発毛治療TOP > 秋の抜け毛対策と予防

秋の抜け毛対策と予防 秋の抜け毛の原因は・・・実は夏のダメージ!?放っておいても大丈夫?

抜け毛が気になる方へ頭髪専門クリニックとは 抜け毛は早い段階での対処が重要!抜け毛で悩む方におすすめの頭髪専門クリニックがあります

抜け毛は自己ケアで治る? 自己判断でのケアで本当に大丈夫?抜け毛は放っておくと薄毛へ・・・?

気になる秋の抜け毛

「秋」に抜け毛が増えるのはなぜ?

秋は、体力的にはもちろん、髪にも"夏の疲れ"が影響する季節です。
●「そういえば抜け毛が増えた」
●「髪に元気がなくなった」
など、髪の悩みを実感している人もいるのではないでしょうか。秋の抜け毛についての解説と、今日からできる予防法をご紹介します。

「秋」と「抜け毛」の関係性

秋は「抜け毛の季節」とよく耳にします。実際に、クリニックへの抜け毛に関する相談が多いのもこの時期です。一般的に髪が抜けやすいのは、夏の終わりから秋にかけてで、紫外線の影響や季節の変わり目で体調を崩しやすいなど、さまざまな原因が考えられます。また、夏にたまった疲労や体力の低下、ストレスが重なったりすることでも髪が抜けやすくなります。他にも、「びまん性脱毛症」など、髪を引っ張ることが原因になっている場合もあります。
紫外線 夏の疲れ 季節の変化による体調の乱れ ストレス

本当にそれって「秋の抜け毛」?

「秋は抜け毛が増える」と、秋に抜ける抜け毛は季節的な一時的なものだと捉えられがちです。正しいお手入れを行えば、予防することが可能です。

しかし逆に言うと、薄毛の兆候が出ていることに気づきにくい季節とも言えます。

まずは簡単なセルフチェックをしてみましょう。
1つでも◯がつく方は、季節的な抜け毛ではなく、脱毛症による抜け毛かもしれません。まずは頭髪治療専門の医師に相談してみることをお勧めします。

「秋の抜け毛」セルフチェック
  • 【1】抜けた毛根が弱々しく先が尖っている
  • 【2】ごっそりと不自然な抜け方をしている
  • 【3】細い毛、短い毛が抜ける
  • 【4】過度なダイエットの後に抜け毛が増えた

まずは、ご相談ください。

発毛治療をお考えの方は、まずは担当スタッフによる無料カウンセリングをおすすめいたします。

無料カウンセリング

今日から始める抜け毛予防

その1:生活リズムを整えましょう。

夏期休暇に過ごした「遅寝、遅起き」を続けていませんか?髪にとって質の良い睡眠はとても大切なものです。まずは生活習慣を見直してみましょう。今までの自分の生活スタイルを少しでも「改善する」という意識をするだけでも、日々の積み重ねで変わってきますよ。髪の毛根にある毛母細胞の細胞分裂が夜9時前後にピークになり、午後10時から午前2時頃が最も成長すると言われています。質の良い睡眠を得ることは、溜まったストレスの解消にも効果的ですので、できるだけ早く寝ることを心がけ、十分な睡眠をとりましょう。

その2:適度な運動を心がけましょう。

適度な運動は筋肉の緊張を和らげ、頭皮への血流が良くなり髪に良いとされています。無理をせず毎日続けていくことが大事ですので、ウォーキングやストレッチなど簡単な運動からスタートしましょう。

その3:バランスの良い食事を。必須アミノ酸は意識してとりましょう。

髪は、主にたんぱく質で構成されています。たんぱく質は、さまざまなアミノ酸から合成されるため、髪の形成にはアミノ酸が必要不可欠です。しかし、20種類あるアミノ酸のうち、9種類の『必須アミノ酸』は体内で合成することができず、食事などで摂らないと、髪を作ることができなくなってしまいます。効果的にたんぱく質を合成させるため、偏りのない食生活を心がけましょう。
[必須アミノ酸を含む食材]
牛肉、魚介類、鶏肉、牛乳、チーズ、レバー、大豆、卵 など

