発毛治療TOP > AGA診療ガイドラインと治療

日本皮膚科学会がまとめたAGA診療ガイドラインと「ヘアメディカル」が行う治療について

近年、毛髪マーケットの拡大に伴い、頭髪に悩む人に向けた様々な製品やサービスが急増しています。それを受けて、2010年4月13日に日本皮膚科学会から男性型脱毛症治療のガイドラインが発表されました。

日本皮膚科学会のガイドラインは男性型脱毛症の標準的治療を推薦ランクA(強く勧められる)からランクD(行わないよう勧められる)まで「A・B・C1・C2・D」の5段階で評価しています。

F.M.L.「NPO法人 Future Medical Laboratory(毛髪医学研究会)※」の研究に基づく治療を行っているヘアメディカルのクリニックでは、日本皮膚科学会がまとめたAGA診療ガイドラインで、推奨ランクA(強く勧められる)と評価された、フィナステリドと、同じくA評価のミノキシジルの併用処方をしています。

F.M.L.関連医療機関において、2009年の年間外来患者数が、1999年の統計開始以来、初めて10万人を突破したことからも、昨今の薄毛治療の需要の高まりがうかがい知れます。

<ヘアメディカルのクリニック>

●ミノキシジル
日本で認可されている発毛薬はミノキシジルだけです。ミノキシジルは元々降圧剤として開発された内服薬ですが、副作用として多毛症が認められ、同成分の外用薬が発毛剤として承認されました。現在、日本では濃度1%、5%のミノキシジル外用薬が商品化されていますが、諸外国では2%、5%、12%などのミノキシジル外用薬も販売されています。高濃度の場合、接触性皮膚炎の原因になることもあるので注意が必要です。
●フィナステリド
フィナステリドは、日本でも2005年12月に医療用医薬品として発売になった経口のAGA治療薬です。
男性ホルモン(テストステロン)がDHT(ジヒドロテストステロン)に変換される際に働く酵素「5αリダクターゼ」を選択的に阻害し、男性型脱毛症の進行遅延に働きます。
髪の細毛化を予防し、AGAの進行を遅延させる為の薬ですが、一部発毛効果も認められています。

※F.M.L.『NPO法人 Future Medical Laboratory(毛髪医学研究会):理事長 川島眞東京女子医科大学皮膚科学教室教授・講座主任』は、頭髪治療の開発に取り組む研究機関です。

F.M.L.は関連医療機関(メンズヘルスクリニック東京・AACクリニック名古屋・脇坂クリニック大阪・城西クリニック福岡)を通じて頭髪に関する悩みを持つ人たちに情報と治療を提供しています。

報道関係の方からのお問合せはこちらまで

参照元:男性型脱毛症診療ガイドライン

このページの先頭へ戻る



AGA診療ガイドラインとヘアメディカルの治療


HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長:脇坂長興医師。
城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

【コンテンツポリシーについて】

ヘアメディカルは、ウェブサイトの運用に際して、コンテンツのポリシーを定めこれに即して提供する情報を作成しています。 >>詳しいコンテンツのポリシーはこちら

より詳しいサイトマップはコチラ