先生のご紹介

ヘアメディカルのドクター紹介

ヘアメディカルの頭髪治療専門病院は、皮膚科、形成外科、メンタルヘルス(精神神経科)などの各分野の経験豊富な医師の集団です。海外から最新の医学情報をリアルタイムで入手して、最高の頭髪治療を患者様に提供するために絶え間ない研究開発をしています。

  • メンズヘルス
    クリニック東京
  • ウィメンズ
    ヘルスクリニック
    東京
  • AACクリニック
    名古屋
  • 脇坂クリニック
    大阪
  • 脇坂ウィメンズ
    ヘルスクリニック
    大阪
  • 城西クリニック
    福岡
  • 総院長・
    名誉院長

頭髪専門の医師のご紹介

メンズヘルスクリニック東京

小林  一広

メンズヘルスクリニック東京 院長

小林 一広

こばやし かずひろ

略歴

  • 精神保健指定医
  • 医療法人社団ウェルエイジング 理事長
  • 聖マリアンナ医科大学幹細胞再生医学寄附講座講師
  • メンズヘルスクリニック東京 院長

経歴

  • 1991年3月北里大学医学部 卒業
  • 1991年6月北里大学病院 精神神経科
  • 1993年6月埼玉県立精神保健総合センター医員
  • 1995年5月北里大学東病院 精神神経科 病棟医
  • 1997年4月北里大学 医学部精神神経科研究員
  • 1999年7月医療法人社団 城西クリニック開設
  • 2014年6月医療法人社団 メンズヘルスクリニック 東京開設
  • 現在に至る

院長からのメッセージ

城西クリニックはビジネスの中心地である東京駅近くに移転し、「メンズヘルスクリニック東京」と名称新たに開院いたしました。

従来の頭髪治療につきましてはより一層の医療サービスを拡充いたします。

これまで培ってきた診療実績をふまえ、加齢に伴う「男性力」の底支えを行うことで外面と内面の両面からサポートできるクリニックとして生まれ変わります。

福田 康孝

福田 康孝

ふくだ やすたか

略歴

  • 日本形成外科学会会員
  • 特定非営利活動法人F.M.L.理事

聖マリアンナ医科大学医学部卒業。

同大学病院にて形成外科臨床医として患者様を中心とした医療を志し従事。

患者様の気持ちを汲み取り、医者としてできることを提供することが大事であると考える。

小山 太郎

小山 太郎

こやま たろう

略歴

  • 医学博士
  • 特定非営利活動法人F.M.L.理事
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 日本医科大学大学院医学研究科 形成再建再生医学 非常勤講師

慶應義塾大学医学部卒業。同大学院で骨格筋再生の研究、Brigham and Women's Hospital(Harvard Medical School)で遺伝子治療の研究に従事。現在は頭髪外来の診療の傍ら毛髪研究に取組み、最新の知見に基づいた診療を心がけている。

薄井 庸孝

薄井 庸孝

うすい のぶたか

略歴

  • 医学博士
  • 放射線科専門医
  • 日本医学放射線学会会員
  • 日本核医学会会員
  • 特定非営利活動法人F.M.L.理事

埼玉医科大学医学部卒業。

昭和大学横浜市北部病院放射線科を経て現在に至る。

患者様に安心していただけるよう、頭皮疾患について分かり易く適切な診察を行うことを心かげている。

竹中 洋史

竹中 洋史

たけなか ひろし

略歴

  • 日本皮膚科学会認定専門医
  • 日本アレルギー学会会員

順天堂大学大学院医学部皮膚科・アレルギー学講座卒業。

順天堂大学医学部皮膚科・アレルギー学助教を経て現在に至る。

最新の発毛知識・皮膚疾患知識の吸収を欠かさず、分かりやすい明快な説明を心がけている。

鈴木 雄一郎

鈴木 雄一郎

すずき ゆういちろう

略歴

  • 日本泌尿器科学会専門医
  • 抗加齢医学会会員
  • 日本Men’s Health医学会会員

日本大学医学部医学科卒業。

東京大学医学部形成外科、日本大学医学部付属練馬光が丘病院、東京臨海病院などを経て現在に至る。患者様から話やすい雰囲気づくりを提供し、医師の立場として現状を正直にお伝えするなど、患者様と一緒にお悩みが解消できるような診察を心掛けている。

