プロペシアは効く?効かない?

プロペシアは効く?効かない?

AGA治療薬プロペシアが効かない(効きにくい)タイプの特徴を解説

プロペシアは効く?効かない?

プロペシアは効くの?

AGA(男性型脱毛症)の改善が期待されている治療薬【プロペシア】ですが、実際に試してみたものの 「効果が今一つ実感できない」という声も少なからずあります。

これには、なにか特定の原因があるのでしょうか。

この記事では、プロペシアが効かない、あるいは効きにくいタイプの特徴と改善策について解説します。

プロペシアの正しい服用とは?

プロペシアの錠剤

プロペシアの効果が実感できないと感じたら、まずは服用方法について今一度確認してみましょう。

プロペシアは通常1日1回服用し、6ヶ月以上継続することが正しい用法とされています。
飲み忘れたからといって、まとめて服用するのは危険です。
場合によっては、肝機能障害や精力低下、不妊といった副作用が起こる可能性もあります。
まとめて服用することは避けましょう。

また、すぐに効果が出ないからといって自己判断で服用を中止するのは賢明ではありません。
プロペシアの服用を開始すると、弱った髪が一気に抜け落ちることがあります。
これを「初期脱毛」といい、丈夫な髪が生えるための準備段階です。

少なくとも半年間は根気強く服用し続けるようにしてください。

プロペシアが効かないケース

プロペシアが効かない原因としてまず考えられるのは、薄毛や脱毛の原因がAGAではないケースです。

AGAとは、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていく「成人男性特有の脱毛症」のことを指します。
つまり、薄毛・脱毛の原因がAGAでなければ、当然効果は期待することはできません。

それでは、AGA以外の症状にはどんなものがあるのでしょうか。
考えられるのは、次のようなケースです。

円形脱毛症

アレルギー体質やストレスが多い生活をしている人は、円形脱毛症である可能性があります。
原因は免疫機能の誤作動で、自分自身の毛根をターゲットにしてしまい、10円玉のような丸い脱毛が起きる自己免疫疾患です。
また、ウイルス感染でも起こると指摘されています。

脂漏性脱毛症

割合はさほど多くないものの、頭皮がべたつく場合は脂漏性脱毛症の可能性が考えられます。
皮脂量増加の原因は、ホルモンバランスが崩れることによるもの。
その皮脂が毛穴を塞ぎ、毛髪が生えるのを阻害して薄毛や脱毛の原因となります。

抜毛症

ストレスや不安から無意識に自分の髪の毛を抜いてしまうことがある「抜毛症」。
抜いていることを意識できても制御できず、薄毛や脱毛の原因となってしまいます。
精神面が原因のため、このケースでは脱毛対策をするよりも、カウンセリングを受けるなどメンタルケアを行なう方が効果的です。

薄毛や脱毛にはさまざまな原因があります。AGAなのか円形脱毛症なのかといった判断は、素人では難しいものです。
まずはクリニックで専門の医師に相談するのが良いでしょう。

中にはストレスが原因だと感じていても、AGAが同時進行している可能性も考えられます。
AGAは進行性ですから、放っておくと手遅れになってしまうこともあるため、治療を望まれるのであれば早めに対策するようにしてください。

髪の毛に影響を与える原因は1つではありません。
メンタルケアをしつつ、AGA対策も行えば、より効果的な改善が期待できます。

AGAなのにプロペシアが効きにくい要因

薄毛や脱毛の原因がAGAであることは間違いないにも関わらず、プロペシアが効きにくい。
そういった場合は、どんな原因が考えられるでしょうか。

プロペシアは非常に効果が高い薬として知られています。
長期服用することでAGAの進行を90%以上抑えられるという臨床試験のデータは、薄毛に悩むすべての男性にとって希望ともいえる結果です。

長期使用によって耐性ができる薬もありますが、プロペシアにはそうした報告は今のところありません。
そんな薬の効果を妨げる要因として、次の2つが考えられます。

生活習慣が乱れている

不規則な生活は健康を損なうだけでなく、薬の効果を妨げる原因にもなります。 特にプロペシアは、1日1回決まった時間に服用することで効果が発揮される薬です。

プロペシアの成分であるフィナステリドは、24時間で効果が切れるとされています。 やはり、毎日同じ時間にきちんと飲むことが重要なのです。

発毛する機能が弱っている

健康なヘアサイクルは、2〜7年で繰り返されるといわれています。
髪が生まれて育つ「成長期」、育った髪が維持される「退行期」、抜け落ちるのを待つ「休止期」を繰り返して髪は生まれ変わっているのです。

ただし、発毛する機能が弱まっている場合、そもそものヘアサイクルが短くなっている可能性もあります。
周期が早ければ、髪の毛の抜け落ちる量が多くても不思議ではありません。

これは毛母細胞が弱っていることが原因と考えられており、プロペシアをはじめ、育毛剤や発毛剤での対策では効果が期待できないとされています。

プロペシアの購入手段による影響

AGA治療は健康保険の適用外のため、治療にかかる費用はすべて自己負担です。
そのため、負担を減らそうと非正規のルートで購入する人も少なくありません。
ただし、非正規での購入は注意が必要です。
正規で購入した時に比べて、効果が実感しにくいという声も出ています。

