発毛治療TOP > プロペシアについて >  プロペシアの発毛効果と治療法

実感なし?効果の出る期間は?服用前に知りたいプロペシアの発毛治療

  • プロペシアについて
  • プロペシアの効果と治療法
  • プロペシアの代表的副作用
  • プロペシアとAGAの関係
  • プロペシア治療体験談(症例)
  • プロペシア治療専門病院

実感なし?効果の出る期間は?服用前に知りたいプロペシアの発毛治療

プロペシアは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として世界的に支持されています。
しかし、どのくらいの期間で効果が現れるものなのでしょうか。
薄毛に悩む方にとっては、発毛への不安や必要な費用を考えるうえで重要な問題となるはずです。
また、事前に基礎知識を把握しておくことで、安心して治療に臨むこともできます。
ここでは、プロペシアの効果について詳しく解説します。

プロペシアの効果

プロペシアは男性における男性型脱毛症のみに有効で、その他の脱毛症に対する適応はありません。
20歳未満での安全性及び有効性は確立されておらず、女性の服用は禁じられています。
男性型脱毛症の主な原因物質はジヒドロテストステロン(Dihydrotestosterone=DHT)です。
DHTは5α-還元酵素によってテストステロンから産生され、脱毛シグナルが出ると髪は長く太く成長をする前に 抜け落ちてしまいます。
結果として細く短い毛が多くなり、薄毛が目立つようになるのです。
プロペシアは、5α-還元酵素の働きを阻害し、薄毛の直接的な原因となるDHTの産生を抑制します。
プロペシア

AGA治療に関するご相談は、効果的なプロペシア処方を行える発毛専門クリニックの無料カウンセリングをご利用ください。

無料カウンセリング

※性別や症状によりお薬の内容は変わります。

効果的な治療法

プロペシアは錠剤で1日1回(1mg)の服用が基本とされ、頭髪医療先進国の欧米でも、 プロペシアとロゲイン(一般名:ミノキシジル)の併用が、男性型脱毛症の標準的な治療法として認知されています。
以下の写真は、ヘアメディカルで紹介している発毛専門クリニックの治療実績です。
両ケースとも経口薬「プロペシア」と外用薬「ミノキシジル」を併用して治療を行っています。
プロペシアがより有効に作用するかを、事前に判定する「遺伝子診断技術」も開発されており、 頭髪治療を専門で行っている発毛専門クリニックでも積極的に取り入れられています。

22歳男性の効果例(メンズヘルスクリニック東京)

  • 治療前
  • 5ヵ月後

36歳男性の効果例(脇坂クリニック大阪)

  • 治療前
  • 9ヵ月後

プロペシアは男性型脱毛症の治療に使用されます。頭髪治療専門クリニックでは、プロペシアの処方と検診で治療をはかります。

初診来院予約

※性別や症状によりお薬の内容は変わります。

プロペシアで発毛効果があらわれる期間

プロペシアを服用して発毛を実感する期間には個人差があります。
とはいえ、まったく効果を実感できないまま月日が過ぎていくのも心が折れてしまいそうです。

果たして効果があらわれる目安となる期間はあるのでしょうか。
集められる情報から検証していきましょう。

治療薬の添付文書による期間

プロペシアの薬と一緒に同梱されている添付文書を確認すると、正式な説明が書かれています。
内容を整理すると、効果期間についての記載は次の4つです。
  • ・3ヶ月の連日投与により効果が発現する場合もある
  • ・通常は効果が確認できるまで6ヶ月の連日投与が必要である
  • ・効果を持続させるためには継続的に服用する
  • ・6ヶ月以上投与してもAGAの進行遅延が見られない場合には投薬を中止する
これを見る限り、最低でも服用してから6ヶ月の期間が必要だとわかります。