ウィメンズヘルスクリニック東京

浜中 聡子

ウィメンズヘルスクリニック東京 院長

浜中 聡子

はまなか さとこ

略歴

  • Master of science (M.Sc.),
  • Preventive, Anti-Aging & Regenerative Medicine, Dresden International University(DIU)
  • 国際アンチエイジング医学会(WOSAAM)専門医 Board Certified, Post-Univercity
  • Education in Anti-Aging Medicine Specialization (AAMS)
  • 米国抗加齢医学会(A4M)専門医 Board Certified, American Board of Anti-Aging
  • Regenerative Medicine (ABAARM)
  • 米国先端医療学会(ACAM)専門医 Board Certified, Chelation Therapy (CCT)
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 日本精神神経学会専門医・指導医
  • 一般社団法人日本総合病院精神医学会認定 一般病院連携精神医学専門医・指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • 特定非営利活動法人アンチエイジングネットワーク顧問
  • ウィメンズヘルスクリニック東京 院長

経歴

  • 北里大学医学部卒業
  • 北里大学大学院医療系研究科 臨床医科学群精神科学修了
  • 北里大学東病院精神神経科
  • 北里大学病院救急救命センター
  • 亀田総合病院精神科
  • 国際医療福祉大学熱海病院精神科・講師
  • AACクリニック銀座院長
  • 2009年10月AACクリニック銀座院長
  • 2017年3月ウィメンズヘルスクリニック東京院長就任
中野 江里子

中野 江里子

なかの えりこ

略歴

  • 日本形成外科学会会員

経歴

  • 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
  • 滋賀医科大学臨床研修修了
  • 聖マリアンナ医科大学医学研究科形成外科学修了
  • 現在ウィメンズヘルスクリニック東京勤務に至る

AACクリニック名古屋

平山 信夫

AACクリニック名古屋 院長

平山 信夫

ひらやま のぶお

略歴

  • 日本形成外科学会会員
  • 特定非営利活動法人F.M.L理事
  • AACクリニック名古屋 院長

経歴

  • 1967年3月聖マリアンナ医科大学医学部医学科卒業
  • 1978年6月聖マリアンナ医科大学形成外科入局
  • 1980年4月聖マリアンナ医科大学形成外科助手
  • 1987年4月聖マリアンナ医科大学形成外科講師
  • 2008年5月医療法人 AACクリニック名古屋 院長
  • 現在に至る

院長からのメッセージ

髪の悩みを抱えている人たちは、たくさんの情報に振り回されている場合も。

「薄毛」とは加齢現象の一つで、年齢とともに髪は細く短くなり、白髪もでてきます。クリニックには毎月160名ほど新規相談者の方がいらっしゃいます。

しかし、3割(約50名)ほどの方は健常毛(一般的、年齢相応の毛量)です。一見、何も問題がないにも関わらず、医療機関に訪れるのは髪があっても、少なからず髪のことで悩んでいるのです。理由はさまざまで「父親が薄毛」、「彼女に言われた」、「セットが決まらなくなった」etc…。

何故、困るのか。原因がわからず、対処法も知らないからです。

原因がわかり、対処、解決法が理解できれば、その時点で悩みは半減するでしょう。髪の悩みを抱えている人たちは、たくさんの情報に振り回されているうちに深みに入ってしまうのです。


脱毛症は「一時的な脱毛」と「進行性の脱毛」の2種類。

男性の薄毛症状の8割は『男性型脱毛症(AGA)』です。脱毛症には、「一時的な脱毛」、「進行性の脱毛」の2種類 があります。

「一時的な脱毛」は円形脱毛症や薬剤性脱毛などです。しかし「進行性の脱毛」AGAや加齢による脱毛は治療を行わないと症状は悪化します。気になるようであれば専門の医師へ、早めの受診をお勧めします。早期治療、早期解決は薄毛治療も同様なのです。