通販で購入している

プロペシアは、海外通販(個人輸入)でも購入することができます。
病院よりも安価であることも少なくありませんが、医師も薬剤師も介在していないため薬に関するあらゆるリスクは自己責任です。

場合によっては偽物が混じっている可能性もあり得ます。
その場合、効果が実感できないだけではなく、予期せぬ副作用や深刻な健康被害を引き起こす危険性もゼロではありません。

こういった理由からも、病院で専門の医師の診察を受け、安心・安全に服用されることをおすすめします。

プロペシアが効かない薄毛である場合も

プロペシアはAGA治療に効果の高い薬ですが、これさえあればすべての薄毛問題が解決するというものではありません。

AGAは、男性ホルモンである【テストステロン】が、毛乳頭細胞にある【5αリダクターゼ】と結合し、 脱毛因子である【ジヒドロテストステロン】に変換されることが原因で起こります。

プロペシアは、還元酵素5αリダクターゼを阻害することで【ジヒドロテストステロン】の生成を抑え、薄毛や脱毛を防ぐのです。

当然、AGA以外の薄毛や脱毛には効果が見られず、生活習慣の乱れや毛母細胞が弱っている場合には十分な発毛効果が期待できません。
原因が違えばレーザー治療など別の治療法を検討することになります。
状態によっては発毛剤ミノキシジルとの併用などの発毛法が必要になってくるでしょう。

薄毛治療を始める前に、自分の薄毛や脱毛の原因、髪の状態について把握しておくことが何よりも大切です。

ヘアメディカル関連クリニックは症状を見極めて治療を行っています

薄毛や脱毛の適切な治療を行うためには、原因を正しく知ることがとても大切です。
原因がわからないままでは、いくら効果の高い薬を服用しても改善が見込めないことはありえます。

ヘアメディカル関連クリニックのクリニックでは、薄毛の進行具合だけでAGA治療薬の処方を行っているわけではありません。
必要に応じて正しい検査を行って症状を見極め、適切な治療法を決定していきます。

AGA治療薬は保険適応外のため、プロペシアをはじめ、診察費や調剤費など、医療にかかる費用はすべて患者様のご負担です。
だからこそ、経済面も含めた相談のできる医師の存在が欠かせません。
原因や治療方針、治療費についてクリアにすることが、ヘアメディカル関連クリニックのファーストプライオリティです。
わかりやすい説明と提案を行うことで、患者様に歩み寄る姿勢を大切にしています。

ヘアメディカル関連クリニックでは、ジェネリック薬の処方も行っています。治療費を抑えたいという方もお気軽にお問合せください。

まずは無料カウンセリングで治療の流れや費用について、納得するまで聞いてみることをおすすめします。

適切な検査から薄毛改善を目指す専門病院

高い治療効果で知られるAGA治療薬プロペシアですが、服用しても効果を実感できないという声もあります。
しかも、その原因は1つではありません。

AGAは薄毛症状の1つです。その原因となる酵素に焦点を当てて改善を目指す薬のため、AGA以外の薄毛や脱毛には効果がありません。
また毛母細胞が弱っている場合も、効果は出にくいといわれています。

もう1つ肝心なのがプロペシアの服用方法です。有効成分フィナステリドは、24時間まで効果が持続します。
つまり、1日1回決まった時間にきちんと服用しなければ効果が半減してしまうことも考えられるのです。

通販でも購入できますが、偽物が混じる可能性も少なくありません。
健康面を考えるなら、病院で診察を受け処方してもらうのが安心です。

髪の専門病院なら適切な検査を行い、原因に合った治療方針をアドバイスしてくれます。
正しい診断のもとで適切な治療を行うことが、結果的に最短の薄毛改善につながるのです。

特にAGAは進行性ですから、早めの対策が求められます。
まずはお近くの専門病院で薄毛や脱毛の原因を調べてみましょう。

ヘアメディカル関連クリニックは、
全国に6院ある発毛治療専門の医療機関です。

ご予約はこちらから

治療の内容、費用
など知りたい
自分にあった治療
を提案してほしい

「無料カウンセリング」と「来院予約」との違いとは?

無料カウンセリングとは?

まずは専門スタッフが費用や治療の効果などについて、詳しくご説明いたします。

無料約1時間

安心して治療に進むためのカウンセリング。
勧誘などは一切ありません。

STEP01

スタッフの
カウンセリング
治療の内容、注意事項についてご説明

STEP02

費用のご説明
治療にかかる費用について概要をご説明

STEP03

そのまま初診
を受けることも可能です
※クリニックによってはその日に診察できない場合がございます。

来院予約とは?

210万人以上の治療実績(※)を持つ専門の医師あなたに合った治療を行います。

有料約2時間

薄毛の原因をしっかり検査。
あなたの症状に合った治療をご提案します。
●「スタッフのカウンセリング」と「費用のご説明」も同時に行います。

STEP01

医師の診察
頭髪・頭皮の状態と身体全体の健康状態を診察

STEP02

頭部の撮影
発毛効果を多角的に判断し、経過を見るため撮影

STEP03

血液検査
薬の投与が問題ないかを判断するため、身体検査を実施
  • ●医師の診察を希望の方は、来院予約をお選びください。
  • ※1999年~2018年のヘアメディカル関連クリニックの延べ患者数
  • ※ご予約時の住所記入はございません

WEBサイト 関連ページ