発毛治療TOP > プロペシアについて >  プロペシアが肝臓にかける負担とは

肝臓機能の数値が変わる?プロペシア服用による体への負担を徹底解説

AGA治療薬プロペシアは、医師の処方箋が必要な医療用医薬品に分類されます。
医師の適切な診察のもとで使用すれば、万が一副作用を起こした場合でも最小限にとどめて効果を得ることが可能です。

臨床試験では「プロペシア服用による副作用の可能性は非常に低い」という結果が出ています。

しかし、ごくわずかとはいえ副作用が起きる可能性があるのも事実です。
医師
予期せぬ事態に備えて「副作用の発症率はどのくらいあるのか」 「もし肝機能の低下などの症状が起こった場合はどんな対策を取ればいいのか」を把握しておくことが重要です。

安心安全に使用するため、プロペシアについてしっかり把握しておきましょう。

AGA治療薬プロペシアの副作用

AGA治療薬プロぺシアの有効成分はフィナステリドです。
このフィナステリドは、もともと前立腺肥大の治療薬として開発されました。
しかし、治療中の患者に「発毛効果」が認められ、男性型脱毛症の治療薬として販売されるようになったのです。

プロペシアは薄毛治療に有効な手段の1つですが、気になるのはその副作用。
ここでは、その副作用について「使用成績調査」をもとに確認していきます。

「使用成績調査」は薬が市販された後に行われる調査の1つで、販売前の治験で得られなかった 新たな作用や副作用を確認する情報収集の手段です。

プロペシアの使用成績調査は、販売している製薬会社「MSD社」が行っています。
その副作用についての結果がこちらの表です。
副作用 発症率
性欲減退 1.8%
勃起機能障害 1.3%
薬物性肝機能障害 不明
1%
この表からわかるように、プロペシアの副作用の発症率は極めて低いものです。
男性ホルモンに作用することもあり、「性欲減退」や「勃起機能障害」など主に男性機能に影響がみられます。

肝臓に副作用を与えるのはプロペシアだけではない

プロペシアの副作用とされる「肝機能障害」の発症率は使用成績調査で「不明」とされています。
なぜ「不明」なのでしょうか。

肝臓は人間が口から摂取したものすべてに関わっており、その役割は 「アルコールや薬の分解」「食べ物の消化」「エネルギーの貯蔵」「胆汁の生成・分泌」など多岐にわたります。
不明
プロペシア服用時の食べ物やアルコール摂取、その他の飲み薬などのすべてが肝臓に影響を及ぼすため、 仮に副作用が起きたとしても、それが「プロペシア」の影響で起きたのか「それ以外」によるものかを断定することができないのです。

したがって、プロペシアを使用したときに起こる肝機能障害の発症率は「不明」になっています。

プロペシアを服用したら血液検査を受けるべき

医師の診察のもとプロペシアを服用する場合、血液検査をすすめられることがあります。
しかしなぜ、血液検査をする必要があるのでしょうか。

肝臓数値から異常があるかを判断

発症率は不明ですが、プロペシアには肝機能障害という副作用症状が報告されています。
異常がないかを確認するには、血液検査を行って肝臓数値を調べるのが最も早い方法です。
その数値によって、肝機能障害を発見することができます。

AST(GOT)、ALT(GPT)、ALP(アルカリフォスファターゼ)を測定し、正常よりも高ければ肝機能障害の可能性を疑わざるを得ません。
血液検査は病院やAGA専門クリニックで受けることできます。

プロペシアを服用する前と後で血液検査をし、肝臓数値を比べればプロペシアの副作用による肝機能障害を早い段階で発見することが可能です。

肝機能障害は自覚症状がない場合も多い

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれる臓器です。
大きなダメージを受けても、それ以外の健康な細胞が働きをカバーし、肝臓は機能を果たしてしまいます。
そのため、肝機能に障害があっても重篤になるまで気が付かないということが少なくありません。

安心してプロペシアを服用するためにも、定期的に血液検査を受けることをおすすめします。
血液検査

プロぺシアで異常が発覚したら?

プロペシアを服用中に血液検査を受けて肝臓に異常が発見された場合、どのように対処すればよいのでしょうか。
その際の対処法について説明します。

処方を受けている担当医師に相談する

プロペシアは医師の処方箋が必要な医療用医薬品です。
まずは、処方を受けた担当医師にできる限り早く相談し、判断をあおぎましょう。

プロペシア服用以外の治療方法を検討する

プロペシアの添付文書には、「肝機能障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、 異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと」と記載されています。

医師から指示があった場合はもちろん、健康診断の血液検査にて異常が見られた場合にはプロペシアの服用中止を検討しましょう。

プロペシアによる発毛はあきらめなければなりませんが、育毛サプリや薬局で市販の育毛剤を利用する方法もあります。

プロペシアの服用は必ず医師に相談を

プロペシアを処方してもらうなら、AGA治療を専門に行っているクリニックがおすすめです。
薄毛治療に特化した専門医なら、プロペシアの効果や副作用症状を熟知しており、安心して使用することができます。
服用前後に血液検査があるとさらに安心です。
プロペシアの服用で肝臓に思わぬ負担がかかってしまった場合、早期に発見することができます。
AGA治療の専門クリニックであれば定期的な血液検査を受けることはもちろん、希望すればいつでも検査を受けることができます。

ヘアメディカルグループは正しい検査によって治療方針を決定しています

ヘアメディカルグループでは、正しい検査によってAGA治療を行っています。
プロペシアは薄毛治療に効果的な手段ですが、検査の結果によっては処方しない場合もあります。

薄毛の治療法は1つではありません。発毛を実感するにはそれぞれの患者様にあった治療を行うことが大切です。

真剣に発毛を考えている方は、まずは無料カウンセリングからご相談ください。

一人ひとりの体質に合わせて治療を行う専門病院

薄毛を改善する方法は、AGA専門クリニックがすべてではありません。
薬局で購入した育毛剤や皮膚科で処方してもらった薬を服用して治すというのも1つの手段です。

しかし個人的なケアや治療を選択すると、高いリスクを負う必要が出てきます。
たとえば個人輸入代行業者を利用して海外のAGA治療薬を使用した場合、成分表示の量を誤魔化していたり、
ニセモノを買わされてしまうということも少なくありません。
思わぬ被害が体に起きても、すべては自己責任です。
医師と相談
医師の診察も受けていないことから、何のサポートも受けることができないことを認識しておく必要があります。
髪の専門病院であるAGAクリニックのメリットは、体質や発毛の効率化を正しい検査や治療の過程で判断できることです。

薄毛治療の専門医師が一人ひとりの体質に適した治療を行っています。
治療薬の処方以外にも、生活習慣の見直しや頭皮ケアのアドバイスを受けることも可能です。

AGA治療を総合的に考えれば、専門病院で相談されるのがベストな選択だといえるでしょう。



>>>>>> AGAでお悩みの方に治療専門病院 <<<<<<

クリニックを詳しくご紹介します ~お近くのクリニックをお選びください~

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

 PageTopへ



HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長:脇坂長興医師。
城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

【コンテンツポリシーについて】

ヘアメディカルは、ウェブサイトの運用に際して、コンテンツのポリシーを定めこれに即して提供する情報を作成しています。 >>詳しいコンテンツのポリシーはこちら

より詳しいサイトマップはコチラ