現在、髪の悩みに対処する医療機関は増えつつあります。診療形態はさまざまと思われますが、基本的に「薄毛」治療は保険適応外となるため、自費診療となるのが、病院へのネックになっていると思います。

そのような点を考慮し、ヘアメディカル関連クリニックをはじめ、初回来院時に無料カウンセリングを導入している医療機関もいくつかありますので、利用するべきでしょう。

船越 基裕

船越 基裕

ふなこし もとひろ

略歴

  • 岐阜大学医学部医学科卒業
  • 国家公務員共済組合連合会 斗南病院勤務
  • 市立芦別病院 内科勤務
  • 現在、AACクリニック名古屋の勤務に至る

脇坂クリニック大阪

脇坂 長興

脇坂クリニック大阪 院長

脇坂 長興

わきさか ながおき

略歴

  • 日本形成外科学会専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本美容医療協会会員
  • 特定非営利活動法人F.M.L.理事
  • 医療法人 翠奏会理事長
  • 聖マリアンナ医科大学幹細胞再生医学寄附講座講師
  • 脇坂クリニック大阪 院長
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長

経歴

  • 1989年3月聖マリアンナ医科大学医学部卒
  • 1989年5月聖マリアンナ医科大学病院(形成外科)
  • 1990年2月聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院(麻酔科)
  • 1995年4月聖マリアンナ医科大学助手(形成外科)
  • 1996年6月 聖隷浜松病院(形成外科)
  • 1998年4月 聖マリアンナ医科大学講師(形成外科)
  • 2000年10月 脇坂ナカツクリニック開院
  • 2011年6月 脇坂ナカツクリニックを梅田に移転
  • 脇坂クリニック大阪に名称を変更

院長からのメッセージ

髪の毛はその人全体のイメージを左右してしまう重要な要素です。
現代の日本の社会では、薄毛や脱毛は、それ自体が悪のようにいわれることも少なくありません。

元々人の肌は、手のひらや足の裏を除き身体全体が毛で覆われているわけで、特に髪の毛にいたっては、顔の好き嫌いのみならず、時にはその人全体のイメージを左右してしまう重要な要素とも考えられます。まさに、髪は顔の額縁と言えるのです。

しかし人は誰しも老化という現象に抗うことは出来ないので、いつまでも髪の毛がフサフサという状態を保つことは出来ません。加齢に伴う容姿の変化は、体形だけでなく髪の量によって大きく影響されます。年齢相応の髪ならば妥協はするけれど、他の人と比べて明らかに自分だけが髪の量が少なくなるのは何とか阻止したい、と考えるのはそうおかしな話ではないのです。

薄毛になるのを恐れて待つのではなく、目的にあったケアを始めることが大切。
発毛を目的とした場合、まず、薬局で市販されている発毛剤を使いましょう。
育毛ケアと同じように、亜鉛などのミネラルサプリメントも積極的に摂取してください。少なくとも3ヵ月から6ヵ月継続すると、発毛効果が現れるかもしれません。期待した発毛効果がなければ、頭髪治療や薄毛治療あるいは脱毛症外来を標榜する皮膚科を受診して相談してください。

さて、それ以上に専門的な発毛治療を求める時は、どうすれば良いのでしょうか。
現在、より効果のある、より専門的な発毛治療は、日本広しと言えどいくつかの頭髪専門クリニックでしか行われていません。というのも、発毛治療は薄毛の進行の具合と頭皮の状態をしっかりと見極めて、最適な用量の内服薬、外用薬を処方する必要があるため、多くの治療経験が不可欠だからです。

また治療効果として、患者様本人も患者様を取り巻く周囲の人たちも納得するほどの「発毛」という結果が必要なうえ、同時に「薄毛に係わる悩み」や「薄毛進行の不安」の解消にしっかりと向き合わなくてはいけないため、通常の診療の中では対応しきれないことも少なくないからです。

