発毛クリニックTOP > 薄毛(うすげ)の原因

気になる髪のキーワード|自分の髪はなぜ薄い!?薄毛の原因とは!?自分の髪が薄いと気づいたその瞬間気になって仕方がない・・・。シャンプー後の抜け毛、枕に落ちている毛、原因は何!?

無料カウンセリング

専門医師の本格治療

脱毛症の症状があらわれたら、自己治療ではなく、
まずは発毛育毛専門の医師に相談することが解決への
近道です。

薄毛の原因とは

「薄毛(うす毛)」とは何らかの原因で、髪が抜け落ちてしまい、その結果、頭髪が薄くなり地肌が露出してしまうことをいいます。これは、毛髪自体が消滅しているわけではないため、生活改善や専門のクリニックでの治療で症状が軽くなることもあります。

薄毛のアレコレ

抜け毛は減っても薄毛(うす毛)は治らない?

まず認識しなければならないことは、「毛は抜ける」ということです。 毛が抜けることと薄毛(うす毛)の状態は全く別の問題です。 髪の毛には、髪の毛そのものの寿命があり、生涯を通じて抜けない毛はありません。 寿命を迎えた髪の毛が抜けて生まれ変わるのは自然なことで、 1日80本 - 100本程度の抜け毛であれば心配いりません。 髪の毛は、“抜けては新しい髪に生え変わる”という「ヘアサイクル(毛周期)」 を繰り返すことで、一定の毛髪量が保たれているのです。

ただ、抜けやすい状態になってしまっている頭皮、毛穴、毛髪があるのは事実で、 抜けやすくしている要因が薄毛の原因の場合もあります。 根本的には、抜け毛は減ったとしても薄毛(うす毛)は簡単には治らないのです。

薄毛(うす毛)とヘアサイクル(発毛サイクル)

毛髪は一定のサイクルで成長しています。『成長期』(新しい髪が成長する期間)→『退行期』(成長が弱まる期間)→『休止期』(完全に成長が止まり髪が抜けてしまう)というサイクル(発毛サイクル)が、通常2年~7年で繰り返されています。
薄毛(うす毛)・抜け毛の多くは、このヘアサイクルが何らかの原因で短縮され、毛髪が完全に成長する前に抜け落ちることでおこります。この発毛のサイクルがきちんと回ることが大切です。

成長期の初期の髪は柔らかい軟毛ですが、正常な人の場合、硬く太い毛に育っていきます。しかしヘアサイクル(発毛サイクル)に異常がある場合、この軟毛の段階で抜け落ちてしまうことが多いのです。その結果、細く産毛のような毛髪ばかりが多くなり、だんだんと毛髪にボリュームがなくなって頭皮が露出してくる・・・いわゆる「薄毛(うす毛)」になってしまうのです。

AGAの原因

AGAはヘアサイクルの改善から

AGAは「ヘアサイクルの乱れ」が大きな原因の1つとなっています。
通常、自然に抜け落ちる毛は1日に100本前後と言われていますが、抜け毛の多い季節(秋頃)には抜け毛が増えることもあり、1日200本前後抜ける場合もあります。
しかし、この季節要因に関わらず抜け毛が明らかに増えた場合はヘアサイクルが乱れている可能性があります。ヘアサイクルの成長期が短縮すると、休止期から脱毛、そして次の早期成長期で髪の毛が抜けてしまいます。(下記のヘアサイクル図 参照)この場合、成長しきれずに抜けてしまった、細くて短い(弱い)短小毛が多く見られます。
ヘアサイクルを戻すことが薄毛や抜け毛を改善するためには重要となりますが、これは部分的な植毛などを行なっても全ての毛が通常のサイクルに戻るものではありません。本気の薄毛・抜け毛治療をお考えの場合は、規則正しい生活や医師の診察による治療が必要です。

男性型脱毛症のヘアサイクルは成長期が短縮しています。

図:健康なヘアサイクル

図:乱れたヘアサイクル


正しく健康なヘアサイクルを維持するために、以下3つのことを心がけましょう。 どれも毎日の積み重ねが大切で、短期間で理想のヘアサイクルに近づけることはできません。 ちょっとした意識を毎日持つことで、長い目でみたら実りある自己ケアに繋がります。

