発毛治療TOP > 新しい頭髪治療の研究

ヘアメディカルは、毛髪医療分野のパイオニアであるF.M.L.と、近未来の再生医療に取り組んでいます。

F.M.L(近未来医療研究会)とは

新たな頭髪治療を目指し、研究に取り組んでいます。各分野の専門医師による、頭髪研究レポートをご紹介します。

学会活動記録

REPORT-03

日本人男性において、肥満、血糖、血圧などが男性型脱毛症(AGA)の進行に関連しているという研究成果を発表

7月21日〜23日、スペインのバルセロナでEuropean Hair Research Society(EHRS) の第16回学会が開催されました。EHRSにはヨーロッパを中心に、北米、韓国を含め世界中の研究者、医師が参加しています。男性型脱毛症を含め、脱毛症の治療や毛髪の研究に関わる医師、研究者が一堂に集いました。

詳しくはこちら

井上 肇(いのうえ はじめ)

REPORT-01

世界初「ゲルタイプ」のミノキシジルとは?

AGA(男性型脱毛症)に有効な治療薬「ミノキシジル」。液体であるが故に生え際にとどめさせることが難しく、生え際では有効的な活用ができていない状態でした。そこで、F.M.L.関連医療施設は、聖マリアンナ医科大学の井上肇准教授と世界初の『ミノキシジルゲル』を共同で開発。ミノキシジルゲルの開発について、井上 肇 准教授にお話を伺いました。
※ヘアメディカルでは、症状によってミノキシジルゲルを処方しています。

詳しくはこちら

F.M.L.(近未来医療研究会)について

NPO法人『Future Medical Laboratory(近未来医療研究会):理事長川島眞 東京女子医科大学皮膚科学教室教授・講座主任』は、頭髪医療分野を中心とした、最新治療情報の収集と提供を目的に各分野の専門家により結成された研究機関です。F.M.L. には皮膚科・形成外科・精神神経科・基礎医学・薬学など各分野の専門医師が所属しており、最先端医学と最新医療の研究を行い、正しい医療情報を提供しています。

F.M.L.の活動内容と理事会紹介はこちら

F.M.L.関連診療施設では、頭髪・頭皮の状態は勿論のこと、身体の内側まで検査し、一人ひとりに適した治療方針を患者様へ提案いたします。

※F.M.L.はRSSを配信しております。お知らせ情報をいちはやくお届けいたします。RSSについてはこちら

このページの先頭へ戻る


新たな頭髪治療の研究に取り組むF.M.L.について


HAIR MEDICAL

より詳しいサイトマップはコチラ