発毛治療TOP > 女性の薄毛・抜け毛と女性ホルモン

女性の薄毛・抜け毛 「女性の薄毛」と「女性ホルモン」

女性の薄毛(抜け毛)の原因は女性ホルモン?

女性だからこその薄毛原因を解明!

女性の薄毛の原因として挙げられるのは、主に血流の低下とホルモンバランスの乱れです。出産後や更年期世代の方々は、ホルモンバランスに顕著な変化がみられます。

あらためて「女性ホルモン」とは?

女性の体内で分泌され、肌・身体・心・脳に様々な影響を与える無色透明な物質の総称を言います。この女性ホルモンに「エストロゲン」「プロゲステロン」の2種類があることは多くの方がご存知ではないでしょうか。

  • エストロゲン(卵胞ホルモン)
    女性らしい体づくりをサポートするホルモン。
    肌・髪の新陳代謝を促して、ハリ・ツヤを生み出します。また、気分を安定させる役割や、妊娠した時に備えて毎月の排卵を行う役割も担っています。
  • プロゲステロン(黄体ホルモン)
    子宮内膜を厚くしたり、体温を上げたりと、妊娠の継続をサポートし女性の体を守るホルモン。
    栄養・水分を蓄え代謝を遅らせたり、皮脂の分泌を活発にしたりもします。
    また、生理前に感じる「体の重さ」「肌荒れ」「憂鬱」「イライラ」などといった体調変化に影響しています。

改めて見ると「それって必要なのかな?」と感じてしまう働きもありますが、女性の体にはエストロゲンもプロゲステロンも、どちらも欠かせません。決まった周期で2つの女性ホルモンが増えたり減ったりバランスをとりながら身体を育て守ってくれているのです。
そして、最初に挙げたエストロゲンが今回のテーマ、女性の薄毛に深く関わることが分かっています。

女性ホルモン・エストロゲンの髪への働き

女性らしさを作る他にも、女性ホルモン・エストロゲンの働きには髪の発達に大きな関係があります。

具体的なエストロゲンの働き
  • 髪の毛の成長を促す
  • 髪の毛の成長期間をキープする
  • 髪の毛を豊かに保つ
  • 血流改善
  • 免疫力の強化

女性ホルモンがバランスよく分泌されると、髪は健康になります。エストロゲンの働きで、髪が生える〜抜ける周期・ヘアサイクルが整うからです。すると毛の成長期が十分に長くなり一本一本がしっかり育ちます。
逆にエストロゲンが減ってバランスが乱れると髪にうねりやパサつきが目立つことから始まり、1本1本が弱々しく細くなってボリュームの低下をきたし、薄毛(抜け毛)という症状につながりやすくなってしまいます。

このように育毛と密着に関わる大切な女性ホルモン、それが減ってしまう原因は一体何でしょうか?

ストレス・無理なダイエットなど、ホルモンバランスを乱す引き金は色々ありますが、特に多くの方を悩ませるのが加齢です。エストロゲンの分泌量は20代後半がピーク。理想的なバランスを保つ時期は30代前半まで続きますが、その後は減少する一方です。これが原因で、髪の毛が満足に育たず薄毛や抜け毛など髪の悩みを抱える女性がだんだんと増えていきます。

こうしたエストロゲンの減少が引き起こす代表的な症状が、更年期障害です。更年期(45〜55歳)前後の女性は、たくさんの不快な症状と共に薄毛(抜け毛)に悩む方がとても多いとされます。この点からも女性ホルモンバランスが髪の状態に多大なる影響を与えることがよく分かります。

ホルモンの影響による女性における男性型脱毛症(FAGA)の特徴

女性ホルモンの乱れによる女性の薄毛には「FAGA」と「びまん性脱毛症」とがあります。一般に「AGA(男性型脱毛症)」とは広く知れ渡っていると思いますが、FAGAとは「Female AGA」の略称で女性男性型脱毛症と呼びます。