抜け毛を食い止めたいなら正しいシャンプー手順を

薄毛の原因はさまざまありますが、意外と見落としがちなのが「シャンプー」です。正しいシャンプーの手順を踏まないと、頭皮環境を悪化させ、抜け毛が増えてしまうことに繋がり、髪に栄養が届きにくくなるのです。
もしかしたら正しいシャンプーの手順を意識するだけで、改善が見られるかもしれません。これだけで育毛効果が表れるわけではありませんが、まずは自宅でできることから、脱毛・薄毛対策をしてみましょう。

・洗髪前にブラッシングする

ヘアケアに欠かせないシャンプー、まずお風呂に入る前にブラッシングをします。髪は濡れると絡みやすくなってしまうのです。絡まると、それを解消するために余計な力で頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。

・シャンプーする前に髪を濡らしておく

乾いた髪にいきなりシャンプー剤をつけるのは禁物です。水に溶けないまま残ってしまう可能性があり、頭皮にダメージを与えてしまいます。
シャンプーの前に、しっかり髪を濡らしておきましょう。

・十分にシャンプーを泡立てる

シャンプーはしっかり泡立てるのが肝心ですが、時間をかけてはいけません。最大で1分程度で大丈夫です。
しかし、泡を立てることに時間がかかり、無駄に時間がかかってしまうことがあります。無駄な時間をなくすために泡立てネットなどを使うと効果的です。

・爪を立てず指の腹で洗う

爪を立てて洗うと、頭皮を傷つけてしまいます。
指の腹で頭皮マッサージをするように、頭皮ケアしながら洗いましょう。

・洗い残しがないようにしっかりすすぐ

シャンプーするのは1分ですが、すすぎには時間をかけてください。
しっかり洗い落とさないと、時間が経って、頭皮にダメージを与えてしまいます。

抜け毛対策には頭皮に優しいシャンプーがおすすめ

毎日使うシャンプー。しっかり汚れを落とすのは肝心ですが、強力過ぎてもいけません。最近では、たくさんのAGA関連商品もあります。
抜け毛対策におすすめなシャンプーは、頭皮に優しい育毛シャンプーです。

■低刺激のアミノ酸シャンプー

抜け毛対策におすすめなのが、低刺激で浄化成分のあるアミノ酸シャンプー。洗浄力で清潔に、保湿性も優れています。敏感肌の方にも合わせやすいシャンプーです。

■アンファー スカルプD

頭皮を髪の生えやすい環境に整えてくれるシャンプーである「アンファー スカルプD」。農業の分野でいうところの「畑」と同じで、頭皮の環境が悪いとなかなか髪は生えません。
髪が生えやすいような、髪のための頭皮を手に入れるのは大事なことです。頭皮環境が良くないと、育毛剤の効果も低くなってしまいます。

【いい頭皮の条件とは・・・?】
・フケや痒みがなくデキものなどもない
・毛穴に皮脂や汚れといった詰まりがない
・頭皮に適度な弾力がある
・カサカサ乾燥しておらず、適度に皮脂がある

 

頭髪治療専門の医師からのアドバイス

自然に抜け落ちる毛は1日に約100本(※1)。秋には1日200本前後抜ける場合も。

髪の毛を洗ったとき、朝起きて枕を見たとき、そこにあった「抜け毛」にドキッとした経験はありませんか?髪の毛が生え成長し、やがて抜け落ちていくことは自然な営みで一生抜けない毛はありません。

髪にはヘアサイクル(毛周期)があり、成長期(2~5年)→退行期(2~3週間)→休止期(2~3か月)を繰り返し、古い髪の毛と新しい髪の毛の入れ替えをたえず行っています。

