発毛治療TOP > プロペシアについて >  プロペシアで生え際を前進させる?

【徹底検証】プロペシア効果で生え際を「前進」させることは可能か?

多くの成人男性を悩ませる「生え際」や「頭頂部」の薄毛は、AGAが原因といわれています。

AGA治療薬プロペシアは、薄毛の進行を止める薬として高い効果を発揮することで知られていますが、 生え際を発毛させることはできるのでしょうか。

この記事では、プロペシアの効果が生え際に効果的か否かについて解説します。
薬

プロペシアの効果の特徴

成人男性に多くみられる生え際や頭頂部の薄毛は、男性ホルモンが原因の“AGA”と呼ばれています。
Androgenetic Alopeciaの略で、「男性型脱毛症」という意味です。

このAGAに特化した治療薬で最も知名度の高いものが「プロペシア」になります。
アメリカのFDA(食品医薬品局)や日本の厚生労働省によって、効果ある治療薬と認定されている治療薬です。
AGA
プロペシアは、AGAの薄毛のメカニズムに介入し、薄毛を促す男性ホルモンの増加を防ぐ働きがあります。

AGAだけに効果がある治療薬

プロペシアはAGAだけに効果を発揮するため、それ以外の原因による薄毛の場合は効果を期待できません。
薄毛は原因ごとに治療法が異なるため、治療をはじめる前に専門病院で自分の薄毛の原因を知ることが大切です。

AGAのメカニズムとプロペシア

プロペシアは、これまでの育毛剤とは違い、毛髪に直接働きかけるのではなく、AGAのメカニズムに介入することで、ヘアサイクルを正常に戻し、薄毛の進行を阻止する薬です。

ヘアサイクルとは?

人の髪の毛は、新しい髪が生まれて育つ成長期から、退行期、休止期を経て、 再び成長期に戻るヘアサイクルを2〜6年かけて繰り返しています。

ところが、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが生成されると、 まだ成長期にある髪に退行期や休止期に入るよう信号を出してしまうのです。

このため、成長期にあるはずの髪が早い段階で抜け落ちてしまい、 ヘアサイクルは数ヶ月〜1年と非常に短いものになってしまいます。

プロペシアは髪の成長を正常に戻す

AGAの薄毛の原因はDHTです。
DHTは、男性ホルモンのテストステロンが還元酵素の5αリダクターゼと結合することで生じます。

このメカニズムに着目したのが、プロペシアです。DHTの生成を妨ぐことができれば、 成長期の髪に誤った信号を出すものはいなくなります。

プロペシアの主成分フィナステリドが5αリダクターゼの働きを妨げ、DHTの増加を阻止することで、 髪は正常な成長を取り戻し、薄毛の進行を止めることができるのです。

プロペシアは頭の生え際を前進できる?

プロペシアを服用することで、生え際の進行を阻止する効果が期待できます。
それでは、後退してしまった生え際を前進させることはできるのでしょうか。

生え際後退が初期であるほど効果あり

プロペシアによって、ヘアサイクルが正常に戻れば、成長期にある髪の抜け落ちは阻止することができます。
そのため、AGAによる脱毛で後退した生え際のM字部分が復活することも十分に期待できます。

しかしAGAが進行して時間が経ってしまうと、髪の毛を作っている毛包自体に栄養が生き届かなくなり、 髪の毛を作る機能が失われてしまうことがあります。
これは毛根の毛母細胞が弱ることで起こります。

初期段階
機能が失われてしまえば、成長を阻止するものがいなくなったとしても、再び生えてくることは期待できません。
発症してから数年以内の初期段階であれば、プロペシアによる治療で、生え際の復活はあり得るということになります。

年齢が若いほど効果が現れやすい

年を重ねると、どうしても新陳代謝が悪くなります。
同じ薬を使っても、年代によって効果の差が出てきてしまうのはこのためです。

AGA治療でも、もっとも効果があらわれやすいのは20代といわれています。
実際、国内の臨床試験でも、プロペシアの主成分フィナステリドを使った治療の成果は 年代が若いほどあらわれやすいという結果が出ています。

頭皮環境が良いタイプ

頭皮環境は薄毛対策に大きな影響があります。
プロペシアは髪の成長を正常に戻してくれますが、成長には栄養や水分が必要です。

頭皮環境が悪いと、頭皮の水分量が不足したり、髪の毛に十分な栄養素が行き渡らないといったトラブルが起こり、 髪が健康に成長できなくなります。

また、頭皮環境は日常的なヘアケアが大切です。過剰に髪を染めたり、ワックスを落とさずに寝るといった 生活習慣は頭皮によくありませんから注意しましょう。

これに加えて、シャンプーの見直しにも効果があります。
地肌に優しいもの、育毛効果が高いとされるものを使用してみてください。
頭皮環境が改善されることで、プロペシアの効果もより発揮されやすくなります。
頭皮環境

プロペシアだけで生え際に変化がない場合は?

