発毛治療TOP > 抜け毛を防ぐ > 産後の抜け毛について

産後の抜け毛について 出産は女性にとって人生の大きなイベント。しかしその大きなしごとを成し遂げたあとに起こりうる髪の悩みとは?

  • 抜け毛を防ぐには
  • 抜け毛の予防法
  • 抜け毛とシャンプー
  • 抜け毛は病院へ相談
  • 女性の抜け毛
  • 抜け毛防止
  • 抜け毛の検査

産後の抜け毛について

女性にとって出産は、人生で大きなイベントの一つと言えます。
ただ、その出産という喜ばしいイベントが女性の身体に思わぬ変調をもたらすことがあります。
そのひとつが、出産後の抜け毛です。妊娠初期から女性の身体は少しずつ変化し、母乳がではじめる産後まで、女性のデリケートな身体内でホルモンのバランスが変わってくるのです。そして出産という一大イベントをピークに、身体がもとの状態に戻ろうとする際、抜け毛で悩む女性が多くいらっしゃいます。産後の抜け毛について、少し考えてみましょう。

個人個人で抜け毛の原因は様々、同じような症状でも抜け毛対策はまったく異なります。ご自分で判断せずに専門家にご相談ください。

無料カウンセリング

妊娠中や産後のヘアトラブルは平均して60%ぐらいの人が体感されるようです。産後のホルモンの変化の影響で頭皮の状態が変化することで、抜け毛・パサツキ・白髪・フケ・カユミなどの症状が現れます。


産後の抜け毛の原因

女性専用髪のお悩み解決サイト ヘアメディカルビューティー 美髪

大きな原因は、出産後のホルモンバランスの乱れ

出産後に抜け毛が増える症状は、妊娠・出産のために乱れていたホルモンが、 元の状態に戻ることによって起きる現象です。産後3ヶ月~6ヶ月の間で急に抜け毛が増えるため不安になる女性が多いようです。
女性ホルモンには、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2種類があります。妊娠をしていない状態では、プロゲステロンとエストロゲンが2週間ごとに、交互に優位な働きを繰り返します。しかし、妊娠中はプロゲステロンのみが優位に働く状態となり、出産が終わると、また元に戻ります。この時、エストロゲンの増加が急激に起こるため、身体がそれについていけなくなり、ホルモンバランスが乱れて、身体に支障が出てしまいます。抜け毛もそのひとつです。
合わせて、エストロゲンは毛髪を発達させる役目を持っているため、妊娠中に抜けるはずだった毛髪が、産後、一気に抜けてしまうとも考えられています。


産後の抜け毛の原因

抜け毛治療を行った方の実際の事例

最近では妊娠をきっかけに髪質が極端に変化するトラブルが急増しています。
生活習慣などにより妊娠前から、細毛・薄毛・白髪などがある人は産後のトラブルに拍車がかかる傾向にあります。
多くの経産婦さんは経験されていることですが、通常は時間が経てば自然におさまります。
妊娠出産による脱毛は、妊娠後期に成長期の毛髪の割合が増え、これが出産後同時に休止期に入るため出産後3ヶ月~4ヶ月の頃に気付きます。このような理由で出産後に抜け毛が多くなり髪が少し薄くなることがありますが、だいたいは産後6ヶ月~7ヶ月から1年でもとの通りに戻ります。
あまり抜け毛を気にしすぎると、それがストレスになり、さらに抜け毛を増やすことになりかねないので、気になる場合は、産婦人科または頭髪治療専門病院でご相談される事をおすすめします。なるべく気にしないようにしましょう。

細い産毛のまま髪の毛が落ちてしまっているという場合は、頭皮や毛根に何らかのトラブルを抱えている場合が多いため、シャンプーやトリートメント剤を自分に合っているものを使用することが重要です。また、ピルやプラセンタなどを取り入れていた方の中で、それらの服用中または服用後に抜け毛が目立つこともあります。このことも、産後と同じようにホルモンの減少が影響していると言われています。よく医師と相談しましょう。


産後の抜け毛と治療について

産後の抜け毛が多く、なかなか以前のようなボリュームにならないという悩みをお持ちの方もいらっしゃいます。授乳の時期は治療ができませんが、かかえている不安をどう解決するか、断乳後に治療が必要なのかどうかなど、一緒に考えることができます。どうしても抜け毛が気になる場合は、一人で悩みすぎずに医師にご相談ください。

女性の薄毛・抜け毛は治ります>>

頭皮のフケやかゆみは薄毛の危険信!
あなたの頭皮の状態を今すぐチェック!!

簡単な問診票でAGA度をセルフチェック AGAセルフチェック

このページの先頭へ戻る

抜け毛治療 診察の流れ

抜け毛のご相談や治療方法についてプロに聞ける、無料のカウンセリングをご利用ください。

AGA(エージーエー)の多くは、男性ホルモンのTH(テストステロン)が酵素により変換されてできたDHT(ジヒドロテストステロン) の働きに関係して起こりますが、フィナステリドはこの変換酵素5αリダクターゼTypeIIの作用を妨げる働きがあります。
結果的にAGA(エージーエー)の原因となっているDHTの生成を抑えることができるのです。
AGA治療薬フィナステリドを使った頭髪治療にご興味のある方はまずは無料カウンセリング!

診察の流れ

図:診察の流れ

抜け毛でお悩みの方に頭髪治療専門クリニック

  • メンズヘルスクリニック東京(東京)
  • ウィメンズヘルスクリニック東京(東京)
  • AACクリニック名古屋(名古屋・栄)
  • 脇坂クリニック大阪(大阪)
  • 城西クリニック福岡(福岡・天神)
  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

このページの先頭へ戻る



ご予約時の住所記入はございません

初診来院予約 予約フォームはこちら

無料カウンセリング 専門スタッフによるカウンセリング

お電話での来院予約 お電話での来院予約も受付ております

AGAセルフチェック

関西エリア もっと女性が通いやすい病院へ 女性専用の頭髪外来を新設 脇坂クリニック大阪特集 詳しくはヘアメディカルビューティへ

男女別 私のAGA・薄毛治療 体験談

プロペシアとザガーロ ヘアメディカルだけ!あなたのAGA治療にはどちらの薬が効果的か検査できます。AGAリスク遺伝子検査

あなたと似た症例が検索できます

【特集】発毛専門クリニック
東京
名古屋・栄
福岡・天神
東京
大阪・梅田

AGAは専門医の治療で治ります

薄毛治療っていくらかかるの?

  • 初めて薄毛治療をお考えの方へ
  • 総合頭髪治療とは
  • 発毛治療の流れ
  • AGAについて
  • 予防のための薄毛対策
  • もう一度、頭髪専門クリニックで薄毛・抜け毛治療へ

産後の抜け毛について

HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

           

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪 院長:脇坂長興医師。 城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

より詳しいサイトマップはコチラ