発毛治療TOP > ミノキシジルとは > ミノキシジルの初期脱毛

初期脱毛の原因・期間は?ミノキシジルの効果とメカニズムを徹底解説

初期脱毛の原因・期間は?ミノキシジルの効果とメカニズムを徹底解説

「ミノキシジル」は、AGA治療効果がある発毛・育毛成分です。
しかしもともとは、アメリカで血管拡張剤として開発され、血圧降下剤として使用されていた成分です。

いまではAGA治療薬として有名なミノキシジルですが、なぜ発毛が可能なのか、詳しく解説していきます。

minoxidil

認可されたAGA治療薬の成分

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として、認可された成分が「ミノキシジル」です。
2010年版の日本皮膚科学会「男性型脱毛症診療ガイドライン」にも、掲載されているAGA治療薬です。

>> 男性型脱毛症診療ガイドライン

以前の薄毛対策では、抜け毛・薄毛を予防し、現時点で残っている毛髪を育てることに特化した「育毛剤」が一般的でしたが、 いまでは新しい髪の毛を生やすことを目的とした、ミノキシジル成分を含む「発毛剤」がAGA治療薬として注目を集めており、 国内では大正製薬から発売されているリアップが有名で、ミノキシジルを主成分としたAGA対策の商品が販売されています。

成分イメージ

ミノキシジルの発毛効果メカニズム

「生えている毛を育てる育毛効果」ではなく、「毛が生えていない部分から毛を生やす発毛効果」が期待されているミノキシジルですが、 一体どうやって毛を生やす効果を生み出しているのでしょうか。
ミノキシジルが生み出す発毛の仕組みを解説します。

毛母細胞を活性化することで健康な髪をつくる

もともとミノキシジルは、米国製薬会社のファイザー社(当時アップジョン)が、高血圧症状を降圧させるための血圧降下剤として開発した成分です。
しかし、その副作用として服用者の毛髪が増えるという症状が多発。

薄毛の要因の一つとして、頭皮の血流が悪くなっていることが考えられます。
そのため、血圧降下剤であるミノキシジルが、頭部の細胞である毛母細胞を活性化し発毛を促してくれる、と考えられるようになりました。

健康な髪のイメージ

そしてミノキシジルの発毛の仕組みのポイントは、直接毛母細胞に働きかけること。
まず、酸素や栄養が含まれた毛乳頭細胞の周辺にあるのが、毛母細胞です。
毛が抜けても、毛乳頭細胞や毛母細胞は毛穴に残っていることで、ミノキシジルは毛母の細胞分裂を活性化させ、髪成長を早める働きをします。

※毛穴自体は死滅しません。毛が生えていない状態というのは、毛母細胞の活動が弱くなっていることを指します。

頭の部位によって発毛効果が変わる?

薄毛の進行具合も原因も人によって異なるので、ミノキシジルの発毛効果にも、個人差が生じます。
特にミノキシジルは、「おでこの生え際には効きにくい」という報告が多く、いわゆるM字ハゲタイプの薄毛の方には発毛効果が薄いといわれています。
しかし、おでこの生え際に効きにくいという科学的根拠が判明している訳ではありませんが、その理由は複数あげられます。

  • ・抜け毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンには効果がない
  • ・液だれして生え際に有効成分がとどまりにくい
髪の毛をさわる男性

このように、もともとおでこは発毛しにくい環境といえるので、ミノキシジルの効果が現れにくいという可能性があります。

初期脱毛とは?

