発毛治療TOP > プロペシアについて >  プロペシアでM字を改善?

M字を改善!プロペシアの発毛効果が現状維持or復活かを徹底調査

おでこの生え際からM字に後退していく薄毛の悩み。
M字はAGAの進行パターンとされているため、専門病院で早めに治療することが大切です。
専門病院では市販の育毛剤や発毛薬とは違い、医薬品のプロペシアを処方してもらうことができます。

プロペシアは発毛効果が高い治療薬として知られていますが、その効果は現状維持なのか、復活するのかが気になるところです。
薄毛の悩み
そこで今回は、プロペシアの発毛を促すメカニズムや効果の現れる時期、M字への効果などについて徹底解説します。

プロペシアが発毛を促すメカニズム

まずはじめに、プロペシアがどのように発毛を促すのかを解説します。

薄毛の原因となるDHTとは?

男性ホルモン「テストステロン」が毛乳頭細胞に運ばれ、「5αリダクターゼ」という酵素と結合することでDHT(ジヒドテストステロン)は生成されます。

このDHTは毛母細胞の細胞分裂を抑える働きがあるため、髪の毛の成長に影響を与え、AGA(男性型脱毛症)の直接的な原因となります。

5αリダクターゼの分泌量が多いほどDHTも多くなるといわれているため、薄毛対策には5αリダクターゼの分泌を抑えることがポイントになります。

ヘアサイクルについて

髪の毛は成長期・退行期・休止期というヘアサイクルを繰り返しています。
ヘアサイクル
成長期(平均2〜6年)新しい髪の毛が生まれ、成長する期間
退行期(平均2〜3週間)成長の働きが弱まる期間
休止期(平均3〜4ヶ月)成長が止まり、抜け落ちる期間
2〜6年程度と長い期間をかけて髪の毛は成長し、成長が止まる「退行期」から髪の毛が抜け落ちる「休止期」に入ります。
DHTの影響で髪の毛が成長しにくくなると、成長期が数ヶ月〜1年程度に短くなります。
成長しきれないまま髪の毛は短く細くなっていき、結果的に抜け落ちる量が増えていく…これが薄毛の原因です。

プロペシアがヘアサイクルに与える影響

プロペシアの有効成分「フィナステリド」には、5αリダクターゼを阻害してDHTの生成を抑える作用があります。
このことから、DHTによって乱れていたヘアサイクルを正常に戻し、長く太い髪の毛が育つようになるのです。

フィナステリドは発毛効果というよりも、弱っていた毛を太くして抜け毛を防ぐという特徴があります。
本来ある髪の成長を正常化する働きがあるため、 日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)」においても、 AGAの治療法として強くすすめられている薬です。
フィナステリド錠として知名度の高いプロペシアは、臨床試験でもその改善効果が認められていることから、 有効なAGA治療薬として世界中の男性から支持されています。

プロペシアの効果いつ現れていつ終わる?

ここでは、プロペシアの効果が現れる時期や耐性の有無について解説します。

効果が現れる時期

プロペシアの効果を実感する時期には個人差がありますが、早い人で3ヶ月程度、 通常では6ヶ月程度の継続服用で効果が現れるといわれています。

プロペシアの効果によってヘアサイクルが正常に整いはじめても、新しい髪の毛が成長するまでには長い期間がかかります。
また、人によって生活習慣やヘアサイクルの周期に違いがあるため、同じ治療薬を使用しても 効果の現れ方には差があることを理解しておきましょう。

途中でプロペシアは効かなくなる?

プロペシアはDHTを抑制し、抜け毛を予防して成長を促す治療薬です。

もともとあった髪の毛を成長させる作用がプロペシアの特徴であり、髪の毛自体を生成して増やすわけではありません。
そのため、髪の毛が成長をはじめる頃は効果を感じやすいのですが、長い期間継続していると効き目を体感しにくくなります。
効力がなくなってきたと感じる人がいるのはこのためです。

プロペシアに耐性がつくという根拠は存在しませんが、不安がある人は専門医師にしっかりと経過を診てもらうことをおすすめします。

途中でやめた場合は?

途中でやめてしまうと薄毛は再び進行してしまいます。
改善した髪の毛をキープするためにはプロペシアを飲み続ける必要があるため、自己判断で服用をやめないようにしましょう。

特に注意して欲しいのは、プロペシアを服用してから「初期脱毛」症状が現れた時です。
プロペシアの効果が生じると、丈夫な髪の毛に生まれ変わるために、古い髪の毛が一定量抜け落ちる場合があります。
抜け毛が増えたことに不安を感じて服用をやめてしまう人もいますが、これは症状が改善している証ともいえる現象です。
注意
また、万が一副作用症状が起こった時、継続しても効果がなかった時は服用を中止することもありますが、 その場合はほかの有効な治療薬に変えたり、プロペシアと併せて発毛効果・育毛効果のあるミノキシジル育毛剤を 使用するなどの方法もあります。

いきなり止めてしまわずに、専門医師に相談して決めるのが賢明です。

プロペシアは生え際のM字に効果はある?