* 頭皮をこすりすぎない(負担をかけない)
* 頭皮の保湿に気を配る(乾燥、刺激を与えない)
* バランスの良い食事、一定の食事時間を心がける

偏食による栄養不足や、飲み過ぎ・食べ過ぎによる内臓器官の酷使などによって、 薄毛(うす毛)・抜け毛が発生することがあります。 現代の食事環境としては肉食中心の方も多いと思いますが、 欧米型スタイルの食生活は、皮脂の過剰分泌を起こすケースがあります。 脂分が増えると毛穴に脂分が詰まり、髪の成長を止めてしまったり、 血行不良を招く原因になったりと、悪影響を与えかねません。 決して“肉類がダメ”というわけではなく、バランスが大切です。 偏った食生活、変則的な食事時間も同時に見直しましょう。
また、野菜や海草類でビタミン・ミネラルを多くとり、 意識してバランスを整えることはとても有効です。 カボチャやニンジン、青菜類の緑黄色野菜や果物から摂取できるビタミンA、 きゅうりやトマト、タケノコに含まれるビタミンEは髪にもよい影響を与えます。 髪や頭皮を健やかに保つための栄養素を積極的に摂りましょう。

近年では、女性も薄毛で悩んでいるケースがあります。女性の薄毛原因はさまざまですが、主に加齢現象・男性ホルモン・ストレス・副腎皮質ホルモンの減少などが挙げられます。
これらの薄毛原因が重なって薄毛の症状が見られる場合もあります。女性の場合は、特に病院で薄毛原因を詳しく検査して治療を進めていくことが大切です。

薄毛の悩み解決 薄毛対策

薄毛(うす毛)を予防・改善するために有効な対策は、栄養バランスのとれた食事、
ストレスをためない生活、ストレス解消法を見つける、タバコ、酒を控えるなど。
要は健康的な生活を送ることが重要です。
こういう私生活の改善があってこそ毛髪は正しい成長を続けていきます。
やはり健康な生活が、体にも薄毛(うす毛)にも良いという事です。

育毛

成長と予防を同時に行なう行為で、地道に髪を育てる方法です。どんな育毛法にしろ、すぐに髪が増えるというものではなく、根気よく続けていく必要があります。

育毛剤

育毛剤は大きく分けて3種類に分類されます。

1. 血管拡張剤
毛根に栄養を補給することによって抜け毛を防ぎ、健康な毛髪を育てようとするものです。各種アミノ酸や脂肪酸、植物エキスなどを配合しているものです。
2. 栄養剤
成長と予防を同時に行なう行為で、地道に髪を育てる方法です。どんな育毛法にしろ、すぐに髪が増えるというものではなく、根気よく続けていく必要があります。
3. ホルモン系剤
薄毛(うす毛)になるのは男性ホルモンが大きく影響していると言われています。 この男性ホルモンの働きを抑え込んだりするための薬剤で、女性ホルモン剤や抗男性ホルモン剤といわれるものです。

マッサージ

頭皮の血液の循環をよくするために頭皮をマッサージします。育毛剤使用時に併用して行うと良いでしょう。

ヘアケア

シャンプーはヘアケアの第1歩です。一般的に「汗っかき」「脂性」の人に、薄毛(うす毛)や抜け毛が多いようです。シャンプーをおこたると「カユミ」や「フケ」が発症します。特に、脂性のフケが多くなると、毛を作る毛根部での毛髪の角化が阻害され薄毛(うす毛)や抜け毛の原因になります。
シャンプーの回数ですが、脂性の人は毎日シャンプーする方が良いと思います。乾燥肌の人はシャンプーをしすぎると乾燥が進み、逆に頭皮に悪影響の場合もあります。夏場以外は2日に1回位でよいでしょう。どんな人でも3日もシャンプーをしないと、フケやカユミが出てきますが、これは正常な新陳代謝による物で、これ以上間隔があくと、かえって他の皮膚炎(脂漏性湿疹など)などを引き起こすおそれがあります。

実は毎日のシャンプーが頭皮を清潔に保ち、薄毛(うす毛)や抜け毛予防に非常に重要な役割を担っているのです。

髪のお悩みは発毛専門クリニックへ

フィナステリドを使った発毛治療を行う専門クリニック

  • 城西クリニック(東京・新宿)
  • AACクリニック銀座(東京・銀座)
  • AACクリニック名古屋(名古屋・栄)
  • 脇坂クリニック大阪(大阪)
  • 城西クリニック福岡(福岡・天神)

このページの先頭へ戻る

脱毛症治療 専門クリニック診察の流れ

発毛専門クリニックの無料カウンセリングをご利用ください。

抜け毛の原因は様々あり、間違った対策を行うと、髪を作る土壌(頭皮)を傷め、髪の正常な成長を妨げます。
ヘアメディカルで紹介している専門クリニックでは、頭皮環境を整える目的で専門医が開発したシャンプーも紹介しています。
気になる症状がある方や、薄毛の原因が分からない方は自己判断でなく、専門医に相談してみましょう。

診察の流れ

図:診察の流れ

  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

このページの先頭へ戻る




薄毛の悩みとヘアサイクルの関係


HAIR MEDICAL

より詳しいサイトマップはコチラ