頭髪専門クリニックには、皮膚科や形成外科の医師だけでなく、内科はもちろん、婦人科や精神科の医師までが準備して、患者様をお待ちしています。

治療するかどうか迷っている患者様は、ベテランのスタッフたちが行う無料カウンセリングを利用してみても良いでしょう。

薄毛になるのを怖がって何もせずにいるのではなく、育毛か発毛か、ご自身の目的に合った施設で、ご自身の目的に合ったケアを始めることが大切なのです。

勇崎 明子

勇崎 明子

ゆうざき あきこ

主な所属

  • 内科認定医

経歴

  • 香川医科大学卒業後、大阪市立大学での研究医を経て、近畿地方で人工透析を中心とした治療にあたる。
    現在脇坂クリニック大阪で内科医の立場から発毛治療に専念している。

脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪

脇坂 長興

脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長

脇坂 長興

わきさか ながおき

略歴

  • 日本形成外科学会専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本美容医療協会会員
  • 特定非営利活動法人F.M.L.理事
  • 医療法人 翠奏会理事長
  • 聖マリアンナ医科大学幹細胞再生医学寄附講座講師
  • 脇坂クリニック大阪 院長
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長

経歴

  • 1989年3月聖マリアンナ医科大学医学部卒
  • 1989年5月聖マリアンナ医科大学病院(形成外科)
  • 1990年2月聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院(麻酔科)
  • 1995年4月聖マリアンナ医科大学助手(形成外科)
  • 1996年6月 聖隷浜松病院(形成外科)
  • 1998年4月 聖マリアンナ医科大学講師(形成外科)
  • 2000年10月 脇坂ナカツクリニック開院
  • 2011年6月 脇坂ナカツクリニックを梅田に移転
  • 脇坂クリニック大阪に名称を変更
勇崎 明子

勇崎 明子

ゆうざき あきこ

主な所属

  • 内科認定医

経歴

  • 香川医科大学卒業後、大阪市立大学での研究医を経て、近畿地方で人工透析を中心とした治療にあたる。
    現在脇坂クリニック大阪で内科医の立場から発毛治療に専念している。

勇崎明子医師からのメッセージ

女性の場合、色々な要因が重なり合って薄毛・抜け毛が起こる可能性があり、どこに相談したらよいのか分からない方も多いでしょう。正しいヘアケア、規則正しい生活習慣は基本としてとても大切なことですが、それを見直しても改善しない場合は専門的な発毛治療を検討してみてください。しかし、この専門的な発毛治療は頭髪専門クリニックでしか行われていません。というのも、発毛治療は薄毛の進行、頭皮の状態を見極めて、最適な用量の内服薬、外用薬を処方する必要があるため、たくさんの経験が不可欠だからです。

脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪では形成外科医や内科医など各科の専門医がそれぞれの専門分野を活かしながら、総合的な視点で診療にあたります。一緒に薄毛の悩みや薄毛進行の不安の解消にしっかりと向き合っていきましょう。また治療するかどうか迷っておられる方は、ベテランのスタッフたちが行う無料カウンセリングを利用すれば、自己ケア法など解決策が見つかるかもしれません。薄毛・抜け毛に悩んで思い詰めるのではなく、一歩踏み出してみることをオススメいたします。

城西クリニック福岡

照島 雅之

城西クリニック福岡 院長

照島 雅之

てるしま まさゆき

略歴

  • 日本形成外科学会専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本美容医療協会会員
  • 特定非営利活動法人F.M.L.理事
  • 医療法人 翠奏会理事長
  • 聖マリアンナ医科大学幹細胞再生医学寄附講座講師
  • 城西クリニック福岡 院長

院長からのメッセージ

頭髪治療によって、見た目だけではなく、前向きな気持ちの変化も現れてきます。
悩んでいるなら、まずは専門クリニックにご相談ください。
当院には、幅広い年齢の患者様やいろいろな職業の患者様が来院されますが、共通な事として、髪に対してとても悩みが深い方が来院されます。