薄毛の状態によっては、プロペシアが効果的でない場合もあります。
まずは、AGAの特徴から見ていきましょう。

基本的にはM字にも効果あり

AGAの進行パターンは、主に3種類あります。
M字型額の生え際からMの形のように後退していく。
U字型額の生え際から徐々に後退していく。側頭部と後頭部が残る。
O字型頭頂部から丸型に進行していく。
額の生え際から「M」の形のように進行した薄毛は、AGAの典型的な進行パターンになります。
そのため、AGA治療薬として有効なプロペシアを服用することで、症状を改善する効果が期待できます。

それぞれの進行パターンが同時に起こることもあり、進行が進むとほとんどの髪の毛を失ってしまう場合もあるので、 薄毛を感じたら早めに治療するようにしましょう。

AGAでない場合は効果が出ないことも

髪の毛を成長させるためには栄養をしっかりと行き届かせることが大切です。
血行不良や栄養不足によって髪の成長が滞り、薄毛が進行するケースも見られます。

尚、M字型でもAGAによる薄毛でない場合、プロペシアは効果的とはいえません。
生活習慣や食事の見直しなど、原因にあった対策が必要になるため専門医師の指示に従って治療する必要があります。

AGAでM字の場合でも改善されないことはある?

M字の原因がAGAだった場合でも改善が難しいこともあります。
一体どんなケースなのでしょうか。

改善が難しいケースが存在する理由

DHTを生成する5αリダクターゼには、T型とU型の2種類があり、AGAに影響を及ぼしやすいのはU型5αリダクターゼです。
プロペシアはU型5αリダクターゼのみに作用するため、AGA治療としての効果が高くなります。
T型5αリダクターゼ皮脂腺に多く存在する。
U型5αリダクターゼ毛乳頭に多く存在する。
U型5αリダクターゼは毛乳頭に存在していて、特に頭頂部や前頭部に多くあります。
そのため、この部分から薄毛が起きている人はU型5αリダクターゼの影響を大きく受けていると考えられるのです。

しかし、人によってはT型の影響を受けてAGAを引き起こす場合もあるため、プロペシアの効果が薄いことがあります。
こういったケースでは、T型5αリダクターゼも抑制する治療薬を使って改善を図るのが通常です。

T型U型5αリダクターゼともに抑制できるザガーロ

AGA治療に有効とされるデュタステリドという成分は、5αリダクターゼのT型とU型両方を抑制する作用があります。
プロペシアで効果が実感できなかった時には、この成分を主成分とした「ザガーロ」を服用すると改善効果が現れる場合があります。

ザガーロは厚生労働省の認可を受けた安全性の高いAGA治療薬ですが、正しく服用するためにも必ず専門病院で処方してもらいましょう。

ヘアメディカルグループは患者様のタイプに合わせて薬の処方を行っています

AGA・薄毛を専門的に扱うヘアメディカルグループの専門クリニックでは、患者様の頭皮の状態や薄毛のタイプ、症状を見極めるためにしっかりと診察を行います。

さまざまな治療法の中から最も治療効果の高い方法を提案し、また、一人ひとりに合った適切な治療薬を処方することをポリシーとしています。

AGAや薄毛の治療は改善までに長い期間を要するため、専門的な目で経過を診ていくことがとても大切です。
自分に最適な治療を行うためにも、ぜひヘアメディカルグループにご相談ください。

治療方針を話し合って要望に応える専門病院

AGAや薄毛の対策には、プロペシアやザガーロなどの内服薬以外にも外用薬やレーザー治療など、さまざまな治療方法があります。

治療するにあたって期間や費用なども考慮する必要があるため、信頼できる専門医師を見つけてきちんと話し合うことが大切です。
  • 「本当に薄毛が改善されるのか」
  • 「副作用症状に不安がある」
  • 「どれだけ続ければ効果が出るのか」
専門病院
最初にこういった疑問や心配事を解決しておけば、余計なストレスを感じることなく治療に専念することができます。
要望がある時には遠慮せずに伝えて、納得したうえで薄毛治療をはじめるようにしてください。

ほとんどのAGA専門病院では、診察の前にカウンセリングを行っています。
まずは勇気を持って、相談するところからはじめてみましょう。



>>>>>> AGAでお悩みの方に治療専門病院 <<<<<<

クリニックを詳しくご紹介します ~お近くのクリニックをお選びください~

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

 PageTopへ



HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長:脇坂長興医師。
城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

【コンテンツポリシーについて】

ヘアメディカルは、ウェブサイトの運用に際して、コンテンツのポリシーを定めこれに即して提供する情報を作成しています。 >>詳しいコンテンツのポリシーはこちら

より詳しいサイトマップはコチラ