口コミ情報による期間

製品に記載があっても、個人差があるといわれると不安になるものです。
そこで、実際にプロペシアを服用している経験者の意見を集めてみました。

製品の説明と現実には違いがあるのでしょうか。
いくつかの声を見てみましょう。
30代後半の男性
30代後半の男性
プロペシアを服用してから3ヶ月で、毛量が少し増えたかな?と感じました。
髪にハリとコシも出てきて、徐々に薄毛が気にならなくなりました。
現在6ヶ月目ですが、かなり毛量も増えてきたと感じています。
40代前半の男性
40代前半の男性
ちょうど服用してから3ヶ月が経ちました。
生え際の産毛が濃くなってきたものの、2ヶ月を過ぎたあたりから2~3cmほど生え際が下がって 生え際全体に産毛が広がってきている気がします。
このままだと前髪がなくなってしまうのでは。。。
ちょっと心配ですが、もっと毛が太くなると信じてこれからに期待します。
50代前半の男性
50代前半の男性
25歳を過ぎたくらいから、おでこが後退しているなと感じていました。
それからシャンプーや食事にも気をつかって、いろんな育毛剤を試しましたがおでこが後退するばかり。数年前にようやくプロペシアを知りました。
使いはじめてから2ヶ月ほどで、抜け毛がかなり減りました。
それから数ヶ月経つと、産毛がしっかりとコシのある太い毛になっていったんです。
年齢のこともあってちょっと諦めていただけに、あれは本当に嬉しい日々でしたね。
やはり個人差はあるようですが、多くのケースで3ヶ月~6ヶ月の期間にプロペシアの効果を実感しているようです。

プロペシアによる発毛期間には個人差がある

ところで、なぜ発毛期間には個人差があるのでしょうか。
そのメカニズムについて詳しく見ていきましょう。

生活習慣・ヘアサイクルの違いによる影響も

体質が違えば発毛剤・育毛剤に関わらず、薬の効果に差が生じるものです。
それと同様に、プロペシアの効果に個人差が現れる原因は、一人ひとり異なる「ヘアサイクル」にあります。

コシのある太い髪を維持している方は、正常なヘアサイクルを保っています。
髪の毛は、こちらの3段階を常に繰り返しているのです。
  • 1.成長期:2年~6年をかけて髪の毛が太く長く成長する
  • 2.退行期:約2週間で髪の毛を成長させる働きが鈍くなる
  • 3.休止期:3ヶ月~4ヶ月で髪の毛の成長が止まり抜け落ちる
ヘアサイクル
頭髪全体の9割が「成長期」にあたります。
また、休止期に入ったとしても、いっせいに抜け落ちるわけではありません。
シャンプーなどの刺激によって抜けてしまわない限りは、新しい髪の毛が生えてくるまで頭皮にキープしています。

上記のサイクルは、あくまで目安です。
成長期の期間にバラつきがあるように、各個人のヘアサイクルには違いがあります。
つまり、同じAGA治療薬を使用しても効果に違いが見られるのは、必然ともいえる現象なのです。

プロペシアの効果を高めるためには?

臨床試験のデータからもプロペシアの有効性は明らかです。
3年間投与した場合、頭頂部で77.8%、前頭部で71.7%の方に改善が認められています。

数ヶ月の服用で効果がなかった場合は、別の視点から対策を考えるべきかもしれません。
というのも、ヘアサイクルの違いは体質による影響だけではなく、毎日の生活習慣が大いに関係しているからです。

しかし頭皮環境を高めるためには、具体的にどんな部分を意識すべきなのでしょうか。
ここでは、いくつかのポイントをご紹介します。

食生活の改善

髪の毛も体の一部ですから、成長させるためには栄養素が必要です。
私たちはその大半を、普段口にしている食事から吸収しています。
特に髪の生成に必要な栄養素として、「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン類」があげられます。
自炊をしない方にとって、亜鉛やビタミン類の摂取はなかなか難しいかもしれません。
そういった場合は、サプリメントを利用するなどして補うと良いでしょう。
食材イメージ

ストレスをためない生活

日本だけに限らず、現代人なら誰しも少なからずストレスを抱えているものです。
しかし、これが慢性的になると血管を収縮させて、髪に必要な栄養素が頭皮にまで行き渡らなくなってしまいます。
気分が晴れるような趣味を見つけて、うまくストレスを発散することで髪の健康にも良い影響を与えます。
気分が晴れるイメージ

運動を習慣づける

適度な運動は健康な髪をつくる大きな要素です。
体を動かすことによって血流が良くなり、摂取した栄養素が髪にまでしっかりと届きます。
血流がよくなると血管が拡張されてコシのある髪をつくり出す助けにもなるのです。
定期的な運動は、髪だけでなく体の健康にも良いので習慣づけると良いでしょう。
運動イメージ