ただ、髪の悩みはなかなか周りの方々に相談しにくい内容で、一人で悩みを抱え込んでいる患者様がほとんどです。
そういった患者様が当院に来院し、私どもとお話しすることで、気楽になられる方も多くいらっしゃいます。

また、治療によって髪の悩みから解放されることによって、今まで内向きな考えが、前向きでアクティブな生活に変わられることも多く見てきています。

少しでも髪でお悩みなら、まずは医療機関にお気軽にご相談し、適切な治療をすることをお勧めいたします。皆さまが早く悩みから解消できるよう、一緒に頑張りましょう。

福田 康孝

福田 康孝

ふくだ やすたか

経歴

  • 1969年生まれ。聖マリアンナ医科大学医学部卒業。
    同大学病院にて形成外科臨床医として患者様を中心とした医療を志し従事。患者様の気持ちを汲み取り、医者としてできることを提供することが大事であると考える。
河合 隆徳

河合 隆徳

かわい たかのり

主な所属

  • 特定非営利活動法人F.M.L

経歴

  • 京都大学医学部卒業
  • 大分市医師会立アルメイダ病院勤務
  • 飯沼病院勤務
  • 朝日生命保険相互会社勤務
  • 現在、城西クリニック福岡の勤務に至る
谷山 由華

谷山 由華

たにやま ゆか

経歴

  • 防衛医科大学校医学部卒業後は、同大学病院や自衛隊病院での勤務を経て、博多おおぞらクリニックの院長に就任。
  • 2019年1月より城西クリニック福岡にて勤務開始。
    患者さまの声に耳を傾け、心に寄り添う診療を目指している。

総院長・名誉院長

川島 眞

医療法人社団ウェルエイジング・医療法人翠奏会・医療法人リアルエイジ静哉会 総院長

東京女子医科大学 名誉教授

東京薬科大学 客員教授

川島 眞

かわしま まこと

川島眞総院長インタビュー >

略歴

  • 特定非営利活動法人F.M.L.理事長
  • 日本美容皮膚科学会名誉会員(前理事長)
  • 日本香粧品学会前理事長
  • NPO法人皮膚の健康研究機構副理事長
  • 一般社団法人日本コスメティック協会理事長

経歴

  • 東京大学医学部卒業。パリ市パスツール研究所に留学。
    東京大学医学部皮膚科講師などを経て東京女子医科大学 皮膚科学教室 教授・講座主任。アトピー性皮膚炎をはじめ、美容、皮膚ウイルス感染症、接触皮膚炎などを主に研究。
    2018年4月より医療法人社団ウェルエイジング、医療法人翠奏会、医療法人リアルエイジ静哉会の総院長に就任。
塩谷 信幸

医療法人社団ウェルエイジング ウィメンズヘルスクリニック東京 名誉院長

塩谷 信幸

しおや のぶゆき

略歴

  • 北里大学名誉教授
  • 日本形成外科学会名誉会員、日本美容外科学会名誉会員
  • 日本創傷治癒学会名誉会員、日本抗加齢医学会顧問
  • 見た目のアンチエイジング研究会 代表世話人

経歴

  • 1931年生まれ。
    1955年、東京大学医学部卒業
    東京米軍病院でのインターン修了後、1956年フルブライト留学生としてアメリカに渡り、オルバニー大学で外科を学ぶうちに形成外科に魅了される。数年の修業の後、外科および形成外科の専門医の資格を取得。
    1964年に帰国後、東京大学形成外科勤務を経て、1968年より横浜市立大学形成外科講師。
    1973年より北里大学形成外科教授。
    1996年に定年退職後も、国際形成外科学会副理事長、日本美容外科学会理事を歴任し、形成外科、美容外科の発展に尽力している。
    現在は、北里研究所病院美容医学センター、医療法人社団ウィメンズヘルスクリニック東京において診療・研究に従事している。
  1. ヘアメディカル[発毛治療]
  2. ヘアメディカルのクリニックとは
  3. 先生のご紹介