発毛治療TOP > プロペシアについて >  プロペシアと初期脱毛

プロペシアなどの服用と初期脱毛

  • プロペシアについて
  • プロペシアの効果と治療法
  • プロペシアの代表的副作用
  • プロペシアとAGAの関係
  • プロペシア治療体験談(症例)
  • プロペシア治療専門病院

プロペシアなどによる初期脱毛とは

プロペシアなどを処方するAGA治療において、必ず目にする言葉が「初期脱毛」です。初期脱毛は、AGA治療スタート直後から急に抜け毛が増えてしまう現象を指します。

「薬を飲み始めた途端、大切な髪が大量に抜けてしまった…」という状況から、ネガティブな側面として誤解されがちな初期脱毛。しかし医薬品は、効果と共に副作用も持ち合わせているのが通常です。「風邪薬を飲んで眠くなる」のと同じで、まず初期脱毛が異常事態ではないと認識しましょう。

 ▼一般的な《初期脱毛》の現れ方▼
  <時期> 飲み始めた直後~1ヶ月目にかけて
  <抜ける量> 200~300本ほど抜ける場合がある。

※通常でも約80~100本/1日は抜けると言われています。
※全く抜けない場合もあります。
※季節によって抜け毛の量は変わります。

プロペシアなどを用いた治療による初期脱毛は異常な反応ではなく、個人差も大きい自然な現象ということです。

プロペシア服用から2~3ヶ月は初期脱毛がみられ、髪の毛のボリュームには変化がみられません。
その後、専門の医師と相談をしながら治療を進め、薄毛が改善されています。

[治療内容]アドバンスト発毛治療
[治療価格]32,000円(税別)
[副作用]この治療により起こる可能性がある副作用/頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など
※これらの副作用が実際に起こったわけではありません。

プロペシアなどによる初期脱毛は、プラス反応?

プロペシアなどの初期脱毛には個人差がありますが、多くの方は「できれば抜けない方が良い」と考えるのではないでしょうか。しかし、初期脱毛があるということは、つまり薬の効果が出てきている状態なのです。
その理由とは、髪の毛は1本1本が【伸びる→抜ける→新しく生える】を繰り返しているためで、この周期を「ヘアサイクル」と呼びます。

<一般的な人間のヘアサイクル>
【成長期】…毛母細胞が分裂し、毛が伸びて太くなる
【退行期】…毛の成長が弱まる    
【休止期】…完全に成長が止まり、毛が抜ける

「ヘアサイクルの乱れは、薄毛・抜け毛の原因」と言われています。
AGAに悩む方は、成長期が極端に短く乱れたヘアサイクルになっています。毛が十分に育たず細く弱い《短小毛》になったり、さらには成長しきらないまま抜けてしまったり…。すると毛髪ボリュームがだんだん減っていき、薄毛になります。

プロペシアなどの効果が出始めると、毛母細胞が活発になり髪は力強い成長を再開します。この時、新毛に押し出された古い毛が大量に抜ける場合があるのです。つまり、初期脱毛で抜けていたのは「正常なサイクルに戻そう」と押し出された古い「短小毛」でした。これらの古い毛は遅かれ早かれ自然に抜けるものですし、後には新しい毛が育ってくれます。

以上のことから、プロペシアなどによる初期脱毛はポジティブな反応といえます。

プロペシアなどによる初期脱毛まとめ

「話に聞いて理解していたけれど、実際に抜け始めると怖くなって…思わずクリニックに問い合わせてしまった」

「プロペシアなどを服用して2週間~1ヵ月目に脱毛が激しくなった。大量の抜け毛を見て嫁さんが心配するほど。でもそこから1週間ほどで抜け毛が急速に減って安心。サイクルが整ってきたようで、これからの経過に期待。」

「油断していたら1ヶ月半目くらいに初期脱毛が来ました。抜け毛の多い日が1週間は続いたけど、毛自体がだいぶ太くなったせいかボリュームが減った印象はなく…。その後は状態が上向きになり現在もキープ中です。」

頭で分かっていても、プロペシアなどによる初期脱毛に驚いたり不安になったりする方は多いようです。その名の通り、治療を始めた初期での現象なので尚更でしょう。しかし、初期脱毛は1ヶ月~1ヶ月半ほどで自然と回復する可能性もあります。プロペシアなどお薬は飲み続けることで効果が期待できますので、直後に抜け毛が急増しても慌てず続けることが肝心です。

<プロペシアなどによる初期脱毛まとめ>
 □ 抜ける時期や量には個人差がある
 □ 初期脱毛は効果が出てきているプラス反応
 □ 多くは1ヶ月~1ヶ月半ほどで収まる可能性がある

プロペシア服用を始めとするAGA治療では、初期脱毛など思わぬ状態の変化がストレスになりがちです。不安な時に迷わず相談可能な場があるだけで、安心し確実に治療を進められます。プロペシアの入手は個人輸入などでなく、総合的な治療・相談ができる専門クリニックに相談しましょう。

プロペシアは男性型脱毛症の治療に使用されます。頭髪治療専門クリニックのでは、プロペシアの処方と検診で治療をはかります。

初診来院予約

※性別や症状によりお薬の内容は変わります。

このページの先頭へ戻る


専門クリニックではプロペシアを中心に発毛治療を行います。

ヘアメディカルグループの頭髪治療専門クリニック

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 城西クリニック福岡

プロペシアと使用した発毛治療のための診察の流れ

プロペシア処方を行う発毛治療専門クリニックでは無料カウンセリングを行っています。

発毛治療に有効とされている「プロペシア」。発毛治療を専門に行っている発毛専門クリニックでは、
このAGAの治療薬プロペシアの使用と患者様への診察などにより治療を行います。
ご興味のある方はまずは無料カウンセリングをご利用ください。

診察の流れ

図:診察の流れ

プロペシアを処方する薄毛治療の専門クリニック

  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

プロペシアなどの服用と初期脱毛について PageTopへ

初期脱毛には個人差があるため、脱毛が多い、少ないは自分で判断することは難しく、不安だけが募る、といったケースが多いようです。頭髪の専門クリニックでは治療の経過を写真で撮影し、薬が効いているのか、初期脱毛の期間はどうかなどを実際に目で見て、専門の医師と相談しながら今後の治療について話し合うことができます。初期脱毛に不安を感じたら、医師に相談してみましょう。




プロペシアなどの服用と初期脱毛について

HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長:脇坂長興医師。
城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

より詳しいサイトマップはコチラ