プロペシアだけでは生え際に変化が期待できない場合もあります。
そんな時はどうしたら良いのでしょうか。

ミノキシジル外用薬と併用する

プロペシアは髪の正常な成長を促す薬です。
薄毛のメカニズムに介入することで薄毛を阻止しますが、毛髪自体に働きかけるものではないため、 毛髪量が増えるわけではありません。

発毛を期待するなら、ミノキシジル外用薬との併用をおすすめします。
もともとミノキシジルは血管拡張薬として開発された高血圧の薬でしたが、 発毛効果があることがわかり別の用途で使用されるようになりました。
現時点では国内唯一の発毛薬として知られています。

ミノキシジルの特徴は、血管を拡張させ、血流を良くすることで、栄養を毛乳頭に届けて発毛を促す効果があることです。
プロペシアにない部分を補ってくれる最大のアイテムといえます。

髪に良い食事を摂取する

医食同源という言葉もありますが、髪にも良い食生活は欠かせません。
髪の成長にもやはり栄養が必要です。

特に独身男性は外食に頼る傾向が高く、栄養も偏りがちです。
意識的に摂取するか、難しい場合はサプリメントで補うようにしましょう。
具体的に髪に必要な栄養がこちらです。
栄養
必須アミノ酸 体内で生成されないため、食事での摂取が必要です。
必須アミノ酸が多く含まれる食材
乳製品 卵 豆類 肉 魚 など
亜鉛 髪の主成分を作るのに欠かせない栄養素です。
亜鉛が多く含まれる食材
生牡蠣 豚レバー 牛肉 うなぎ 海藻 など
ビタミン類 髪にはさまざまなビタミンが必要です。
ビオチンが多く含まれる食材
大豆 ローヤルゼリー いわし くるみ など
ビタミンB2が多く含まれる食材
牛・豚・鶏レバー うなぎ 牛乳 など
ビタミンB6が多く含まれる食材
牛レバー かつお まぐろ バナナ など

タバコをやめる

喫煙は髪に悪影響を及ぼします。
喫煙によって血管が収縮すると、血流が悪化し、栄養素が頭皮まで届きにくくなるからです。

また、ニコチンは肝臓の解毒作用を機能させて、栄養伝達を邪魔する原因にもなります。
肝臓の負担が大きくなるだけで、栄養は届きにくくなってしまいます。

定期的な運動・ストレスを解消する

ストレスも髪の大敵です。
強いストレスは自律神経を乱し、血管が収縮状態のまま固定されるため、栄養が届きにくく髪の栄養不足を招いてしまいます。

ストレッチをしたり軽くジョギングしたりと、こまめにストレス解消をして溜め込まないようにすることが大切です。
その行動は、メンタル面だけでなく髪にとっても効果があります。

無理する必要はないですから、自分に合ったストレス解消法を見つけるようにしましょう。

ヘアメディカルグループはそれぞれの症状を見極めて効率的な発毛治療を行っています

プロペシアは、髪の正常な成長を取り戻すAGA治療薬です。
ヘアサイクルが元通りになることで、これまで生えにくかった生え際の毛も復活する可能性があります。

注意すべきなのは、プロペシアはAGA以外の薄毛に効果がないということです。
例えば円形脱毛症には効力がありません。
自分の思い込みでプロペシアを服用して、改善されないケースがあることも認識しておく必要があります。

医師
最も効率的なのは、ひとまず髪の専門医師に相談することです。
自分の症状や体質をしっかりと見極めてから治療を行えば、あとは発毛に向けて進行するのみ。
これが最短の治療方法といえるでしょう。

ヘアメディカルグループのクリニックでは、一人ひとりの症状を見極めて適切な発毛治療を行っています。
目指すは薄毛改善への最短ルートです。患者様と二人三脚になって治療にあたります。

通販(個人輸入)で入手可能なAGA治療薬を使用することもできますが、健康面へのリスクは測り知れません。
安心・安全に発毛治療を行うためには、実績と経験の豊富な髪の専門医師によるサポートが必要不可欠です。

AGAは進行性で、放っておくと毛根が髪を育てる機能を失ってしまうこともあります。
まずは、無料カウンセリングでお気軽にご相談ください。

髪のエキスパートが効率的な発毛治療を行う専門病院

AGA治療薬プロペシアは、AGA症状の初期段階から治療をはじめることで発毛効果が高まります。
専門医師による見極めが必要ですが、状態によっては後退した生え際を復活させることもできる治療薬です。

自己判断でのヘアケアやAGA治療には限界があります。
やはり効率的な発毛治療を行うためには、髪のエキスパートのいる専門病院(AGAクリニック)に相談するのが一番です。
治療費用、治療期間、副作用への不安など、髪に関するあらゆることに応じてくれます。

AGA治療は保険適応外となるため、継続的な治療費用を心配している方もいるかもしれません。
その場合にはジェネリック薬の処方を検討したり、症状によっては食生活による改善からスタートしたりと、 可能な限り最善の道を模索してくれるはずです。

ひとついえるのはAGAは進行性であり、何もしなければ年々薄毛は目立ってしまうということ。
まずは相談する勇気を持って、自分と向き合うところからはじめてみましょう。



>>>>>> AGAでお悩みの方に治療専門病院 <<<<<<

クリニックを詳しくご紹介します ~お近くのクリニックをお選びください~

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

 PageTopへ



HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長:脇坂長興医師。
城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

【コンテンツポリシーについて】

ヘアメディカルは、ウェブサイトの運用に際して、コンテンツのポリシーを定めこれに即して提供する情報を作成しています。 >>詳しいコンテンツのポリシーはこちら

より詳しいサイトマップはコチラ