薄毛を治療するために、お薬を使用しているのに、使い始めたら髪が生えてくるどころか抜けやすくなってしまった!という人もいます。
発毛を目的としているのに、髪の毛が抜けてしまうのは逆効果のように思えます。

しかし、初期脱毛は発毛には欠かせない症状です。
ではなぜ、初期脱毛が起こるのか解説しましょう。

初期脱毛が起こるメカニズム

初期脱毛には、ヘアサイクルが大きく関係しています(※1)。
ヘアサイクルとは、髪が生え、成長し、抜けるまでの周期のことです。

※1 参照元:AGA-news

■ヘアサイクル

【成長期】 新しい毛が生えて成長する
【退行期】 毛根が少しずつ縮小し髪の成長活動が鈍化する
【休止期】 完全に髪の成長活動が停止し自然に髪が抜け落ちる

このヘアサイクルの乱れが、薄毛の原因に大きく関わっていることがあります。

「休止期から成長期へのサイクルを促す」段階で、成長の終わった髪の毛を押し出し、新たに健康的な髪の毛が生える準備を始めます。
これが、初期脱毛のメカニズムです。

単に髪の毛が抜けた、という訳ではなく、次の新しい髪の毛が生えてくる準備段階ということです。
このようなヘアサイクルに対し、ミノキシジルは次のような働きをします。

  • ・髪の抜けやすい休止期から髪の生える成長期へのサイクルを促す
  • ・成長期を維持する

この2つのことから、発毛の手助けをしてくれる優秀な発毛成分といえます。

ヘアサイクル

初期脱毛で抜ける毛の特徴

初期脱毛は発毛を促すサイクルの一つです。
しかし、抜け落ちる毛の状態を知ることで、薄毛の要因が分かることがあります。
どのような髪の毛が抜け落ちやすいのか、抜け落ちる量はどのくらいが適切か、理解を深めましょう。

短く細い毛が抜け落ちやすい

ヘアサイクルが正常な中で成長した健康な髪は、一般的に太くて長い髪の毛。
髪のサイクルが乱れ、栄養もいきわたっていない不健康な髪の毛は、短く細い状態となります。

正常なヘアサイクルの状態で栄養補給を促すミノキシジルを使用すると、不健康な細い髪の毛から抜け落ちる傾向があります。
初期脱毛の場合、まずは短く細い髪の毛から抜けやすいと覚えておきましょう。

初期脱毛でどのくらい髪の毛が抜け落ちる?

抜け毛の量は個人差が大きく、大量に抜ける人も居ればそうでない人もいます。
薄毛対策でお薬を摂取しているので、やはり「見た目」は気になります。

たとえ初期脱毛の症状だとしても、周囲の人に頭部がスカスカになっているところは見られたくないものです。
しかし、はっきり薄毛と分かるような状態にならない場合が多いと言われています。
もちろん、症状には個人差があるので、初期脱毛で頭皮が見えてしまう人もいますが、ごく稀に起こる症状だといえるでしょう。

抜け毛を気にする女性

また、薄毛に見えてしまう1番の理由は、細い髪の毛が抜けて太い髪の毛が生え始めているということ。
しかし、抜け毛が増えて髪の毛の本数が減ったとしても、細い髪の毛から太い髪の毛へ移行し密度が増えるため、見た目にはそれほど変化はありません。

初期脱毛の期間はどれくらい続くの?

初期脱毛は薄毛治療の第一歩、とはいっても、髪の毛が抜ければ不安になるものです。
初期脱毛はどれくらい続くのか、長くなるほど不安ですよね。
一般的な初期脱毛の期間を解説しましょう。

初期脱毛が続くのは平均で1ヵ月程度

初期脱毛の症状は個人差が大きく左右し、「確実にこの量の髪の毛が抜けて、この期間で終了します」ということはいえません。
しかし、多くは1週間〜2ヵ月程度の初期脱毛がみられ、平均すると、1カ月程度の割合の方が多くを占めています。

ヘアサイクル自体も生活習慣や食生活、体質によって個人差があるため、初期脱毛の期間もその方によってさまざまといえます。

初期脱毛が起きた場合の対策方法

初期脱毛が目立ってきた場合、薄毛というコンプレックスが顕著に現れてしまいます。
この時期は、外出も億劫になる方もいるでしょう。
そこで、1週間〜2ヵ月程度の初期脱毛期間を乗り越えるための、対策方法をご紹介します。