浜中聡子
ウィメンズヘルスクリニック東京 
院長 浜中聡子

それでも・・・抜け毛が急に増えた場合は
「季節」の問題ではない場合も。

皮膚科では、「秋に抜け毛が増えた」という不安に対して、 どこまでを「治療が必要」としてとらえていただけるかはわかりません。

急な抜け毛の増加は髪の専門病院にご相談ください。

自然に抜け落ちる毛は1日に約100本と言われていますが、秋には抜け毛が増えることもあり、1日200本前後抜ける場合もあります。

しかし「秋」とはいえ、抜け毛の量が明らかに多くなってきている時は注意が必要です。

特に抜けた毛の根の毛球の下にしっぽのようなものがついていたり、左右が対象でなかったりする場合は「異常脱毛」の可能性があります。

「いつもと違うな」と感じたら、頭髪専門のクリニックなどを受診し、専門の医師に診断してもらうのが、抜け毛の悩み解消の第一歩です。

※1 参照元:予防医学のアンファー
※参照元:AGA-newshttp://www.aga-news.jp/secure/about_hair/index.xhtml

【脱毛症:“一時的な”抜け毛 と “進行性”の抜け毛】

脱毛症は大きく分けて2種類あり、「一時的な脱毛」か「進行性の脱毛※」かに大別できます。

進行性の脱毛症(AGA)治療症例

秋口に増える抜け毛などは「一時的な脱毛」に入りますが、いっこうに抜け毛が治まらない方の中には、「進行性の脱毛」の可能性もありますので、早めに専門の医療機関へ受診してみましょう。

※「進行性脱毛」とは男性型脱毛症(AGA)や加齢に伴う脱毛をさします。

進行性の脱毛症(AGA)治療症例
AGAは頭髪治療の専門クリニックで治療できます。少し抜け毛が増えて気になるようであれば、無料カウンセリングなどを活用しましょう。

[治療内容]アドバンスト発毛治療
[治療価格]32,000円(税別)
[副作用]この治療により起こる可能性がある副作用/
頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など
※これらの副作用が実際に起こったわけではありません。

抜け毛で悩んだら、まずはヘアメディカルグループにご相談を

AGAの原因はひとつではありません。頭皮環境、生活リズム、男性ホルモン、女性ホルモンといったホルモンバランスの影響など…原因はさまざまです。しかし、その原因を対処すれば髪は生える可能性があるのです。

ヘアメディカルグループでは、「無料カウンセリング」で患者様の気持ちや治療に対する意欲等を丁寧にお聞きし、人気のプロペシア錠(フィナステリド錠)の単剤処方をはじめ、最良の治療方法をご提案しています。

まずはご相談だけでも無料カウンセリングをご利用ください。カウンセリング後にご自宅で、治療をスタートするかどうか、ゆっくり検討されても構いません。

あなたの抜け毛は正常?髪の専門の医師が診察「本物のAGA治療」とは?>>

クリニックを詳しくご紹介

クリニックを詳しくご紹介します ~お近くのクリニックをお選びください~

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 城西クリニック福岡

年代別に症例集を見る

20代の症例
30代の症例
40代の症例
50代の症例
女性の症例
AGAは治せる!ヘアメディカルグループのアドバンスト発毛治療とは
女性の薄毛・抜け毛は専門病院で資料しましょう
ヘアメディカルグループ6つの特徴
簡単な問診票でAGA度をセルフチェック AGAセルフチェック

抜け毛についてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

このページの先頭へ戻る




秋の抜け毛対策と予防:抜け毛の季節

HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長:脇坂長興医師。
城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

【コンテンツポリシーについて】

ヘアメディカルは、ウェブサイトの運用に際して、コンテンツのポリシーを定めこれに即して提供する情報を作成しています。 >>詳しいコンテンツのポリシーはこちら

より詳しいサイトマップはコチラ