発毛治療TOP > 抜け毛を防ぐ > 抜け毛の原因と遺伝的要因

気になる髪のキーワード|抜け毛を防ぐには 抜け毛の原因と遺伝的要因 抜け毛の原因として最も多く見られる男性型脱毛症やその症状について。

  • 抜け毛を防ぐには
  • 抜け毛の予防法
  • 抜け毛とシャンプー
  • 抜け毛は病院へ相談
  • 女性の抜け毛
  • 抜け毛防止
  • 抜け毛の検査

抜け毛の原因の多くは

抜け毛(脱毛症)の原因として最も多くみられるのが、男性型脱毛症(AGA)です。この男性型脱毛症(AGA)は、男性の約半数の方、女性の10~20%の方がいずれ発症すると言われています。
この男性型脱毛症による抜け毛の原因は、男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)がわずかに増えることと、遺伝的要因が主な原因だと考えられています。抜け毛(脱毛症)はどの年代でも発症する可能性があり、10代のうちに起こる例もあります。20代の若い男性においても、髪をブリーチし過ぎることによって頭皮を痛めてしまい、抜け毛の原因を作っているケースも見られます。

抜け毛の原因と発症

男性の抜け毛は、前頭部か頭頂部から発症するのが一般的です。人によっては抜け毛は部分的なものにとどまり、生えぎわが後退したり、小さな脱毛が頭頂部にできるだけの人もいます。
しかし、若いうちから抜け毛が始まった人では、頭頂部の毛のほとんどが失われ、後頭部と側頭部の部分に毛が残るだけになることもあります。

抜け毛というと、毛根や頭皮などの一部分に原因があるのではないかと思いがちですが、抜け毛の原因は毛根だけ、頭皮だけの問題ではありません。

男性の場合は多くの抜け毛・切れ毛の原因はAGAですが、それだけではなく睡眠や食事内容、喫煙などの生活習慣も重要になってきます。AGAと他の症状が混合している場合もありますし、他の病気、または男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌バランスが原因となっているケースもあります。年齢に関係なく、他の病気をカバーするための薬の摂取との関係も視野に入れなくてはいけません。
また女性の場合も、精神的・肉体的なストレスや過度なダイエット、または食べ物の栄養偏りや頭皮の乾燥、角質の老化などがきっかけになっている事もあり、その原因はさまざまです。異常に甲状腺ホルモンを分泌してしまうバセドウ病は女性に多くみられますので、その症状の治療関係も考えないといけません。
そういう意味で、一人ひとりへの細かなカウンセリング、緻密な治療計画が非常に大切になってくるのです。

通常、1日に抜ける髪の毛の量は100本程度です。あまりにも抜け毛の量が多い場合は、頭髪治療の専門病院で一度相談することをおすすめします。

ヘアメディカルグループの頭髪治療専門クリニック

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 城西クリニック福岡

抜け毛についてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

このページの先頭へ戻る




抜け毛の原因と遺伝的要因

HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長:脇坂長興医師。
城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

より詳しいサイトマップはコチラ