FAGA(女性男性型脱毛症)は生え際の後退などがあまり見られないなど、脱毛パターンが男性とはだいぶ異なると分かってきました。そして、全体的に薄くなっていく「びまん性脱毛症」とは反対に、「ここが薄い」といえるようなはっきりした薄毛の部位があるのが特徴です。

FAGAの主な進行パターン
髪にうねりやパサつきが目立つようになってきた 髪にうねりやパサつきが目立つようになってきた だんだん髪にボリュームがなくなってきた… ある一定の部分が薄くなってきた…

こういったFAGAの症状は更年期前後の40代以降に多く見られ、若い女性にはあまり見られないのも大きな特徴です。

あなたの女性ホルモンバランスは大丈夫?

エストロゲンの減少・ホルモンバランスの乱れは、薄毛など見た目の問題にとどまらず様々な身体・心の不調にまで発展します。A・Bそれぞれ1つ以上当てはまる項目があれば、女性ホルモン・エストロゲンの減少が原因のFAGA、もしくは予備軍かもしれません。

  • A
    髪を洗うと、排水口に髪の毛がごっそり。
    髪の密度が落ちて地肌が透けてきた。
    髪がパサつく・ハリやコシがなくなった。
    秋口でもないのに、抜け毛が急増。
    髪が細くなってきた。
  • B
    40歳以上である。
    仕事・家事などのストレスが多い。
    不規則な生活になりがち。
    肌の調子が悪い。
    イライラや落ち込みがある。
    不眠
    むくみが気になる。
    太りやすくなった。

女性ホルモンによる薄毛(抜け毛)などの悩みは、セルフコントロールがほぼ困難と言われています。現在もっとも有効な改善方法とされるのが専門クリニックでの治療です。専門クリニックの強みは、一人ひとりの髪や頭皮の状態を専門の医師が内外からケアし、薄毛・抜け毛の根本解決へ働きかける点です。さらに薄毛改善に向けた女性ホルモンへのアプローチが、心身の健康や女性らしさにも効果を発揮するというメリットもあります。

薄毛(抜け毛)になると、思わず育毛剤など外からの対策に頼りがちです。もちろん必要な外的アプローチもあるのですが、女性ホルモンが原因の場合それだけではなかなか効果が期待できません。この事実を知らなかったために時間・お金を適切に使えなかった、そういったケースも少なくないようです。最近では「女性の薄毛×女性ホルモン」の知識を深められるように、また、一人でも多くの女性が髪の悩みから救われるように情報の発信がなされています。

多くの髪に関するケアや治療情報から自分に合ったものを選択し、また、自分で判断できないときは医師に相談しながら、悩みの解消に前向きに取り組んでいきましょう。

  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら
  • AACクリニック銀座
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 城西クリニック福岡


ご予約時の住所記入はございません

初診来院予約 予約フォームはこちら

無料カウンセリング 専門スタッフによるカウンセリング

お電話での来院予約 お電話での来院予約も受付ております

AGAセルフチェック

関西エリア もっと女性が通いやすい病院へ 女性専用の頭髪外来を新設 脇坂クリニック大阪特集 詳しくはヘアメディカルビューティへ

男女別 私のAGA・薄毛治療 体験談

プロペシアとザガーロ ヘアメディカルだけ!あなたのAGA治療にはどちらの薬が効果的か検査できます。AGAリスク遺伝子検査

あなたと似た症例が検索できます

【特集】発毛専門クリニック
東京
名古屋・栄
福岡・天神
東京・銀座
大阪・梅田

AGAは専門医の治療で治ります

薄毛治療っていくらかかるの?

  • 初めて薄毛治療をお考えの方へ
  • 総合頭髪治療とは
  • 発毛治療の流れ
  • AGAについて
  • 予防のための薄毛対策
  • もう一度、頭髪専門クリニックで薄毛・抜け毛治療へ

女性の薄毛・抜け毛と女性ホルモンについて

HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

           

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 AACクリニック銀座 院長:浜中聡子医師。 AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。
脇坂クリニック大阪 院長:脇坂長興医師。 城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

より詳しいサイトマップはコチラ