男性・女性ともにお洒落アイテムを活用する

抜け毛が多くなることで、周囲の目が気になる方も少なくありません。

なによりもストレスは、薄毛対策の敵です。
周囲の目が気になってストレスを抱えると、ストレスから抜け毛を誘発してしまう可能性もあります。
お洒落アイテムを活用することで、見た目をカバーしストレスを軽減しましょう。

特に薄毛で周囲の目が気になる方におすすめな、お洒落アイテムをご紹介します。

お洒落な帽子
■帽子
生え際や頭頂部の薄毛をカバーできる「帽子」。
薄毛治療が成功し、薄毛が気にならなくなったとしても使用できるため、持っておくと便利なお洒落アイテムです。
サッと被ることができるので、急遽外出することになった際にも使用できます。
■カチューシャ・髪飾り
「カチューシャ」や「髪飾り」でヘアアレンジすることによって、薄くなっている部分を違う部分の髪の毛で隠すことができます。
男性用のカチューシャも販売されているため、TPOを考えながら活用するのも良いでしょう。
■ウィッグ
最近では髪の毛の量に関係なく、お洒落アイテムとして定着してきた「ウィッグ」。
ウィッグは、メーカーによって付け心地や定着具合が大きく異なります。
複数のウィッグを試し、自分に合ったウィッグを探してみましょう。
頭部をすべて覆うフルサイズのウィッグがありますが、価格が高くなる傾向がある上、 見た目も大きな変化が出る場合があるため、選ぶときは慎重に。
自然な形で軽度の薄毛を隠したい方におすすめなのが、部分ウィッグです。
薄くなり気になる部分だけに使用する、小さなウィッグのことです。
手軽に付けられ、仕上がりも自然なので一度試してみると良いでしょう。

また、お洒落アイテムを使用しなくても、

  • ・パーマをあてる
  • ・分け目を変える
  • ・頭頂部の毛をふんわりさせボリュームを出す

など、薄毛の状態とヘアアレンジ次第でカバーすることも可能です。

髪を切る女性

ヘアメディカルグループなら濃度を調整し適切な治療薬を処方できます!

ミノキシジルを配合した発毛剤は、市販での購入が可能です。
しかし、ミノキシジルを含んだ発毛剤は「発毛医薬品」として販売されており、医薬品のカテゴリーに分類されます。

治療を行う場合、頭髪専門の医療機関で処方されることをおすすめします。

また、薄毛治療・育毛治療を専門的に行っているヘアメディカルグループでは、ミノキシジルの配合濃度を調整することができるため、 一人ひとりに合った適切なミノキシジルが処方されます。

無料カウンセリングも行っているため、まずはぜひご相談にお越しください。

ヘアメディカルグループなら濃度を調整し適切な治療薬を処方できます!

AGA治療は、「医療行為」です。

巷には、真偽不明な育毛・発毛対策情報が溢れています。
通販で「髪の毛が生える」という宣伝文句の高価な商品を購入してみたら、髪が生えてくるどころか薄毛が進行してしまった、 という方の報告も挙がっています。
薄毛が気になる人のコンプレックスに付け込み、商売をしようとしている業者は残念ながら存在します。

薄毛の原因は、人によって異なります。
また原因の個人差が大きいため、一つの治療方法が全ての方に効果を発揮するものではありません。

待合室

まずは、AGA・薄毛治療のみを行う専門的な病院で検査や診察を行い、薄毛の原因を特定してから、薄毛の治療は始めましょう。
専門の医師から科学的にエビデンスのある治療を行うことが重要です。


年代別に症例集を見る

20代の症例
30代の症例
40代の症例
50代の症例
女性の症例
AGAは治せる!ヘアメディカルグループのアドバンスト発毛治療とは
女性の薄毛・抜け毛は専門病院で資料しましょう
ヘアメディカルグループ6つの特徴

>>>>>> AGAでお悩みの方に治療専門病院 <<<<<<

クリニックを詳しくご紹介します ~お近くのクリニックをお選びください~

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

PageTopへ



ミノキシジルの初期脱毛

HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長:脇坂長興医師。
城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

より詳しいサイトマップはコチラ