タバコをやめる

タバコの習慣は、血管を収縮させてしまいます。
その影響によって血流は悪化し、必要な栄養素が頭皮にまで運ばれず、毛髪の成長を妨げてしまうのです。
また喫煙することで、髪の成長に必要な体内のビタミンCが消費されてしまいます。
真剣に薄毛の改善を考えているのであれば、禁煙されることをおすすめします。
タバコ

プロペシアの効果を実感するためには正しい服用を

プロペシアの効果を高めるためには、その服用方法についても把握しておく必要があります。
ここでは、大事な3つのポイントをお伝えします。

1.毎日同じ時刻に服用する

プロペシアの有効成分フィナステリドは、服用してから約24時間で体内からほとんど消失する特徴があります。
時間に関係なく「昨日は朝の9時、今日は夜の10時」といったサイクルで飲み続けると、効果のない時間が生じてしまいます。
これでは、AGA治療薬の効果が薄くなってしまっても仕方ありません。
何時にプロペシアを服用しても問題はありませんが、ライフスタイルに合わせて毎日同じ時刻に飲むようにしましょう。

2.服用を忘れないようにする

プロペシアの効果を発揮するには、毎日服用することが大切です。
忘れてしまったからといって翌日に2錠飲んだとしても、その効果は変わらないとされています。
やはりフィナステリドの効果を持続するには、同じ時刻に毎日服用することが求められるようです。

3.お酒と一緒に服用しない

プロペシアは少なからず肝臓に負担をかける治療薬です。
アルコールは肝臓で分解されますから、同時にプロペシアを摂取すると大きな負担になってしまう可能性もあります。
お酒を飲む場合は、プロペシアの服用時間からずらしてください。
健康のためにも肝臓への負担をなるべく軽減してあげましょう。

ヘアメディカルグループは一人ひとりの症状に合わせて治療を行っています!

プロペシアの治療効果には個人差が見られます。
服用して数ヶ月で変化が現れる方もいれば、なかなか効果を実感できないという方もいるのが現実です。
自己判断で服用する場合、飲み続ける以外に選択肢がなく、初期脱毛・男性機能障害・肝機能障害などの 副作用のトラブルにも対応が難しくなります。
ヘアメディカルグループで紹介しているAGAクリニックであれば、総合的な治療を行うアドバンスト発毛治療など 様々な提案が可能です。
経験豊富な髪の専門医師に相談することで、プロペシア以外のAGA治療薬と組み合わせるなど、 一人ひとりのタイプに合わせて治療することができます。
まずは原因を把握して、自分に合った方法を相談するところからはじめましょう。

効果的な発毛治療が期待できる専門病院

髪が薄くなったことを恥ずかしいと感じて、誰にも相談せずに対策をしている方も多いのではないでしょうか。

AGA治療は長期戦が想定されます。
ED治療薬と同じく保険は適用されませんから、なるべく費用を抑えたいと個人輸入でプロペシアを利用している方の 心情も理解できなくはありません。
しかし、そこには価格以上のリスクを伴います。
そもそも治療薬が偽物であったり、間違ったケアによって効果が低くなっているケースも決して少なくないのです。
医師と看護師
髪の専門医師による適切な指示のもとで薄毛治療を行うことは、結果として効率的な改善につながります。

ある程度納得のいく効果を得られた場合にも、専門病院であれば正しいアドバイスを受けることができます。
あらゆるリスクや費用面の不安を解消するためにも、まずは髪のエキスパートに相談されることをおすすめします。

プロペシア処方を行う発毛治療専門クリニックでは無料カウンセリングを行っています。

発毛治療に有効とされている「プロペシア」。発毛治療を専門に行っている発毛専門クリニックでは、 このAGAの治療薬プロペシアの使用と患者様への診察などにより治療を行います。
ご興味のある方はまずは無料カウンセリングをご利用ください。


>>>>>> AGAでお悩みの方に治療専門病院 <<<<<<

クリニックを詳しくご紹介します ~お近くのクリニックをお選びください~

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

PageTopへ



HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長:脇坂長興医師。
城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

より詳しいサイトマップはコチラ