薄毛治療専門クリニックの医師と一緒に、悩みを解決しませんか?

Dクリニックは、
全国に6院ある発毛治療専門の医療機関です。

ご予約はこちらから

治療の内容、費用
など知りたい
自分にあった治療
を提案してほしい

無料カウンセリングとは?

まずは専門スタッフが費用や治療の効果などについて、詳しくご説明いたします。

無料約1時間

安心して治療に進むためのカウンセリング。
勧誘などは一切ありません。

STEP01

スタッフの
カウンセリング
治療の内容、注意事項についてご説明

STEP02

費用のご説明
治療にかかる費用について概要をご説明

STEP03

そのまま初診
を受けることも可能です
※クリニックによってはその日に診察できない場合がございます。

来院予約とは?

233万人以上の治療実績(※)を持つ専門クリニックの医師あなたに合った治療を行います。

有料約2時間

薄毛の原因をしっかり検査。
あなたの症状に合った治療をご提案します。
●「スタッフのカウンセリング」と「費用のご説明」も同時に行います。

STEP01

医師の診察
頭髪・頭皮の状態と身体全体の健康状態を診察

STEP02

頭部の撮影
発毛効果を多角的に判断し、経過を見るため撮影

STEP03

血液検査
薬の投与が問題ないかを判断するため、身体検査を実施
  • ●医師の診察を希望の方は、来院予約をお選びください。
  • ※1999年7月~2019年12月のDクリニックの延べ患者数
  • ※ご予約時の住所記入はございません

初めてAGA・薄毛治療をお考えの方も、まずは無料カウンセリングで治療のこと、費用のことなど何でもご相談、お尋ねください。

Dクリニックなら正しい診察で適切な治療薬を処方できます!

ヘアメディカルで紹介をしているような専門のクリニックでは、AGA(男性型脱毛症)や頭髪疾患に対して市販薬より濃度が高いミノキシジルを患者さんの状態に合わせて積極的に処方します。発毛効果増強として、抜け毛を抑制する可能性のあるフィナステリドを併用するなどして、治療効果を上げています。

自分はまだ大丈夫?それとも治療が必要?AGA・薄毛 簡単セルフチェック!

錠剤

セルフケアと薄毛治療の違いが気になる方

セルフケアでも対応可能なことはありますが、医師による治療は原因を
明確にし、根本解決を目指します。

医師による薄毛治療をおすすめします

  1. ヘアメディカル AGA・薄毛治療
  2. ミノキシジルとは